Toppaの解約方法と手続きを紹介、違約金や解約金は必要??

Toppaってよく聞くけどどうなの?解約したい人が多いの?
光ギガなど魅力的なサービスは多いが、契約すべきかどうか、この記事を読んでから判断いただければと思います。
Toppaよりも人気があるあなたの町のネット回線、探してみませんか?

Toppaの解約方法と手続きを紹介、違約金や解約金は必要??
Toppa!(トッパ)とは、株式会社Hi-Bitが運営するプロバイダーです。フレッツ光回線とのタイアップやHi-Bitの光コラボでのプロバイダー、またドコモのMVNOを利用したモバイル通信やWiMAXなどと、多機能にインターネットサービスを提供しています。たださまざまな事情で、やむなく解約せざるを得ないということもあります。

Toppa!を解約したい場合、違約金なども含めて気になるところです。これらは事前に調べておくのが良いでしょう。

そこで今回は、Toppa!のしくみと解約方法についてわかりやすく紹介していきます。

1. Toppa!について

Toppa!について
1-1.廉価版のインターネットサービスを提供
今回のメインテーマはToppa!の解約方法ですが、Toppa!のことをあまり知らない方、またこれからToppa!を申し込む予定で、先々の予備知識としてこの解約方法の記事を参考にされている方を含め、まずはToppa!の概略と特長を紹介しておきましょう。

冒頭で紹介したように、Toppa!はHi-Bitという会社が運営しています。Hi-Bitは東西NTTやU-NEXT、フリービットなどが主要取引先にあげられる、インターネットサービスをメイン業務とした会社です。
またHi-Bitは、フレッツ光回線を利用した光コラボ「光ギガ」も提供しています。

Toppa!は、このHI-Bitが運営するインターネットサービスプロバイダです。
Toppa!の特長としては比較的料金が安いことが自己アピールされています。また学割なども設けていることからみても、やはり料金面での工夫がなされているようです。

Toppa!の特徴ですが、3つのメールアドレスが用意されています。アドレスも複数個あると大変弁便利です。プライベート用やビジネス用など分けて活用するといいでしょう。3つのアドレスが利用できるのはスタンダードプランとフレッツADSL各種のプランです。家族で1本ずつ使うのもおすすめです。

オプションについても非常に充実しています。インターネットをするにあたり欠かせないものの1つがウイルス対策ソフトです。Toppa!では「マカフィー・セキュリティーサービス」を導入しており、その他のオプションメニューも豊富となっています。

クラウド・訪問サポートサービスではクラウド上でデーターの復元およびバックアップを取ることができます。
またパソコンのトラブル時に役立つ「かけつけサポート」もセットになっています。これは大変便利です。

機器保証についても行っています。機器保証ではパソコン故障やウイルスなどのトラブルに対処してくれるというものです。ウイルスに感染すると修復が非常に困難です。これは便利なサービスですね。

セーフティーサービスでは万が一の時はお見舞金が出るシステムとなっています。心強いシステムです。

くらしあんしん24はパソコンとは関係のないサービスで、大変ユニークなサービスです。
トイレのつまり、水漏れ、排水溝のつまりなど水周りのトラブルのサポートをしてくれます。

Toppa! サポートレスキューネクストは遠隔操作でパソコントラブルに対処してくれるサービスです。

電話料金を安く抑えたい人はToppa! phoneがおすすめです。こちらはIPPHONEとなっています。

動画サービスも欠かせないサービスの1つです。「プレミアムTV with U-NEXT」では動画配信サービスで「U-NEXT」と「Toppa! Wi-Fi」がセットになっています。映画好きにはたまらないサービスです。

Toppa! 安心サポートはToppa!モバイルとToppa! Wi-MAXの契約者が対象のサービスです。

あんしん延長保証+2年はToppa! ISPプレミアムコースとの同時申し込みの人が対象のサービスです。

ホームページ容量追加は100MB単位でホームページの容量を追加できます。

追加メールアドレスは光ファイバーとadsl利用者の場合、アドレスを追加できるサービスです。

Toppa!モバイルセキュリティはToppa!モバイルと同時申し込みの人が対象のサービスです。

Toppa!セキュリティはパソコンに最適なウイルス対策サービスでスパイウェアやウイルス、ファイアウォール、スパムフィッシングなどの対策をしてくれます。

月額料金についてはサービスによりきりなので料金も確認してみるといいでしょう。電話はもちろん、インターネットやメールのサービスも必須といった人が多いかと思います。オプションについても上手に利用したいところです。

月額料金は安いのかしら?

1-2. Toppa!の月額料金
Toppa!の月額料金を見ると、プロバイダ部分だけが強調されていて、回線を含む料金が小さく表記されています。
ちなみに一般的な料金として、Toppa!スタンダードプランが月額利用料1,800円ですが、これはあくまでプロバイダ料金で、単体ではインターネットは利用できませんよね。
これにフレッツ光の回線利用料5,200円を加えると、トータルの月額料金は7,000円になります。

初期最大2カ月無料とメルアド3個、100MBのディスクスペース(HPなどに)が無料ということですが、これだと高いですね。というのもこれは、そもそも料金が高いと評判のフレッツ光回線との組み合わせだからということなんですが、プロバイダ単体でも現在1,000円前後が主流なので、今どき月額1,800円はやはり高いですよね。

「Toppa!は安い」との口コミとかけ離れているのでさらに探ると、口コミのひとつに「月額900円からのプランがある」なんてのを見つけたので調べてみると、回線がADSLの場合でした。これでは比較対象になりません。

またToppa! ずっと割プランについては2014年3月31日でプランが終了しています。Toppon!クーポンについても2015年12月27日でプランが終了しています。こちらも注意が必要です。

料金プランといってもwimaxやモバイルd、モバイルesim、光ファイバー、adsl、iホームページなどいくつか種類があります。種類別にお得なものがどれか探す必要があります。

例えば光サービスでは光ギガやフレッツ光、ソフトバンク光、光コラボなどさまざまなものが出ています。各社の料金を比較してみるのもよいでしょう。料金だけではなく回線速についても重要です。回線速度ですが1ギガなどの表示がありますが、これはあくまで最大速度の理論値であり、実際の速度は減少するケースが通例です。

光回線は基本的に速度が保たれますが、問題はインターネットの接続先となるプロバイダとの関わりが重要です。プロバイダによってインターネット速度は大きく変わると言っても過言ではありません。なぜ光回線で速度が保たれているのに、プロバイダがきっかけで速度ダウンになるのか?というとプロバイダの設備すなわちバックボーンに問題があります。Nttなど大手では設備投資を躊躇なく行うことが可能ですが、これには莫大な費用がかかります。そのため設備投資はそこそこといった状態で運営しているプロバイダが多数あるのも事実です。プロバイダ料金については毎月のことですし、コストにもかかわってきますが費用だけでプロバイダを決めるのは大変危険です。その点も把握しておきましょう。

どうしたらいいプロバイダがわかるのか?というと口コミを見るのが1番です。口コミの評価を見て判断しましょう。

最近話題の光コラボの点も解説しておきます。

1-3.光コラボHi-Bitとのセットなら?
光コラボHi-Bitではセットプランも提供しています。オプションサービス次第ではこちらがお得なケースもあります。インターネット回線の月額料金だけではなく、オプションについても考え見直ししてみるといいでしょう。
例えば光ギガという商品があります。光ギガは光回線をNTT東日本とNTT西日本が提供しています。この光回線を株式会社Hi-Bitとコラボレーションして提供するプランです。実際はインターネット回線とプロバイダという従来の組み合わせですが、プロバイダ側が回線についてもサポート対象としているので1つにまとめて契約できるわけです。

では自社提供のHi-Bit光コラボ「光ギガ」でのプロバイダ込み料金ではどうでしょうか?

こちらはToppa!の料金表には載っていないのでHi-Bitの料金表を参考にすると、プロバイダー込みで、
・戸建ての場合「光ギガファミリー5300」というプラン名で月額料金は5,300円
・マンションの場合「光ギガマンション4200」というプラン名で月額料金は4,200円

というわけで、プラン名がそのまま月額料金になっているという、なんとも解りやすい設定です。
料金的には、一般的な光コラボの平均的なもので、際立って安いということもないようです。

もちろんご多分にもれず「長く使えばそれだけオトクになる」と、やはり一般的なよくある長割りプランがとり入れられていて、5年目までは毎年50円毎の割引き、6年目に入るといきなりディスカウントで、
・戸建ての場合61ケ月以降の月額料金 4,500円
・マンションの場合61ケ月以降の月額料金 3,400円 

と、
かなり安くなりますが、それにしても6年も経つとIT市場もかなり進化し、ネット料金ももっと安くなっていると思うのですが…。その時点で周りの市況に合わせて、もっと安い所に乗り換えしたい場合でも、きっちり解約金の9,975円は必要とのことです。6年はイマイチですよね。
このようにプランについては悩ましいところです。長期の割引プランは魅力ですが、時代のニーズとあっていない可能性が高いです。またよくあるケースでインターネット回線の契約に2年の縛りがあるかと思います。この場合、契約はとりあえず2年きっかけで終了します。そして新しい契約先との契約に乗り換えるのも1つの手段です。この方法だと解約にならないので解約金もかからないですし、新規契約となると乗り換えとも異なるのでキャッシュバックが大幅に増える可能性が高くメリットが盛りだくさんです。インターネットの代理店をした経験がある人はこの方法でインターネット料金を安く済ませている人もいるほどです。

本文は下へ続きます


Toppaを解約してどんなプランを選ぶか迷っている方へ。
お手持ちのスマホが安くなる上にネットもサクサクになる光コラボがオススメ!







ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2. Toppa!の評判

やっぱり気になるのは評判や口コミね。

Toppa!の評判
2-1.なぜか過去の評判が悪い
Toppa!の口コミや評価を見ていると、決して良いとはいえないものが多いようです。時系列でみると「多かった」といった方が正解かもしれません。
その多くは、
・回線速度が出ない。
Toppa!は速度がでない、adslよりも遅いなんて評判も少なくありません。特に夜中は下り1Mbps前後という口コミもあるほどです。これだと確かにadslと変わらないといった評価もうなずけます。

・窓口対応が最悪。
Toppa!は全国にサポート窓口が設置されています。同じ番号にかけても同じ担当者と話しをするのはほぼ不可能だといった苦情もあります。「少々お待ち下さい」や「後日おかけなおしください」といったアナウンスがされ、何度も電話するはめになったり、待たされたりするそうで電話料金もバカにならないといった話も耳にします。

・代理店かもしれないが、勧誘が酷い。
自宅へ電話勧誘はNTTではなく、NTTの代理店行っています。NTTだと勘違いさせるような言い回しくも少なくなく、トラブルの原因となっています。これに対して電話勧誘の苦情があまりにも多いので総務省が注意を促す事態にまで発展しています。

・知らぬ間に転用承諾番号を申請されていた。
契約するといった段階で契約となります。電話勧誘では正しい説明をしていないケースも少なくなくトラブルが多発しています。至急クーリングオフの手続をとりましょう。

・安いとのことで契約したが、料金明細を見てビックリした。
身に覚えのないオプションや工事料金などの請求がなされていることもあります。この手のトラブルもあとを絶たないことから電話勧誘での契約は行わないこと、そして内容について熟知した上で契約することが大事です。

・とにかくサポート窓口の電話がつながらない。
これもよくある苦情の1つです。違う電話番号がないかネットで探してみましょう。

・サポート窓口が片言の日本語で喋る担当者で、意味が通じなかった。
最近こうした苦情が増えています。メールで問い合わせが可能であればメールも活用してみましょう。

・料金体系がわかり難い。
便利になっている反面、システムもわかりづらくなっています。きちんと自分で調べて理解することが第一です。

などなど、これらはあらゆる口コミサイトをまとめたものですが、なぜか悪評が目立ちます。
ただ口コミの日付を見ると、概ね今から5、6年前まで程度のものが多いようです。
もちろん最近の口コミも拾ってみましたが、こちらの方は意外と悪評は少なく、むしろ「まずまず」、「いいんじゃない?」、「フツーに使える」などの好評? もあったりします。おそらくこれは、Toppa!が人気のWiMAXのプロバイダーとしては、わりと評判がいいことから来ているのかもしれません。

2-2.一度評判を落とすと今や風評はつきもの
風評というのはまことの怖いもので、とくにブログやSNSが盛んになってくると1億総評論家ではないですが、誰もがモノを申す主役です。

たとえばグルメ口コミサイトで誰かが「なかなかうまいんじゃない?」となると、「そうそう」、「確かに」と共感するものがイッキに増えてきたり、そうなると自己主張の強い目立ちたがりの輩が「でもあの店、化調使ってるかも」などと大抵は裏付けのない持論を展開。すると「そうそう」、「確かに」とイッキに共感が広がりイメージ誘導、ひいては☆の数が寂しいことになり行列を見ることもなくなったり。

じつはToppa!を運営するHi-Bitは、その販売代理店の強引な売り込みが続き、当局から2度も行政指導を受けることがあったんです。もちろんこれはHi-Bit自体でなく、そのマージンが売り上げにつながる販売代理店に起因しているのですが、消費者の方はそんなことはつゆ知らず「Toppa!が悪い」ということになってしまうわけですね。

ただそうなるとHi-Bitも代理店に「行政指導」を行なうわけですが、どこにでもあるこの手の少々のクレームよりも、売り上げ重視との風評は続くわけです。

このように風評被害は深刻です。ネット上の情報を調べていくと、電話で代理店と契約した結果、申し込んだ覚えのないオプションがセットになっていたり、プランが違っていたり、電話内容と料金と契約が違うといった苦情があとを絶ちません。サポートが良くないなどの理由も含めて解約する場合は、違約金が発生することもあります。おかしいと思ったらいち早くクーリングオフの手続をすることが大事です。これなら違約金が発生しない可能性があります。

ドコモ光など他の商品の口コミについても調べた上で、どういう評判になっているか確認することが大事です。

3.Toppa!の解約の方法と違約金

解約方法と違約金についても解説しておきます。

Toppa!の解約の方法と違約金
さて、今回のメインテーマからすれば前置き?が長くなりましたが、Toppa!の概要は見えてきたでしょうか? どう受け取るかはあなた次第…というわけで、それではいよいよ解約についての説明に入ります。

3-1.「Toppa!を解約する」という意味
今回は「Toppa!の解約」ということですが、Toppa!はあくまでプロバイダです。プロバイダだけではネットにつながらないわけで、どこかの回線とのコラボになりますよね。
その回線がNTTのフレッツ光なのか、自社のHi-Bit光コラボなのか、はたまた格安SIMやWiMAXなのかと、いろんなパターンのいずれかで利用していたことになると思います。

まずは自分の回線状況を確認してみましょう。以前は通信といえばnttのみといった感じでしたが、今や多様化しています。年々業者もプランも増えていることから、加入者自体がよくわからずに加入する例も少なくありません。

これらの回線は、回線を選ぶとプロバイダーが必然的に決まってくる「プロバイダ一体型」ではない為、Toppa!を解約するからといって、回線まで解約する必要がないわけなんですね。

またさらにコスパのいい好みのプロバイダとコラボさせれば、ネットが再開できるわけです。
というわけで、回線を絡めると話がかなり複雑になるので、今回は純粋に「プロバイダーToppa!の解約」を軸に進めます。

Toppa!の解約の方法と違約金

3-2.Toppa!の解約の手順
Toppa!の解約の手順は次の通りです。解約手続きは電話またはメールで行なうことができます。
・契約時に発行された「Toppa!申込確認書 兼 設定通知書」を手元に用意する。

■電話の場合
Toppa!サポートセンター 0570-783-108 にTEL

「ISPを解約したい」旨を告げる

完了

■メールの場合
Toppa!お問合せフォームにアクセス

必須事項を入力し、
・ご利用サービスで「インターネットサービス」にチェック。(インターネットの場合)
・お問い合わせ内容で「解約・キャンセル」にチェック。

送信・完了

解約手続きは以上です。Toppa!利用中に回線速度で悩んだこと、メール設定がわからなくて何度もやり直したこと、問い合わせがつながらなくてイライラしたことなど、さまざまな出来事や思い出が一瞬のうちにパッとクリアされ「えっ! これだけ?」とあっけにとられるほど簡単です。

他のプロバイダ例えばOCNなどでは解約時に、プラン変更や不要オプションの改善、再開への見込み、解約後の乗換え先など、辞めると言ってるのにクドクドと引きとめられ、最後に念押しまでされますが、
Toppa!はその点ドライでさっぱり、まるでキレのいいビールのような爽快感なんです。

解約時には、担当者名の確認やメールの場合でも再確認し履歴を残すなど、念の為バックはとっておきましょう。

3-3.解約時の注意点と解約金
Toppa!解約時の注意点としては、次のことがあげられます。

■解約時の注意事項
・Toppa!で発行されたメールは解約とともに消滅、他のプロバイダのようにメールだけを残すプランはありません。
・Toppa!はあくまでプロバイダなので、ネット自体をやめたい場合は回線も解約する必要があります。
・解約手続き後解約を取り消す場合は、月末日の2日前(土日祝を除く)までに申し出ることになります。
・解約時の注意点はあらかじめサイトに書かれてはいますが、内容をきちんと読んでいない人や把握していない人も少なくないかと思います。メールアドレスをはじめ、自分の使っているものからチェックしてみましょう。

このようにプロバイダと回線、メールやオプションなどの仕組みを理解しておく必要があります。

■解約金
解約する場合には、契約約款に基づいた契約解除料、違約金といった「解約金」がかかります。
Toppa!の場合、用意されたコースやプランがかなり複雑なので、公式サイトに表示されたもっとも一般的なプランの場合の解約金としては、
・Toppa!ライトプラン 24ケ月までの途中解約の場合の解約金 5,000円
・Toppa!バリューコース(36ケ月契約)の途中解約の場合の解約金
利用開始月~12ケ月目まで30,000円、~24ケ月目まで20,000円、~36ケ月目まで10,000円

3年契約などで割引適用の多いコースの場合は、やはり早期中途解約は避けたいですね。
さらにプラン・コースごとの詳細な内容については、「Toppa!ISPサービス契約約款」(pdf)を参考にしてみて下さい。

契約の際は月額の料金以外にも解約金なども知っておくことをおすすめします。もちろん電話の状況や光の速度についてもリサーチしてから加入することをおすすめします。

この記事のまとめ

いかがですか? Toppa!の概要と解約について紹介してきましたが、筆者も経験上数年前のToppa!には「えらく頼りないISPだな」と、ユーザーに説明するのも心もとないものがありましたが、現在HPの作りやサポート対応面は目に見えて良くなってきています。

現況プロバイダ的には、ごく通常利用ではとくに支障もなくかといってイチオシというわけでもなく、今回紹介したように解約自体はわりとあっさりです。契約時に何か特典があるなら悪くはないんじゃない? といった印象でしょうか。

申し込み時に評判をチェックする人も増えています。これはとても良いことです。以前は良くない状況でも改善されているケースもあります。また新たなプランについても続々出ています。インターネットとスマートフォンの両方のプランをチェックするといいでしょう。また評判については時期についても確認することが大事です。

電話勧誘からの加入はおすすめできません。面倒でも店頭の代理店で加入することをおすすめします。電話勧誘では商品案内をきちんとしていないなどトラブルも少なくありません。店頭なら確認しながら手続きを進めることが可能かと思います。

どの商品でも内容を知らないと判断ができない時代です。便利になっている反面複雑化していますが、恩恵を受けるためにもしっかり勉強しましょう。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!