おすすめセキュリティソフトを比較!業界人が選ぶ7選!

おすすめセキュリティソフトを比較!業界人が選ぶ7選!

インターネット上のセキュリティ対策は、パソコンでなければ行う必要がないと思われがちです。

しかし、現在はスマートフォンやタブレットもウイルスの標的となっています。ウイルスだけでなく詐欺サイトで個人情報が盗まれることがあるので、スマホを使っているからと言ってもセキュリティ対策を怠ってはいけません。

パソコンやスマホを守る最も安全な方法は、セキュリティソフトを活用することです。セキュリティソフトを活用すれば、デバイスをウイルスや詐欺サイトの脅威から守ることができます。しかし、セキュリティソフトはどれでも同じというわけではありません。セキュリティソフトは評判と信頼度が高いものを購入する必要があります。

ここでは、セキュリティソフトの中でも業界人がおすすめする7種類を紹介します。

1.セキュリティソフトは必要なのか?

セキュリティソフトは必要なのか?
セキュリティソフトと言えば、パソコンでしか使う必要がないと思っている人が多いのではないでしょうか?しかし、今はパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットにもセキュリティソフトが必要なのです。

スマホってウイルスに感染する可能性が低い端末じゃないの?
以前まではそうでした。しかし、今はスマホもウイルスに狙われているデバイスなので、何かしらのセキュリティ対策が必要です

スマホやタブレットでウイルスに感染したという事例が多発しています。例えば、2017年に問題になったランサムウェアは、パソコンだけでなくAndroidスマホでも感染するリスクがあります。OSにセキュリティ対策が施されているiPhoneやiPadも、App Storeでマルウェアが隠れているアプリが流通した事例があるので、安全とは言えません。

FacebookやLINEなどのSNSアカウントも巧妙な手口で乗っ取られるので、ネットが利用できるデバイスは全てセキュリティ対策が必要と思うべきでしょう。現在はスマホやタブレット向けのセキュリティ対策アプリも多くなって、簡単に設定ができるようになっています。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.そもそもセキュリティソフトで守りたいものは何?

そもそもセキュリティソフトで守りたいものは何?
デバイスを守るセキュリティ対策で最も安心度が高い方法は、ウイルス対策ソフトを利用することです。ウイルス対策ソフトは、あらゆる脅威からデバイスを守ってくれます。\

ウイルス対策ソフトは、デバイスをどういう風に守ってくれるの?
それは、ウイルスが狙っているものを知れば自ずとわかります。

2-1.個人情報
ウイルスが狙っているものは、端末の中に保存されている個人情報です。ウイルスはデバイスの中に入っている、
・住所や電話番号
・デバイスの中に保存しているデータ

これらの情報を狙っています。

ウイルスに感染すると、デバイスの中に入っている住所や電話番号をはじめとしたあらゆるデータを抜き取られてしまいます。電話帳の中に入っている知人の連絡先も対象になっているので、他の人にも迷惑を掛けないためにもウイルス対策ソフトは利用したほうがいいでしょう。

2-2.クレジットカード・銀行口座の番号
ウイルスは個人情報だけでなく、クレジットカードや銀行口座の番号も狙っています。クレジットカードの番号は盗まれると、自分が知らないところでカードを悪用されてしまい、身に覚えのない買い物の請求がされてしまいます。

ウイルスに感染すると、App StoreやGoogle Play Store・楽天市場などで登録しているクレジットカード情報が盗まれてしまいます。クレジットカードの情報が盗まれてしまうと、カードの利用停止と再発行という面倒な手続きもしなければいけません。ウイルス対策ソフトを入れておけば、クレジットカードの情報を盗まれる可能性が低くなるので、身に覚えのない請求がされる恐れがなくなります。

銀行口座の番号もウイルスに感染すると盗まれるリスクがあり、口座を悪用されることが珍しくありません。クレジットカードを使っていない人も、ウイルス対策ソフトは使ったほうがいいでしょう。

2-3.IDとパスワード
個人情報を狙っているのは、ウイルスだけではありません。個人情報の盗み手はiCloudや楽天市場などの偽サイトを作っていて、利用者からIDとパスワードを盗むことを狙っています。偽のサイトでIDとパスワードを入力すると、個人情報からクレジットカードの情報まで盗まれて悪用されてしまいます。

また、TwitterやLINEアカウントの乗っ取りも、このような手口で行われることが多いです。デバイスにウイルス対策ソフトを入れておけば、偽サイトに遭遇したときに警告メッセージで危険があることを教えてくれます。

2-4.無料のWi-Fiスポットからのセキュリティ保護
スマホやタブレットを使っている人の多くは、外出先で無料のWi-Fiスポットを使っているのではないでしょうか?無料のWi-Fiスポットがあれば、データ量の消費を抑えることができるので便利ですよね。しかし、無料のWi-Fiスポットにも個人情報やクレジットカード情報が盗まれる恐れがあります。

無料のWi-Fiスポットは、不特定多数の人が利用するので、自分が行っているネット通信の内容が簡単に見られてしまいます。セキュリティソフトを入れておけば、無料のWi-Fiスポットを利用しているときに他人からの覗き見を防止してくれます。無料のWi-Fiスポットを利用することが多い人は、なるべくセキュリティソフトを使ったほうがいいでしょう。

2-5.不正アクセス
自分が行っているネット通信の内容は無料のWi-Fiスポットだけでなく、自宅の固定回線からも不正アクセスで盗み取られる恐れがあります。セキュリティソフトは不正アクセスも検知することができるので、あらゆる回線を利用しても情報の流出を防ぐことができます。不正アクセス対策のためにも、セキュリティソフトはあったほうがいいでしょう。

3.セキュリティソフトを選ぶ規準とは

セキュリティソフトを選ぶ規準とは
セキュリティソフトは、どれを選んでもいいわけではなく、ソフトによって性能は様々です。中には性能が悪いセキュリティソフトも存在するので、購入する前にソフトを選ぶ規準を知っておきましょう。

3-1.ウイルスの検知率
セキュリティソフトは、商品によってウイルスの検知率が違います。検知率が低いソフトを利用すると、ウイルスに感染しても駆除をして貰うことができません。セキュリティソフトを選ぶときは、ウイルスの検知率ができる限り100%に近いものを購入することをおすすめします。また、マルウェア検出率の高さやランサムウェア対策に対応しているのかも、大きなポイントになります。

3-2.インストール後の端末の動作
セキュリティソフトは、種類によってインストールした後に端末の動作へ影響を及ぼします。評判が良くないソフトを利用すると、端末の動作が重くなってしまいます。特に無料ウイルス対策ソフトを使うと、端末の動作が重くなることが多いです。

有料のソフトは端末の動作が重くならないものが多いので、なるべく有料ソフトを使ったほうがいいでしょう。また、クラウドウィルス対策ソフトは、インストールするデータ量が少なく端末にかかる負荷が少ないので動作が重くなりません。

ウイルス検出率の多さと端末の動作が重くならないかが、セキュリティソフトを選ぶポイントになるんだね
この2つのポイントを知っておけば、性能が良いセキュリティソフトに巡り会うことができます。しっかり押さえておきましょう

多くのメーカーは30日間の無料体験版を用意しているので、端末の動作が重くならないか確かめるために活用してみるといいでしょう。

4.子供向けに使うフィルタリングはどうすべき?

子供向けに使うフィルタリングはどうすべき?
ウイルスへの感染の他に、子供がインターネットで有害なサイトを見ないかも不安に思いますよね。今はネットを通して青少年のトラブルが増加しているので、有害サイトへのアクセス制限は必須です。

子供がインターネットを利用するときはフィルタリングサービスを利用することで、アダルトや出会い系をはじめとした有害サイトへのアクセスを防ぐことができます。フィルタリングサービスを利用する方法は主に3種類があるので、状況に合ったものを使いましょう。

4-1.携帯電話キャリアのフィルタリングサービスを利用する
子供がスマホでネットを使うことが多いのであれば、携帯電話キャリアが提供するフィルタリングサービスがおすすめです。携帯電話キャリアはフィルタリングサービスを無料で利用できるうえに、店頭で申し込めばスタッフが設定をしてくれます。

フィルタリングサービスの内容は、契約しているキャリアによって違いので、ショップなどで確認するといいでしょう。ソフトバンクでは、フィルタリングサービスの内容を以下の3種類から選ぶことができます。

「ソフトバンク フィルタリングサービスの内容」

項目 Yahoo!きっず ウェブ利用制限 ウェブ利用制限(弱)
ウェブ利用制限(弱)プラス










ソフトバンクが登録した安全なサイトのみアクセスが許可されている。 アダルトサイトや出会い系サイト、コミュニティーサイト(SNS、ブログなど)や掲示板など、犯罪やトラブルの原因となる特定のカテゴリサイトのURLを指定して、アクセスが制限される。
対象年齢 小学生程度 中学生程度 高校生程度




通話・メールの利用がメインだが、これからインターネットを少しずつ利用しはじめるという人向け。 インターネットを活用しつつ、しっかりと安全は守りたいという人向け。 インターネットに慣れていて、掲示板やブログなどコミュニケーションサイトを適切に利用できるお人向け。










・Yahoo!きっず(子供向け専用のポータルサイト、および図鑑・クイズなど子供向けコンテンツ)。

・災害用伝言板にもアクセス可能。
・ソフトバンクが指定した制限サイトカテゴリ以外へはアクセスできない。

・EMAが認定するサイトへはアクセス可能。
・EMAが認定するサイトへはアクセス可能。

・子どもの利用に向けた配慮がされていればコミュニケーションサイトにもアクセス可能。

・指定された制限サイトカテゴリ以外へはアクセス可能。

・ウェブ利用制限(弱)プラスでは、その他一部のサイトへもアクセス可能。










ソフトバンクが許可したサイト以外へは一切アクセスできない。 違法、出会い系、暴力・恐怖、成人娯楽、主張など指定された制限サイトカテゴリのURLにはアクセスできない。 違法、出会い系、暴力・恐怖など指定された制限サイトカテゴリのURLにはアクセスできない。

auもソフトバンクと同じように、3つのレベルからフィルタリングサービスの内容を選ぶことができます。ドコモでは、フィルタリングの内容を自分でカスタマイズすることができます。格安SIMもフィルタリングサービスを提供しているので、契約している事業者に聞いてみるといいでしょう。

4-2.ネット回線サービスのフィルタリングサービスを利用する
子供が自宅のパソコンでインターネットを使う場合は、契約しているネット回線事業者のフィルタリングサービスを利用するという方法があります。固定回線を提供する事業者の多くは、パソコンで利用できるフィルタリングサービスを提供しています。

例えば、定番のプロバイダとして有名なOCNでは、
・アクセスをブロックするサイトの設定
・利用時間の制限
・掲示版への書き込み制限
・Webサイトの閲覧履歴の調査
・閲覧できるサイトのジャンル制限

この6つの機能が利用できるフィルタリングサービスを提供しています。

カスタマイズができるサービスを提供しているプロバイダが多いので、子供がパソコンでネットを使うことがが多い人にはおすすめだと言えるでしょう。ただ、携帯電話キャリアとは違い、利用するには200~300円程の月額料金が必要になります。

4-3.フィルタリング機能があるセキュリティソフトを利用する
セキュリティソフトのWebフィルタリング機能を活用するのも1つの方法です。

現在は、ほとんどのセキュリティソフトにフィルタリング機能が入っています。セキュリティソフトのフィルタリング機能は、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも使うことができるので、ウイルス対策と併せて活用することができます。ただ、中にはフィルタリング機能がないセキュリティソフトがあるので、注意が必要です。

5.おすすめのセキュリティソフトを一挙紹介!

おすすめのセキュリティソフトを一挙紹介!
ここからは、当サイトのおすすめセキュリティソフトを紹介します。この7種類のソフトを知ることが、パソコンやスマホを安心して利用できる一歩になるでしょう。

・ESET
「ESET 購入価格一覧」

ソフト名 利用可能台数 利用可能期間 価格
ESTファミリーセキュリティ 5台 3年 9,800円
1年 5,800円
1ヶ月 500円
ESTパーソナルセキュリティ 1台 3年 7,600円
1年 3,800円
1ヶ月 300円

ESETは他のセキュリティソフトよりも値段が安いことと、キャノンによるサポートサービスが充実していることで高い人気を誇っています。

99%以上のウイルス検知率があって、株式会社BCNによる「セキュリティソフトに関する調査」では4年連続で総合満足度No.1を獲得しています。セキュリティソフトの中では、手が出しやすく水準が高いものと言えるでしょう。ウイルススキャン中も、端末の動作が軽いので安心です。

・ノートンシリーズ
「ノートン ソフト別価格」

種類 利用可能台数 利用可能年数 価格
ノートン
アンチウイルスベーシック
1台(パソコンのみ) 1年 2,980円
ノートン
セキュリティスタンダード
3台までのパソコンや
スマートフォンで利用可能
1年 3,230円
ノートン
セキュリティデラックス
3台までのパソコンや
スマートフォンで利用可能
3年 14,380円
2年 11,280円
1年 5,480円
ノートン
セキュリティプレミアム
5台までのパソコンや
スマートフォンで利用可能
3年 17,580円
2年 14,180円
1年 7,980円
ノートン
モバイルセキュリティ
1台 2年 4,750円
1年 2,800円

シマンテック社のノートンシリーズは100%に限りなく近いウイルス検知率を誇るので、セキュリティソフト評価期間であるAV TESTから表彰された実績があります。ウイルスを駆除できなければ購入価格を全額返金してくれるので、安心して利用できるセキュリティソフトと言えるでしょう。

・ZEROシリーズ
「ZEROシリーズ ソフト別価格」

種類 利用可能台数 価格
ZEROスーパーセキュリティ 5台 7,980円
1台 3,980円
ZEROウィルスセキュリティ 5台 4,980円
1台 1,980円

ZEROシリーズは他のセキュリティソフトと違い利用期間がなく、更新料無料であることが強みです。更新料無料ということは、端末が壊れるまでセキュリティソフトを使い続けることができるわけです。

他のセキュリティには利用期間があり、更新を行うときには再度購入費用が必要になります。ZEROシリーズは、セキュリティのコストを安く抑えたい人におすすめのソフトと言えるでしょう。

コストが安いと、ウイルス検知率が低いのではと思われがちです。しかし、オーストラリアのAV-Comparativesの性能テストで3年連続最高スコアを達成しているので、ウイルス検知率は申し分ありません。PC用とモバイル用のどちらもAV TESTで表彰されているので、スマホ用のセキュリティソフトとしても活躍してくれます。

「使い続けたいソフト」として2年連続No.1の評価もされているんで、末永く使うことができますね。

・マカフィー
「マカフィー ソフト別価格」

種類 利用可能台数 利用可能年数 価格
マカフィー リブセーフ 無制限 3年 14,267円
1年 7,600円
1ヶ月 638円
マカフィー インターネットセキュリティ 無制限 3年 11,238円
1年 6,649円
30日間 体験版のため無料
マカフィー スモールビジネスセキュリティ 25台 1年 7,600円
マカフィー アンチウイルス 1台 1年 2,700円
マカフィー モバイルセキュリティ(Android版) 1台 1年 2,838円
マカフィー モバイルセキュリティ(iOS版) 1台 1年 無料

マカフィーは家電量販店で販売されているパソコンに予め入っていることが多く、楽天モバイルをはじめとしたあらゆる通信事業者でも有料オプションとして提供されています。これは、マカフィーがあらゆる事業者から信頼されていることを物語っています。

信頼度が高い理由は、あらゆるテスト期間から高く評価されていることにあります。2017年6月に実施されたAV TESTの試験では、18点満点中17.5点のポイントを獲得しているので、安心して使うことができるでしょう。購入したパソコンにマカフィーが入っていれば複数のデバイスでも使うことができるので、活用しない手はありません。

・ウイルスバスター
「ウイルスバスター ソフト別価格」

種類 利用可能台数 利用可能年数 価格
ウイルスバスタークラウド 3台 3年 11,834円
2年 8,963円
1年 4,982円
ウイルスバスター クラウド

デジタルライフサポート プレミアム
3台 3年 17,204円
2年 12,778円
1年 7,389円
ウイルスバスター for Mac 1台 1年 3,223円
ウイルスバスターモバイル 1台 2年 5,220円
1台 1年 2,838円

トレンドマイクロ社のウイルスバスターは、セキュリティソフトの中でも販売本数No.1の実績があるので、定番ソフトと言っても過言ではありません。名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

現在のウイルスバスターはクラウド型が主流となっているので、端末にダウンロードするデータ量を少なく抑えることができます。AV TESTをはじめとしたあらゆる評価期間で100%の検出率を記録しているので、最高評価されているセキュリティソフトと言えるでしょう。年中無休でサポートを行っているので、購入した後も安心して使うことができます。

・カスペルスキー
「カスペルスキー ソフト別価格」

種類 利用可能台数 利用可能年数 価格
カスペルスキーセキュリティ 5台 3年 11,250円
2年 8,565円
1年 4,612円
1台 3年 8,315円
2年 6,463円
1年 3,686円
無制限
(プレミアムライセンス版)
3年 13,102円
2年 10,417円
1年 6,463円
カスペルスキー
インターネットセキュリティ for Mac
1台 2年 5,223円
1年 3,315円
カスペルスキー
インターネット セキュリティ for Android
1台 2年 4,300円
1年 2,800円

カスペルスキーはウイルス検知率の高さもさることながら、動作の軽さでもAV TESTから評価されています。しかし、ネット上の口コミでは動作が思いという声があるので、無料体験版を利用してから購入するか判断したほうがいいでしょう。

・F-Secureインターネットセキュリティ
「F-Secure インターネットセキュリティ ソフト別価格」


種類 利用可能台数 利用可能年数 価格
F-Secureアンチウイルス 3台(PCのみ) 1年 3,402円
1台(PCのみ) 3,051円
F-Secure SAFE 7台 1年 11,900円
5台 9,570円
3台 6,755円
F-Secure TOTAL 7台 1年 14,499円
5台 12,099円
3台 9,699円

F-Secureは今まで5度に渡ってAV TESTから「Best Protection Award」を受賞している実績があるので、セキュリティソフトとしての性能は高いと言えます。しかし、2015年の11月に従業員がSNSを不正利用をしたという前例があるので、企業としての信頼度が疑問視されています。

エフセキュアの重要データに影響が出る事例にはなりませんでしたが、以前に大きなトラブルがあることは不安要素と言わざるを得ません。ただ、セキュリティソフトとしての評価は高いので、会社としてイメージを重要視するかがポイントになるでしょう。

6.まとめ

現在のウイルスは、パソコンだけでなくスマホやタブレットの中にある情報も狙っています。そのため、スマホでネットを見ることがほとんどという人でも、セキュリティアプリなどで対策を行っておく必要があります。

セキュリティソフトは無料で使えるものと、有料のものがあります。多くの人は無料のソフトを使えばいいと思いがちですが、無料ソフトは端末の動作が重くなるのでおすすめできません。そのため、セキュリティソフトは有料のものを使うようにしましょう。

と言っても、有料ソフトでも良し悪しが分かれます。有料のセキュリティソフトを購入するときは、ここでおすすめする7種類がおすすめです。購入する前に無料体験版を使うこともできるので、性能を体感したうえで利用するか決めましょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!