業界人がお勧めする無線Lanルーターを一挙紹介!メーカーはどこが安定か?!

業界人がお勧めする無線Lanルーターを一挙紹介!メーカーはどこが安定か?!

皆さん、こんにちは!快適なWi-Fi環境が大好きな2700です!今回は「2700が自信を持ってお勧めできる無線LANルータ」についてのお話を詳しくしたいと思います。

自宅のインターネット回線を無線Wi-Fiと変換してくれる便利な無線LANルーター。「無線Wi-Fiに変換してくれる機械だったらどこでも良いんじゃないの?」と思いがちですよね。

しかしその考えには大きな落とし穴が潜んでいます。現在の光回線の通信速度は理論値で下りは最大1Gbpsを誇っています。その1Gbpsのクオリティを活かすためスマートフォンやタブレット、ノートパソコン等のデバイス性能も新製品が出る度にマイナーチェンジを繰り返しているのです。

しかし光回線とデバイスの高いクオリティを活かすための重要な仲介役となるのが無線LANルーターになります。仲介人が優れた人間ではないと取引が上手くいかないのと同じで、無線LANルーターが優れたものではないと本来の通信速度クオリティは発揮されません。

この記事ではそのクオリティを最大限発揮してくれる無線LANルーターのお勧めメーカーとルーターを紹介していきます!

・最もお勧めできる無線LANルーターのメーカー
・メーカー別のお勧めLANルーター
・安価で無線LANルーターを買う狙いどころ

1.最もお勧めできる無線LANルーター

最もお勧めできる無線LANルーター
ではお勧めメーカーを詳しく紹介していきます。

・NEC
ISDN時代から「Aterm」シリーズをリリースし続けている国産メーカー。様々な家電製品でご存知の方も多いのではないでしょうか?ノートパソコンの「LaVie」シリーズも定評がありますよね!インターネット回線の無線化のノウハウを古くから持っており、近年では自宅用の無線LANルーターだけではなくモバイルWi-Fiルーターもリリースしています。

・BUFFALO
個人、法人ともに最もよく使われている無線LANルーターを輩出している老舗メーカー。皆さんもどこかで「BUFFALO」の文字が入っている無線LANルーターを見たことがあるのではないでしょうか?様々な広さの住宅に対応できる種類の多さがあり、殆どのルーターが最新規格のIEEE802.11acであるため安心して導入することができるでしょう。

・エレコム
BUFFALOに次ぐ周辺機器メーカーとして知られているメーカーです。BUFFALOよりも安めの料金で導入することが出来る店が魅力。規格も全く問題がありません。

無線LANルーターは前からほしいと思っていたのよね。でもどれがいいか真迷うわ。
そうですね。良い商品が多数ありますからね。エレコムやバッファローなんかも人気ですね。
安いものは高いものより不便さを感じるとかないのかしら?
価格よりも仕様内容ですね。仕様をしっかり把握すれば問題ないと思います。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.メーカー別のお勧めLANルーター

メーカー別のお勧めLANルーター

2-1.NEC
・Aterm WG2600HP2 : オープン価格
NECで最も広い住宅に対応している無線LANルーター。某オンラインショッピングサイトでも上位ランクの常連である安心定番です。戸建ては3階建て、マンションは4LDKまで対応。アンテナ数も4×4(5GHz帯と2.4GHz帯)となっており、通信速度クオリティも安定して提供してくれます。電波も360°全方位に提供してくれる優れものです。更に電波状態の良いチャンネルを自動選択してくれるオートチャネルセレクト機能も嬉しいところ。

・Aterm WF800HP : オープン価格
NECで比較的標準的なモデル。戸建ては2階建て、マンションは3LDKまで対応しています。動作時の最大消費電力もわずか6Wにおさえた省エネ設計なので電気代も節約したい方にも良いでしょう。

2-2.BUFFALO
・WXR-2533DHP2 : 27,700円
BUFFALOの無線LANルーターで3階建て住宅や4LDKマンションにお住まいの方にお勧めできる商品は迷わずこれ!4本の大型可動式アンテナタイプを搭載しており、縦横自在にWi-Fi電波環境をカスタマイズすることが可能です。様々な形状に対応できるので、安心して隅々まで電波供給することができますね!

・WSR-1166DHP2 : 10,000円
BUFFALOの無線LANルーターの中では一番カジュアルなモデル。対応範囲も標準的となっており、本体も床置きから壁掛けまで幅広く対応しているので場所を取りません。先ほどの「WXR-2533DHP2」の下位互換と見ていいかもしれません。コストパフォーマンスの高さも◎ですね。

2-3.エレコム
・WRC-2533GHBK2-T : 19,260円
BUFFALOの「WXR-2533DHP2」の廉価版とも見ていいほどクオリティが高い広範囲対応無線LANルーターです。更に業界トップクラスを誇るトレンドマイクロ社のセキュリティ技術も搭載しているので、スマートフォンやパソコンだけでなくテレビやエアコン等のネットワーク家電も脅威から守ってくれるものとなっています。

・WRC-1167GHBK2-S : 7,690円
エレコムの対応範囲が比較的標準な無線LANルーター。セキュリティ機能はありませんが、複数台接続も安定しており価格帯も手が出しやすいのが嬉しいところ。その反面、床置き対応のみとなっているので収納面では劣っています。収納面に拘りがなければ迷わずこれを選びましょう。

NECなども含めてどれも悪くなさそうね。どれにしようか迷うわ。
そうですね。迷いますね。同じ仕様なら価格で選ぶといった方法もあります。
そうね。どれにしようかしら。
まずは店頭で見学してみてはどうでしょうか。デザインが好きといった理由で選ぶのもいいですね。

2-4.番外編
以外と知られていない高性能無線LANルーターを出しているメーカーも存在します。それはiPhoneやMacBookで知られている「apple」です。「どうせ全部Appleで揃えたいリンゴ好きしか買わないんでしょ?」と思われがちですが、そうとも言い切れません。

・AirMac Extreme : 19,800円
規格はもちろん最新のIEEE802.11ac。可動式アンテナは搭載されていませんが、パワフルなビームフォーミングアンテナアレイによりデバイスを狙い撃ちするかのようにWi-Fi電波を共有してくれます。同時接続可能台数はなんと50台!更にセキュリティ面も安全のファイアウォールが組み込まれているので、悪質な攻撃からデータを守ってくれるルーターにもなり得ます。

設定もiPhoneやiPadで簡単に設定が可能なのも魅力です。個人宅やオフィスまで幅広い場所で導入することができますね。

・AirMac Time Capsule : 29,800円
先ほどの「AirMac Extreme」に3TBのストレージを加えた無線LANルーターです。ワイヤレスでデータのバックアップが可能なので、スマートフォンで写真や動画を撮影することが多い方には大変便利な機能ですね。

しかしこの2つの無線LANルーターには大きな欠点が存在します。それはデザインがお洒落である反面、本体が比較的大きめであることです。収納面に拘りを持っている方には不向きなルーターになってしまいます。今後スリムなルーターが発売されるのか注目です。

機器についても置き場にけっこう取られてしまうのよね。置き場についても困るわ。
そうですね。収納をどうするか?も課題の1つだと思います。
収納に適した機器を選ぶか、あるいは棚などを工夫するかね。
そうですね。限られたスペースを有効利用できるよう工夫しなくてはなりませんね。

3.安価で無線LANルーターを買う狙いどころ

安価で無線LANルーターを買う狙いどころ
様々な無線LANルーターを紹介してきましたが「できるだけ安い値段で良いものを手に入れたい」と思われている方もいるかと思います。

最も狙い目は「新製品が出る前後」の切り替え時期です。これは全ての家電の商品で言えますが、新製品が出る前後は既存商品の値下がりが発生しやすい傾向にあります。現在は新しい技術が出きった感があるので、新製品が出たところで気がつかないマイナーチェンジ製品であるパターンがほとんどです。値段が安くなった一つや二つ前の製品を購入しても気になることはまずありません。

しかし既存商品には旧規格の無線LANルーターが紛れている可能性も十二分にあるので、最新規格の「IEEE802.11ac」という言葉をしっかり覚えて商品選びをするようにしてください。尚、Appleの製品は他のメーカーと比べて大幅な値下がりが起きることはなかなかありません。他の国産製品と比べて家電量販店で価格交渉をしても値段が下がることもありません。

これはAppleが販売店による値下げを一切容認していないためです。
(iPhoneの一括0円は携帯電話の販売代理店が本体代金を負担しているので、この規定にギリギリ引っ掛からないのです)

Apple製品を選ぶ際は自分の拘りがAppleに合っているのかしっかりと把握したうえで購入しるようにしましょう。

新型が出る前は値下げしていることが多いからチャンスよね。
そうですね。そうしたときは絶好のチャンスでもあります。
ちょっと古い型でもお手頃価格はありがたい話よね。
そうですね。そうした商品をチェックしてみるのも良いでしょう。
4.総括

どのようなタイプの無線LANルーターを選ぶときでも規格は必ず「IEEE802.11ac」を選ぶようにしましょう。この規格が最も最新の光回線とデバイスの力を発揮してくれることは間違いありません。

価格帯で購入しやすいものはエレコムですが、タイミングが合えばお買い得なときにNECやBUFFALOを購入してもいいでしょう。Appleの無線LANルーターも魅力的で、見た目もオシャレですが以外と設置スペースの消費が激しいです。一世帯で同時接続する人数が何名なのかも重要な選択基準になります。

家庭での利用環境も考慮して無線LANルーターを検討するといいみたいね。
そうですね。複数台利用するならそれに適したルーターは1番です。
どれにしようか迷うわね。
迷いますね。
5.無線LANルーターを探そう

無線LANルーターを探そう
無線LANルーターはNECやバッファロー、エレコムなどから販売されています。最近は中国メーカーの無線LANルーターも活躍しています。レンタルや購入などさまざまですがどういったものがいいか迷うところですね。

インターネット接続会社でも有料や無料でレンタルしているケースもあります。この場合自社が提供しているインターネット接続の内容にマッチした仕様のルーターを提供しているので特段問題なく利用できます。

自分で購入する、あるいは自宅にあるものを使う場合は仕様を確認する必要があります。仕様があっていれば問題ないのですがあっていないと速度が遅くなったり不便を感じることになります。

外部アンテナなども含めて安定性は気になるポイントです。光回線の場合天候で左右される心配もないですし、安定度はそんなに心配しなくてもよさそうです。スマートフォンの場合、ユーザーの利用状態で混雑したときは通信が安定しないこともあります。

通信についても最大に活用できよう機種についても検討してみるといいでしょう。機種で機能も異なります。機器に関する記事も多く出ていることからその中から検討するのも良いでしょう。

モデルについてはレンタルでもばらばらです。多少古いモデルでも通信速度にそん色がなければそれでいいのではないでしょうか。サポートセンターの対応なども含め検討するといいでしょう。GHz帯についてはチェックをお忘れなく。

商品には対応規格というものがあります。規格があっていないと有線LANでも速度が遅くなってしまいます。ac対応や親機などのチェックも含めて確認作業をするといいでしょう。おすすめ記事も見てみるといいでしょう。

子機や親機単体などバッファローでも通信規格があります。高速通信を最大限に利用したいなら通信規格をしっかり確認しましょう。

直送品かどうか?も気になりますね。エアステーションで中継機やX対応など高速な中継器であるか情報を確認しましょう。ac規格も要チェックです。機器によってはPlus対応のものもあります。

速度を最大限に活用するためには対応機器がポイントとなります。無線LANルーターや仕様を重視して選ぶといいでしょう。

無線LANルーターは仕様をまず確認して検討するのが良さそうね。
そうですね。結局は仕様がポイントとなります。
仕様については速度とも関わりがあるのよね?速度を最大限で利用するためにもきちんとあったものを選ばないとね。
そうですね。そのためにもきちんとあったものを選ぶことが大事です。
6.おすすめの無線lanルーターの選び方

おすすめの無線lanルーターの選び方
無線LANルーターを購入される予定の方はどういったものを選べばいいか迷うことでしょう。無線LANも多数の会社から提供されています。NECやバッファロー、また見たことがないメーカーなどもあるかもしれません。

商品がたくさんあるというのは選択肢も多いわけですが迷いも生じることでしょう。そうした人は価格ありきで選ぶといった方法もあります。

無線LANは機器であり中には当たりはずれもあります。機器については一流ブランドでも調子がいまいちなこともありますし、聞いたことがないブランドでも支障なく使えることもあります。これは当たりはずれとしかいいようがありません。

価格が高いものは一流ブランドのメーカーが多く、機器の状態も良好であるケースが多いです。一方あまり耳にしないメーカーは商品自体がいまいちということもあります。メーカーも一流だと当然値段も高くなります。聞いたことがないようなメーカーだと激安なこともあるわけです。

機器や電化製品などはなるべく長持ちするものがいいといった人が多いことでしょう。確かにその通りです。しかしよく考えてみてください。インターネット接続の無線LANルーターは5年程度しか使わないことが予想されます。つまり10年は使わないというのが一般的な考え方です。

となると一流メーカーの高いものでなくてもいいのでは・・・?という話になります。そこで活用したいのがそこそこのメーカーのそこそこの商品です。こんな例え方をしていますが値段がそこそこでも商品はしっかりしているかもしれないのであくまで仮定の話だと思ってください。

NECなど日本ブランドのメーカーがどうしても価格が高くなりがちです。それでも日本メーカーにこだわり、かつ価格を抑えたいなら中古品を購入するといった手もあります。ヤフオクなどでは安く販売されている可能性もあります。

バッファローなどではお手頃価格で商品販売していることも多いです。こちらについても商品がしっかりしており、安定性があるものを提供しています。

あとは口コミ情報を参考にしてみましょう。口コミ情報ではリアルな情報が多数掲載されています。口コミは実際に利用しているユーザーの声を聞くことができる場でもあります。リアルな声からどういったものがいいか検討するのも良いでしょう。

上記内容を要約すると名前を聞いたことがあるメーカーでそこそこの価格、そして口コミを参考にチェックするといった方法がおすすめです。ぜひこの方法で無線LANルーター選びを検討してみてください。

商品選びに迷ったときは口コミを活用するのも良いわね。
そうですね。リアルな情報が多数あるので参考になると思います。
価格についてもそれなりのものでよさそうね。お財布に優しいものだと助かるわ。
そうですね。なるべく負担が少ないものがベストでしょう。この機会にチェックしてみるといいでしょう。
7.無線lanルーターの接続方法は思ったより簡単

無線lanルーターの接続方法は思ったより簡単
無線LANルーターなどインターネット接続関連はたびたび設定が必要です。設定についてもどういう形でやるか知っておきたい人もいることでしょう。設定ですが正直面倒であったり、苦痛に感じている人も少ないかと思います。特に何の設定もしなくて済めばそれが1番かと思います。

無線LANルーターの設定ですが設定はそんなに難しくありません。説明書などが添付されていると思うのでまずはそちらを読んでみましょう。説明書を読めば初心者でもわりと簡単に設定ができます。

無線LANからタブレットやスマートフォン、パソコンへの接続ですがIDとパスワード入力で接続することが可能です。IDとパスワードを間違わなければすぐに接続できます。

このように無線LANのインターネット接続は非常に簡単です。最近は公衆WIFIなども増えており出先でIDとパスワードを入力して利用したことがあるといった人もいるかと思います。

無線LANルーターでポイントとなるのはIDとパスワードの保存です。この点をしっかり行っていれば手軽にできます。パスワードは簡単な方がいいといった人も多いでしょうが、セキュリティ保護の関係できちんと行っておいた方が良いでしょう。

無線LANルーターですが手軽に利用できるアイテムであり、複数の端末利用にもおすすめとなっています。この機会にぜひ利用を検討してみるといいでしょう。

無線LANルーターの取り扱いはそんなに心配しなくてもなんとかなりそうね。
そうですね。設定も簡単に行うことができます。あとはIDとパスワードをしっかり管理することがポイントですね。
わかったわ。IDとパスワード管理は気を付けないとね。
そうですね。これは大事ですね。
8.無線lanルーターには寿命が存在する

無線lanルーターには寿命が存在する
現在利用しているインターネットはどのくらい利用しているかよくわからないといった人もいることでしょう。特段問題なければそのまま継続状態で利用しているユーザーも多いかと思います。

インターネット接続についてもさまざまな商品が出ており日々変化しています。とは言っても光回線であれば他社でも同じような商品になるので乗り換えは特に検討していないといったところでしょうか。

インターネット接続ですがそれこそ支障がなければそのまま継続利用するケースが普通です。継続利用を希望している人はそれでもいいわけです。ただそうした人はこの機会にルーターのチェックをおすすめします。

現在のルーターは無線LANルーターといった人もいることでしょう。違う機器にしてもインターネット接続でなんらかの機器を使っているかと思います。ところで無線LANルーターですがどのくらい利用しているでしょうか?

もうずっと使っていて何年くらい使っているかわからないといった人もいるかと思います。問題なく利用できるのでそのまま使っているといった人もいることでしょう。

無線LANルーターですがこちらについても寿命があります。寿命は機器や負荷状態でも異なりますが一般的には2年から5年といわれています。2年から5年となるとけっこう期間に差がありますね。

まず本体の耐用年数ですが4年前後としているところが多いです。また耐用年数は10年です。通信規格は2年から6年となります。

通信規格ですがプラン変更をしなくてもインターネット接続業者の変更などで変わっていることもあります。現在の無線LANルーターでも利用できる可能性はありますが規格が正しく会っていない場合もあります。

このように通信規格はいずれ変わることが前提であり、現在使っている無線LANルーターも正しい規格でない可能性もあります。

無線LANルーターの寿命ですがあくまで機器なので電源が途切れたり、通信が途切れたりといった症状がある場合、無線LANルーターが寿命である場合もあります。無線LANルーターの異常はランプを見ればわかると言われていますがそれ以外にも異常がある場合もあります。

このように異常についてはわかりにくいかもしれませんが、なんらかの不具合を感じて無線LANルーターの利用が2年以上経過している場合は「もしかして寿命では?」ということもありえます。

まずは無線LANルーターを2年以上利用しているかどうか?そこから確認してみましょう。

無線LANルーターですが想像以上に負荷がかかっていることもあります。それこそ休みなく電源が入っている状態なので負荷もかかりやすいものです。

機器については寿命が存在するのよね。普段使っていると忘れているわね。
そうですね。つい忘れてしまいがちです。
インターネット接続の調子が悪いと思ったら無線LANルーターもチェックしてみないとね。
そうですね。もしかしたら寿命かもしれないのでチェックしてみるといいでしょう









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!