ソニービズネットワークス株式会社からの電話が迷惑?勧誘内容を解説。

ソニービズネットワークス株式会社からの電話が迷惑?勧誘内容を解説。
NURO光については高速回線として注目を集めています。NURO光は最高速2ギガを誇る高速回線で通常の光回線が1ギガなのに対し、倍以上の速度となっています。

NURO光の提供先ですがソニーグループです。NURO光はNTT系の回線より知名度が落ちるかもしれませんが、ソニーグループとなると確かな実績もありますし、安心感も高いことでしょう。

インターネット接続業者から自宅の電話に電話勧誘が来るケースも多いことでしょう。特に電話帳に電話登録している場合、電話勧誘の対象になりやすくなっています。

インターネット接続業者の電話勧誘は1件だけではなく、複数件に及ぶことも少なくありません。1日なんどもそうした業者から電話が来て迷惑だなんて話も多く耳にします。

最近ソニービズネットワークス株式会社から電話がかかってくるなんて話も耳にします。NURO光はNUROアクセスとして2018年は東海と関東へ進出予定です。そうしたこともありさらに営業に力を入れているのかもしれません。

ソニービズネットワークス株式会社からの電話勧誘ではどういった内容のアプローチがあるのか?といった点について紹介したいと思います。

電話勧誘は何度もかかってきたり、あまりいいイメージがないわ。しつこい感じがして。それがダメね。
そうですね。しつこいから嫌だって苦情が後を絶たないですよね。気持ちはわかりますが向こうも営業ですからね。電話勧誘は2018年も行われることが予想されますね。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.ソネットビジネスアソシエイトからソニービズネットワークス株式会社に社名変更

ソネットビジネスアソシエイトからソニービズネットワークス株式会社に社名変更
ソニービズネットワークス株式会社というところから電話がかかってきたなんて声も聞かれます。ソニービズネットワークス株式会社ですがソネットビジネスアソシエイトから社名変更を果たし新たな挑戦に挑んでいます。

社名変更に伴いソニービズネットワークス株式会社では社名変更の挨拶と営業を兼ねて電話勧誘を実施しています。ソニービズネットワークス株式会社から電話勧誘があったなんて口コミもちらちら見られます。実際にどういった口コミがあるのでしょうか?口コミを抜粋してみました。

「ソネットビジネスアソシエイトが社名変更して、ソニービズネットワークス株式会社になりました。とにかく、しつこい、人の話聞かない。社長が激怒して断ったにも関わらず、平気でしれっとすぐにまた電話してくる、ねちょっとした声質の神経逆なでする不愉快なインターネットサービスのNUROのご案内営業電話。社内徹底で取り次がないように言われていたが、この度、社長じきじき着拒設定しました~」
参照URL https://www.jpnumber.com/numberinfo_03_6892_0222.html

このようにあまり話を聞いていないかのようなトークが繰り広げられるといった苦情も多いようです。しつこいのは迷惑ですね。さらに業務中となれば下手すると業務の妨げになることもあります。

消費者の中には「テレアポってしょっちゅう社名が変わるな」といった印象を持っている方もいることでしょう。実際にそうしたケースは少なくありません。なぜ社名が変わるのか?というとズバリ「前の社名のイメージが悪い」ことが要因であることも少なくありません。

それこそ電話勧誘で評判を落としていまいちといったケースもあります。電話勧誘については良い商品でも担当者がいまいちだったり、不評であれば評判を落としてしまいます。また総務省から注意されている代理店も実在します。そうした場合、社名変更をするのは手っ取り早い手でもあるのです。

電話勧誘は社名変更を兼ねて挨拶もあるわけね。社名がコロコロ変われば違う会社かと思うけど、丁寧にあいさつをしてくれるなんて。
相手は営業をどうするか?1件でも加入者を入れるというのが目標ですからね。それ以外の目標はないというくらい徹底していますよ。思わぬセールトークになるのはしょうがないかもしれませんね。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.ソニービズネットワークス株式会社の嘘について

ソニービズネットワークス株式会社の嘘について
ソニービズネットワークス株式会社の電話勧誘では「担当者が嘘をつく」なんて声も聞かれます。どういった嘘をつくのか?気になるところです。こうした情報は嘘であってほしいのですが、何件かそうした情報が入ってきています。

内容としては「電話があったのでかけなおした」といったものです。本当は電話をしていないのに電話をかけなおしたという趣旨で電話をする方法です。これは企業に多いみたいですね。企業相手だと担当者が何人かいるのでそうしたこともなきしもあらずですが、実際はソニービズネットワークス株式会社に用事があって電話をかけるなんてことはあまりないのでは?と推測します。基本的に業務での電話は取引先などが対象となります。

ソニービズネットワークス株式会社が取引先とは考えづらいです。もちろんネットワーク導入でソニービズネットワークス株式会社とのやりとりが全くないとは限りませんが、ネットワーク業者は星の数ほどありますし、同じような苦情が何件もあること自体おかしい話です。

電話勧誘のセールストークで問題になっているのは虚偽の説明など「話と違う」といったものです。契約内容がセールストークと違うのは大きな問題であり、負担金が発生する可能性もあります。実際にそうした被害者も多いことからまずは「電話勧誘からの加入は絶対にしない」ということを原則に対応を検討しましょう。

電話勧誘からの加入は絶対に避けるというのは大事なポイントね。トラブルに巻き込まれたら大変だし、そうならないためにも加入を避けるのが1番ね。
電話加入以外の方法もあるのでそちらを上手に活用するといいでしょう。トラブルになったらそれこそ大変ですし、安全な方法が1番です。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

3.電話勧誘について

電話勧誘について
電話勧誘については各代理店の担当者から営業電話の形での営業となります。担当についてはまちまちでコールセンターのスタッフなどがほとんどです。ソネットビジネスアソシエイツ株式会社などをはじめいくつかの業者があります。

電話番号については回線も含めて固定電話番号を利用している人は特に電話番号の変更がないか確認することが大事です。ソネットビジネスアソシエイツなどでも確認するといいでしょう。

ニューロについては社名変更も話題となっています。インターネットサービスとして提供名が変わることもあるのでその点も気を付けましょう。業界でネットワーク担当をしていても会社の社名やプランについてはたびたび変更が見られます。

用件についてはシステム担当をはじめ営業担当が説明してくれます。挨拶からはじまり案内などが説明されるのが一般的です。担当者変更などが案内されることもあります。ネットワーク担当者やネットワーク関係、ネットワーク回線などのサービスはわかりにくい部分もあります。消費者センターなどに契約内容が問題にならないか?などといった問い合わせもあるようです。

ネットワークについてはまだ開通していない人もいることでしょう。光回線は個人はもちろん企業向けのものもあります。電話環境なども含めて環境整備を検討するのも良いでしょう。

来年こそは通信環境を見直してみようかしら。電話勧誘は迷惑だけど、代理店での契約はお得なものも多いしね。気になるところだわ。
そうですね。特に更新月にかかる人は見直しの絶好のタイミングですよ。タイミングは大事です。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!