J:COM Wi-Fiが繋がらない時の確認手順と対策方法|料金プランも紹介

J:COM Wi-Fiが繋がらない時の確認手順と対策方法|料金プランも紹介

J:COMが提供するJ:COM Wi-Fiは大手ならではの安心感が魅力のサービスですが、仕事やゲームなどでいざという時繋がらないと困ります。

そこで今回はJ:COM Wi-Fiが繋がらないときの確認すべき手順と、対策の方法を詳しく解説します。

料金プランやサービスエリア、ネットでの口コミ評判なども掲載しますので、契約を検討している人は参考になりますよ。

私外回りのお仕事で使うから、お客さんの前でつながらなくなっちゃったら困るわ。
サービスエリアの調べ方や、繋がらないときの対処方法を一緒に確認していきましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1. J:COM Wi-Fiが繋がらないときの確認手順

J:COM Wi-Fiが繋がらないときの確認手順

J:COM Wi-Fiはモバイルサービスである性質上、さまざまな理由で通信が繋がらない状況が考えられます。

重要な調べごとや操作中に通信が途切れると慌ててしまい、原因が見つからないままあたふたとしてしまいがち。

そこで、J:COM Wi-Fiが繋がらないときに確認してほしい手順を紹介しますので覚えておきましょう。

1-1:通信障害情報を公式ホームページで確認する

通信が途切れたときにまず確認したいのは、J:COMのサービス自体に通信障害が発生していないかということです。

大元で通信が途絶えている状態では、何を対策しても解決しません。

J:COMの通信障害やメンテナンスの情報は、公式ホームページで確認することができますので、真っ先に確認してください。

J:COMサポート(障害・メンテンナンス情報):
https://information.myjcom.jp/maintenance_outage/index.html

1-2:対応エリア内か公式ホームページで確認する

J:COM Wi-Fiが繋がらない原因の1つとして、サービス対応エリア外に居るという可能性が考えられます。

人口の多い市街地や、幹線道路沿いなどはほとんどカバーされていますが、すべてのエリアがカバーされているわけではありません。

J:COMの公式サイトにサービスエリアマップがありますので、Wi-Fi繋がらないときは自分のいるエリアをチェックしましょう。

また、サービスエリア内でも地形などの条件によって、特定のエリアだけ電波が届かないということも考えられます。

ピンポイントエリア判定という機能を使えば、住所を打ち込んで狭いエリアの電波状況を確認することができます。

J:COMサービスエリアマップ:https://www.jcom.co.jp/service/wimax/area/

1-3:ルーターと機器の接続に干渉する物がないか確認する

Wi-Fiルーターと機器は有線での接続も可能ですが、最近はWi-FiやBluetoothを利用したワイヤレス接続が主流です。

ワイヤレス接続は周辺の環境によって電波の干渉を受けることがありますので、周りに以下の状況がないか確認してみてください。

  • 電子レンジ・コードレスフォンを使っている
  • 室内や近隣で複数の無線LAN機器を使用している
  • ルーターと機器の距離が遠い、鉄筋の壁がある

電子レンジ使用していると無線Wi-Fiの通信を妨害する場合がありますので、使用を中止して様子を見て、改善するようならルーターから離れた場所で使用しましょう。

多数の無線LAN機器を近くで使うと混線するため、機器の説明書などを見て使用するチャンネルを変更すると改善する場合がありますので試してみてください。

ルーターと接続するパソコンやスマホの距離が遠かったり、電波を通さない壁などの構造物があったりすると接続が不安定になります。

なるべくルーターを近くで使うと通信が安定しますので、確認してみてください。

1-4:スマホやパソコンとの接続を確かめる

スマートフォンやパソコン側でアップデートがあると、知らないうちに設定が変わってルーターとの自動接続ができなくなる可能性があります。

急につながらなくなったときは、接続機器側の設定も確認してみてください。

あらかじめ対応を知っておけば、繋がらなくなっても慌てずに済みますよ。
そうね、仕事でお客さんのところに行く前にピンポイントエリア判定で調べておくようにするわ。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2. J:COM Wi-Fiのサービスエリアと通信速度

J:COM Wi-Fiのサービスエリアと通信速度

J:COM Wi-Fiで使用している電波は本家UQ Wi-Fiとまったく同じものです。

基地局や電波の周波数帯が同じですので、サービスエリアの広さも同様で心配はありません。

市街地や駅周辺といった人口の多い土地はほとんどカバーされていますし、一昔前は圏外が多かった地下街や地下鉄もどんどんつながるようになっています。

山奥の人口が少ない町や、山深い峠道などはエリア外なことが多いので、そのようなエリアに行くことが多い方はサービスエリアマップで確認しておきましょう。

通信速度に関しても、電波を借りているから制限が掛けられてしまうということはなく、同じ速度で使うことができます。

借り物の電波だからエリアが狭いとか、通信速度が遅いって心配はないのね。
電波は本家とまったく同じ条件ですし、J:COMはケーブルテレビやインターネットでは大手ですから対応も安心です。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3. J:COM Wi-Fiの料金プラン

J:COM Wi-Fiの料金プラン

J:COM Wi-Fiでは使い方にあわせて二つの料金プランを用意して、さまざまなユーザーに対応しています。

二つのプランの違いを見てみましょう。

  月間データ量 月額料金
ツープラスギガ放題 上限なし 4,379円(税抜き)
ツープラスプラン 7GBまで 3,695円(税抜き)

3-1. たくさん使う人は迷わずギガ放題プラン

ゲームや動画閲覧などで、たくさんのデータを使う人はツープラス ギガ放題プランを選びましょう。

月間データ量が上限なしで、たくさん使っても速度制限がかからないので快適に使うことができます。

月間のデータ制限はありませんが、3日間で10GB以上の利用があると、ネットワークが特に混雑する翌日の18時頃から26時頃の間で速度制限がかかります。

しかし、制限速度は1Mbpsで、YouTubeの標準画質動画が閲覧できるレベルですから、使えないことはありません。

普通のネット閲覧やゲーム程度なら十分な速度ですから、ほとんどのユーザーは気にせずにガンガン使うことができます。

3-2. あまりデータを使わずに料金を抑えたいならノーマルプラン

普段多くのデータを使わずに、月額料金をなるべく抑えたいという方はノーマルプランを選びましょう。

契約の途中でプランを切り替えることもできますので、例えば使わない期間だけノーマルプランに切り替えるということも可能。

私は夏の間は帰省してあまり使わないから、その時はノーマルプランに切り替えておけばいいわね。
いいアイデアです、上手に使い分けて月額料金を上手に押さえましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4. J:COM Wi-Fiで使えるルーター

J:COM Wi-Fiで使えるルーター

現在J:COM Wi-Fiで使うことができるルーターはW05というルーター1種類です。

他のプロバイダと比べると機種が少ないので、不安に感じる方も居るかもしれませんが、最新のスペックを備えていますので問題ありません。

通信速度は下り最大758Mbpsの高速通信に対応し、何をするにも問題のない速度が出るスペックです。

スマートフォンやパソコンとのBluetooth接続や、大容量バッテリーによる9時間の連続通信など使い勝手の問題もありません。

私はメカ関係は苦手だから、選ばなくていいのは逆に助かるわ。
古い機種しか選べないと困る場合もありますが、使いやすいスペックの機種ですから心配ありません。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

5. J:COM Wi-Fiの口コミ
J:COM Wi-Fiの口コミ

J:COM Wi-Fiを実際に使っている方の口コミを集めましたので、契約を検討している方は参考にしてください。

5-1. 料金は高めだが、大手の安心感がある

実店舗を持たず、格安料金を売りにしているプロバイダと比べると、月額料金は若干高めのようです。

しかし契約している方の意見を見ると、インターネットやケーブルテレビで大きな実績を持つJ:COM Wi-Fiのサービスは安心感が高いという内容が多いです。

大手なのでサポート体制がしっかりしていますし、急にサービス撤退してしまうといった心配も少ないでしょう。

5-2. 開通作業をユーザーが行うのが面倒

他のプロバイダではルーターが自宅に届いたときには開通作業が済んでいますが、J:COM Wi-Fはユーザーが開通作業を行うので面倒という意見があるようです。

しかし、開通作業の手順を記載した説明書が付属しますし、初期設定に詳しくない人でも難しい作業ではありません。

開通作業が必要なのは最初の一回だけですし、大きな問題とはなりませんので安心してください。

5-3. ケーブルTV・電話・インターネットと請求がまとまって便利

J:COMが提供するほかのサービスを契約している方が、新規にJ:COM Wi-Fiを契約すると請求がひとまとめになって便利のようです。

何かあった時の問い合わせ先も一つになるのも、大きなメリットですね。

私は一回契約すると長く使うタイプだから、大手の方が安心感があっていいわね。
格安プロバイダでは電話での問い合わせを行っていないところもあります。サポート体制がしっかりしているのは安心ですね。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

6. まとめ
まとめ

Wi-Fiが急に繋がらなくなると、焦ったりイライラしたりしてなかなか原因が分からないものです。

あらかじめよくある原因と対処法を知っておくことで、落ち着いて対処することができます。

今回の記事を参考にして、いつも快適にWi-Fiサービスを使って仕事やプライベートを楽しんでください。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!