ポケットWi-Fiの速度を強化!自作アンテナの作り方とは

ポケットWi-Fiの速度を強化!自作アンテナの作り方とは

WiMAXのポケットWiFiのアンテナは5分ほどで簡単に自作できます。自作アンテナでも電波を2倍以上強くすることが可能です。

自宅の部屋でWiMAXの電波が弱くて不便を感じている人も多いと思います。WiMAXは建物の干渉を受けやすいのが弱点です。立地によっては自宅でも電波が悪い場合もあるでしょう。

電波が弱い部屋であっても、自作アンテナで電波が大きく改善する可能性があります。簡易なものでも自作アンテナは十分な効果を発揮します。

自作アンテナの作り方、設置方法などについて詳しく見ていきましょう。

通信速度が2倍になるのはすごいわね。でもアンテナを自作するなんて難しそうね。
自作アンテナは誰でも5分もあれば簡単に作れますよ。材料も基本的に自宅であるもので揃ってしまいます。自作アンテナの作り方を見ていきましょう。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.WiMAX ポケットWiFiの自作アンテナの作り方

WiMAX ポケットWiFiの自作アンテナの作り方

自作アンテナの作り方としては、ボウルの内側に5cm~10cmの距離にポケットWiFiをセットすれば完成です。ボウルは100円ショップのものでオッケーです。

https://twitter.com/DarkKnightArmer/status/337086347540058112

5cm~10cmの距離にポケットWiFiセットできればアンテナとして成立します。どんな方法でも構いません。ボウルを立てて内側側面にポケットWiFiをクレードルごと置いてしまうのが一番簡単な方法です。

ボウルを立てる方法としてはまな板スタンドを利用するのがおすすめです。これも100円ショップのもでオッケーです。少し折り曲げて間隔を広げるなどしてボウルが立てられるように変形させましょう。

https://twitter.com/ura_08403/status/772349588644646912

ボウルは完全に立ててしまうよりは、少し傾けておく方が電波を拾いやすいです。ポケットWiFiの画面のアンテナの立ち方を見ながら、角度も調節すると良いでしょう。

吸盤タイプの車載用スマホスタンドを利用する方法もあります。スマホスタンドを利用すれば、ボウルを立てる必要はありません。

https://twitter.com/KSTR0405/status/825896795586703360

ボウルの底に吸盤を付けて、適当な距離にWiMAXをセットしましょう。

アルミホイルでアンテナの電波がさらに強くなる
ボウルにアルミホイルを巻くと電波はさらに強化されます。アルミホイルは特に電波を強く反射できる金属の一つです。金、銀、銅などもこうした反射の強い金属ですが、身近に手に入るのはアルミホイルです。アルミホイルを巻きさえすればボウル以外でも、鍋でもお椀型のものなら何でも利用できます。

https://twitter.com/kazuki_ex_1225_/status/1015506375919562752

お椀型のものがなければ、板で囲ったあげるだけでも十分に効果が期待できます。

https://twitter.com/myon_stella/status/1099149198052679682

少し手間がかかりますが、傘を自作アンテナにすることも可能です。パラボラアンテナは大きければ大きいほど、電波が強くなります。傘ぐらい大きければ効果は絶大です。置き場所に困るかもしれませんが、どうしても電波が弱い時には試してみると良いでしょう。

https://twitter.com/Rahotsu7/status/934313980096417792

こんな簡単に自作アンテナって作れるのね。ボウルとまな板スタンドだけで作れるなら私も試してみようかしら。
ボウルがなくてもアルミホイルを巻けば何でも代用できますよ。ボウルなどの道具がない人もまずはアルミイルで試してみると良いですね。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.自作アンテナでポケットWiFiの電波が強くなる理由

自作アンテナでポケットWiFiの電波が強くなる理由

自作アンテナで電波が強くなる理由を見ていきましょう。ポケットWiFiの自作アンテナは「パラボラアンテナ」の仕組みを利用しています。パラボラアンテナは弱い電波を集めて増幅させ強い電波にするものです。

パラボラアンテナは身近なところではスカパーなど衛星放送の受信などに使われているものです。街中でもよく見るあのお椀型のアンテナのことです。

図01

パラボラアンテナでは、お椀の曲面全体でで拾った電波を、お椀の内側の1点に集めることができます。電波が集まってくる点を焦点といいます。

この焦点の近くにポケットWiFiをセットすれば、強い電波を受信することができるわけです。

お椀が大きければ大きいほど焦点に集まる電波も強くなります。自作アンテナも大きければ大きいほど電波を強めることができます。

バラボラアンテナって、あの街中でよく見かけるやつなのね。
そうですね!ボウルなどでもバラボラアンテナを再現できるわけですね。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.自作アンテナの設置場所は窓際がベスト

自作アンテナの設置場所は窓際がベスト

アンテナの設置場所は窓際がベストです。

https://twitter.com/caffelatteraini/status/874445503118704640

部屋の奥よりも窓際の方が障害物が少なく、より強く電波を受信できます。またコンクリートで壁の厚い建物の場合には、壁で反射され室内まで電波が届かない場合があります。障害物や厚い壁の影響を受けない窓際にアンテナを設置しましょう。

また同じ窓際でも、建物に囲まれていない方が強く電波を受信できます。窓が2つ以上ある部屋なら、どの窓が一番強く受信できるか試してみると良いでしょう。

アンテナから距離のある部屋でWiFiを使う場合
自作したアンテナから遠い部屋で使いたい場合には、アンテナで強化しても通信しづらい場合があります。とくに2階建て、3階建てで別の階で利用したい場合など、部屋と部屋が離れてしまう場合があるでしょう。

アンテナと端末を使う部屋が遠い場合には、無線LAN中継器を利用するのがおすすめです。基本的には、WiMAXと無線LAN中継器をそれぞれWPS接続モードにすることで簡単に互いの機器を認識し、すぐに接続することが可能です。

WiMAXの設置場所と別の階で使いたいこともあるから、無線LAN中継器を検討してみようかしら。
性能の良い無線LAN中継器を利用すれば家中でWiMAXを利用することも可能ですよ。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.自作アンテナの速度についての評判
自作アンテナの速度についての評判

https://twitter.com/hatarou/status/487821154162204673

https://twitter.com/Emuroh/status/104863516871245824

https://twitter.com/Hina_Pina4/status/844873507745939457

自作アンテナでWiMAXの通信速度は2倍程度に向上するケースが多いようです。人によっては10倍以上に向上する場合もあります。

効果の大小は個人差があるようですが、ほとんどの場合で速度が少なからず向上する結果となっています。自宅でWiMAXの電波が弱くて困っているのなら、一度は試してみるのが良いですね。

2倍程度に速度がアップすることが多いのね。
かなり簡易なものでも十分な効果が期待できますよ。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

5.自作アンテナのデメリットをチェック
自作アンテナのデメリットをチェック

自作アンテナのデメリットは以下の3点です

  • 見た目が悪い
  • 天候の影響を受けやすい

まず、WiMAXの自作アンテナは見た目が悪いことがデメリットです。

WiMAXはクレードルで置いておく分には見た目も良く、場所を取りません。しかし、ボウルにセットして窓際にセットするとなると、部屋の見栄えがちょっと悪くなります。部屋をオシャレにまとめている場合には目立たないように工夫する必要があるでしょう。

またバラボラアンテナは天候の影響を受けやすいのがデメリットです。大雨のときなどは少し電波が乱れる可能性があります。自作アンテナについてはこの辺りのデメリットを事前に抑えておきましょう。

たしかに部屋の見栄えを気にするなら、アンテナの置き方は工夫する必要がありそうね。
大雨の日に若干の影響を受ける可能性がある点も抑えておきましょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

6.【まとめ】WiMAXのポケットWiFiの電波が弱いなら自作アンテナがおすすめ
WiMAXのポケットWiFiの電波が弱いなら自作アンテナがおすすめ

WiMAXの自作アンテナの作り方、設置方法など紹介しました。ポイントは以下の通りです。

  • 自作アンテナの作り方は、まな板スタンドでボウルとWiMAXをセットする方法がおすすめ。(ただしボウルの内側にWiMAXがセットできれば、どのような方法でも可)
  • ボウルにアルミホイルを巻けばアンテナはさらに強くなる。アルミホイルを巻けばお椀型のものなら何でも利用できる。
  • 自作アンテナの設置場所は窓際がベスト。障害物や壁の影響を受けにくい。
  • アンテナから距離のある部屋で使う場合には無線LAN中継器を利用する。
  • 自作アンテナを利用すると、2倍程度まで通信速度が向上するケースが多い。
  • 自作アンテナのデメリットは「場所をとること」「天候の影響を受けやすいこと」の2つ。

自作アンテナは誰でもかんたんに作成できます。効果が出る可能性もかなり高いので、ぜひ一度トライしてみると良いですね。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!