VDSLモデムとは?ONUとは違う?VDSL方式について解説!

VDSLモデムとは?ONUとは違う?VDSL方式について解説!

1.同じ光回線サービスなのにマンションの方が遅い?

同じ光回線サービスなのにマンションの方が遅い?
「マンションでVDSL方式だから、光回線の通信速度が遅い!」といった口コミをみたことはありませんか?実は同じ光回線サービスを利用していても、戸建てとマンションではマンションの方が遅い場合があり、それはマンションによっても違います。

ではなぜ、同じ光回線サービスを利用しているに遅い場合があるのでしょうか?ここでは、「戸建てとマンションの違い」、「VDSL方式とVDSLモデムとは?」、「ONUとの違い」、「VDSL方式のメリットとデメリット」、「VDSLモデムを用意する方法と注意点」について詳しく解説していきます。マンション住まいで、戸建てとの通信速度の違いに悩んでいる人は必見ですよ!

同じ光回線のサービスを使っていても、戸建てとマンションでは通信速度が違うことがあるんだ、知らなかったわ。
この記事を押さえておけば、戸建てとマンションでなぜ通信速度に違いが出るのか、さらにVDSL方式とはなにかが分かりますよ。しっかりと確認しましょう。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.戸建てとマンションの違い

戸建てとマンションの違い
戸建てとマンションの通信速度の違いは、「配線方式の違い」からきます。まずはその違いを確認しましょう。

①戸建てタイプ
下図は戸建てにおける光回線の配線方法となり、オレンジ色は「光回線」、青色が「LANケーブル」です。

図04

戸建てタイプの場合にはまず、電線から宅内への光回線の引き込みが行われます。そしてその光回線が宅内の回線終端装置と繋がり、その回線終端装置とパソコンが、LANケーブルで繋がれます。

つまり、この一連の配線で使われているのは「光回線」と「LANケーブル」で、現在フレッツ光の通信速度は「1Gbps」、LANケーブルも今は「1Gbps」のものがありますから、LANケーブルの通信能力が1Gbps以上のものを利用しているのであれば、この方式では「1Gbps」の通信速度が(理論上はですが…)見込めます。

②マンションタイプ
対してマンションタイプの配線方式は、「光配線方式」、「LAN配線方式」、「VDSL方式」の3種類があります。順にみてみましょう。まず一つ目の「光配線方式」は、下図のような配線になります。

図05

この配線方式は、電線から光回線を宅内に引き込んで回線終端装置に接続し、装置とパソコンをLANケーブルで繋ぐ形で、大まかな流れは戸建てタイプと同じです。よって、こちらもLANケーブルが1Gbps以上であれば通信速度も「1Gbps」が見込めます。

次に2つ目の「LAN配線方式」は、下図のような配線になります。

図06

「LAN配線方式」が「光配線方式」と違う点は、回線終端装置が棟内共用スペースにあり、そこからはLANケーブルが各部屋に伸びている点です。つまり、この配線方式も使っているのは「光回線」と「LANケーブル」の2つですが、共用スペースにある回線終端装置から宅内のLANコネクタまでのLANケーブルは、その仕様を建物の管理者が決めるためユーザーはどうにもできず、これが「100Mbps」か「1Gbps」以上かで通信速度が変わってきます。ただし、LANケーブルの全てが1Gbps以上のものであれば、この配線方式も「1Gbps」の速度が見込めます。

そして最後の「VDSL方式」が、下図のような配線になります。

図07

「VDSL方式」が他の2つと違う点は、棟内共用スペースにある回線終端装置から各部屋の宅内装置までを「電話用ケーブル」でつないでいることです。つまり一連の配線が「光回線」と「電話用ケーブル」、「LANケーブル」の3種類からなるということで、光回線とLANケーブルは「1Gbps」を出すことができるのですが、「電話用ケーブル」は能力が「100Mbps」となっているため、結果的にVDSL方式は「100Mbps」しか見込めません。

このように、戸建てタイプではLANケーブルさえ1Gbps以上のものを使っていれば「最大1Gbps」の速度が期待できますが、マンションでは「配線方式」によって異なり、最も遅い「VDSL方式」では「100Mbps」となってしまいます。では、通信速度が最も遅いVDSL方式とはどのようなものなのでしょうか?次章以降でもっと詳しく見てみましょう。

マンションの配線方式って3種類もあったのね。知らなかったわ。
知らないと、「光回線を使うからどこでも速く利用できる」って勘違いしてしまいそうですもんね。
でも、VDSLって言われてもなんのことか分からないわ。ただ「遅い」ってだけじゃ、なんか納得できない。
ではVDSL方式について、次はもっと詳しく見てみましょう。それを読めばVDSLがどんなものか分かると思いますよ。

3.VDSL方式とVDSLモデムとは?

VDSL方式とVDSLモデムとは?
ではもう少しVDSLについて詳しく見ていきましょう。そもそもVDSLとは「Very high bitrate Digital Subscriber Line(ベリーハイビットレート・デジタル・サブスクリバ・ライン)」の略です。「DSL」とは日本語で「デジタル加入者線」と言い、「加入者線」とは「電話局から家庭に引かれている電話線」のことを言います。このDSLをデジタル回線として利用することが「デジタル加入者線」です。つまり、「VDSL」とは「Very high bitrate」、つまり「超高速」のDSL(デジタル加入者線)という意味です。

皆さんは、「ADSL」という言葉を聞いたことがありませんか?「ADSL」は、光回線導入以前にインターネット回線として一般的に広く利用されていたもので、上りの速度と下りの速度が違う「非対称DSL」のことです。VDSLはADSLの仲間で、「ADSL」も「VDSL」もアナログ電話回線用のメタル線を利用します。ただしVDSLがADSLと違う点は「対応距離」と「速さ」で、VDSLの対応距離は「100m~1.5km」、速さは「下り100Mbps・上り30~100Mbps」と、「ADSLよりも短く速い」のが特徴となっています。

しかし「電話線をデジタル利用する」と言っても、パソコンにアナログ電話回線を差し込む口はありませんよね。そうです、電話線はアナログ信号を利用していて、パソコンはデジタル信号を利用しているので、そのままでは使えません。そこでADSLでもそうでしたが、電話回線を利用する「VDSL」には変換器が必要で、それが「モデム」と呼ばれる機器になります。

「モデム」とはデジタル通信の送受信装置のことを言い、アナログからデジタルへ、またはデジタルからアナログへ、信号を変換(正確には変調と言う)してくれる機械です。ADSL回線を利用したことのあるユーザーなら、宅内にモデムを置かなければならなかったので、なじみ深いのではないかと思いますが、この変換器を利用することで、電話線をデジタル利用することができるのです。

なんだか難しい話かと思ったけど、思ったより簡単だったわ。モデムを使って信号を変えてくれる機器なのね。
この方式なら、電話線があれば距離の問題はありますが、インターネットを利用することができ、新たに工事をする必要がないなどメリットがあるのです。では次にONUとの違いを見てみましょう。
4.ONUとの違い

ONUとの違い
ではONUとの違いは何でしょうか?ここでは「VDSLモデムとONUの違い」についてみてみます。先ほど「VDSLモデム」については説明しましたので、ここではまず「ONU」とは何かを説明します。「ONU」とは「Optical Network Unit」の略で、「光回線終端装置」と訳されます。光回線は回線内を光信号が走っており、その信号は当然デジタル信号とは異なります。そのため先ほどのモデムと同じような「信号の変換器」が必要で、光回線用の変換器が「ONU」なのです。

ONUは光信号をデジタル信号に変えたり、デジタル信号を光信号に変えたりしてくれます。つまり、ONU・VDSLモデムのどちらも「デジタル信号に変更する、もしくはデジタル信号から別の信号に変更する変換器」という意味では一緒で、宅内で利用する場合にもVDSLモデムとONUは大差がありません。どちらもそれぞれの機器とパソコンはLAN配線でつなぎ、大きさもあまり変わりがないからです。

違いを挙げるとすれば「別の信号」がアナログ信号か光信号かという点で、結果ONUを使えば速くてVDSLモデムだと遅い、ということになります。

光信号をデジタル信号に変換するのがONUで、アナログ信号をデジタル信号に変換するのがモデムね、覚えたわ。
変換は逆のパターンもありますけどね。モデムもONUも「デジタル信号に変換してパソコンで通信できるようにする」という面では同じです。では次に、VDSL方式のメリットとデメリットを見てみましょう。
5.VDSL方式のメリットとデメリット

VDSL方式のメリットとデメリット
では、VDSL方式のメリットとデメリットは何なのでしょうか?まず、VDSL方式のメリットはなんといっても、「既存の電話回線を利用できるため、工事時間が短く費用が安くなる」点です。例えば建物の管理者からみた時、インターネット用の配線がない古めのマンション・集合住宅に対して工事を行わなければならないケースでは、新たに配線工事をしなくて済むのでVDSL方式は非常に便利です。

また、マンションの住民側としても光回線の宅内への引き込み工事などが必要ないので、作業は簡便で工事費も安く済みます。例えば「フレッツ光ネクスト」の場合、戸建てプランで屋内配線の工程がある(国内に光回線が引かれていない)ケースにおいて、工事費は18,000円となっています。対してVDSL方式の工事費は、代表的な工事の場合15,000円となっていますが、VDSL方式は工事作業員の派遣が必要ない「無派遣工事」となる場合が多く、その際には工事費は2,000円になります。つまり16,000円も工事費が安くなる、ということです。

反対にデメリットとしては、やはり「光回線のスペック通りの通信速度が出ない」点になります。先ほども述べたように電話回線を使うため、VDSL方式の通信速度は上りも下りも最大100Mbpsとなります。更にこの電話回線をマンションに住むユーザーが共有するため、100Mbpsを分け合う形となるのでもっと遅くなります。また、光回線サービスは基本的に「ベストエフォート方式」のため、常時100Mbps出るわけではありません。よって100Mbpsに近い数値が出る方が珍しく、ユーザーの利用率が多い夕方から夜間にかけては最も通信速度が落ち込みます。そのため高画質の動画がスムーズに再生されないなど、ヘビーユーザーは支障が生じる場合が考えられるのです。

工事費が安くなるのはすごくいいことだけど、通信速度がやっぱり不安だわ。
通常インターネットの利用には10M~30Mbpsくらいの速度があれば、問題ないと言われています。しかし、ヘビーユーザーの場合にはやはり物足りないでしょうね。
6.VDSLモデムを用意する方法と注意点

VDSLモデムを用意する方法と注意点
では最後に、VDSLモデムを用意する場合の方法と注意点について解説します。例えば、アマゾンなどではVDSLモデムを購入することができます。しかし、フレッツ光のVDSLモデムは「NTTのレンタルしか使えない」ので、購入してもレンタル品の代わりに利用することはできません。自前で準備してもNTT局舎側装置への登録がなされないからです。機能upのためなどでモデムを変えたいと思っても、VDSLモデムを自前で準備して利用することはできない、ということを覚えておきましょう。

ただし企業がLAN配線を敷く代わりにVDSL方式を利用する、ということはあります。この方式を利用すれば建物内のLAN配線工事が必要なく、LAN配線やハブの購入も必要ないので安価で済みます。また、LAN配線はハブなしでは100mを超えて敷設することはできませんが、VDSLなら1.5kmまで伸ばすことができます。このようなケースではVDSLモデムの購入が必要で、その際には「スプリッタ」と呼ばれる電話線を分岐する機材も必要になります。詳しいつなぎ方などは、そのメーカーのホームページなどで確認しましょう。

また、モデムが故障した場合、古くなった場合には、無料で交換してもらうことができます。モデムが古くなると接続が不安定になったり、速度が遅くなったりすることがあります。明らかに不具合が発生しているようであればサポートページで自己診断チェックリストを確認したり、サポートセンターに問い合わせてみたりしましょう。

【問い合わせ先】
・フレッツ光 東日本:電話:0120-000113(故障時サポート) 24時間対応
・フレッツ光 西日本:電話:0120-248995(故障時サポート) 24時間対応

アマゾンや楽天でVDSLモデムが売られているから、好きなものに交換できると思っていたわ。自前のものじゃダメなのね。
そうです。購入してしまってから使えなかったと分かると損をしてしまいます。気を付けましょう。
7.まとめ

以上、VDSL方式について解説しました。ポイントをまとめると、
・同じ光回線サービスでもマンションタイプでは通信速度が遅い配線方式がある
・VDSL方式では最大100Mbpsを、同じマンションのユーザーで分け合わなければならない
・VDSL方式はADSLの仲間だが、ADSLよりも速度が速く距離は短い
・VDSL方式では光回線方式と違って「VDSLモデム」が必要になる
・ONUとの違いは「なにの信号と相互変換するか?」という点だけ
・VDSL方式は工事費が安いが通信速度が遅い
・フレッツ光のVDSLモデムは自前で用意しても使えないです。
これらを踏まえておけば、契約後になってから「遅い」、「損をした」ということがなくなります。押さえておきましょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!