転用承諾番号とは?解約の際に必要?西東日本で違う?再取得再発行などの手続きを業界人が解説!

転用承諾番号とは?解約の際に必要?西東日本で違う?再取得再発行などの手続きを業界人が解説!
転用承諾番号とは
解約の際に必要なもの
東日本と西日本の違い

1.転用承諾番号とは

転用承諾番号とは
転用承諾番号とは、NTT東日本・西日本のフレッツ光から光コラボレーション業者に乗り換える際に必要な番号のことをいいます。

1-1.転用とは
NTT東日本公式サイトによると、「フレッツ光」をご利用中のお客様が「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのままで、光コラボレーション事業者様がご提供するサービスに切り替えることを「転用」といいます、と記載してあります。つまり、光コラボにしても、電話番号や契約IDを変更したり、解約する必要がありません。特に電話番号などは変わると大変ですので、電話番号と契約IDをそのまま利用するという処理が必要になってきます。そのため、光コラボへ乗り換える際には、転用承諾番号の取得が必要となり、これをもとにコラボ事業者が処理を行ってくれます。

1-2.転用の注意点
しかし、転用承諾番号の取得は、自分で行わないといけません。NTTや光コラボの事業者はやってくれませんので、注意が必要です。もうひとつ大切な注意があり、実は光回線でも転用できないケースがあります。それは、フレッツ光マイタウンを契約している場合です。こちらは一部地域のみの光アクセスサービスとなっていて、該当する方は少ないかと思いますが、自分がどんなサービスを契約しているか、いま一度確認してみましょう。

1-3.転用承諾番号の取得方法
取得方法は2つあり、NTT公式サイトか電話のどちらかになります。
申し込み時に用意するものは
①お客さまID、ひかり電話番号もしくは契約者の連絡先電話番号
②ご契約者様名
③フレッツ光ご利用場所住所
④フレッツ光ご利用料金のお支払い方法の4つです。

インターネットで手続きをする際は、ご契約者のメールアドレスも必要となります。①~③はフレッツ光開通のご案内で確認をすることができます。この転用承諾番号の取得に関してNTTからお願いしてくることはありませんので、不審な勧誘や訪問があったら断るようにしてください。

1-4.発行後の注意点
転用承諾番号の発行手続きをし、受け取った場合は15日以内に光コラボ側の手続きを必要となります。15日を過ぎた場合、この番号は無効となり、もう1度発行手続きをすることになりますので、注意してください。また、転用が完了する日は申し込みから2営業日以降ですので、お急ぎの方は早めの準備をしましょう。

転用というのはいくか意味がある可能性もあるわね。光回線の転用や固定電話番号の転用など自分で何かが必要かも把握しておかなくてはならないわね。
その通りです。業者任せで万が一・・・ということになったら大変なので自分で主導権を握るつもりでスタンバイするといいでしょう。自分でやりとりすることで流れもわかりますし、万が一のときもミスを防ぐことができます。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.解約の際に必要なもの

解約の際に必要なもの
転用承諾番号を取得し、光コラボに乗り換える準備が整ったように思いますが、他にもやらなくてはいけないことがあります。それは、プロバイダーサービスの解約手続きです。必ず解約するということはないのですが、大抵解約することになります。

2-1.プロバイダーを解約する理由
プロバイダーとは、フレッツ光とは別に契約し、インターネットを行うために必要なものです。フレッツ光の際は、自分で好きなプロバイダーを何十社のなかから選ぶことができましたが、光コラボでは数社のなかから指定されることがあります。光コラボのプランのなかにはプロバイダーを別に契約できるものもありますが、割高になることが多く、おすすめできません。せっかく安くなると思ったのに乗り換えたら割高になるなんて嫌ですよね。なので、光コラボ乗り換え前のプロバイダーは、解約することが多いのです。

2-2.解約の際に必要なもの
解約をするにあたって、契約時に届いた書類が必要となります。会員登録証や申込内容のご案内などと書かれていて、はがきサイズのものやA4で送付されることが多いです。書類をもとに、各々のプロバイダーのサイトで解約するか、電話での解約となります。書類を紛失した場合は、電話連絡で本人確認後に、解約することもできます。

2-3.違約金の発生
プロバイダーを解約すると、違約金が発生することがあります。2年ごとの契約などで、途中解約した場合に発生し、数千円かかることが多いです。1年契約や、6ヶ月契約のプロバイダーもありますし、特に設定はなく違約金が発生しないところもあります。各プロバイダーによって異なりますので、ホームページや契約書等でご確認ください。

2-4.フレッツ光の解約
プロバイダーの解約についてご説明しましたが、フレッツ光については「転用」という形での解約処理となりますので、解約手続きは必要ありません。

専門用語が多くてちょっとわかりにくいわ・・。用語から理解しないと難しい印象だけど他の人はそんなに問題ないのかしら。
そうですね。そんなに問題はないかと思います。フレッツ光についても不安であればサポートセンターに確認して必要項目をまとめておくといいでしょう。そうすると焦ることもないですし、安心感があるかと思います。

3. 東日本と西日本の違い

東日本と西日本の違い
転用承諾番号の取得手続きですが、お住まいの地域によって、NTT東日本かNTT西日本のどちらかで申し込みを行います。どちらも転用承諾番号に関しては大きな違いはありませんが、一部の契約内容の際には、東日本と西日本では申込方法に違いがあります。また、一般の申込でも窓口の時間や内容が異なることがありますので、公式サイトやお電話にてご確認ください。そのほかの留意点もありますので、いくつかご紹介していきます。

3-1.転用承諾番号発行時の受付窓口の違い
転用承諾番号を発行する際に、少し違いがありますので、分かっているものをご紹介します。H29.3時点で公表されている内容では、転用承諾番号を発行する際に、NTT東日本では、ひかり電話オフィスA(エース)を契約中の方で、光コラボに乗り換える際はお電話のみの受付となっています。また、NTT西日本では、10回線以上の契約中回線に対して、申込書によるメールでの発行が可能となっています。申込書は公式サイトより様式をダウンロードできますのでご確認ください。

3-2.NTT東日本の受付時間
NTT東日本とご契約をしている方で、転用承諾番号の発行を電話で行う場合、受付時間は9時から17時までとなっていて、土日・休日も受け付けています。ネットで行う場合、受付時間は8時30分から22時までとなっていて、同じく土日・休日も受付を行っているとのことです。

3-3.NTT西日本の受付時間
NTT西日本では、転用承諾番号の発行を電話で行う場合、東日本と同じく、受付時間は9時から17時までとなっていて、土日・休日も受け付けています。ネットで行う場合、受付時間は7時から深夜1時までとなっていて、同じく土日・休日も受付を行っていますので、受付時間は東日本より長く設定されています。

3-3.オプションサービス転用時の違い
いままでNTTでオプションサービスを使用していた方が光コラボへ乗り換える場合、コラボ事業者がそのままサービスを引継ぐか、NTTがそのまま引継ぐかの、どちらかとなります。
そのときに注意して頂きたいことは、コラボ事業者が東日本のサービスは引継げても、西日本のサービスは引継げないことがある、ということです。その逆のパターンも起こりえます。
どういうことかというと、東日本と西日本ではサービスの内容や名称が異なっていて、東京から大阪に居住が変わった場合など、コラボ事業者は全国展開でも、NTTは東西分かれているため、東京で使用していたNTTサービスを大阪では引継げない可能性があります。その場合は、コラボ事業者で似たようなサービスを契約するか、西日本の似たようなサービスを新たに契約することになります。大阪から東京の場合も同じことが言えるでしょう。コラボ事業者の契約内容は変わらなくても、NTT側で契約内容が変わる可能性がありますので、注意が必要です。

乗り換えは簡単でお得といった話を耳にするけどきちんとやり方を覚えておかないと大変なことになりかねないわね。特に東日本から西日本や西日本から東日本へ変わる際は十分な注意が必要ね。
そうです。注意が必要です。エリアが変わるとサービスも変わります。同じNTTでも変わるのでその点も注意しなくてはなりません。
4.この記事のまとめコメント

手続きなどわからないことが多いと思いますが、光コラボへ乗り換える際には、下準備や注意点など確認をおこなってから転用をしたほうが安心ですね。

5.転用承諾番号、西日本と東日本で対応は違う?

転用承諾番号、西日本と東日本で対応は違う?
インターネットの転用を検討している方は転用承諾番号というものが必要となります。最近の転用で多いケースは光フレッツから光コラボレーションへの転用です。光コラボレーションはフレッツ光などより料金も安価で人気の高いサービスとなっています。

フレッツ光は光回線とプロバイダの両方の契約が必要でしたが、光コラボレーションは光回線とプロバイダがセットになっており料金も1本化されます。管理する側もこちらの方が楽です。

それはさておきNTTはNTT東日本とNTT西日本があります。この2つのエリアで構成されており、エリアによっても若干対応が違ってきます。

どちらも共通して言えることは「転用承諾番号の取得手続きが必要」ということです。転用承諾番号の手続きですがNTT東日本も西日本もあまり違いはありません。ただ一部契約内容が異なるのでその点は注意が必要です。

これを確認するにはどうしたらいいのか?というと公式サイトを確認するか電話で問い合わせが必要となります。もしものことを考え、できれば電話で問い合わせ内容を確実に把握した方が良いでしょう。

転用承諾番号発行時ですがNTT西日本では申し込み書からメールでの発行が可能となっています。この場合回線は10回線以上の契約がルールづけられています。複数の回線を所有しているケースではこちらを利用するのも良いでしょう。

一方NTT東日本ですが電話のみの受付となっているのがひかり電話オフィスA(エース)を契約している方です。両方とも会社経営や自営をしている方が対象になるかと思うのでその点も把握しておきましょう。

NTT東日本の受付は電話の場合9時から17時までとなっています。土日も受け付けているので休日も問い合わせることができます。まずはこの時間帯で確認および問い合わせをおすすめします。NTT西日本の場合も時間帯は同じです。

転用については比較的安易にできます。気を付けたいのはオプションサービスです。オプションサービスは引継ぎができるものとできないものがあります。自分が現在どういったオプションを使っているのか?また転用先でそのまま利用できるのか?など事前に確認しておくことをおすすめします。

オプションについては事前に確認した方がよさそうね。転用は安易なんて話も聞くけど、注意点はしっかりと抑えておかないとね。
その通りです。転用は安易ではありますが注意点も必要ですし、これらは自分で把握しておかないと大変なことになりかねません。後々「失敗した!」といったことにならないためにも工夫も必要ですしね。
6.転用承諾番号の悪用とは?相談窓口に寄せられる事例とは?

転用承諾番号の悪用とは?相談窓口に寄せられる事例とは?
転用承諾番号の悪用について心配されている方もいることでしょう。残念ながら転用承諾番号の悪用の事例も存在します。転用承諾番号ですが個人にとっても大事なものです。

悪用された事例から見てみると転用承諾番号の取得の際、代理店業者任せだった例がほとんどとなっています。つまり代理店業者が悪用するといったケースです。

内容としては話に聞いていた契約先と違うところで契約されていたり、内容が違っていたといったものです。それもすべて業者任せだったため本人が知らないところで転用承諾番号を使って勝手に悪用されていたというものです。

転用や手続きなど面倒ですし、業者がやってくれると安心感があるといった人も多いことでしょう。気持ちはわかりますがこれが原因でトラブルになることもあるのです。なぜこうしたトラブルになるのかというと業者は自分の契約先と契約を結んでバックマージンが入ってくるので、いかにして自分の契約先に有利な条件で契約するか?がポイントとなります。

仮に契約先はA社だとします。契約先はA社で間違いないのですが余計なオプションが付いている例もあります。なぜこうしたことをするのか?というと代理店としてはオプション付きの方がバックマージンが多く入ってくるためです。

代理店については特に業者の説明をしっかり聞いて契約すれば間違いなしというわけではなく、悪質な業者もいることを頭に入れておく必要があります。自分の身は自分で守らなければなりません。

インターネット接続については「業者に任せておけば安心!」というわけにはいかないわけね。その点はよく理解できたわ。
残念ながらそのとおりです。実際に業者任せでトラブルに巻き込まれた事例が後を絶ちません。自分でやらなきゃという強い気持ちで取り組むのが1番です。
7.インターネットの乗り換えを検討している方へ

インターネットの乗り換えを検討している方へ
インターネットの乗り換えに注目している人もいることでしょう。今の回線に不満がある人や興味本位で乗り換えを検討している人、キャッシュバックが魅力で乗り換えを考えている人など実にさまざまです。乗り換えですが更新月を狙ってぜひチャレンジしてみるといいでしょう。

更新ですが現在の契約体制が大体2年か3年の制度になっているのでこのタイミングで乗り換えるのが良いでしょう。2年契約であれば25か月目に、3年契約であれば37か月目に乗り換えるのがベストです。

乗り換えの際は光回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションやその他の回線を検討するかと思います。今もっとも注目を集めている光コラボレーションの商品は月額料金も安く大変お得です。こちらについても乗り換えがおすすめです。

乗り換えするのは良いのですがプロバイダの規定についてもしっかり目を通しておくといいでしょう。以前とは違ったルールが課せられていることもあります。

なぜプロバイダのルールに目を通した方が良いのかというと夜間規制がついていたり、オンラインゲームに対する規制があるためです。一般ユーザーにも多いに関係するのは夜間規制です。夜間はアクセスが集中するため速度を遅くするといったものですが、これは利用する側として大変不便なルールです。できれば夜間規制がないプロバイダを探すといいでしょう。

多くの人の場合、夜の時間帯でインターネットを楽しむかと思います。仕事や学校終わりのアフターの時間帯となるとその時間帯になるわけです。そうしたことも踏まえて夜間の時間は有意義にインターネットをしたいといった人が多いことでしょう。

利用ですがお客様側が好きなプランを選ぶことができます。もちろん転用の際の注意は必要です。となるとあとは利用料金が重要です。料金は毎月かかるものです。月額の固定費は少しでもコスト負担が少ないよう気を付けることが大事です。

家計の管理でも同じことが言えますが生活費をダウンさせるにはいかにして月額料金を最低限するか?がポイントとなります。食費などを削るといった方法もありますが100円でも500円でも月額料金を削ることで家計にも影響が出ます。

業者もお客確保には必死です。光コラボレーション事業者の代理店では盛んに電話勧誘を行っています。電話勧誘からの申し込みは極力控えることをおすすめします。なぜならセールマンの説明不足やトラブルが後を絶たず、連日のように消費者センターへ苦情の電話が殺到しているためです。

「自分はまさか詐欺にあわないだろう」「セールスマンの話をしっかり聞いていれば問題ない」なんていう常識は通用しません。詐欺にあう大半の人は「大丈夫だろう」と思い契約しているにも関わらず、トラブルに巻き込まれる結果となっています。

ではどこから申し込みをしたらいいのか?というとホームページからの申し込みがおすすめです。光アクセスサービスなど回線についても人気です。NTT西日本に住んでいる方はこちらのサービスも確認してみましょう。転用の場合、いくつか注意点があります。注意点と転用方法をしっかり確認しましょう。

最近多くみられる転用はフレッツ光からコラボ光への移行です。ドコモ光やソフトバンク光など携帯電話の契約とあわせて検討されている方もいるかと思います。工事も含めてどういったものか調べてみるといいでしょう。

付加サービスですが転用の場合利用できないサービスもあります。そちらについても事前調査が大事です。

NTTフレッツ光やSoftBank光などnet光コラボレーションは光回線を利用したサービスで基本的に光回線の利用となるため速度についても十分満足のいく内容となることでしょう。光コラボレーションモデルは速度はもちろん価格の安さでも人気です。

光コラボ事業者としてはドコモ光回線などさまざまなものがあります。光回線サービスを利用したい人はいくつか業者を調べてみるといいでしょう。キャッシュバックキャンペーンは大変魅力的です。有効期限などもあるのでそちらも注目してみるといいでしょう。

光コラボ新規はフレッツ光回線から乗り換えといった人も少なくありません。フレッツ光からの乗り換えの際、引っ越しをするといったユーザーもいることでしょう。それこそ引っ越しをきっかけに乗り換えを検討するパターンです。

ドコモユーザーはドコモ光に乗り換えを検討している人もいることでしょう。ドコモ光への乗り換え手続きや現状利用している回線からの乗り換えの注意点はドコモ光サービスセンターに聞いてみるのが1番です。同じサービスを利用できるか?確認するのも良いでしょう。ドコモ光電話についてももちろん利用できます。県外通話が多い人は光電話がおすすめです。

注意事項については転用先の提携プロバイダなどでも掲載はありますが自分でまとめておくといいでしょう。万が一違う回線に乗り換えて自分の利用したいサービスが利用できないとなれば大変なことになります。そうしたトラブルを防ぐためにも自分でしっかり把握しておけば安心感があるのではないでしょうか。

工事日ですが基本的に平日となります。平日18時あたりがタイムリミットでしょうか。土曜日もOKな業者もあります。となるとどうしても土曜日や平日の17時以降は仕事をしている人にとって比較的都合がいい時間なので込み合うことが予想されます。

工事日はけっこう思うようにいかず、更新月のタイミングで工事をお願いしたいと思っても1か月以上待たされたという人も少なくありません。その間はWIFIで乗り切りましょう。

また早めに行動しておくことで工事日についても余裕を持つことができます。次の更新月を狙って解約する予定の人は半年くらい前から念入りに計画を立てて行動するのも良いでしょう。これだと時間に余裕があり工事日についても融通が利くかもしれません。

各種オプションサービスについても確認しましょう。ドコモであればドコモ光テレビオプションなどもあります。卸付加サービスといったあまり聞きなれない言葉を耳にするかもしません。申込みの前にわからないことは確認するのが原則です。

NTT西日本エリアでもフレッツ光サービスは実施しています。どのサービスにするか?は自分の転用条件を踏まえた上で考えてみるといいでしょう。

インターネットの転用は盛んにPRしているし、もっと安易なものかと思ったら自分でも注意しなければならない点がいくつかあることがわかったわ。私も注意しないとダメね。
自分は特段特別なことをしていないから問題ないだろう・・・と思いがちですがどこで落とし穴があるかわからないので確認しておくに越したことはありません。転用後に発覚してはますます困りますから事前に準備しておくのが1番です。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!