Pocket WiFi 305ZTを解約すべき理由と、オススメの最新機種を紹介

Pocket WiFi 305ZTを解約すべき理由と、オススメの最新機種を紹介

ワイモバイルの初期型ポケットWi-Fiである305ZTは圏外になりやすい不具合が発生していることから、解約を考えている方も多いです。

通信が不安定になっている理由を知り、今後も使うか解約するべきかどうか決めることが必要です。

305ZTを解約すべき理由だけでなく、305ZT圏外になりやすく繋がらない原因や乗り換えたいおすすめの機種を紹介します。

まずは305ZTを解約すべき理由から見ていきましょう。

305ZTは比較的古い端末なのね。
そうです。一定期間使ったら最新機種に切り替えることが大切です。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.305ZTを解約すべき理由

305ZTを解約すべき理由

305ZTを長年使っている人は通信が以前よりも不安定になり、圏外になるといった不具合も派生しているため、対策を考えたり悩むことが多いです。

解約を検討する人も多いため、305ZTはなぜ解約することがおすすめな機種なのか、その理由を見ていきましょう。

通信速度が遅い
ポケットWi-Fiを使うときに重要となる要素は通信速度であり、305ZTは現在ワイモバイルで利用できるWi-Fiルーターの中でも最大通信速度は遅い方です。

305ZTの最大通信速度は下り最大165Mbpsであり、最新機種の最大通信速度1.2Gbpsと比較すると10分の1程度になるため遅く、使用期間が長いことで最大パフォーマンスを出せないことも多くなります。

無制限プランは使えても繋がりにくい
305ZTを扱っているワイモバイルの料金プランでは、データ通信量5GBと7GBの2種類があり、アドバンスモードという追加オプションを利用することで、データ通信量を無制限で利用可能です。

このアドバンスモードは2.5GHz帯の4Gエリアにしか使えず、対応エリアは主に都会周辺の地域になり、地方や山間部では電波が入りません。

特に古い端末を使っていると端末が送受信できるデータ量も少なくなるため、電波の繋がりにくさを余計に感じてしまいます。

データ通信の質が悪く不便
305ZTはワイモバイル側の総通信量を節約するために、データを抑える仕様になっており、特定の条件を満たすと同じ環境化でも通信速度が遅くなったり、通信の質が悪くなり不便です。

主に動画を視聴するときや大量のパケット通信・長時間のパケット通信を行うと、料金プラン内のデータ通信量でも速度制限がかかっているように、通信が制御されてしまいます。

ポケットWi-Fiを使って動画の視聴を楽しむ人からすると、読込み速度が遅かったり画質が悪くなるため、おすすめではありません。

契約期間は3年
ワイモバイルのポケットWi-Fiに共有している解約すべき理由は、契約期間が3年と長く自動更新であることです。

ポケットWi-Fiを既に契約している人は更新月以外で解約すると契約解除料が発生し、その機会を逃せば次に契約解除料を発生せずに解約できるのは3年後になります。

Wi-Fiルーターは2年から3年経つと劣化しパフォーマンスに影響を及ぼすため、契約し他の機種に乗り換えることがおすすめです。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.305ZTが圏外になりやすく繋がらない理由は?

305ZTが圏外になりやすく繋がらない理由は?

305ZTは圏外になりやすく繋がらない理由を性能や機能、特徴から見ていきましょう。

【305ZT性能一覧】

連続通信時間 約9時間
連続待受時間 約1,000時間
下り通信速度 最大165Mbps
上り通信速度 最大10Mbps
同時接続可能台数 14台
発売日 2014年10月3日

最も発売日が古い
305ZTはワイモバイルが扱っている端末の中で最も発売日が古く、登場したのは2014年10月3日。

通常、Wi-Fiルーターのような電子機器は長期間使用することでバッテリーが劣化し、処理能力も落ちていくため通信速度が遅くなったり、電波の送受信に不具合が生じやすくなります。

一般的にWi-Fiルーターの買い替え目安は2年から3年であるため今も使っている場合であれば、端末が劣化していることで繋がりにくくなっている可能性が高いです。

通信が繋がりにくい機種である
305ZTはデータ最適化対応しているため他の機種よりも通信の制限がかかりやすく、元々通信が繋がりにくい機種であり、新品の状態で問題なくても長く使っているうちに不具合が発生しやすくなります。

今発売されている最新機種と比較すると、不便さが際立っている機種であるため解約し機種を変えることがおすすめ。

突然圏外になる不具合が発生する
305ZTは古いこともあり、今では突然圏外になる不具合が発生しやすい機種で、SIMロック解除してワイモバイル以外のプロバイダで利用する人もいますが、急に通信が不安定になる不具合が発生することが多いです。

実際にドコモのSIMを使っていると電波を急に掴めなくなり、圏外になることが多く不便さを感じるという評判が見られます。

もともと通信が制御されたいる機種なんだわ。
そうですね。データの最適化はユーザーのデメリットになりやすいです。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.305ZTはSIMフリー端末ではない!おすすめの機種は?

305ZTはSIMフリー端末ではない!おすすめの機種は?

305ZTはSIMフリー端末ではないため、ワイモバイルとの契約を解約するとSIMロック解除しないと他のプロバイダと契約して使うことはできません。

現在でも305ZTを使っていて突然圏外になるなどの不具合を感じるのであれば機種変更がおすすめです。

そろそろ305ZTを解約しようと考えている人のために、おすすめのポケットWi-Fiの機種を見ていきましょう。

Pocket WiFi 601ZT
一辺が7cmの非常にコンパクトな正方形をしている601ZTは女性に人気があるデザインをしたモデルであり、ピンク、ホワイト、ブルーの3種類から選べるため魅力的です。

表示画面は、電池残量・データ通信量・接続機器数が一目で確認できるようなシンプルな設計をしており、約5秒で使えるといった高速起動も可能なため、電子機器の操作に不安がある人でも扱えます。

2017年8月10日に発売されたモデルで比較的新しく、バッテリーも連続通信時間が10時間を超え使いやすい機種です。

Pocket WiFi 603HW
603HWは比較的高速な下り最大612Mbpsの通信速度で使いやすく、3.5GHz帯・1.5GHz帯でも高速通信が可能になったため、国内であれば安定して通信が行えます。

この603HWも5秒で使える高速起動に対応しており、使いたいときにすぐ使える設計で便利です。

2017年2月16日に発売されたモデルで比較的新しく、人が多く集まる場所でも通信が遅くならずに安定した通信ができる便利な機種。

Pocket WiFi 801HW
801HWは下り最大972Mbpsと超高速の通信速度を実現した機種であり、305ZTと比較しすると5倍から6倍以上の開きがあります。

2019年3月7日発売されたモデルであり、連続通信時間は10時間を超え同時接続可能台数は16台と言った、非常に高性能な端末です。

大量のアンテナを搭載しているため、駅や繁華街といった人が集まり電波が通信環境が悪い場所でもしっかりとキャッチでき、安定した通信を実現。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.SIMフリーではない305ZTは圏外で繋がらないならおすすめの機種に切り替えよう
SIMフリーではない305ZTは圏外で繋がらないならおすすめの機種に切り替えよう

305ZTは今となっては非常に古いモデルとなっており、急に圏外になるといった繋がりにくい不具合も出ているため、不便さを感じたら機種変更の検討がおすすめです。

  • 305ztは古い機種になるため、劣化して圏外になる不具合が起きやすい
  • 元々通信の質が弱い機種であり、データが安定して繋がらない
  • SIMフリーではないため、他社のプロバイダのプランは使いにくい

最新の機種であれば高速通信が可能なだけでなく、電波を掴みやすい設計になっており、便利に使うことができるようになっています。

古いと不具合が出やすいわ。
契約期間に注意しながら機種変更するのがおすすめです。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!