So-netの各サービスの評判は如何に?光、WiMAX、格安SIMまで業界人が穴が開くまで見まくります!

現在は携帯電話がガラケーだったり、インターネットがISDNだった時代と比べるととても便利なサービスが溢れている時代になりました。

携帯電話はガラケーからスマホになり手のひらで簡単にインターネットを使用できるようになりました。
インターネット回線は光となり、回線速度が劇的に早くなり高画質動画の視聴も難なく可能になりました。
そしてスマホが主流となり高くなった携帯電話料金が、格安SIM会社の台頭により変化を見せています。

今回は光コラボレーションから格安SIMまで手広くサービスを提供している「So-net」をピックアップし、各サービスの評判を解説していきたいと思います!

1.「So-net」についてのおさらい

比較的安いプロバイダ
So-netのおさらい!

「So-net」は昔からサービス提供をしているフレッツ光のプロバイダです。
プロバイダとしての月額料金は平均1,000円と比較的安めなことが魅力ですが、その反面通信速度は地域によって賛否が分かれています。
快適に使える方から「遅くて使い物にならない」と嘆く方まで様々です。

現在はプロバイダサービスよりも光コラボサービスに力を入れています。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.「So-net」が提供する各サービスと評判

格安SIMは強い!?
So-net光も調べよう!

・「NURO光」

光回線の新規格「GPON」を採用した独自の光ファイバーを使用した新光インターネットサービス。
「下り速度最大2Gbps」と謳っていることが話題
となっています。
展開エリアは現状関東地域のみとなっており、今後のエリア展開の予定はないとのことです。

月額料金が安く、実測値も最低でも数百Mbpsが出ることが特徴です。
月額料金は戸建てタイプで4,743円となっており、SoftBankスマートフォンとのセット割引も適用可能なところも魅力。

しかし新ブランドであるが故、開通工事が契約手続きから1ヶ月以上かかるうえに屋外工事と宅内工事の2度に渡ることが面倒に感じてしまう人もいます。
業者のミスで工事予定日に工事が不可であると連絡があったというトラブル事例もあるので、契約するにもある程度の心積もりが必要です。

・「So-net光コラボレーション」
フレッツ光回線を使用した光コラボサービス。
インターネット、プロバイダ、固定電話料金全てがSo-netによる一括請求になることが特徴。
現在フレッツ光回線を利用中であれば立会い工事が無しで切り替えが可能です。
So-net以外のプロバイダを利用中であれば切り替え後に利用中プロバイダの解約が必要になります。
解約のし忘れが無いように注意しましょう。

月額料金は1~30ヶ月は4,800円、それ以降は5,200円となっており光電話は別途500円になります。

またauスマートフォンを契約していれば最大1,200円の「auセット割」が適用されます。
※「auスマートバリュー」は適用されません。

しかしプロバイダもSo-netになるため、通信速度のクオリティはやはり賛否が分かれます。

速度の安定性があるとは言えないので、お勧めはし難いサービスです。

・「So-net光 auひかりコース」
So-netの光コラボのauひかり版
「So-net光コラボレーション」とは違い、auひかり独自の光ファイバーによるインターネット回線
月額料金は2年契約の「ギガ得プラン」の場合で36ヶ月間は3,950円、光電話は別途500円と比較的安めです。
(4年目以降は5,200円、光電話の月額料金は変わらずです)
更にauスマートフォンには「auスマートバリュー」の割引も適用されます。

「auスマートバリュー」はauスマホ一台あたりに最大2,000円の割引が入るので、もし家族で4台auスマホを持っていれば合計で最大8,000円の割引となりインターネット料金が実質無料の形になるのが魅力です。

家族全員でauスマホに乗り換える方にはお勧めですが、回線工事費の分割が30ヶ月のため2年後の立ち回りに難があります。

回線速度はこちらもSo-netがプロバイダとなるため賛否が分かれます。
「auひかり」を契約する際はプロバイダもauにまとめたほうが問題は少ないのが実情です。

・「So-netモバイル WiMAX2+」
モバイルWi-Fiで名が知れているWiMAXですが、So-netはこのWi-MAXのプロバイダ事業も行っています。

料金プランはWiMAXのプランに準じており、月間使用容量の上限がない「ギガ放題プラン」と月間7GBの制限が設けられている「Flat ツープラス」の2種類があります。
(「ギガ放題プラン」は3日間で10GB使用した場合24時間の通信速度制限がかかります)

月額料金はどちらも2年契約式の場合「ギガ放題プラン」は4,179円、「Flat ツープラス」で3,495円となっています。
更に長期割引が入る長期年間契約プランもありますがモバイルWi-Fiルーターは買い換えや解約も視野に入りやすいものなので2年契約式を選択することが一般的と言えるでしょう。
So-netのプロバイダ契約も2年なので揃えておくべきでもありますね。

通信速度は場所によってまちまちです。
これはWiMAXのエリア自体もまだまだ発展途上の段階であるため、主要都市では安定していても地方といえる場所では電波が入らないという事例もよく見受けられます。

地方エリアではあまりお勧めはできません。

・「nuromobile」
So-netが提供する「格安SIM」の部類に入る携帯電話サービス
DoCoMoのMVNOの一つです。
(DoCoMoのMVNOの力の入れ様は強いですね)

格安SIMなだけあって音声電話付で月間通信容量が最大の10GBプランでも月額基本料金が3,180円とまさに格安です。
(別途通話料が発生します。

ちなみに音声通話無しのデータのみの最小2GBプランで月額基本料金は780円です。

「nuromobile」で特徴とされているのは「0円SIM」と呼ばれるサービスで月間使用量が500MB以下であれば0円、500MBを超えた場合は100MBごとに100円が加算されます。
2GBを超えると定額の1,600円になる仕組みなので、データを節約すればするほど安くなる仕組み
と言えますね。

しかし「格安SIM」が故のデメリットも当然ついてきます。

料金が安いということで思わず飛びついてしまいますが、基本的に初期設定は契約者本人が行わなければいけません。
端末にSIMカードを挿入して起動をしても4GLTE回線は自身で初期設定を行わなければ使用ができないのです。
これは完全に玄人向け
と言わざるを得ません。

更に端末が故障した場合、携帯電話の大手3社と違い修理の際の代替機の貸し出しがありません。
よって自分自身で代替機を用意する必要がある
のです。

「格安SIM」の事業社には修理代金に対する保証サービスがない点も大きなデメリットとなってしました。
ただ保証サービスは各事業社が順次サービス提供を開始しています。
「nuromobile」の保証サービス導入も時間の問題かと思われます。

肝心の回線クオリティですが通話に関してはあまり期待はできませんし、インターネット通信の速度も並以下です。
ただインターネットは動画サイトを視聴する以外は不便のないレベルです。

DoCoMoのMVNOといっても使用している電波塔はDoCoMoの中でも第二、第三のものなのでDoCoMo同様のクオリティを保証するものではないので、これを肝に銘じる必要があります。

3.総括

料金面とクオリティ面では
NURO光が最も高評価?

様々なサービスを解説してきましたが、料金面とクオリティ面ではやはり光回線の「NURO光」が最も評価は高いです。
今まで「安いけど速度が賛否両論のプロバイダ」という立ち位置に甘んじていたSo-netの逆襲とも言える高水準のサービスなので、今後の提供エリア拡大への期待の声は多いです。

しかし現状の「下り速度最大1Gbps」のサービスで不便があるわけでもないのも実情。
今後どれだけ「下り速度最大2Gbps」のサービスが必要とされるかで左右がされるでしょう。

「NURO光」以外のサービスは正直微妙でお勧めし難いものでした。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!