WiMAXが遅い時の対策と改善方法、やっぱり光回線を使うべき?業界人が解説!

WiMAXが遅い時の対策と改善方法、やっぱり光回線を使うべき?業界人が解説!

今回は「WiMAXのモバイルWiFiルーターの速度が遅くなった」ときの対処法を解説します。以前までは月間で使用できるデータ容量に7GBの上限が設けられていたモバイルWiFiルーター。

現在は月間使用容量に上限がないプランが展開され、固定回線替わりとして使用する人が急増しています。モバイルWiFiルーターは導入工事が不要で自宅にネット環境を構築することができます。特に引っ越しが多い方や一人暮らしの方からの人気が高まっています。

また「UQ WiMAX」が扱うWiFiルーターは下り速度最大400Mbpsを誇り、光回線と遜色ないクオリティも魅力です。しかし「UQ WiMAX」のWiFiルーターでも通信速度が遅くなることがあります。

通信速度が遅くなったとき、どのような対応が正しいのでしょうか?ここでは通信速度が遅いときの原因と対処法について説明します。

最近ポケットWiFiに切り替えるユーザーが増えています。ポケットWiFiで人気なのがUQです。CMでもおなじみの会社ですがどういうものか試しに使ってみたいといった人もいることでしょう。

ポケットWiFiは移動先でも利用することができる便利なアイテムです。固定電話から携帯電話へ移行したのと一緒で将来的にはインターネットも固定回線からポケットWiFiなど移動型の方が主流になることも考えられます。

ポケットWiFiですが速度が遅い、エリアが狭いなど不便な点もあります。確かに光回線に比べれば速度は落ちますし、エリアについても限られたエリアでの使用となります。

逆に言えば上記点が改善されれば使い勝手も良くなるわけです。使い勝手が良くなるよう工夫することはできないのでしょうか。

UQのWIMAXですが速度が遅い場合、なんらかの対応策があるのか?なども知りたいところです。ここではWIMAXについて紹介したいと思います。

私の周りもWIMAXを持ち始めている人が増えているわ。私も興味があるわ。
ポケットWiFiは場所を気にせずインターネット利用ができとても便利ですよね。
まずは無料お試しプランに申し込みしようかしら。
それがいいですね。ぜひ試してみるといいでしょう。

1.「UQ WiMAX」のサービス内容を復習しよう

「UQ WiMAX」のサービス内容を復習しよう
まず最初に「UQ WiMAX」が提供するプランやサービス内容を今一度見てみましょう。

【UQ WiMAXプラン一覧】

月額料金
UQ WiMAXツープラス
(月間使用容量上限:7GB)
3,696円
UQ WiMAXツープラスギガ放題
(月間使用容量上限:無し)
4,380円

以前までメインで展開されていたプランは使用容量に7GBの上限がある「UQ WiMAXツープラス」でした。外出先でのWiFi接続に活用することはできましたが、自宅で固定回線替わりとして利用することは難しいものでした。

現在展開されている「UQ WiMAXツープラスギガ放題」は月間使用容量の上限が撤廃されており、自宅と外出先ともにヘビーな利用が可能になりました。しかし3日間で10GBのデータ通信を行うと、一定時間の速度制限が掛けられます。これも速度が一時的に遅くなる原因の1つです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.「UQ WiMAX」の速度が遅くなる原因と対処法

「UQ WiMAX」の速度が遅くなる原因と対処法
続いて「UQ WiMAX」のWiFiルーターを使用して、通信速度が遅くなる原因と対処法を紹介します。

「3日間で10GBを使用した」
これは先ほども述べた原因です。「UQ WiMAX」を使用して速度が遅くなる原因のベスト3に入ります。

以前は速度制限時でも5?7Mbpsの下り速度が出たため、あまり不便に感じませんでした。5?7Mbpsは動画視聴もストレスを感じることがない最低ラインです。

しかし「UQ WiMAXツープラスギガ放題」の提供が始まってから、速度制限時の実測値は1Mbpsと非常に遅くなりました。

5Mbpsを下回ると高画質動画の読み込みが圧倒的に遅くなり、ストレスは不可避です。動画を除いたインターネットサイトの閲覧は問題ありません。
※標準画質動画は視聴できるレベルです。

対処法は速度制限が解除されるまで待つしかありません。速度制限が掛かる時間帯は「3日間で10GBを超えた日の翌日18時~翌2時頃」です。深夜2時を過ぎれば通常速度に戻ると見ていいでしょう。

「使用場所が提供エリア外」
外出先で利用するときに起こり得る原因です。「UQ WiMAX」は提供エリアが未だに限りがあります。外出先によっては利用が不可になるか、速度が著しく落ちます。これも「UQ WiMAX」の提供エリア拡大を待つしかありません。

「WiFiかBluetooth電波の干渉」
様々なWiFi、Bluetooth電波が飛び交うと通信速度が遅くなることがあります。これはオフィスビルや集合住宅で起こり得る現象です。ルーター本体の「WiFiチャンネル設定」を変更すれば改善することがほとんどです。またスマートフォンやタブレットのBluetoothをON/OFFを行うと解消される事例も多数存在します。

「ルーターの省電力設定が原因になる」
バッテリーを節約するために省電力モードを多用する人が多いのではないでしょうか?実は「省電力モード」はWiMAXの通信速度を制限して省電力化しているのです。フルスピードで使用するには省電力モードの利用を控えることをお勧めします。

外出先でのバッテリー消費が激しい方は、省電力モードの使用ではなくモバイルバッテリーの活用がベスト選択です。

「接続端末が古い、OSが古い」
いくら高速通信が可能なモバイルWiFiルーターを使用しても、そのクオリティを発揮できる機種やOSでないと性能が発揮されません。
使用しているスマートフォンのOSが最新か?
使用しているデバイスのWiFi規格は見合ったものか?

この2つを確認してみましょう。

OSアップデートで改善されればOKです。それでも改善されなければ接続デバイス自体が性能を発揮できない可能性があり、買い替えどきかもしれません。

iPhoneでもiPhone 5以前の端末はWiFi接続時でも通信速度が劣ります。WiFiルーターの規格に見合った機種に買い換えるべきです。

「通信障害が発生している」
「UQ WiMAX」で通信障害は発生した事例が少ないですが、念のため覚えておきましょう。先ほどまで説明した対処法を行っても改善がされない場合、「UQ WiMAX」のホームページで障害情報がないか確認してみましょう。

3.やはりヘビーユーザーには光回線が良い?

やはりヘビーユーザーには光回線が良い?
「3日間で10GBのデータ容量を使用した」以外の原因であれば解消が容易にできるものばかりなので、「UQ WiMAX」を継続利用しても問題ありません。

「3日間で10GBのデータ容量を使用する」ことが多いのであれば、使用用途に「UQ WiMAX」が見合っていない可能性が高いです。自分自身が「どこで、どのようなインターネット利用をしているか?」振り返り、使用用途に見合ったインターネットサービスを選ばなければいけません。

自宅でのネット利用が多い人は光回線
自宅で動画視聴が多い方は「UQ WiMAX」はお勧めできるものではありません。月間使用容量の上限がなく、他の細かい制限制度も設けられていない光回線インターネットを導入するべきです。

光回線の導入が難しい場合、速度制限がない置き型WiFiルーター「SoftBank Air」がお勧めです。夜間は速度が落ちますが、それでも実測値は7Mbpsは出てくれるので不自由がありません。しかし持ち運びができないため、外出先での利用が多い方には向いていないことが唯一の欠点です。

外出先での利用が多い人はスマホの大容量プランがお勧め。
外出先、特に通勤時のネット利用が多い方はスマートフォンのデータ定額プランを大容量に変更しましょう。「DoCoMo」、「SoftBank」、「au」全ての事業者が5GBプランに毎月1,000円足すだけで20GBプランが使用できます。

大容量プランは他の細かい制限がないため、窮屈さを感じず利用できます。テザリングを活用すればタブレットやノートパソコンもネット利用が可能になります。

今後、大容量プランはテザリングオプションが有料になると懸念されています。しかし携帯電話大手各社がテザリングオプションの無料期間を延長したことにより、今後の完全無料化も予想されます。完全に無料となるとは断言できませんが、可能性は高いのではないでしょうか?総務省がテザリング料金の有料を疑問視した声明を出してくれれば、一気に話は好転するのですが…。

4.総括

月間使用容量上限が撤廃された今も、通信速度制限が気になる方は「UQ WiMAX」はあまりお勧めできません。自宅での使用量が多い方は光回線を導入するべきです。

3日間で10GBの容量を消費しない方には固定回線替わりとして利用することができます。動画視聴が少なく、インターネットサイト閲覧がメインの方は「UQ WiMAX」は有効活用できるサービスと言えます。利用スタイルがはまる人であれば非常に優れたツールになるでしょう。

問題に直面しないように、契約前に自分の利用スタイルを確かめることが大切です。自分のスタイルに見合ったインターネットサービスを選び、快適なインターネットライフを送ってくださいね。

5.注目度アップのWiFiを試しに使ってみたい

注目度アップのWiFiを試しに使ってみたい
最近ポケットWiFiをはじめWiFiへの注目度はますます上がっています。試しに使ってみたいといった人もいることでしょう。ポケットWiFiは自宅はもちろん外出先でも利用できるのでインターネットを気兼ねなく使いたい人におすすめのアイテムです。

ポケットWiFiを試しに使ってみたい人はUQが実施している15日間お試し無料プランを利用してみるといいでしょう。こちらのurlから申し込みすることができます。
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

まずは利用エリアを確認しましょう。せっかく利用してもエリア外だと意味がありません。UQは対象エリアが広いので利用についてもおすすめです。機種についてもさまざまなものを貸し出ししています。自分が利用を検討したい機種で申し込みするといいでしょう。

機種によって速度も異なるのでそちらも注目したいところです。なるべくなら早い速度がいいですね。

この機会にぜひUQの無料体験を申し込んでみてください。
無料で体験できるのはありがたいサービスね。
そうですね。これはかなりうれしいサービスですね。こうしたサービスが拡大してくれるといいのですが。
機種についてもさまざまね。どれにしようか迷うわ。
人気の機種は品切れになることも多いのでその点は注意が必要です。
6.速度が遅くなるときはいつ?

速度が遅くなるときはいつ?
インターネットを利用していて「速度が遅い」と感じた経験がある人も多いことでしょう。インターネットの速度は常におなじわけではなく、絶えず変化しています。ではどういったときに遅くなるのでしょうか。ここではポケットWiFiの例を紹介したいと思います。

インターネットの速度が遅くなるときですがまずは夜間です。夜間はゴールデンタイムと呼ばれておりアクセスが集中します。そうなると当然ながら回線は込み合い、速度は落ちます。ダウンロードや動画視聴などの際は、なるべくなら夜間以外がおすすめです。

またポケットWiFiは電波利用となります。電波利用のため天候でも電波は左右されます。雨の日は接続がしにくくなります。今日は接続がしにくいなあと思ったら、もしかしたら天候のせいかもしれません。

ポケットWiFiでインターネットが遅いときは電波状況が悪いときです。電波の障害になるものがある可能性もあります。例えば電子レンジなども電磁波を発するので電波障害の原因となります。

そしてこれはもうしょうがない・・・といった状態なのが通信制限です。最近はほとんどの会社で通信量の制限を設けています。例えば3日で10G 以上の利用は通信制限がかかりますといったケースです。

通信制限がかかると極端に遅くなります。制限がかかっている状態なのでしょうがありません。回復するのを待つしかありません。筆者も実際にwimaxの利用で通信制限がかかったことがあります。

通信制限がかかった状態でのインターネットですがネット閲覧もろくにできる状況ではなく、メール送信もやっと送信できるといった状態です。はっきり言って使い物にならないくらいの速度です。

ある程度待つしかないのはわかっていますが、この間は非常にストレスですしインターネットをほぼ利用できない状態となりました。こんなことが頻繁にあるならポケットWiFiの利用はおすすめできないなと思ったほどです。

ポケットwifiの利用で通信速度が遅くなるのは上記のようなケースです。ぜひ参考にしてみてください。

速度が遅くなるのはストレスだわ。
そうですね。特にポケットWiFiは電波接続なので途切れたりもします。
なんとかならないの?
現段階ではなんとも・・・。将来的に改善されるのを期待しましょう。
7.速度アップの対策と改善方法

速度アップの対策と改善方法
速度が遅いときは改善方法がないか調べてみることをおすすめします。それでもどうしても改善しないなら乗り換えなどを検討する必要もあるかと思います。まずは改善できないかやってみましょう。

WiMAXを利用している人で速度が遅いと感じたら電波の受信環境や接続方法、利用機器を確認しましょう。速度が遅くなるときはさまざまな原因があります。どの原因か突き止めることが肝心です。

WiMAX 2+を利用の場合下りの最大速度は440Mbpsとなります。またWiMAXで「WiMAX 2+」あるいは「au 4G LTE」を利用している場合、利用容量が7ギガを超えた場合128kbpsの速度まで減少します。これが改善されるのは翌月1日からです。

UQ Flatツープラスについても速度制限があります。速度制限ですが3日で10GBを超えた場合1Mbpsまでダウンします。Uqでは通信量をチェックできるシステムがあります。Myuqへのログインで通信量を確認できるので確認してみるといいでしょう。

パソコンを利用の場合はusbでの接続がおすすめです。Usb接続で早い速度でインターネット接続が可能になる場合もあります。

インターネット接続はパソコンならusbを使って接続することもできるのね。
そうです。電波よりも高速速度でインターネットが利用できます。
私も試してみるわ。
ぜひお試しあれ。
8.WiFiよりも光回線の方がいいのか?

WiFiよりも光回線の方がいいのか?
自宅に光回線を引くか迷っている人もいることでしょう。光回線は高速で利用についてもおすすめです。しかし最近はポケットWiFiの性能もアップしていることからどちらがいいか迷っている人もいることでしょう。

おすすめについては生活パターンによっても変わってきます。1人暮らしで自宅や外出先で利用したい、速度はそこそこでいいといった人はポケットWiFiがおすすめですし、家族世帯で自宅で動画などをよく見るなら光回線がおすすめです。

ポケットWiFiですが移動先でもインターネットが利用できるというのがポイントです。最近はWeb上で仕事をしている人も増えており、外出先でインターネットを利用する人も多くみられます。

光回線は速度が速いですしとても便利です。しかし通信費についても検討しなければなりません。通信費がどのくらいかかるか?そちらも踏まえてポケットWiFiを上手に活用するといいでしょう。

光回線は魅力的だけど通信費もバカにならないから考え物だわ。
通信はコスト試算をして利用することが大事ですね。
ポケットWifiでも問題ないかしら?
それもケースバイケースです。1人暮らしならポケットWifiはフル活用できますね。
9.WiFiを利用するにあたって

WiFiを利用するにあたって
持ち運び可能なポケットWiFiの契約を検討している人もいることでしょう。UQでは無料でお試しプランも用意しているのでまずはそちらを使ってみるといいでしょう。代理店などの利用ではキャッシュバックも盛んに実施しています。公式サイトも含めて確認してみることをおすすめします。

機種変更や料金プランなども見てみるといいでしょう。こちらについても随時改正になっています。2年など継続している人は更新月のタイミングで変更を検討するのも悪くありません。

格安SIMサービスは低コストで魅力的なシステムでもあります。想定速度を確認し利用を検討するといいでしょう。電波干渉などが気になる方は口コミをチェックしてみましょう。

ポケットWiFiの利用は対応エリアをよくチェックすることが大事です。またGHz帯や周波数帯についても確認することをおすすめします。それ次第で電波状況も変わってきます。

端末ですが機種が多少古くても問題はありません。ただ新しい機種の方が改善されている可能性があります。電波の状況もサービスによって変わります。

電波については制限ももちろんありますが障害物などを取り除くことが大事です。最大通信速度を発揮するために中継機を使うのも良いでしょう。

ポケットWiFiですが使い放題プランがおすすめです。スマホだと容量を気にしないといけないと思います。自宅で固定インターネット回線をひいている人はルーターなどうまく対策をして利用するといいでしょう。

速度については速度計測のサイトを利用して計測してみるといいでしょう。プランによっても速度は異なりますし、モバイルWiFiルーターの機種でも速度が違うことがあります。

通信量ですがワイモバイルだと無制限タイプが良いでしょう。WiMAXルーターとあわせて通信制限がない状態で利用するのがベストです。ある程度の使用量を超えると速度低下につながります。

WiFiですがモバイル回線やUQコミュニケーションズなどさまざまな会社で登場しています。最新ルーターについても調べてみるといいでしょう。

格安SIMは料金も安いですしモバイル通信としても上手に利用した方が良いかと思います。月額料金の上でもコストパフォーマンスが発揮されることでしょう。乗り換えなどの際は違約金などの問題もあるのでその点は注意が必要です。

WiFi電波が悪いときは機器に問題があるかもしれませんし、通信状況の良くないこともあります。天気が悪いときは電波状況も良くありません。また通信サービスの方で障害出ていることもあります。

その他データ量がオーバーしている場合、速度規制がかかることもあります。UQモバイルなどでも速度規制を実施しているので利用容量は若干気にした方が良いでしょう。

サービスエリアなどは公式サイトで確認できます。UQについてはエリアも広くカバーしておりおすすめです。この機会に利用を検討してみてください。

UQは利用エリアも広いし安心して利用できそうね。
そうですね。ポケットWiFiの中でも評判が良いです。
公式サイトから調べてみるわ。
今後さらにエリアは拡大することでしょう。
10.総括

Wimaxの電波状況が悪いときは原因追及をしてみて改善できないか?試してみるのが良いでしょう。光回線もおすすめですが普通にインターネットを閲覧したりメールのやり取り程度ならポケットWifiでも十分機能を果たせます。光回線を引くに越したことはありませんが、通信費を考えた上で検討することが大事です。

光回線ほど速度が不要であればadslを引くというのも1つの手段です。Adslは月額料金が光回線より安くお得になっています。通信環境はどんどん利便化されていますがコストもかさむ一方です。その点を踏まえて検討してみるといいでしょう。

光回線ではなくadslを利用するといった方法もあるわけね。
そうです。Adslについても利用を考えてみるといいでしょう。
ポケットWiFiも使ってみたいわ。
悩ましいところですね。いいものに巡り合えるといいですね。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!