ルーターとハブって何が違うの?違いから利用用途まで業界人がわかりやすく解説します!

ルーターとハブって何が違うの?違いから利用用途まで業界人がわかりやすく解説します!

皆さん、こんにちは!インターネットだけでなく周辺機器知識もお任せの2700です!

皆さんは今まで有線接続で複数のデバイスをインターネット接続しようとして困ったことはありませんか?もしくは今からこれを行おうとしてるけど、良い方法がわからないという方もいるのではないでしょうか?

現在はスマートフォンやタブレットの普及により無線のWi-Fi接続が主流となっていますが、有線接続もオンラインゲーム等で必要な方もまだまだいることでしょう。ここで今回は様々なシチュエーション別でルーターとハブの違いや使い方までを徹底解説していきます!

インターネット接続の機器に関する用語ってよくわからないわ。
そうですね。なかんかわかりづらいところですよね。ルーターやモデム、ハブONUなどいくつかの機器がありますからね。
端末の利用数が増えそうなときは機器の増設も必要なのよね
そうですね。そうしたケースもあります。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.モデムからルーターとハブまでの道のり

モデムからルーターとハブまでの道のり
まずインターネットの光回線が「モデム」という機械に接続されるところが回線配分のスタート地点と考えてください。

光回線をモデムに繋いだだけではインターネット利用はできません。今でこそルーター内蔵モデムも流通するようになりましたが、モデムは光回線の信号を変換する役割に過ぎないのです。

ルーターはモデムが変換してくれた信号を複数のコンピューターに共有する仲介人の立ち位置にいます。ルーターはコンピューターからの送受信要求を聞き、その要望をモデムを通じて伝えるという役割にあります。銀行等の窓口の様なイメージですね。

しかし複数のコンピューターを有線接続する場合はルーターだけでは不可能になります。LANポートが複数搭載されていないので、複数台への共有が不可能なのです。窓口が一つしかない場合は一気に複数の客対応は難しいですよね?

そこでルーターからスイッチングハブを接続することにより窓口が複数に増設されるわけですね。「ルーターがあれば複数の有線接続ができるんじゃないの?」と思われがちですが、それはスイッチングハブ内蔵のルーターや、2~3つのLANポートが付いているルーターが流通しはじめたが故についたイメージなのです。

先ほども述べたようにスイッチングハブは窓口を複数増設するために必要な機械です。

接続順番イメージはこのような形ですね。
【光回線】→【モデム】→【ルーター】→【スイッチングハブ】
導入する際の注意点はまず「モデムがルーター内蔵型であるか否か」です。もしルーター内蔵型モデムだった場合、そのモデムにルーターを接続すると設定が難解になるうえに通信速度の低下にも繋がってしまいます。

ダメなときのイメージです。
【光回線】→【ルーター内蔵型モデム】→【ルーター】→【スイッチングハブ】
ルーター内蔵型モデムにはその先にスイッチングハブを接続してしまえばOKです。

イメージはこうですね。
【光回線】→【ルーター内蔵型モデム】→【スイッチングハブ】
しかしスイッチングハブ選びを間違ってしまうと有線接続にも関わらず回線速度が遅くなってしまいます。

何故、そういったことが起きるのでしょうか?

スイッチングハブの選び方を間違うと速度が遅くなってしまうのね!これは驚きだわ。
そうですね。これは気を付けなくてはいけません。
でもなんでそんなことが起きるの?
その点についてこれから解説したいと思います。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.スイッチングハブを選ぶときの注意点

スイッチングハブを選ぶときの注意点
通信速度の低下はルーターが構築したネットワークに対応したスイッチングハブを選ぶ必要があります。ルーターの対応ネットワークは「1000BASE」と「100BASE」の2種類です。

現在の最新光回線は下り速度が最大1Gbpsなので「1000BASE」がメインになります。基本的に「1000BASE」を選択すれば問題はありません。間違って「100BASE」を選択してしまうと100Mbpsの速度に化けてしまいます。

しかし下り速度が最大100Mbpsの「フレッツ光プレミアム」のような一昔前のインターネットサービスになるとルーターも「100BASE」対応になるので「100BASE」のスイッチングハブを購入しましょう。

あともう一点。スイッチングハブのポート数はできるだけ余裕を持っておきましょう。「たちまち必要な数だけあればいいか」という安易な考えでポート数を減らしてしまうと先々に何かしら拡張が必要になった際のアドリブが利かなくなってしまうからです。

お勧めポート数は8コです。尚、スイッチングハブは無線LANルーターと違いメーカーによって通信速度が変わってしまうことはまずありません。ただ耐久性を考えると信頼が置けるメーカーを選んだほうがいいでしょう。安定メーカーは周辺機器メーカーとして名が通っているBUFFALOとエレコムです。

更にパソコンと同様にファン搭載製品とファンレス製品が存在します。音が出るのは困るという方はファンレス製品を選ぶといいでしょう。

ポートの数も大事なのですね。8個のポートのものを選ぶといいということね。
そうですね。ポート数は8個のものを選ぶといいでしょう。
スイッチングハブはメーカーによって違いがないのは勉強になったわ。
そうですね。その点も理解した上で購入を検討しましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.お勧めスイッチングハブ

お勧めスイッチングハブ
某オンラインサイトで人気のスイッチングハブを紹介していきましょう。

・BUFFALO LSW5-GT-8NS
某オンラインサイトで毎回上位にランクインする安定のBUFFALOのスイッチングハブ。リビングにも馴染みやすいスタイリッシュなデザインが特徴で、カラーもブラックとホワイトの2種類があります。長期使用での信頼性が要求されるコンデンサーに信頼が高い日本メーカー製を採用しているので、長期的な利用も安心です。

節電とアイドリングストップ機能も搭載されているので省エネ要素も◎。もちろん安心安全の8ポートですよ。おおよそ3,000円代で購入が可能です。安定を求めるのであれば迷わずこれでしょう!

・NETGEAR GS305-100JPS
5ポートでも十分という方だとこれが無難な選択肢。速度も3種類に対応のうえにファンレスなので、小さいうえに高性能なスイッチングハブと言えるでしょう。

定価は5,000円代ですが2,000円前後で購入できる販売店が多いです。この価格であれば後々更なる拡張が必要になっても痛い出費だったと思うことはないでしょう。

機器の料金についても気になるわ。できるだけ経費は削減したいところよね。
そうですね。料金も差があるのでいくつか情報を調べてみるといいでしょう。
中古のものを活用してもいいわけだしね。
メルカリやヤフオクを利用するといった手もあります。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.お勧めハブ内蔵型ルーター

お勧めハブ内蔵型ルーター
ポート数は少ないですがハブ内蔵型ルーターでも事足りることもあるでしょう。そんな方にはこちらがお勧めです!

・BUFFALO BHR-4GRV2
やはり安定感を求めるのであればBUFFALOでしょう!メインポート以外にサブポートが4つ搭載されています。壁掛けや横置きにも対応しているので、スイッチングハブも兼ねて使うには魅力的なデザイン設計です。

直販価格は6,998円と比較的安価。しかしWi-Fiには非対応なのが欠点。

・BUFFALO WHR-1166DHP3
BUFFALO製でWi-Fi付きも求めるのであればこちらを。価格も8,000円弱なのでこちらも購入しやすいでしょう。BUFFALO自体、周辺機器メーカーとしては非常に信頼が高いメーカーであるので全てBUFFALOに揃えるという方法もいいかもしれません。

しかしスイッチングハブ内蔵型ルーターには大きなデメリットが存在します。それは一台で複数の回線分配の仕事をこなさなければいけないため、ルーターへの負荷が従来よりも大きいことです。負荷が大きいとルーターが故障して使用できなくなる可能性も一気に高くなります。

スイッチングハブが内蔵していると言っても、結局は一人の人間が複数の窓口を担当しているようなものです。もしあなたが一人で一気に3つの窓口業務を行っていると想像してみてください。慌ただしすぎて一気に疲れてしまいますよね?

ルーターも人間と同じなのです。なのでお金をかけてでも別途でスイッチングハブを使用することをお勧めします。

スイッチングハブは別途お金をかけても購入するのがベストみたいね。
そうですね。お金をかけても購入する価値はあると思います。
いいものが見つかるといいわね。
そうですね。そのためにも情報はチェックしましょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

5.総括

複数の有線接続を使用するのであれば、様々な要素を考慮してスイッチングハブを単体で使用することが最善策になります。モデムによってはルーターとスイッチングハブも搭載している優れものもありますが、先ほどの「スイッチングハブ内蔵型ルーター」と同じ理屈で強烈な負荷により壊れてしまうリスクが倍増してしまいます。

スポーツチームは一人ではできないのと同じで、周辺機器も一つだけで複数の機能を担当することは想像以上の負荷が発生します。友人を労るのと同じような周辺機器編成を組むことをお勧めします。

機器についても組み合わせを考えて購入するのがベストね。
そうですね。組み合わせも大事ですね。
負荷が生じないように全体を見まわさないとね。
そうですね。この機会に検討してみるといいでしょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

6.ハブとスイッチングハブの違いについて

ハブとスイッチングハブの違いについて
そういえばハブとスイッチングハブの違いがわからないといった人もいるのではないでしょうか?どちらも言葉が似ているのでわかりづらいと感じる人も多いかと思います。確かにわかりづらいですね。

ハブとスイッチングハブですが同じものだと思っている人も少なくありません。機能面でも似ているのでとても間違いやすいものです。ハブとスイッチングハブですが通信機能が異なります。

どういうところが異なるのか?というと1番違うのは通信速度です。インターネット接続でも通信速度は大事なポイントです。インターネット接続が遅くなるのは避けたいところです。

ハブとスイッチングハブですが基本的には複数のパソコン機器をLANケーブルに接続するものとなります。接続についてはハブもスイッチングハブも同じものとなります。仕様方法も同じです。

スイッチングハブはハブと比較すると次のような特徴があります。スイッチングハブは全二重通信とオートネゴシエーション対応となっています。またデーターについても必要案ポートのみに送り込みます。

必要なポートのみにデーターを送るとネットワークの負担が削減されます。不要な部分のポートに送信するとネットワークに負荷が出てしまいます。このようにネットワーク負担でも差があります。

ハブよりもスイッチングハブはネットワークに負担をかけにくく負荷が少ないものとなっています。ハブを利用している人はスイッチングハブに切り替えてみるのも良いでしょう。

また仕様についても注目してみましょう。通常利用しているものは100M(100BASE-TX)と10M(10BASE-T)となります。この2種類の通信が主力となるわけですが通信速度が異なるのでその点も目を向ける必要があります。

その他1000BASE-Tというものもあります。こちらについては上記よりもさらに早い速度となります。それぞれ速度についても異なるのでまずは自分が利用している速度についても確認しましょう。

ちょっと前までの主流は10BASE-Tでした。最近主流となっているのが100BASE-TXです。これは10BASE-Tの10倍ほどの速度のものとなっています。一般家庭で通常のインターネット利用ならこの規格で問題ありません。

最近は自宅でインターネットを使って仕事をしている人やデーターのやり取りをしている人も増えています。ネットワークプリンターなどの利用も含めている人は100BASE-TXに切り替えた方が良いでしょう。

10BASE-Tについては100BASE-TXの仕様のものに対応済みとなっているのでそのまま移行することができます。互換性についても心配はありません。

10BASE-Tと100BASE-TXですがデーターのやり取りの通信についても異なります。通信については全二重通信(Full Duplex)と半二重通信(Half Duplex)があります。スイッチングハブはお互い同時に通信できることが前提です。

このようにハブとスイッチングハブは異なったものとなっています。ハブではなくスイッチングかどうか?確認してみましょう。

ハブとスイッチングハブって違うのね。どっちを使っているか1度チェックした方が良さそうね。
そうですね。チェックが必須ですね。
ハブを利用している人はスイッチングハブを利用すれば速度が速くなるかもしれませんね。
そうね。その点も期待できるわね。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

7.複数のパソコンを使う場合

複数のパソコンを使う場合
以前は一家にパソコンが1台というケースも多かったのですが最近は1人1台の時代になっており大人やもちろん学生もパソコンを所有していることが少なくありません。プライベートはもちろん学校でもパソコンの活用は増えています。

特に大学生だとレポートやノート代わりにノートパソコンを活用している人もいます。また最近はタブレットを授業で利用するケースも増えてこのように機器についてもどんどん活用の場が広がっています。

そしてスマートフォンも大人から子供まで当たり前に利用する時代となっています。今では小学生にスマホを持たせるケースも珍しくありません。親と連絡が取れるアイテムとして子供同士の通信手段として欠かせないものとなっています。

このようにパソコンはもちろん、スマホやタブレットなど電子機器の利用はさらに増えており1つの家庭で複数台の端末で利用することも珍しくなくなってきています。インターネット回線は自宅の場合多くの家庭で光回線を引いていることでしょう。光回線は高速回線で複数の端末でも高速回線で利用できとても便利です。

複数のパソコンをインターネット接続する場合ですがハブを利用している人もいます。複数の端末を特にLANケーブルで利用したい人はハブの活用がおすすめです。その他プリンターなどでも利用できます。

インターネット接続ですが無線LANの場合速度が遅くなったりすることもあります。インターネット接続は基本的に有線LANで利用するのが1番です。

最近のルーターはスイッチングハブが搭載されており4ポートなど利用できるようになっています。自分のルーターにスイッチングハブがあるかどうか?確認してみることをおすすめします。

最近のルーターはスイッチングハブがセットになっているケースが多いのね。
そうなんです。これは便利ですよね。
パソコンも有線LANで使うようにしてみるわ。
それだと速度も速いですし、利用もさらにしやすくなることでしょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

8.無線LANと有線LAN

無線LANと有線LAN
自宅でインターネット回線をひいている人は無線LANや有線LANを利用していることでしょう。パソコンやタブレット、スマートフォンなどの機器でインターネットを楽しむことができます。

今やタブレットやスマホなどインターネット接続機器は大人はもちろん子供にとっても必須アイテムであり家庭でもインターネット接続は欠かせないものとなっています。

LANケーブルは邪魔だと思っている人もいることでしょう。確かにWIFIの方が線もなく接続が楽です。しかしながらパソコンはLANケーブルで接続するのが1番です。速度も速いですしネットワーク接続も便利です。

ハブを利用している人はポートについても確認してみるといいでしょう。最近はルーターにLANポートが付いておりスイッチングハブもかねています。ルータについても仕様を見てみるといいでしょう。

有線LANでの利用ですがケーブルの仕様についても確認をおすすめします。ケーブルの仕様次第で接続速度が異なる場合もあります。そういう場合ケーブルを変えれば速度が速くなることもあります。

機能も大事ですがきちんと仕様があった状態で通信になっているかどうか?を確認することも大事です。接続ケーブルについても確認をおすすめします。

IPアドレスについても動的なものと固定のものがあります。アクセスポイントなどについてもどういう仕組みになっているか確認してみるといいでしょう。これらがインターネットの転送速度とも関わりがあるケースがあります。

パソコンも含めてネットワーク機器は無線ルータの利用も便利です。無線LANルータについても調べてみるといいでしょう。仕様などでは書込番号などもあります。

通信速度ですが無線の場合どうしても有線より遅くなります。設定についても確認してみるといいでしょう。データの内容にもよりますがデーター量が多い場合は有線LANに切り替えるといいでしょう。

光回線ですが無線LAN中継機など複数の機器と接続している人もいるかと思います。接続機器ですがスイッチングハブではなくハブを利用している人はスイッチングハブと比べて回線の速度が遅くなっているケースもあります。

ハブのポート数については4個や8個が一般的です。このいずれかで有線接続をしてみるといいでしょう。ネット回線ですがもちろん光回線が前提での話です。

LAN側ですが電波障害になりがちな電磁波の機器を避けて利用するといいでしょう。電子レンジの付近に接続機器を置かないように気を付けましょう。また家庭内にある電磁波の原因になるものからは遠ざけましょう。

フレッツ光ですがレンタルあるいは購入で無線LAN機器を周辺機器として利用しているかと思います。LAN設定などについても1度確認してみましょう。有線の設定も念のため確認してみましょう。

ハブ機能はLANスイッチがついています。無線LAN機能とあわせてついているルーターもあるので利用方法を確認してみましょう。

IPアドレスですがプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスがあります。LAN側IPアドレスもどうなっているか知っておけば接続方法についても理解がしやすいかと思います。カスケード接続なども確認してみましょう。

無線LANと有線LANはどうしても無線LANの方が便利なイメージがあるわ。
そうですね。無線LANは線もないですし、接続も便利ですよね。
速度を考えると有線LANがいいわけよね。
そうですね。速度が速いと快適なので有線LANもいいものですよ。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

9.機器の確認がわからない場合

機器の確認がわからない場合
インターネット接続で複数の機器を使っているケースもあると思います。複数の機器を上手に利用するには機器の相性や仕様を知っておく必要があります。ハブについても大事な機器です。

ハブの利用ポイントですがハブかスイッチングハブか?の違いも大事です。ハブよりもスイッチングハブの方が回線を早い速度で利用できます。このようにハブよりもスイッチングハブの方がメリットがあります。

ルーターにハブの機能がついているものも増えておりポートについても4ポートなど利用できるものもあります。これらを活用するのも良いでしょう。

機器の確認が良くわからないといった人も多いことでしょう。これは当然のことです。自分で調べて接続してみて、また不具合を確認してといった地道な作業が必要となります。職人の世界ですがこうした地道な作業をコツコツやっていきましょう。

最近はインターネット上にも接続例について解説しているページもあります。こちらも多いに活用しましょう。

インターネット接続の機器についてもある程度調べないとね。
そうですね。地道にやっていくしかないですね。
ルーターにもハブ機能がついているのね。
そういうものが増えています。こちらも知っておくといいでしょう









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!