603HWの評判とスペックを分析、バッテリーの持ちや電波状況はどうか

603HWの評判とスペックを分析、バッテリーの持ちや電波状況はどうか

603HWは数あるポケットWi-Fiの中でも通信速度がもっとも早いため、快適に動画コンテンツなどを視聴したい方からの人気を集めています。

高速通信が強みの603HWですが、その他のメリットとしてバッテリーの持ちが良いなどの点があげられます。また、同時接続台数も多く、多数端末で利用する方にとっては非常に良いポケットWi-Fiです。

ここでは、603HWのメリットの詳細に加え、利用している方の評判について詳しくお伝えしています。

まずは603HWのスペックを見ていきましょう。

高速通信だと便利で助かるね!
そうです。でも、速度以外にも契約内容や対応エリアの確認が重要ですよ。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.603HWのスペック

603HWのスペック

603HWはワイモバイルが提供しているポケットWi-Fiであり、ワイモバイルが提供しているモバイルPocket Wi-Fiの中では最速の通信を実現している機種です。

具体的にどのような性能があるか知りたい人のために、まずは603HWのスペックを見ていきましょう。

通信速度
603HWの通信速度はポケットWi-Fiの中でもトップクラスの速く、下りの最大速度は612Mbpsの超高速です。

通信速度はポケットWi-Fiを選ぶ重要なポイントであり、高速の通信が可能なツールであれば仕事で容量が大きいファイルを扱う場合や、YouTubeなどの動画を視聴する場合も問題ありません。

連続通信時間
ポケットWi-Fiを選ぶときにどれくらいの時間通信に利用できるかは重要な要素です。

603HWの連続通信時間は、通常時が約6時間で省電力設定が有効だと約8.5時間利用可能です。パソコンの作業時間を考えると十分であり、直接パソコンと接続して使えばより長時間利用できます。

バッテリーの持ち時間
スマートフォンやポケットWi-Fiなど、通信機器を選ぶときにバッテリーの持ち時間を重視する人は少なくありません。

ポケットWi-Fiを連続で使わないことも多くあるため、そもそものバッテリーの持ち時間が長いモデルを選ぶことが大切であり、603HWの連続待受時間は約850時間にもなります。

一般的なポケットWi-Fiは、500時間から700時間ほどの連続待受時間にもなる長持ちしやすいです。

同時接続台数
603HWは同時に複数の端末と接続することができ、最大で14台まで接続可能で家族や会社のチーム、友達グループで使いやすいです。

接続している台数が多くなればなるほど通信速度は落ちていきますが、元々通信速度が速いため2台・3台であれば同時に接続してもさほど影響はありません。

月額料金
603HWの月額料金の内訳は以下の通りです。

  • Pocket Wi-Fiプラン2(7GB):3,991円
  • 端末代金の分割払い(36回):1,150円(一括:41,400円)
  • 月額割引キャンペーン:-1,150円
  • 合計:3,991円

603HWを利用する方の多くは、基本プランの7GBのデータ通信容量ではなく、通信制限を気にせずに使える無制限のアドバンスオプションを利用するため、金額が少々上がります。

  • アドバンスオプション:738円
  • 合計:4,729円

無制限で高速通信が利用でき、月額料金は5,000円を下回るため比較的安いです。

契約期間
603HWの基本プランの契約期間は3年間になり自動更新で、途中で解約すると契約解除料金10,260円が発生するため要注意です。

スマホの契約で多い2年縛りよりも長く、機種変更をするときにも解除料金が発生するため、契約をするときは慎重に検討することが大切。

603HWの利用エリア
603HWは日本全国に対応していますが一部地域では電波が入らないなど不便に感じることが多く、安定した通信に定評があるドコモと比較すると対応エリアは狭いです。

とくにデータ通信料を無制限で利用できるアドバンスモードを利用すると、さらに利用できるエリアは狭くなり、基本的には首都圏と名古屋・大阪・福岡の周辺地域となります。

通常モードであれば地方でも利用できますが、アドバンスモードだと利用できないケースがあるため、利用前に公式サイトの対応エリアで確認するのが無難です。

せっかく無制限にしても使えないことがあるの?
そうなんです。端末を契約する前にエリアの確認が大事ですよ。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.603HWの中古機種の価格

603HWの中古機種の価格

603HWの端末価格は新品で41,400円になり、3年契約になるため通常は36回の分割払いで月額料金に加算しています。

月額費用を抑えるために新品の端末ではなく中古の端末を購入するのも1つの手段であり、合計の料金を削減可能。

中古の端末の価格は出品されている状態にもよりますが、5,000円から1万円ほどが多く、新品に近い状態のものを1万円以内で購入することも可能です。

仮に1万円の中古端末を購入できれば、同じ条件である36回払いで計算すると月額278円相当になるため、高速・無制限通信を月額4,269円で利用できます。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.603HWの評判からみるメリット・デメリット

603HWの評判からみるメリット・デメリット

ポケットWi-Fiの種類は多くあるため、どのような基準で選ぶかが重要なポイントになります。

自身の利用環境に合っているかどうかの参考にするためにも、603HWのメリットとデメリットがわかる評判を見ていきましょう。

高速通信が非常に嬉しい
603HWでもっとも良い評判が多いのは「通信が速い」ことであり、容量が大きい動画も問題なく見られる点で嬉しいという声が目立ちます。

サクサク使えるかどうかはポケットWi-Fiを選ぶ要素でも重要視している人は多く人気です。

バランスが良くスペックのデメリットは少ない
603HWの性能は優れており、高速通信だけでなくバッテリーの持ちや同時接続台数が多いなど非常にバランスが良いです。

ポケットWi-Fiの中でも高速通信が可能な端末も多くありますが、データ通信料が無制限でなかったり月額利用料が高かったりしますが、603HWはコスパが良くて非常に便利。

契約期間が長い
月額料金以外にもポケットWi-Fiを選ぶ重要な要素に契約期間がありますが、603HWの契約期間は3年であり「長過ぎる」という声が多いです。

契約期間が長いと支払い金額の合計も大きくなるので、603HWは低価格なのがせめてもの救いといえます。

とくに603HWの場合は機種変更も契約解除料金発生の対象となるため、「新しい機種が発売されても購入できない。」という嘆きの声も少なくありません。

無制限でも使えるエリアが狭くて不便
603HWは無制限で使えるアドバンスモードで契約すると、一部の地域には対応していないため「使えるエリアが狭くなって不便。」という意見があります。

せっかくデータ通信量を無制限に使えるようになっても、暮らしているエリアが対応していなければかえってデータが使えなくなってしまうためです。

他社と比較すると月額料金は高い
603HWは比較的低価格で利用できる機種ですが、他社で提供しているポケットWi-Fiの方が安いことも多くあります。

データ通信量が無制限のプランでも他社の方が安いため、通信の速度を比較・検討することが重要です。

メリットとデメリットがあるのね。
性能は良いけど、深刻なデメリットもあるので要注意です。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.603HWのスペック・評判まとめ
603HWのスペック・評判まとめ

603HWはワイモバイルが提供している商品の機種の中でも、高速通信でバランスが良い性能のポケットWi-Fiであるため人気があります。

  • スペックに関する不満は少ない
  • 申し込み前に契約期間や利用エリアの確認は必須
  • 月額料金を抑えたいなら中古端末の利用がおすすめ

データ通信量が無制限のポケットWi-Fiは多くありますが、より通信速度が速い機種を求めるのであれば、603HWがおすすめです。

性能が良いのは嬉しいけどデメリットが気になるわ。
自身の利用環境に合うか慎重に考えることがおすすめです









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!