マニアック光コラボ“クラウドライン”の評判は如何ほど?業界人が評価!

マニアック光コラボ“クラウドライン”の評判は如何ほど?業界人が評価!
皆さん、こんにちは!好きなものは常に情報収集をするがモットーの2700です!今回は「マニアックプロバイダー」シリーズとしてまた名が知られていないサービスを検証することにしました!

といっても今回のテーマは当初「プロバイダー」と思っていたのですが、よく調べてみると「光コラボ事業者」であることが判明しました。(担当編集のYさん、タイトルが変わってしまったのはそのせいです。ごめんなさい!)

今回のテーマは「クラウドライン」という光コラボサービスで、「これ知ってる人はどれぐらいいるねん?」と私が思ってしまうぐらいのサービス会社です。

しかしフレッツ光ユーザーへ電話勧誘を行っているようで、その本質はどうなのかを検証することにしました。検証していく中で以前に紹介した「Hi-Bit」と同じ臭いもしてきましたが…真相はこれから解説していきましょう!

「クラウドライン」って聞いたことがないわ。今回もマイナーな光コラボ事業者を見つけてきたのね。
クラウドラインは取扱件数が少ない事業者なので、知っている人は少ないでしょう。でも、マイナーだからと言って必ずお得でない事業者とは限りませんからね。
もしかしたらただ知られていないだけで、とっても良いサービスを提供しているかもしれないものね。興味があるわ。
以前紹介した「Hi-Bit」と同じ臭いというのが気になりますが、さっそく見てみましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.光コラボサービスの「クラウドライン」とは?

光コラボサービスの「クラウドライン」とは?
ホワイトサポート株式会社が提供する光コラボレーションサービス。フレッツ光回線を使用し、プロバイダーは「クラウドライン」自らが行うという業界人から見ると「よくある光コラボサービス」です。

「現在、フレッツ光回線を使用していれば立会い工事がなしで切り替えができる」「プロバイダーの変更だけで住む」等の決まり文句が頭の中でいくつか駆け巡りました。

しかし、「クラウドライン」について調査してみると私にとって衝撃的事実ともいえることが発覚するのです。私がショックを受けた文面は以下になります。

・ホワイトサポート株式会社
通信業界では「ブラック企業」と話題になった光通信株式会社のグループ会社である「ハローコミュニケーション」が運営するプロバイダー会社の一つである。尚、ハローコミュニケーションが提供するプロバイダーは以下の3つである

①Hi-Bit(TOPPA、光ギガ)
②ホワイトサポート(ブロードエース、クラウドライン)
③シグマライン(ダントツネット、ダントツひかり)

私「…うーん、現場の最前線にいた時代から悪評判しか聞かないHi-Bitが名を連ねてるね。大丈夫か、これ?」

ここで「Hi-Bit」をおさらいします。私も以前に記事をUPしましたが、「Hi-Bit」は「NTTのサポート会社」等を名乗り光コラボサービスの「光ギガ」の契約を不正ギリギリ(事例によってはアウト)な方法で獲得していた事業者です。

中には消費者に「フレッツ光のままで値段が安くなる」と誤認識させ、契約事業者が「光ギガ」に変更されたことを認識させないようなトークで案内をしていました。

「これは勧誘の口コミから分析する必要があるな」普段なら2つめの見出しは「料金プラン」の紹介をすることが多い私は料金プランから調査していますが、今回ばかりは「勧誘」の内容が気になりました。

あの不正ギリギリな方法で勧誘する「Hi-Bit」も運用している「ハローコミュニケーション」が元なの?もうこの時点で期待できないんじゃない??
確かに親が同じであれば、子も同じである可能性は高いですからね。ここは勧誘の口コミを確認して、まずはその実態を把握しましょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.勧誘の口コミから見る実態

勧誘の口コミから見る実態
「Hi-Bit」では電話勧誘が多かったですが、「クラウドライン」では訪問勧誘も特化して行っています。

手口になるトークはこのようなものです。

「○月からフレッツ光の料金がお得なるのでお伝えに伺いました。今までこちらのアパートで月額6,500円ほどネット料金を支払いされていたと思いますが、○月からは4,500円に下がるのです!それに伴いまして再契約が必要になるのでお願いします」

「これからはプロバイダー料金がNTTの料金に含まれるような形での請求になります」
↑これだけ見て皆さんはどう思われますか?NTTがお得なサービスをわざわざ訪問して教えに来てくれたと思いませんか?

消費者が何も疑いをかけなければこのまま「NTTの人だ」と思い込んで契約をさせて終了です。俗にいうオワコンというものですね。

このトークだけで私の中での評価は「最低最悪」です。訪問勧誘をしていれば、当然電話勧誘もするわけで。

以前に書いた「Hi-Bit」のように「NTTのサポートセンター」と認識させるような名乗り方はしていないようです。しっかりと「ホワイトサポート株式会社」と名乗ります。ここまでは普通だね。うん、OKOK。

しかし電話勧誘でもこの言葉が…
「今お使いのフレッツ光の料金が下がります」

もうこの類の言葉は店頭以外で聞いたら怪しいと思ったほうがいいかもしれません。更に「プロバイダーをクラウドラインにして頂くことによって月額料金が下がるんです!」という言葉も…。

これを見て業界人である私の頭の中はこんな感じでした。
「だ~か~ら~!プロバイダーが変わるだけじゃないんだよ!お客さんの契約してるインターネット会社もクラウドラインに変わっちゃうんだよ!この案内してるヤツ、電気通信事業法って法律の説明の義務を知らねぇのかよ!!」

まさに腸が煮えくり返る思いです。私がこんな案内をする営業を見たらすぐ激怒するでしょう。

あと「Hi-Bit」でもあった「固定電話問題」。光コラボに移行すると、更にそこからインターネット会社を乗り換えるときに簡単に固定電話番号を移行できないという説明もしてません。これはグループ共通なのでしょうか…。

この時点で「契約しないほうがいい」という答えになってしまいました。
「私にとってのクラウドライン特集 終了」

またしても優良なマニアックプロバイダーの発見とはなりませんでした…無念。

やっぱり、「クラウドライン」もちゃんとダメじゃない!なんでNTTと勘違いするような話し方をしたり、メリットだけ得意げに話してデメリットは一つも教えてくれないのかなぁ?
結局勧誘の仕方って、親元が指導しますからね。マニュアルが同じだと当然その方法も同じになりますよ…。
だいたい、説明の義務があることを理解していないっていうところに腹が立っちゃうわ。
この事業者の営業の人は、自分の成績のことしか考えていないんでしょうね。そして事業者自体も「成績がなにより大事」っていう指導の仕方をしているんじゃないですかね。
じゃあ、もうクラウドラインはみてもしょうがないんじゃない?
まだ始まったばかりなので、もう少し見てみましょうよ。次は、もっと様々な面での評判を集めて分析してみましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.評判を分析します

評判を分析します
でももしかしたら勧誘の仕方がちょっと悪いだけで、他の評判は(奇跡的に?)いいのかもしれない…。そんな淡い期待を持って、クラウドラインの色々な評判を集めて一応分析してみる私。

口コミと言ったらTwitter。さっそく「クラウドライン」で検索してみます。
以下Twitterのクチコミです。

(1)勧誘の方法・説明内容が悪い
①のケース
・NTTが新しくサービスを始めたみたいな内容で勧誘の電話が来た
・いかにもお得そうだった
・フレッツ光が解約されてクラウドラインとかいうコラボ光?になっていたことに、NTTに問い合せて初めて分かった
・請求書もNTTの紙だから気付かなかった
(参考URL:https://twitter.com/kurageyaming/status/982116580573134855

②のケース
・言葉巧みに話されて、いつの間にかNTTからクラウドラインに変わっていた
・安いからいいかと思っていたけど、電話料金とインターネットで前よりかなり高くなっていた
(参考URL:https://twitter.com/shimada_reform/status/973949997925281792

③のケース
・「auの回線がNTT回線と統一化され、ルーターが変更されますので、こちらにサインを」と言われた
・書類内容的には、クラウドラインに転用させられるところだった
(参考URL:https://twitter.com/emu_pksb/status/769433202624638976

④のケース
・「現在ご契約のプロバイダーが不要になりました!フレッツ光だけでインターネットが楽しめます」と説明された
(参考URL:https://twitter.com/minato01_J/status/769382750633730048

こちらは勧誘の方法やその際の説明内容に関する口コミです。

やはり「NTTからの勧誘だと勘違いさせた」、「安くなると思って変えたらかえって高くなった」、「嘘八百の説明をして契約させようとした」など、悪質さを感じさせるような内容となっていますね。

特に「auの回線がNTTと統一化される」とか、「プロバイダーが不要になってフレッツ光だけでインターネットが利用できる」なんてデタラメですから!こりゃ酷い…。

(2)カスタマーサポートの対応がひどい
①のケース
・カスタマーサポートで非常に長い時間待たされる(通話料金はこちらの負担)
・カスタマーサポートの対応が非常に雑、たらい回しにさせられる
・唐突に予告なしで回線を止められる
(参考URL:https://twitter.com/momimoni728/status/985362146866294784

②のケース
・1月の回線トラブルの原因究明と報告を4月の今になっても何も言ってこない
(参考URL:https://twitter.com/eddiejap/status/984215123005878272

こちらの口コミは、カスタマーサポートの対応に関するものです。

対応が雑だったり、電話料金がこちら持ちなのに長時間待たされるのは、とてもストレスが溜まりますよね。そして、問い合わせへの答えが3か月待っても来ないのもあり得ない。ダメダメです…。

(3)通信速度が遅い
①のケース
・通信速度が0.87Mbps(ダウンロード)と遅い
(参考URL:https://twitter.com/yuichanman_cas/status/974125344381845505

②のケース
・開通日のみカタログスペックの速度、以降明け方しか速度が安定しない
・基本22時間はADSL以下
(参考URL:https://twitter.com/rockin_horse/status/943362878391930885

③のケース
・1.0Gbpsコースのくせに0.3Mbpsしか出ない
・「解約します」って言ったのに止めてくれなかった
(参考URL:https://twitter.com/DGBUGRHyper/status/917747879858417664

こちらは通信速度に関する口コミです。

通信速度についてのものも酷い内容ですね。1Gbpsのスペックなのに1Mbpsもいかないんですから。なんて言ったって基本22時間はADSL以下って、むしろADSLにした方が早いってことです。

こうなってくると逆に、なにか一つでもいいところはないんだろうか?なんて考えてしまいます。クラウドラインになにかメリットはないのかなぁ…。

(4)請求がおかしい、解約金が高い
①のケース
・4月分の請求が来て、支払った領収書を持っていたので連絡したら「請求が全て3ヶ月遅れているので」とか言われた
・でも、3ヶ月前に当たる1月か去年の12月、どちらの領収書もある
(参考URL:https://twitter.com/rockin_horse/status/920115678572449792

②のケース
・親がクラウドラインとプロバイダー契約していたおかげで、ありえないくらい高い解約金払うことになった
(参考URL:https://twitter.com/jozitskim/status/914706658588102656

こちらは請求や解約金に関する口コミです。

ちゃんと支払っていて領収書もあるのに、再度請求が来るのは意味が分かりません。それに解約金が高いのもいただけませんし、そもそも親が加入したのならばきっとよく分からないで契約したんでしょう。やり口がひどい…。

(5)その他
①のケース
・ネット回線なんて動画も止まってろくに見られない
・サポートセンターの人はかなり態度悪い
・工事もしてないのに高い工事費用請求してきて、毎月5,600円もする
・ネットが滞納で止まってすぐ支払っても、繋がるのは3日後になる
(参考URL:https://twitter.com/yuichanman_cas/status/974455536392400896

②のケース
・誇大広告、嘘八百しかHPに書いてない
・明細に内訳詳細を書かない
・HPのマイページに書いてあると言うが、それにアカウントがログインできない
(参考URL:https://twitter.com/rockin_horse/status/943363883741224960

③のケース
・クラウドラインは早く国が取り締まるべき
(参考URL:https://twitter.com/rockin_horse/status/943363260253921280

④のケース
・クラウドラインは知識のない人に値段が安いですよってことをおして、大したサ-ビスもないのに解約金を払わせる
(参考URL:https://twitter.com/jozitskim/status/930345007122284544

⑤のケース
・「ホワイトサポートのクラウドライン」、「ブロードエース」、「ハイビットの光ギガ」は、総務省から2度も行政処分食らった悪徳プロバイダー
(参考URL:https://twitter.com/irotetsu/status/919168745745952768

その他、色々書かれていたので載せてみました。

もう、悪い評判が出るわ出るわで止まりません!ネット業者が文句を言われる可能性のあること全てが書かれていると言っても言い過ぎではないかも?特に行政処分を2回もくらっているというのは衝撃です…。

このようにTwitterで評判を調べてみましたが、はっきり言っていいものは一つもありませんでした!それが逆にすごい!!

良い点を探そうとするのは、もはや宝探しと一緒ですね。こりゃ、もし使っていたら解約するしかないですよ。

呆れるくらい悪い評判しかないのね、クラウドラインって。いい書き込みなんか一つもないじゃない。
勧誘の仕方が悪くてカスタマーサポートの対応も悪い。通信速度も遅くて料金請求や解約金も高い。ここまでくるとフォローのしようもありませんね。
挙句の果てには行政処分をくらっているって書かれているのよ。しかも2回も!
これがもし本当なら、1度くらったのに懲りずにまた同じことをやったということですよね。開いた口が塞がりません。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.月額料金と契約形態

月額料金と契約形態
ここでは「ホワイトサポート」が勧誘の際に勧めてくる「クラウドライン」の料金プランを解説します。

「クラウドライン」では従来型の2年契約プランと「超割」が適用される3年契約プランがあります。「ホワイトサポート」が勧誘の際には基本的に3年契約プランしか提案してきません。

3年契約プランの月額料金は戸建てが4,980円、マンションタイプで3,980円となっています。契約解除料金は2年目までが15,000円、3年目以降は9,975円です。

2年契約プランとでは戸建てが5,300円、マンションタイプで4,200円。契約解除料金9,975円です。

ただ他の光コラボと違い、携帯電話事業者との割引等の特典がないので魅力はあまり感じないのではないでしょうか?そのうえ月額500円の「光電話サービス」は別途発生するので、他の光コラボ事業者に比べると明らかに割高です。

気になる回線速度も以前に紹介した「Hi-Bit」同様です。契約当初は早くても、数ヶ月後には使い物にならない人もいれば、最初から低速でストレスしか溜まらない人ばかりです。

現在使用しているプロバイダーで快適であれば、少なくとも「クラウドライン」に変えるべきではありません。そしてもし今現在利用しているのであれば、解約をお勧めします。

ということで、次は解約方法についてみてみましょう。

料金はちょっと安いかも?って思ったら3年プランなのね。そして解約金15,000円ってちょっとどころじゃなく高くない??
2年プランの方の基本料金は、取りたてて安い訳ではありませんしね。更に光電話サービスも合わせて他と比較すると、決してお得ではありません。
もし今使っている人がいたら、解約して乗り換えた方がきっとお得よね。
はい、そうだと思います。では次に、解約方法について確認してみましょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

5.クラウドラインの解約方法を解説

クラウドラインの解約方法を解説
もうこうなったら解約するしかありません。ここでは、クラウドラインの解約方法を確認しましょう。

クラウドラインの公式ホームページをみると、「よくある質問」に解約に関する注意事項が記載されています。これによると、解約に関してまず覚えておいたほうがいいことは次の通りです。
・解約希望の場合は、CLOUD LINEサポートセンターに連絡する(CLOUD LINEサポートセンター 0570-020-301 受付時間10:00?)
・毎月、1日~末日までに「CLOUD LINE」、「Skyでんわ」、「Skyてれび」、「Skyサポート」の廃止工事が完了したものは、当月の解約適用となる
・廃止工事には日数を要する場合があるため、解約を希望の場合は余裕をもってお申込みをすること(翌月の解約適用となった場合は月額利用料を請求する)
・Skyでんわを利用の場合、廃止工事が完了すると電話番号は利用できなくなる
・更新月以外での解約の場合、契約解除料が発生する
・支払方法がフレッツ・まとめて支払の場合、サービス解約時に解約日の属する月より2ヶ月後または3ヶ月後に最終の請求がされる

ここで気になるのは、一つに「解約金」です。解約金は先ほども述べましたが、分かり易く表にすると次の通りです。
商品名 利用期間月数 契約解除料(不課税)
長とくプラン以外 24か月後の更新月以外 9,975円
CLOUD LINE ファミリー長とく 1~24か月目 15,000円
25~61か月目以降 9,975円
CLOUD LINE マンション長とく 1~24か月目 15,000円
25~61か月目以降 9,975円

最大15,000円の解約金の支払いが生じ、そうでなくても9,975円も掛かってしまいます。

そして次に気になるのは、「解約方法」です。公式ホームページによると、解約はサポートセンターに連絡すればよいとのこと。

電話による解約の手続きが終了すると、まずはレンタル機器の返却用キットが送られてきます。ONU・WiFiルーターなどのレンタル品は、これに入れて返却しましょう。

なお、返却期日までに指定の場所への返却が確認できない場合、「未返却金」を払わなければならなくなりますので、注意してください。

そして、必要に応じて撤去工事が必要です。撤去工事を行うのは、例えば賃貸のアパートやマンションに戸建て向けの光回線を引き込んでいて、原状復帰が必要な場合などです。

なお、光コラボからフレッツ光への出戻りは、転用と違って簡単ではありません。再度フレッツ光の契約を「新規で」結ぶ必要があり、その際工事費用が掛かります。

具体的には、既設の光ケーブルをそのままフレッツ光で利用するのであれば撤去工事は必要ないのですが、フレッツ光の開通工事はONUなど機器の交換が必要なため派遣工事となり、新規の開通工事よりは安くなりますが、工事費用が掛かるのです。

反対に光コラボから光コラボへの乗り換えは
①クラウドラインへ解約の連絡をす
②乗り換え先に利用の申込をする、で簡単に行えます。

開通工事も必要ないので、フレッツ光に戻るよりは楽に乗り換えることができるのです。つまり、お勧めは「フレッツ光」よりも「他の光コラボ」に乗り換えということになりますね。

やっぱり解約金が高いから、更新月まで待ったほうがいいのかなぁ?
他の光コラボへの乗り換えだと、乗り換えキャンペーンで解約金を代わりに負担してくれる所もあります。そういったところに乗り換えればよいでしょう。
そうだね。工事費も掛かっちゃうし、光コラボでいいところがないか探して見ようかしら?
あと解約時の基本ですが、レンタル品は必ず返却しましょう。でないと未返却金として高額な請求書がきてしまいますよ。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

6.総括

今回も「優良なマニアックプロバイダー、光事業者探し」は失敗に終わってしまいました。

ただ今回のことで言えるのはやはり「インターネットの契約は電話勧誘や訪問営業ではしないほうが吉」ということです。

しかし全ての電話勧誘や訪問勧誘を行う業者が悪者というわけではありません。業界人からすれば「Hi-Bit」や今回の「クラウドライン」のような説明の義務を果たさずに契約だけを獲得しにいく事業者がいることによって、優良な事業者が迷惑を被っていることは非常に腹立たしいことです。

このような事業者には一刻も早く行政処分が下ることを祈るばかりです。

もし訪問勧誘や電話勧誘で契約をするのであれば、勧誘をしてきている人間に様々な疑問を投げかけることをお勧めします。訪問勧誘であれば担当者の名刺を貰い、即決せずに担当者の会社について調べることが重要です。

訪問勧誘のほうが電話勧誘より危険度は低いです。しっかりと良し悪しの判断をつける基準を作っておくことが理想になりますね。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!