光回線終端装置って何?選ぶならどんなものが良いのかも解説!

光回線終端装置って何?選ぶならどんなものが良いのかも解説!
日頃からインターネットに親しんでいる方でも光回線終端装置という用語はあまり聞かないのではないでしょうか。そこでどんな装置なのか気になる方、どんなものを選べば良いのか知りたい方に向けてこれから徹底解説していきます。

1.光回線終端装置って何?

光回線終端装置って何?
光回線終端装置は文字通り、光回線の終端に設置される装置のこと。英語では「optical network unit」と言い、頭文字を取ってONUというIT用語になっています。

ONUは光回線の利用者側に設置される装置となっており、通信事業者側に設置されるのは「Optical Line Terminal」、略してOLTと呼ばれる装置。利用者側と通信事業者側と両方設置されているのが光回線終端装置なのです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.光回線の仕組みは?

光回線の仕組みは?
光回線終端装置ついて解説する前にまずは光回線の仕組みを解説していきましょう。常時接続できるインターネットにはADSLがありますよね。ADSLでは銅線を使用した電話回線(メタルケーブルまたはメタリックケーブル)にてインターネット接続する仕組みになっています。ADSLに対し、光回線では石英ガラスやメタクリル樹脂を使用した光ファイバーにてインターネット接続しているのです。

ADSLでは電話基地局からの距離が遠くなるほど信号に損失が発生し、通信速度が遅くなることがあります。4km以上離れると十分な通信速度が出ないと言われているのです。そんな時でも光回線なら信号の損失が少ないため、電話基地局から遠方に住んでいる人でも高速なインターネットを楽しめるのが魅力。

大容量のファイルをダウンロードしても、高画質な動画を視聴してもストレスなし。さらに光ファイバーは石英ガラスやメタクリル樹脂を使用する関係上、電流が流れないため、電磁干渉に強いメリットを持ち合わせています。

遠距離でもスピーディーに情報を伝達する役割を担っているのが光回線という訳。電話回線よりもメリットが大きいため、CATV会社も光ファイバーに移行するケースが増えてきました。

ただし理論値と実測では異なる点には注意が必要です。光回線でも理論値より実測のほうが落ちやすい。電話基地局から1.5km以内と近い場所に住んでいる場合はかえってADSLのほうが通信速度が速いことがあります。ただフレッツADSLのように2023年サービス終了予定となっている場合があるため、これから契約するなら光回線を選びたいところ。

その他にも光回線は仕組みの関係上、高いセキュリティーを持っています。悪意を持った者が不正アクセスを行おうとした際、ケーブルから光が漏れるとシステムに悪影響が出るため、通信事業者側ですぐに分かるのです。不正アクセスが気になる方にもピッタリと言えるでしょう。

光回線をマンションといった集合住宅に配線する場合、主に光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式と3つの方法があります。この中で最もポピュラーとなっているのが光配線方式です。信号の損失が少なく、安定した高速通信が期待できるなどのメリットがある代わりに開通までの期間が長くなりやすいデメリットがあります。

以前の集合住宅で良く用いられていたのがVDSL方式。此方の方式では既存の電話回線を使用するため、開通までが早いというメリットがあります。その代わりに電子レンジなどの機器から影響を受けやすい、距離による信号の損失が生じやすいなど電話回線にあるデメリットが。

LAN配線方式では建物に光回線を引き込みし、集合住宅の各部屋へと配線されています。そのため電柱から光回線終端装置まで工事を行うだけ、各部屋へ引き込み工事を行わなくても済むため、開通までが早いです。

インターネット対応マンションと呼ばれる集合住宅で良く見られる方式で、料金も安いというメリットもあります。ただしLAN配線方式を採用している物件は少ないために選択肢が限られるというデメリットが。

3.光回線終端装置とモデムとルーターの違いは?

光回線終端装置とモデムとルーターの違いは?
利用者側にある装置と言われるとモデムルーターのイメージが強いですよね。光回線終端装置とどう違うのか良く分からない方は多いのではないでしょうか。実はモデムルータルータ違いにはこんなものがあるのです。

回線を流れているのが電気信号ですが、アナログ信号とデジタル信号と大まかに分けて2つあります。デジタル信号では0と1の数値をパルス信号で送信する仕組み。アナログ信号ではノイズの影響を受けやすいものの、0と1のデジタル信号ならノイズの影響が少ないというメリットがあるのです。

その代わりに不要なデータは削除されるために再現性が低くなるデメリットが。そのためオーディオなど音楽関係の機器では音にこだわる方中心にアナログが求められていますよね。

電話回線を流れる電気信号はデジタル信号では無くアナログ信号であることをご存知ですか。電話回線からのアナログ信号はデジタル信号に変換されてコンピューターに届いているのです。

逆にコンピューターからのデジタル信号はアナログ信号に変換されて電話回線へと流れていく仕組みになっています。このデジタル信号とアナログ信号の相互変換を行っているのがADSLモデムと呼ばれる装置。モデムが無ければインターネットへの接続ができません。

一方、光回線を流れているのは光信号となっています。流れてきた光信号はデジタル信号に変換、コンピューターからのデジタル信号は光信号に変換することが必要です。

このデジタル信号と光信号の相互変換を行っているのが光回線終端装置。モデムも光回線終端装置もインターネットへの接続に不可欠である点では同じです。しかし相互変換を行っている信号に違いがあるという訳。

最近ではパソコンやスマートフォンなど複数の機器をインターネットに接続するようになりました。しかしモデムや光回線終端装置には信号の相互変換を行う機能は付いているものの、複数の機器を接続する機能は付いていません。

そのため基本的には接続できる機器は一つだけとなります。そこで必要になるのが複数端末接続でも同時にできるルーター。

ルーターには大まかに分けて有線LAN接続と無線LAN接続と2種類の接続方法があります。LANケーブルを使用するのが有線LAN接続、LANケーブルを使用せず無線を使用するのが無線LAN接続です。

WiFi機能を持つネットワーク機器のことをWiFiルーターと呼んでいます。WiFiルーターならケーブルが邪魔になることはありません。電波の届く範囲なら家中どこでもインターネットに接続できるようになります。LANポートも付いている無線LANルーターが殆どのため、必要な時は有線接続することも可能。

無線LANルーターの中にはWPS対応というワイヤレス機器があります。WPSボタンを押すだけで設定を自動的に完了させるという機能が付いており、無線ネットワークの初期設定が難しくて分からない方でも簡単なのが良いところ。このように複数端末の同時インターネット接続機能を持つルーターと光回線終端装置では役割に違いがあるのです。

4.光回線終端装置の入手方法は?

光回線終端装置の入手方法は?
光回線終端装置は通信事業者にてレンタルするのが基本となっており、利用者側がわざわざ準備する必要はありません。しかしレンタルする時に気になるのがレンタル料金ではないでしょうか。

フレッツ光の月額利用料金はフレッツ光利用料、回線終端装置利用料、光屋内配線使用料など複数の料金で構成されていました。しかし平成24年9月1日より、料金体制を分かりやすくするため、フレッツ光利用料へとまとめられています。

この回線終端装置利用料は月額900円となっていました。1か月当たりでは負担が少なくても、1年間では10,800円の利用料となるため、トータルで考えると重い負担に感じるのではないでしょうか。

そこで多くの方が考えるのが光回線終端装置の買取です。利用者側で買取すれば月々の回線終端装置利用料は発生しませんが、フレッツ光ではレンタルサービスのみとなっており買取は行っていません。

フレッツ光を解約した時には当然ではありますが、レンタルした光回線終端装置の返却が必要になります。月額900円のレンタル料金を支払し続けた上に、解約時には返却となるのでは勿体ないと感じるのではないでしょうか。

そこで買取できないなら、自分で光回線終端装置を購入するという方法。光回線終端装置にはEX-ONU、FX-ONU、GE-PONなどの種類があるものの、市販されていないものが多いために個人の方では入手が難しくなっています。

5.光回線終端装置を選ぶならどれ?

光回線終端装置を選ぶならどれ?
ヤフオクなどのネットオークションであればGE-PONの中古が出品されており、個人の方でも手軽に入手が可能。入札状況や落札状況にもよりますが、1年以上回線終端装置利用料を支払し続けるより、節約できる可能性が高くなっています。中古でも良いのであればGE-PONのキーワードにて検索してみると良いでしょう。

しかし中古だけに状態が悪い光回線終端装置を落札してしまうと、すぐダメになる可能性あり。その他にも最新ではない光回線終端装置だと通信速度が遅くなる恐れがあるために注意が必要です。

レンタルだと自然故障した場合、無料で光回線終端装置の交換を行ってくれるが、利用者側で購入した場合はそれができません。利用者側で準備した光回線終端装置は利用できない通信事業者も存在しており、せっかく購入しても無駄になる可能性があるのです。光回線終端装置を購入する場合はこの点について事前に把握しておくことが大切。

その他にもホームゲートウェイという選択肢もあります。ホームゲートウェイはONUの役割と無線ルーターの役割を持っている製品。

2台準備することなく、1台のホームゲートウェイで済ませるようになります。アナログ電話機も接続できるホームゲートウェイもあり、IP電話も利用することが可能。

1台で何台分も働いてくれるのがホームゲートウェイなのです。わざわざ光回線終端装置と無線LANルーターと2台準備するのが面倒な方、IP電話も利用したい方はホームゲートウェイを選ぶと良いでしょう。ホームゲートウェイも通信事業者からのレンタル、またはネットオークションでの入札などで入手ができます。

フレッツ光ネクストのギガファミリー・スマートタイプでは次のような戸建て向けホームゲートウェイを提供しています。
PR-500KI・PR-500MI・RT-500KI・RT-500MI・RS-500KI・RS-500MI。

PR-500、RT-500、RS-500ともにIEEE802.11acに対応しています。IEEE802.11nという規格でもWi-Fi対応機器同士の最大スピードは300Mbps。しかし新しいIEEE802.11acであれば最大スピード1Gbpsへと大幅に通信速度が向上しているのです。パソコンやスマートフォン、タブレット、ゲーム機など複数の機器を接続する方ほど、IEEE802.11acのメリットは大きくなります。

2.4GHzの電波帯域では電子レンジなどの機器により、電波干渉を受けて通信速度が低下することがありました。しかし最新のホームゲートウェイならあまり使用されない電波帯域である5GHz帯を使用しているため、電波干渉による影響が少なく安定した無線接続が期待できるのです。そのためIEEE802.11ac対応、5GHz帯を使用している最新のホームゲートウェイを選びたいところ。

パソコンを無線で接続する際にはLANカードが必要になることが。ホームゲートウェイだけでは端末とのWi-Fi接続ができないことがあるため、その場合は別途有料で無線LANカードのレンタルが必要です。

無線LANカードとホームゲートウェイと両方の機器レンタル料金が発生するのでは負担が増えてしまいますよね。しかしフレッツ光ネクスト、フレッツ光ライトなど、プランによってはホームゲートウェイを無料でレンタルきるのです。ホームゲートウェイによって仕様概要が異なるため、フレッツ光のホームページにて確認しておくと良いでしょう。

6.まとめ

ここまで光回線終端装置について解説してきましたが如何でしたか。ポイントだけまとめると次のようになります。

・光回線終端装置はデジタル信号と光信号と相互変換を行っている
・レンタルするのが基本だがネットオークションなどでは中古の入手が可能
・ONU機能と無線LAN機能を持つホームゲートウェイもある
・選ぶならIEEE802.11ac対応、5GHz帯対応の最新ホームゲートウェイがおすすめ

どんな光回線終端装置が良いのか分からない時はこの解説ONU記事を参考にしながら選ぶと良いでしょう。

あなたはからアクセスしています










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!