ocn光は遅い?特に夜間。解約方法や違約金などを解説!

ocn光は遅い?特に夜間。解約方法や違約金などを解説!
インターネットが遅いのがストレスで乗り換えを検討している・・・なんて相談をたびたび受けます。インターネットの速度が遅いのはストレスにつながりますよね。

今回はOCN光を使っているユーザーから回線速度が遅いといった声を取り上げたいと思います。OCN光の速度は果たして遅いのか?また解約するとなると違約金などはどの程度かかるのか?をリサーチしてみましょう。

OCN光もインターネット速度が遅いという話があるようね。どこのインターネット接続会社でもそうした話は聞くけれど、本当のところどうなのかしら?
それも速度を図って機器についても整備された環境の上でテストしてみないとわからない点ですね。その点もしっかり押さえておきたいところです。

ocn光よりも、もっと良い回線を探したい!
あなたのエリアのNo.1をチェックしてみませんか?


本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.光回線が遅い?

光回線が遅い?
最近インターネット上で「光回線なのに速度が遅い」といった口コミがけっこう聞かれます。光回線というとADSLより20倍もの速度を誇っており速度については速いことが前提のはずですが、夜間は特に速度が遅いといった声が後を絶ちません。

夜間についてはゴールデンタイムに該当し、アクセスが集中します。利用するユーザーが多いと当然ながら速度は低下してしまうわけです。夜の時間帯を避けるのも悪くありませんが、仕事をしている人は夜間の時間でないとインターネット利用は難しいといった人も多いことでしょう。

OCN光についても人気の回線です。老舗でもあり昔からあるプロバイダでもあります。OCNをずっと利用しているといったユーザーもいることでしょう。OCNというだけで安心して利用できるといった声も少なくありません。こうした事情からOCNは人気の高い回線でもあります。
みなさんの中にはOCN光に興味を持っているユーザーもいることでしょう。OCN光ですが光コラボレーション商品の1つとなります。光回線はNTT東日本とNTT西日本の回線を利用しており、プロバイダはOCNとなります。

光コラボレーションについてはフレッツ光などより回線利用料が安く人気となっています。NTTの光回線を借りて運営している形となっており、この方法で運営している企業は500社を上回る勢いです。あまりにも数が多すぎて選択に迷うユーザーも少なくありません。

ここではOCN光は夜間に速度が本当に遅いのか?また解約方法などについても紹介したいと思います。

光コラボレーション商品は安いと聞くけど、速度があまり出ないといった話も耳にするわね。それはどういうことが原因なのかしら?NTTの光回線を利用しているのだから理論的には普通に速度は出そうだけど。
プロバイダやその他の理由が何かあるのかもしれませんね。プロバイダによっては設備内容も違いますし、やはり口コミを確認するしか現状は方法がありません。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.OCN光の環境について

OCN光の環境について
最近「光コラボレーション」という言葉をよく耳にするといった人もいることでしょう。光コラボレーションはNTT東日本と西日本の光回線を利用したもので、理論的にはフレッツ光+プロバイダと同じ環境で利用できます。

しかしインターネットの口コミなどを見てみると光コラボレーションの会社によっては速度があまりでなかったり、かなりの差があるような記載も多くみられています。なぜそんなことが起きているのでしょうか?

OCN光については人気の回線です。実際に利用している人も多いことでしょう。OCN光についてもフレッツ光の回線を利用しており従来のフレッツ光+プロバイダとイメージは変わらず利用できます。

OCN光ですが1ギガの光回線とOCNのプロバイダを利用しています。OCNと言えば以前はNTT系列で運営していたこともありプロバイダの老舗でもあります。2017年7月からはIPv6の提供も開始しており引き続き人気となっています。

フレッツ光からの転向の場合、固定電話番号もそのまま利用できます。ひかり電話についても利用が可能です。このように転用がしやすいのも特徴です。
現在OCN 光 with フレッツやOCN 光「フレッツ」を利用している人がOCN 光へ乗り換えをした場合、2年割の違約金が発生しないルールとなっています。この点も大きな魅力です。

公式サイトに現在の料金と比較できるシミュレーションが設置されているのでこの機会に試してみるといいでしょう。このように公式案内をみても特段OCN光が遅くなる要素は見当たりません。

光回線と言えば真っ先に思い浮かぶのがNTT系の回線よね。光コラボレーションもNTTの回線を利用しているといっているし、光回線を利用するならそれしかないようなイメージもあるわ。
もちろんNTT系以外の光回線を提供している企業もあるんですが、やはり日本で1番メジャーなのはNTTと言えるでしょう。NTTの回線利用がもっとも身近なものかと思います。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.インターネットで速度が遅いのはいつ?

インターネットで速度が遅いのはいつ?
インターネットの利用で速度が遅いのは「夜間」といった声が圧倒的に多いです。夜間は仕事を終えて自宅でのんびりくつろぐ人も多い時間帯です。そうした時間帯ではインターネットを閲覧したり、テレビをみたりと気ままに過ごす人が急増します。多くの人が日中は仕事や学校などがあり、夜はアフターの時間を過ごす傾向にあります。

また休日についても速度は遅くなりがちです。休日も家でインターネット三昧といった人も少なくありません。特に雨の日や雪の日は家にいる人も多く、ネット接続もつながりにくい状況となります。

インターネット接続ですがこのように時間によって速度にばらつきがあります。遅いと感じている人は実際にどのくらいの速度で利用しているか把握することからはじめましょう。インターネット速度ですが「ラディッシュ」でチェックが可能です。この機会にチェックしてみるといいでしょう。

夜間と一言で言っても曜日と速度も関係があります。土日の夜間は特に速度が落ちがちです。土日の夜間もしっかりチェックしてみましょう。

ここで問題なのは本当にOCN光の速度が遅いのか?あるいは自分の機器に不具合があるのか?の判断です。ルーターについてはランプの点灯でチェックするかと思います。ランプの点灯をチェックして問題ないようなら大丈夫というのが前提ですが、ルーターの機能について問題があるケースがあります。

例えば現在OCN光は1ギガ対応となっています。それに対しルーターが100メガまでしか対応していない古いタイプであれば速度対応がしきれていない可能性も否定はできません。

また無線LANの取り付け台数にも注意が必要です。無線LAN対応のルーターでも台数が5台までと制限があったりさまざまなスペックとなっています。あなたが利用しているルーターのスペックはどうなっているのか?そちらを確認してみましょう。

ルーターについてはレンタルの場合、毎月有料でオプションが発生します。しかし回線に見合ったルーターを提供してくれるので安心感もあることでしょう。できれば安心してルーターを使いたいといった人が多いのではないでしょうか。そうした人はルーターをレンタルしてみるのもおすすめです。

またマンションにお住まいの方はマンションタイプに加入しているかと思います。マンションタイプでNTT系の光回線を使うとなると他の住民と共用する形で利用しているケースが多くみられます。図式としてはマンションの場合料金が安いことでもわかるとおり、複数の世帯が同じ光回線を利用する仕組みなるため回線速度はどうしても落ちます。特に首都圏はユーザー数が多いのでなおさらそうした影響がでやすいです。

戸建ての場合は戸建てユーザー1軒の形になるのでマンションタイプよりも速度は落ちにくくなっています。しかし専用線を引いているわけではないのでやはり速度は影響が出ます。

速度については夜間や休日はしょうがない・・・といったあきらめも大事かと思います。フレッツ光もそうですが光コラボレーションもNTT東日本と西日本の回線を利用しており多くのユーザーを抱えています。そして同じような時間帯で利用しているとなると当然ながらその時間帯はアクセスが集中し、速度が落ちるのは避けられない事実です。

これを回避したいのであればケーブルテレビや電力系回線へ切り替えるのも1つの手段です。要するにNTT系の回線を避ければ大きな渋滞には巻き込まれないということになるわけです。

OCN光についても同じ状況ですが、OCN光からNTT系を利用している光回線への乗り換えの場合同じようなことが発生する可能性は高いといえます。プロバイダの影響もあるので必ずとは言えませんが、そういうことも含めて転用についてもじっくり検討する必要があります。

乗り換えについてもキャッシュバックがついているNTTの回線を考える可能性が高いわね。そうなると結果的にNTTの光回線を利用するわけで混雑時の利用はどのみち速度が遅くなりそうね。この点も頭に入れて検討する必要がありそうね。
そうなんです。ただ単に乗り換えても結果的にNTTの光回線を利用していることには変わりないのでその点を踏まえて検討することが大事です。乗り換えについても乗り換えた人の体験を参考にするといいでしょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.同じマンションにOCN光のユーザーが多い場合

同じマンションにOCN光のユーザーが多い場合
フレッツ光からOCN光に切り替えた、あるいはNTT系の光回線を使っているインターネット接続会社からOCN光に切り替えたという人もいるかと思います。OCN光は知名度もありますし、料金も安価で利用しやすいインターネット業者といえます。キャッシュバックキャンペーンもたびたび実施しているのでなおさらかもしれません。

OCN光を利用してから以前の光回線よりも速度が遅い場合で特にマンションタイプを利用している場合、マンション内にOCN光を利用しているユーザーが集中している可能性も否定はできません。そうなると当然ながら速度は落ちます。

戸建てでも同じようなことがあり同じ会社の利用者が多いエリアでは混雑することが予想されます。このように利用については混雑状態とも関わりがあります。

しかし実際に自分の住んでいるマンションの住民がどこのインターネット接続会社を利用しているか?なんて調査をしない限り把握できるものではありません。目安としてマンションの引っ越しをされた方であれば、前のマンションと比較して同じインターネット業者でも速度が思うようでないと判断するなら、そうした現象を疑ってみるのも良いでしょう。

インターネット接続ですが業者が集中することはよくあるケースです。キャンペーンをやっているところやPR活動に力を入れているところ、また低価格の光回線提供などなどは人気となっています。このように人気状況でも回線混雑は予想されます。

OCN光のようにメジャーな会社だと加入者は多い可能性が高いわよね。私もまったく知らない会社よりも有名な会社を選択してしまうと思うわ。
そうですよね。やはりネームバリューが高いと安心感もありますし、何かとよさそうな感じがします。ただあまりにも利用者が多いインターネット業者は混雑もひどい可能性は否定できません。また夜間規制なども調べておくといいでしょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

5.フレッツ光から乗り換えを検討している方

フレッツ光から乗り換えを検討している方
フレッツ光からOCN光へ乗り換えを検討している方は解約金などが発生しないルールとなっています。最近フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える人が増えていますが、その点もリサーチしておくといいでしょう。

フレッツ光から乗り換えなら違約金もかからないですし、月額料金も安くなるのでおすすめといえます。また不要なのは解約金だけではありません。工事費も不要となっています。このようにコスト面でメリットもありますし、乗り換えもスムーズです。

乗り換えについても各社でさまざまなキャンペーンを実施しています。違約金などを負担してくれる業者もありますし、乗り換えについては違約金なしで対応している業者などさまざまです。

費用については月額コストばかりに目がいきがちですが工事費や違約金についても確認する必要があります。

違約金については1番いいのが更新月のタイミングを確認し、違約金が発生しないときに乗り換えるといったものです。この場合、2年更新であれば2年に1度のチャンスとなります。3年更新であれば3年の1度のチャンスです。

このようにタインミグについてもあわせて考えてみるといいでしょう。2年や3年となると新しいプランも出ているかと思います。この時期は見直し時期と定めて新しいものに加入するのもおすすめです。

新しいものへの加入の際はキャッシュバックが付く可能性も高いです。そうなるとコスト的にもさらにお得になることがあります。

フレッツ光からOCN光への乗り換えは違約金がかからないルールになっているのね。フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えを検討している人はお得な話よね。
そうですよね。乗り換えを検討している人はこの機会にぜひ考えてみるのも良いでしょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

6.まとめ

OCN光ですが夜間に遅いのはしょうがないようです。あまりにも極端に速度が遅いようならそれはOCN光のせいではなく、自分の機器に問題がある可能性があります。ルーターやパソコンなど今一度確認してみましょう。 夜間の速度についても平日と休日では速度が異なることが少なくありません。速度についても定期的にチェックして様子をみましょう。

口コミでの情報についても正しいものとそうではないものがあるので注意が必要です。口コミの中でも特にADSLより速度が遅いなんてものは機器の故障の可能性が高いといえます。このように故障についても考えてみなくてはならないですし、内容を把握することが大事といえます。

OCN光の回線が同じマンション内で利用者が多い場合など、混雑に拍車がかかることがあります。その点も知っておくといいでしょう。

OCN光に限らず夜間が遅いのは多くの企業で同じことのようね。乗り換えについてはつい真っ先に考えがちだけど、機器の不具合なども含めてどういうものか検討することが大事そうね。違約金についても調べておかなきゃ。
夜間の混雑は避けられないというのも事実ですが、回線によっては通信方法で回避できている企業もあります。いずれにしても口コミをリサーチして自分で探すしかなさそうです。口コミの情報も100%ではないのでその点も踏まえて考える必要がありますしね。インターネット接続業者数は増えていますが、増えれば増えるほど迷う部分ではあります。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

7.ドコモnetとOCN光の影響について

ドコモnetとOCN光の影響について
ドコモnetを利用している、あるいは利用を検討しているといったユーザーもいることでしょう。すでにドコモの携帯電話を利用されている方ならついでにドコモnetを利用しようというのも当然の流れです。

ドコモnetはドコモが提供を手掛けるプロバイダの1つであり、ドコモユーザーの加入が多くみられるプロバイダでもあります。プロバイダについては契約回線によりますが基本的に自由に選べるのが前提です。口コミをリサーチしてよさそうなプロバイダを探しておくといいでしょ。

プロバイダですがとにかく数が多くて何か何だかわからないといった声も聞かれます。ドコモショップで店員に聞いたらドコモnetを勧められたといった理由でドコモnetを選んでいるユーザーも多いみたいです。

事実、ドコモショップの店員さんの話では、ドコモ光を申し込む方のうち、7割程度の方がドコモnetで申し込むようです。

ドコモnetとOCN光ですが実質上同じ状態で回線接続を行っています。つまりOCN光のユーザーだけではなくドコモnetのユーザーもこちらの回線を利用しているのです。このような形式なのでおのずとOCN光のユーザー数はかなり多い状態となっています。

ユーザー側はこうしたからくりがあるとは知らないケースがほとんどです。名前が違うと別物だと思いがちですが、系列企業の場合こうした提携がなされている場合もあります。こうした利用方法は混雑にもつながってしまうわけです。

ドコモnetを利用する場合も速度が遅くなる可能性は否定できません。その点も踏まえて加入を検討してみるといいでしょう。

ドコモnetはOCN光と一緒だなんて全く知らなかったわ。そうしたアナウンスもされていないし、自分で調べない限りこういった情報ってわからないわよね。
そうなんです、自分で情報を得る状態でないとわからないかと思います。光回線でも同系列の業者だと実は同じ商品だったなんてこともあるわけです。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

8.OCN光を解約したい人必見

OCN光を解約したい人必見
OCN光を契約したものの事情があり解約したいといったユーザーもいることでしょう。OCN光ですがOCNということもあり人気の回線となっています。しかし速度が遅いなど思うように効果が得られず、解約を選択するユーザーも増えています。OCNというと老舗ですしどうしてそうした声が上がるのか?と不思議に思っている人も多いことでしょう。

考えられる1番の理由はユーザー数の多さです。OCNということで安心して加入したりキャッシュバック目当てで加入するユーザーが多いのも特徴の1つです。ユーザー数が多いと当然ながらアクセスが集中して混雑しがちです。またドコモネットなどとも共用しておりそちらのユーザーもOCN光の回線を利用していることになります。

これらの問題を解決するにはユーザー数が減少するか、OCN側の設備投資など改善が必須となります。設備投資などを期待したいところですがそれまで待っているのも困るといった人は他社乗り換えが選択肢になります。

乗り換えの場合、更新月であれば違約金や解約金は発生しないのですが、その他の時期は違約金がかかります。OCN光の場合、2年自動更新型割引というプランが適用されています。更新については自動的に更新されるため、解約すると申し出ないと解約はされない状況です。これは便利なシステムでもありますが、解約月の見落としにもつながります。

2年自動更新型割引で更新月以外に解約すると違約金11,000円がかかります。つまり解約するのに11000円ほど支払わなくてはならないわけです。このシステムには理由があり、2年自動更新型割引を付けることにより毎月の請求額から1100円の割引になっているためです。そのため決して高いわけではないのです。

しかし11000円という負担金はできれば払いたくありません。払わないためには25か月目と49か月目、73か月目に解約すると払わなくて済みます。可能であればこのタイミングで解約を検討してみるといいでしょう。

25か月のタイミングで解約する場合、工事費についても負担が必要なケースがあります。工事費を最初に一括で支払っている、あるいは無料だった場合は話が別ですが基本的に30か月の分割払いとなっています。つまり残り5か月分を支払う必要があるわけです。こちらの支払いは分割ではなく解約の場合は、一括払いとなります。戸建てで月額500円、マンションで月額400円です。

プロバイダについてはどうでしょうか。プロバイダについては幸い違約金がかからない状態です。ここはなんの躊躇もなく解約することができます。

ちなみにフレッツ光でOCNのプロバイダを契約している場合は、解約金がかかります。この点は光コラボレーションと異なるので注意が必要です。

その他の注意事項ですがオプションについてもそれぞれルールがあるので注意が必要です。特に代理店経由でオプションを付けなくてはならない状態の場合、オプションについても利用期限が設定されていることもあります。

機器についてもレンタルか購入か?で状況は異なりますが、そちらも確認が必要です。購入で分割などの場合は解約時に一括で支払う必要があります。

違約金についてはタイミングによって解約を検討することも大事ね。できればそうした費用は支払いたくないものね。
そうなんです。ただしチャンスは2年に1度なのでそれまで継続することを考えると果たしてそれがいいかどうか?迷うところでもあります。どうしたらいいかはコスト計算とあわせてしてみるといいでしょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

9.夜間のインターネット利用で最適な回線について考えてみる

夜間のインターネット利用で最適な回線について考えてみる
自宅でのインターネット利用は夜間が多いといった人も多いことでしょう。日中仕事をしている人は夜間でないと時間が取れないといった人も多く、夜間はインターネットが込み合う時間でもあります。そのため夜間はアクセスが混雑しており、速度が遅くなったり夜間規制を実施しているプロバイダもあります。

光回線ですが光コラボと呼ばれる商品も人気です。ドコモ光やNURO光など話題の回線を調べてみるといいでしょう。通信速度ですがドコモ光などの光回線はNURO光を除いて最大1ギガの速度となっています。ちなみにNURO光は2ギガで世界最速提供でもあります。

OCNモバイルONEやプロバイダについても調べてみるといいでしょう。それぞれ特徴があり口コミでは速度についても話題になっているので参考になるかと思います。また格安SIMの利用を検討しているユーザーは格安SIMとあわせてインターネット接続を契約するのも1つの手段です。

ドコモについては地方でも電波状況がよく利用しているユーザーも多いことでしょう。障害などについても気になるところです。ドコモは設備がしっかりしているため障害についてはあまり耳にしません。NTT系光回線とあわせて利用するのも良いですね。

光インターネットのサービスですが格安SIM MVNOなどとあわせて利用すると料金がお得になるケースも多いです。最近の格安SIMは優れものが多いのでそちらの利用もあわせて検討するといいでしょう。

速度制限については各社でルールが異なります。夜間規制があるかどうか?など事前にチェックすることをおすすめします。また中には通信障害が頻発しているといった企業もあります。それもわりと大手企業であるのでこの点も調べておくことをおすすめします。

光コラボ回線ですが請求書が1本化されており安くて便利と評判です。フレッツ光回線から乗り換えるユーザーも多くみられます。光回線サービスについてはフレッツ光や光コラボレーション、電力系回線やケーブルテレビなどさまざまなものがあります。各社で特徴と料金が異なるので調べてみましょう。またときには大規模ネット障害などもあるので過去の実績も調べてみることをおすすめします。

ドコモ光ユーザーにとっても速度規制は気になるところです。OCN光モバイル割などもありますが光回線ユーザーにとって速度低下はなんとか避けたい点でもあります。これらを調べるには口コミしかありません。口コミを徹底調査しましょう。

MVNO各社徹底解説についても大変参考となります。メリットデメリットを把握して利用を検討するといいでしょう。OCN forドコモ光やドコモ光OCN、OCNモバイルONEユーザーなど選択肢はいくつかあります。これらもリサーチすることが大事です。

利用制限については加入後に付加されることもあります。各社を比較してみるといいでしょう。評判についてもネットやサイトで紹介されています。光コラボについてももちろん記載があります。

ユーザー数についても気になるところですがこれは公式サイトの情報を信じるしかありません。対応についても各社でまちまちですができればコールセンターにつながりやすいところがよいでしょう。

おすすめのプロバイダですがランキングなども掲載されています。そちらを参考に回線速度とあわせて検討するといいでしょう。

ユーザーによっては月額料金が重視であったり、速度が重視であったりさまざまな状況です。光回線と一言で言ってもプロバイダや接続機器で速度は異なってしまうため、慎重に検討することが大事です。

光コラボレーション商品は安いと聞くけど、速度があまり出ないといった話も耳にするわね。それはどういうことが原因なのかしら?NTTの光回線を利用しているのだから理論的には普通に速度は出そうだけど。
プロバイダやその他の理由が何かあるのかもしれませんね。プロバイダによっては設備内容も違いますし、やはり口コミを確認するしか現状は方法がありません。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

10.総括

Ocn光については残念ながらユーザー数が多い影響か、速度が遅いといった声が多く聞かれます。乗り換えを検討している人はできれば更新月に行うのがベストです。タイミングは25か月など2年に1度となります。

ここまで待てないといった人は110 00円違約金がかかります。この点も踏まえて検討するといいでしょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!