wimaxが遅い時の対策と改善方法、やっぱり光回線を使うべき?業界人が解説!

今回は「WiMAXのモバイルWi-Fiルーターの速度が遅くなった」ときの対処法を解説します。

以前までは月間で使用できるデータ容量に7GBの上限が設けられていたモバイルWi-Fiルーター。
現在は月間使用容量に上限がないプランが展開され、固定回線替わりとして使用する人が急増しています。

モバイルWi-Fiルーターは導入工事が不要で自宅にネット環境を構築することができます。
特に引っ越しが多い方や一人暮らしの方からの人気が高まっています。

また「UQ WiMAX」が扱うWi-Fiルーターは下り速度最大400Mbpsを誇り、光回線と遜色ないクオリティも魅力です。

しかし「UQ WiMAX」のWi-Fiルーターでも通信速度が遅くなることがあります。
通信速度が遅くなったとき、どのような対応が正しいのでしょうか?

ここでは通信速度が遅いときの原因と対処法について説明します。

・「UQ WiMAX」のサービス内容を復習しよう
・「UQ WiMAX」の速度が遅くなる原因と対処法
・やはりヘビーユーザーには光回線が良い?

1.「UQ WiMAX」のサービス内容を復習しよう

「UQ WiMAX」のサービス内容を復習しよう
まず最初に「UQ WiMAX」が提供するプランやサービス内容を今一度見てみましょう。

【UQ WiMAXプラン一覧】
月額料金
UQ WiMAXツープラス
(月間使用容量上限:7GB)
3,696円
UQ WiMAXツープラスギガ放題
(月間使用容量上限:無し)
4,380円

以前までメインで展開されていたプランは使用容量に7GBの上限がある「UQ WiMAXツープラス」でした。

外出先でのWi-Fi接続に活用することはできましたが、自宅で固定回線替わりとして利用することは難しいものでした。

現在展開されている「UQ WiMAXツープラスギガ放題」は月間使用容量の上限が撤廃されており、自宅と外出先ともにヘビーな利用が可能になりました。

しかし3日間で10GBのデータ通信を行うと、一定時間の速度制限が掛けられます。
これも速度が一時的に遅くなる原因の1つです。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


2.「UQ WiMAX」の速度が遅くなる原因と対処法

「UQ WiMAX」の速度が遅くなる原因と対処法
続いて「UQ WiMAX」のWi-Fiルーターを使用して、通信速度が遅くなる原因と対処法を紹介します。

・「3日間で10GBを使用した」
これは先ほども述べた原因です。
「UQ WiMAX」を使用して速度が遅くなる原因のベスト3に入ります。

以前は速度制限時でも5〜7Mbpsの下り速度が出たため、あまり不便に感じませんでした。
5〜7Mbpsは動画視聴もストレスを感じることがない最低ラインです。

しかし「UQ WiMAXツープラスギガ放題」の提供が始まってから、速度制限時の実測値は1Mbpsと非常に遅くなりました。

5Mbpsを下回ると高画質動画の読み込みが圧倒的に遅くなり、ストレスは不可避です。
動画を除いたインターネットサイトの閲覧は問題ありません。
※標準画質動画は視聴できるレベルです。

対処法は速度制限が解除されるまで待つしかありません。

速度制限が掛かる時間帯は「3日間で10GBを超えた日の翌日18時〜翌2時頃」です。
深夜2時を過ぎれば通常速度に戻ると見ていいでしょう。

・「使用場所が提供エリア外」
外出先で利用するときに起こり得る原因です。
「UQ WiMAX」は提供エリアが未だに限りがあります。
外出先によっては利用が不可になるか、速度が著しく落ちます。

これも「UQ WiMAX」の提供エリア拡大を待つしかありません。

・「Wi-FiかBluetooth電波の干渉」
様々なWi-Fi、Bluetooth電波が飛び交うと通信速度が遅くなることがあります。
これはオフィスビルや集合住宅で起こり得る現象です。

ルーター本体の「Wi-Fiチャンネル設定」を変更すれば改善することがほとんどです。

またスマートフォンやタブレットのBluetoothをON/OFFを行うと解消される事例も多数存在します。

・「ルーターの省電力設定が原因になる」
バッテリーを節約するために省電力モードを多用する人が多いのではないでしょうか?

実は「省電力モード」はWiMAXの通信速度を制限して省電力化しているのです。
フルスピードで使用するには省電力モードの利用を控えることをお勧めします。

外出先でのバッテリー消費が激しい方は、省電力モードの使用ではなくモバイルバッテリーの活用がベスト選択です。

・「接続端末が古い、OSが古い」
いくら高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーターを使用しても、そのクオリティを発揮できる機種やOSでないと性能が発揮されません。

使用しているスマートフォンのOSが最新か?
使用しているデバイスのWi-Fi規格は見合ったものか?

この2つを確認してみましょう。

OSアップデートで改善されればOKです。
それでも改善されなければ接続デバイス自体が性能を発揮できない可能性があり、買い替えどきかもしれません。

iPhoneでもiPhone 5以前の端末はWi-Fi接続時でも通信速度が劣ります。
Wi-Fiルーターの規格に見合った機種に買い換えるべきです。

・「通信障害が発生している」
「UQ WiMAX」で通信障害は発生した事例が少ないですが、念のため覚えておきましょう。

先ほどまで説明した対処法を行っても改善がされない場合、「UQ WiMAX」のホームページで障害情報がないか確認してみましょう。

3.やはりヘビーユーザーには光回線が良い?

やはりヘビーユーザーには光回線が良い?
「3日間で10GBのデータ容量を使用した」以外の原因であれば解消が容易にできるものばかりなので、「UQ WiMAX」を継続利用しても問題ありません。

「3日間で10GBのデータ容量を使用する」ことが多いのであれば、使用用途に「UQ WiMAX」が見合っていない可能性が高いです。

自分自身が「どこで、どのようなインターネット利用をしているか?」振り返り、使用用途に見合ったインターネットサービスを選ばなければいけません。

・自宅でのネット利用が多い人は光回線
自宅で動画視聴が多い方は「UQ WiMAX」はお勧めできるものではありません。
月間使用容量の上限がなく、他の細かい制限制度も設けられていない光回線インターネットを導入するべきです。

光回線の導入が難しい場合、速度制限がない置き型Wi-Fiルーター「SoftBank Air」がお勧めです。
夜間は速度が落ちますが、それでも実測値は7Mbpsは出てくれるので不自由がありません。
しかし持ち運びができないため、外出先での利用が多い方には向いていないことが唯一の欠点です。

・外出先での利用が多い人はスマホの大容量プランがお勧め。
外出先、特に通勤時のネット利用が多い方はスマートフォンのデータ定額プランを大容量に変更しましょう。

「DoCoMo」、「SoftBank」、「au」全ての事業者が5GBプランに毎月1,000円足すだけで20GBプランが使用できます。

大容量プランは他の細かい制限がないため、窮屈さを感じず利用できます。
テザリングを活用すればタブレットやノートパソコンもネット利用が可能になります。

今後、大容量プランはテザリングオプションが有料になると懸念されています。
しかし携帯電話大手各社がテザリングオプションの無料期間を延長したことにより、今後の完全無料化も予想されます。

完全に無料となるとは断言できませんが、可能性は高いのではないでしょうか?

総務省がテザリング料金の有料を疑問視した声明を出してくれれば、一気に話は好転するのですが…。

4.総括

月間使用容量上限が撤廃された今も、通信速度制限が気になる方は「UQ WiMAX」はあまりお勧めできません。
自宅での使用量が多い方は光回線を導入するべきです。

3日間で10GBの容量を消費しない方には固定回線替わりとして利用することができます。
動画視聴が少なく、インターネットサイト閲覧がメインの方は「UQ WiMAX」は有効活用できるサービスと言えます。
利用スタイルがはまる人であれば非常に優れたツールになるでしょう。

問題に直面しないように、契約前に自分の利用スタイルを確かめることが大切です。
自分のスタイルに見合ったインターネットサービスを選び、快適なインターネットライフを送ってくださいね。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
そんな人の為にサイトスタッフと直接相談できるコーナーを作りました。
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!