PS4のダウンロードが遅い、まさかwi-fi?有線でも遅いなら回線を変えよう!

PS4のダウンロードが遅い、まさかwi-fi?有線でも遅いなら回線を変えよう!

オンラインゲームを楽しめたり、プレイ動画をインターネット上に投稿したりできるPS4ですが、接続が切断してしまう、通信速度が遅くなってしまうなどの問題が、多発しているようです。そこで、気になるのがPS4の通信速度ですが、今回はPS4の通信速度はどの程度 必要なのか、また通信速度を上げる方法などについてまとめてみました。

PS4のゲームデータのダウンロードが終わらない!? いつ終わるのかしら?
ダウンロードの状況を確認してみましょう! ダウンロードが終わらない場合は、ゲームを一旦 終了して、再度 試してみると解決する場合が多いです。

1.PS4でダウンロードが終わらない?

PS4でダウンロードが終わらない?
PS4でゲームデータのダウンロードが終わらない場合は、下記の方法でダウンロード・インストール状況の確認をしましょう。

ホーム画面・機能エリアの「設定」を選択します。各種設定画面が表示されますので、「本体ストレージ管理」→「アプリケーション」の順に選択します。または、ホーム画面コンテンツエリアより「OPTIONS」→「情報」の順に選択し表示することもできます。ダウンロードが完了すると、「完了」にダウンロード状況が変わります。

1-1.データのダウンロードが終わらない
PS4のダウンロードが終わらない場合は、以下を試してみましょう。

・PSNの障害・メンテナンス情報を確認する
PSNで障害が発生していたり、メンテナンス中である可能性があります。PSN障害・メンテナンス情報を確認してみましょう。

・通信環境を見直す
家庭内のネットワーク環境も含め、PS4とサーバーとのネットワークにトラブルが発生している場合、ダウンロードが終わらない可能性があります。次の内容を試してみましょう。

・有線LAN接続
ネットワークに無線接続している場合は、有線 LANでの接続を試してみましょう。

・通信機器を再起動する
取扱説明書や通信機器メーカーに確認し、適切な通信機器の再起動を行いましょう。

・モデムへ接続する
ルーターを経由してモデム等に接続している場合、ルーターを経由せずにPS4と直接 LANケーブルで接続してください。再接続後は、ネットワーク設定の確認が必要です。

・ゲーム再起動
ダウンロードが終わらない場合は、ゲームを一度終了し、再起動を試してください。

PS4のゲームデータのダウンロードが終わらないのは、もしかして通信速度が遅いから?
ネットワークに関する確認画面から、「インターネット接続を診断する」を選択して、PS4の通信速度を確認してみましょう。実は、PS4のオンラインゲームで、必要な通信速度は5Mbps程度なんです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.PS4で通信速度を確認する

PS4で通信速度を確認する
PS4の通信速度がどの程度なのか確認するには、PS4のホーム画面から「設定」を選択します。各種設定画面が表示されるので、「ネットワーク」を選択します。続いて、「インターネット接続を診断する」を選択します。自動的にインターネット接続テストが行われ、結果が表示されます。

「通信速度」を確認します。通信速度は、周囲の環境や時間帯・曜日、などによって変わりますので、何度か実施してみましょう。PS4の通信速度測定で表示される通信速度は平均値で、ブレ幅が大きい環境だと、測定結果で十分な回線速度が表示されたとしても、実際は通信が途切れてしまうなどの症状が起こります。測定値は目安と考えて下さい。

PS4のオンラインゲームでは、5Mbps程度の回線速度があれば、マルチオンラインプレイが可能です。しかし、PS4でゲームのダウンロードや、インターネット上に動画をアップロードするなど、大容量の通信が必要な場合は、通信速度が遅いと、ダウンロードやアップロードに時間がかかってしまい、ストレスを感じてしまうでしょう。そこで、PS4の通信速度を向上させる方法を、以下でご紹介します。

2-1.無線LANの電波を邪魔しない
無線LANを利用している場合、無線LANの電波を邪魔しないようにすることが大切です。Wi-Fiルーターの設置の仕方には注意しましょう。

2-2.低い位置にWi-Fiルーターを置かない
無線LANの電波は、横方向や下方向へ飛ぶ特性があるので、高い位置に設置するようにしましょう。低い位置に置いている場合は、電波が弱くなってしまいます。1階にWi-Fiルーターを設置して、無線接続を2階でする場合は、中継器を間に挟むことをおススメします。

2-3.部屋の角にWi-Fiルーターを置かない
角に設置することで、電波の行き先を邪魔してしまいます。特にコンクリートの壁は電波を通しにくいので避けた方がいいでしょう。

2-4.窓際にWi-Fiルーターを置かない
窓際にWi-Fiルーターを置くと、多くの電波が外にひたすら飛んで行ってしまいますので、窓際は避けましょう。また、外から見える場所に設置することは、セキュリティ上もよくないです。

2-5.電子機器の近くにWi-Fiルーターを置かない
電子機器はWi-Fiルーターの電波干渉になっていることが多いです。テレビやコードレス電話などの近くには置かないようにしましょう。特に、電子レンジの電磁波は非常に強力で、無線LANの通信に支障をきたします。最適な場所を見つけて設置しましょう。

通信速度には問題ないみたい。でも、PS4のダウンロードが遅くて困るわ! 改善するにはどうすればいいのかしら?
Wi-Fi接続は人気ですが、無線は周囲の環境に影響されることが多いんです。そのため、接続が不安定になりやすく速度が出にくくなることも考えられます。PS4を無線で繋いでいるなら、有線接続に切り替えることで、速度が改善し安定しますよ。

3.Wi-Fi接続の人も多いそうですが、ヘビーに使うなら有線接続が良いです!

Wi-Fi接続の人も多いそうですが、ヘビーに使うなら有線接続が良いです!
2016年9月以降に発売されたPS4は、最新のWi-Fi規格であるac規格に対応していますが、古いタイプのPS4の場合、n規格にしか対応しておらず接続が遅くなってしまう可能性があります。

Wi-Fi接続は人気ですが、無線は周囲の環境に影響されることが多いです。PC、スマホ、タブレットなど複数機器を同時利用していると、自分の機材だけで電波干渉を発生させている場合があります。ワイヤレス マウス/キーボードも 電波干渉が発生します。

自宅の家電など、様々な要因で影響を受けてしまい、接続が不安定になりやすく、最新のWi-Fi規格に対応したPS4でも速度が出にくくなることも考えられます。PS4を無線で繋いでいるなら、有線接続に切り替えることで、速度が向上し安定します。

無線と有線の違いは、回線の安定性です。速度も有線接続のほうが出やすいですが、何よりも安定した一定の回線速度を維持できるという点が大きいです。安定性が上がると、ダウンロード速度が一定になり時間短縮に繋がります。

3-1.PS4とモデムの間にルーターなどを置かない
PS4とモデムの間にルーターなどを設置すると、ルーターを経由する分 速度が低下してしまいます。ルーターなどは、間に置かないように工夫することで速度が改善する可能性があります。

3-2.PS4のネットワーク速度を改善するには
ネットワークのDNSを手動で変更するという方法があります。ただし、この方法で変更した場合、PS4のネットワーク診断でダウンロード/アップロードスピードのチェックを必ず行ってください。

3-3.DNS手動変更方法
起動後のメインメニューから「設定」を選択し、次に「ネットワーク」を選択します。続いて、「インターネット接続を設定する」を開きます。次に、インターネット接続方式を選択します。「Wi-Fiを使う」または「LANケーブルを使う」を選択します。可能であれば、LANケーブルを使って有線接続をし、「LANケーブルを使う」を選択した方が回線は高速になります。

次に、「カスタム」を選択します。「IPアドレス設定:自動」、「DHCPホスト名:指定しない」に設定します。続いて表示される「DNS設定」で「手動」を選択します。DNSの部分に「Google DNS」 「8.8.8.8(プライマリ)」 「8.8.4.4(セカンダリ)」を設定します。

DNS設定完了後、次に進みます。「MTU設定:自動」、「プロキシサーバー:使わない」と設定します。最後にインターネット接続診断を行い、結果を確認します。

インターネット接続診断を行い、ダウンロード/アップロードの速度をチェックし、DNS設定前よりもスピードが速くなっていれば成功です。速度の改善が見られなかったり、逆に遅くなったりすることもありますので、その場合は、ネットワーク設定から「かんたん」を選択して元に戻せば大丈夫です。

3-4.ンターネットそのものが遅いと感じたら
インターネットそのものが遅いと感じたる場合や、ネットの動画が重い場合などのチェックポイントを紹介します。まずは回線速度のチェックをしてみましょう。回線の速度を測定するためのwebサイトがあり、下り速度、上り速度をテストし結果を表示してくれます。

3-5.ping値をチェック
インターネットを快適に楽しむためには、応答速度も重要になります。ping値は、ネット回線速度の安定性で、この数値が小さいほどレスポンスが早いということです。ping値が小さい事も重要ですが、値のバラツキが小さい事の方が通信品質の安定には重要です。

ping値は低ければ低いほど回線速度が安定していて、50ms以下が安定した通信でプレイが楽しめる数値になります。ping値を測定するにはPS4本体では出来ず、PCを使って速度測定サイトを利用して測定する必要があります。

pingはプロトコル番号を使うのですが、オンラインゲームサーバーに必要な情報となっています。pingがある値を超える数値を返してしまうと、遅いクライアント(PS4)は繋がせてくれないという不具合が発生するので、オンラインゲームをする方はping機能を応答させる必要あります。ping応答許可させることで多くのオンラインゲームでの不具合が改善しています。

3-6.インターネットそのものが遅い?
プロバイダーとの契約内容をチェック、複数のユーザーで一つの回線を共有する「ベストエフォート型」の回線契約をしている場合は、契約した速度の6~3割程度の速度になるのが一般的で、マンションや集合住宅の場合、21時前後は更に速度が低下する場合があります。無線LANで接続していると、さらに速度が低下します。

3-7.格安回線やスマホやタブレットの回線の場合
Wi-Fi契約を、スマホなどとセットでした場合は、通信量の上限があるプラン(帯域制限あり)に加入している可能性があります。

3-8.帯域制限の注意事項 帯域制限のあるプロバイダー契約をしている場合、上限に達すると、その後は本来の1/20程度まで通信速度が規制されます。ネット動画を、毎日 楽しみたいなら、従量制限のないプロバイダー契約をするようにしましょう。

3-9.対処方法
回線速度を改善したいなら、契約内容をより快適にインターネットができるものに変更するか、プロバイダーそのものの変更を行う必要があるでしょう。

3-10.ダウンロードが遅い時、PS4側の問題であるケースとは
PS4などの機器の電源を入れっぱなしにしていると、まれに不具合を起こすことがあります。そのため、通信速度が遅い時は、PS4の再起動が有効な場合があります。

3-11.PS4とWi-Fiルーターを離して設置
PS4とWi-Fiルーターが干渉してしまうことがあります。その場合は、PS4の電源がオンになると、ワイヤレスネットワークの速度が大幅に低下してしまいます。そして、PS4の電源を切ると解決して、通信速度は通常の状態に戻ります。この場合は、ルーターとPS4を離して設置することで解決することがあります。

3-12.PS Vita/PS TVのリモートプレイのチェックを外す
PS4は、PS Vita/PS TVのリモートプレイがオンになると、独自のネットワークを作成するプロセスを実行します。この際に、周波数が互いに衝突し、Wi-Fi速度が低下する問題が発生することがあります。PS Vita/PS TVのリモートプレイ機能を必要としないのであれば、この設定を無効にしておくことをおススメします。これを行うには、PS4の「設定」を選択し、「リモートプレイ接続設定」へと進み、「PS Vita / PS TVに直接接続」の設定を確認して設定を無効にします。

3-13.5GHzのWi-Fiネットワークを使用
使用しているWi-Fiルーターが5GHzワイヤレスネットワークをサポートしているのなら、PS4をこの5GHzワイヤレスネットワークに接続しましょう。PS4がサポートする無線LAN規格は、5GHz帯をサポートしており、5GHz帯のワイヤレスネットワークは、歪みが少ない傾向にあります。

3-14.ルーターのWi-Fiチャネルを変更する
ルーターの設定画面を開き、Wi-Fiチャネルを変更することで、Wi-Fi環境で起こるネットワーク回線の切断や通信速度の問題を解決できる可能性があります。

以上を試しても、通信が不安定だったりする場合は、PS4の不具合や初期不良といったことも考えられます。また、近隣での電話線工事などがある場合にも、それが原因ということも考えられます。

Wi-Fi接続より有線接続の方が、早くて安定しているってことが分かったわ! 光回線で有線接続にすれば、PS4のダウンロードでストレスを感じなくてすみそうね。
光回線でも、なかには速度が出にくい回線もあるんです。回線速度が速く、オンラインゲームを快適にするなら、NURO光とauひかりがおススメです。
4.回線速度を上げるというのが劇的な解決方法

回線速度を上げるというのが劇的な解決方法
WiMAXやポケットWiFiなどのモバイル通信の最大速度は、理論上は速いのですが、実際には通信速度は大幅に下がってしまうことがあります。光回線などの固定回線に、モバイル通信から変更するだけで、通信速度が改善する可能性も高いです。

光回線でも、なかには速度が出にくい回線も存在します。例えば、利用者が非常に多いフレッツ光は、回線が混みやすいため、時間帯によっては速度が落ちてしまいます。フレッツ光の回線を使用しているソフトバンク光やドコモ光なども速度面では弱いと言えます。

光回線は、みんな同じなんだと思っていたわ。でも、オンラインゲームを快適にするには、NURO光とauひかりがおススメなのね。
速さで言ったらNURO光が圧倒的ですし、料金も安いです。ただ、提供地域が限定されているんです。提供地域外の方には、独自の回線設備で提供されているauひかりがおススメです。
5.PS4の速度が遅い原因を検証

PS4の速度が遅い原因を検証
まず、PS4の速度が遅い原因としては、プロバイダー側のトラフィック容量不足が考えられます。

5-1.速度が遅くなる原因
ポート開放すれば速度が速くなると思っている方もいると思いますが、ポート開放は速度をアップするための設定ではなく、ネット対戦ゲームなど外部からのアクセスが必要なサービスを利用するために必要な設定です。

PS4は、LAN側のプライベートIPアドレスを固定すると、速度が下落する傾向にあり、ポート開放設定をすると速度が遅くなるようです。したがって、IPアドレスを自動取得に切り替えて、ルーターのポート開放設定などを全て削除することで速度が改善する可能性が高いです。

ところで、応答速度がない状態だと、粗悪な通信環境と判断されてしまい、粗悪な通信環境のグループへマッチングされる事が多くなるようですから、PS4ではポート開放する必要は無いのですが、オンラインゲームのラグが多い、と感じたらルーターにping応答設定を施してみましょう。通信環境が改善することがあります。

また、MTUを調節することで、通信速度が若干アップします。フレッツ光は1454が最適値で、カスタム設定からMTU値を指定できます。

DNSサーバーアドレスも関係するのかを調査する為に、PS4をPPPoE接続で繋ぎ検証しました。NATタイプは1です。また、LANケーブルは、カテゴリー6以上がPS4の場合は望ましいです。

今回の検証では、ルーターを通さないNATタイプ1での接続が望ましい、ルーターを利用する場合は、ルーターに余計な設定を施さない事が速度を上げる一番の方法、との結果になりました。

5-2.速度アップを試しても効果が無い場合も
21時前後は、慢性的にプロバイダーが混んでいるため、速度が出ない状況になっているようです。とはいえ、NTT基地局の関係か、地域によって違いがでているようです。

5-3.PS4に適したインターネット回線
上記の検証は、NTTのフレッツ光で行っています。フレッツ光は、利用者が非常に多く、回線が混みやすいため、時間帯によっては速度が落ちてしまいます。そこで、回線速度が速く、オンラインゲームを快適にするなら選びたい2つの回線をまとめてみました。

回線速度が速いと言われているのが、NURO光とauひかりです。NURO光は非常に回線速度が速く、最も快適にインターネットが行えるサービスと言えるでしょう。NURO光は、最大2Gbpsの高速で通信可能なサービスで、月額料金も安く、無料のWi-Fiやセキュリティソフトも付属しているので、コスパのかなり良い回線です。

速さで言ったらNURO光が圧倒的で、料金も安いので最強と言えるでしょう。ただ、NURO光は提供地域が限定されているサービスになります。NURO光が利用できない場合は、NURO光ほどの速度は期待できませんが、速度の出やすさでおススメなのがauひかりです。

基本的にauひかりもフレッツ光やソフトバンク光などと同じで、最大1Gbpsのサービスですが、auひかりは独自の回線設備のため、最大速度は同じでも他のサービスよりも速度が出やすくなっています。

すべての光回線が、回線速度が速くて安定しているわけではないということが、よく分かったわ。PS4でオンラインゲームを楽しむためには、より早い回線に切り替えることが根本的は解決方法なのね!
様々な要因で不安定になりやすい無線よりも、有線接続のほうが速度が出ますし、なにより安定していますから、PS4でオンラインゲームを楽しむことができるでしょう。そして、ジェシカさんがおっしゃるように、PS4でオンラインゲームを楽しむためには、より早い回線に切り替えることが根本的は解決方法になります。是非、ご検討ください。
6.回線速度が速いサービスに切り替えを検討する

回線速度が速いサービスに切り替えを検討する
PS4の通信速度が遅い場合、その原因が契約している回線の速度が遅いからということも考えられます。たとえば、ADSLやCATVなどは、今の大容量通信が当たり前の時代には合いません。

たとえ光回線での接続であっても、PS4のダウンロードが遅いなどのストレスを感じていて、それが契約している回線の問題であるなら、より早い回線と契約するなど根本部分の見直しも検討してみましょう。

回線速度を十分に確保でき、通信が途切れることのない安定した光回線を用意することで、安心してPS4でオンラインゲームを楽しむことができるでしょう。

ダウンロード以外にもオンラインゲームの速度で支障がある場合について回線速度については、10Mbps ~20Mbpsを目安にしてください。最悪でも2Mbps くらいでもオンラインゲームは使用できますが途中で通信が途切れる場合もあります。ストレスを感じてしまう通信になることもあります。

有線の場合
・wifiをやめて有線接続にする
・ルーターを再起動する。
・ルーターの位置を変える。
・中継器の電波を強くする。
・ルーターのソフトウェアを更新する。

無線の場合
・ルーターを買い替える。
・LANケーブルを買い替える。
・光回線を変える。
・プロバイダを替える。

無線での接続
無線で接続している場合回線が不安定の場合は、以下の二つが原因の可能性が高いと思います。
・無線LANの電波干渉
・無線LANの電波感度が低い

無線LANルーターでwifiを飛ばしている場合、電波が干渉しあって一時的に切断ってこともあります。

対策策
有線で接続する。安定を求めるのであれば有線で接続することも重要になります。

無線LANの電波感度が低い
1階に親機がある場合、二階で受信している場合、電波感度が低いと感じてしまうこともありますが、受信感度が低い場合有線接続か中継器を購入し設定する必要があります。

有線接続でも解決しない場合
・回線の共有 ・LANケーブルの脱線 ・ルーターの設定 ・ルーター・モデムの故障・不具合 ・回線業者側の問題 ・PS4の初期不良

マンションの回線を使用しています。
マンションで提供されている回線は不安定になりやすいです。一つの回線をみんなで共有しているため夕方から夜にかけて速度が落ちる場合もあります。

LANケーブルの脱線
有線で問題がある場合、まずLANケーブルの脱線をしていないかを確認しましょう。

ルーター・モデムの故障・不具合
ケーブルを交換しても問題が解決しない場合、PS4以外でも問題が起きる場合はルーターとモデムの故障や不具合の可能性もあります。PS4の電源をおとしたりいろいろな手を利用しましょう。それでも解決しない場合、PS4の型番やルーターのファームウェアを最新の状態など初期化などをするのもいいかも知れません。

ゲームのジャンルやグラフィック容量によって異なることもグラフィックが美しくなるほどデータ量が増えます。

内蔵HDDをSSDへ換装するとどうなる?
PS4には初期型と薄型のPS4スリムそしてPS4Proという3機種があります。初期型と薄型の内蔵HDDはSATAll,ProのみSATAlllというケーブルで接続されています。SATAllの転送速度は、3.0Gb/秒でSATAlllは、6.0Gb/秒になります。Proの場合は、HDDをSSDに換装すれば速度の向上の見込みはありますが初期型と薄型ではHDDをSSDに換装してもスピードを生かすことは出来ません。

取り付け・導入は超簡単になります。
PS4は、内蔵HDDを換装しやすい構造になっています。しかし換装するにはセーブデータをUSBメモリに退避したり、パソコンを使用してあらかじめシステムソフトウェアをUSBメモリへダウンロードしておき、そのプログラムを使って起動する必要があるので敷居が高い感じになります。SSDを外付けする場合SSDをUSB3.0ケースに入れてUSBケーブルでPS4につなぐだけで表示されたとおりにボタンを押すことで簡単にできます。

ドライブに関してはどれを購入すればいいのか
外付けドライブと認識させるために最低でも250GBものを選ぶ必要があります。SSDのほかにはUSB3.0が必要になります。安くしたいという方には、SSDの代わりにSSHDを使用するのもいいかも知れません。SSHDとは、HDD+SSDというハイブリットタイプです。1TBなどのHDDに8GB分程度のキャッシュメモリを搭載しています。SSHDの場合、コスパのいい1TBモデルでも9000円からで手に入るのでケース込みでも1万円未満で買うことが可能になります。

外付けドライブの設定方法
SSDまたはSSHDをケースに入れてUSB接続したら設定から周辺機器USBストレージ機器でドライブを選択して拡張ストレージとしてフォーマットするを選択すれば完了になります。

SSHDは少しずつ高速化していきます。SSDではなくSSHDを選択した場合、SSDとは異なり、最初はあまりHDDと読み込み速度が変わりません。けど、二、3度とデータを読み取りしていくうちに高速化していきます。

最初にでかい容量のPS4を購入しておく方がいいの?
はい、少ない容量よりでかい容量の方がいいと思います。
7.ここで、今回紹介したPS4の性能と種類と価格を紹介します。

ここで、今回紹介したPS4の性能と種類と価格を紹介します。

PS4Pro
価格:44980円になります。
CPU:8コア 2.1GHzv
メモリ:GDDR58GB
HDD:1TB
通信:11ac対応
消費電力:最大310W
重量:3.3Kg

カラーは、黒と白になります。4Kゲームと4Kビデオにも対応しており、フレームレートの向上、安定化できるブーストモードが搭載されています。メリットは、PSVR対応ゲーム動画においても快適になる部分が多いためPSVRを購入予定の方にとっては、PS4Proをお勧めします。

デメリット 価格が高い、サイズとかが大きい、消費電力がでかいです。

PS4スリム
価格:500GB 29980円/1TB:37980円
CPU:8コア1.6GHz
メモリ:GDDR5 8GB
HDD:1TB/500GBの2種類
通信:11ac
消費電力:最大165W
重量:2.1kg

PS4Proに比べて消費電力は半分、サイズや重量も軽いというメリットもあります。

デメリット PS4Proに比べると性能が落ちます。

スリムモデルをお勧めする人
・安くPS4を購入したい人
・PSVSに興味がない人

PS4旧型
定価:500GB/1TB 生産終了
CPU:8コア 1.6GHz
メモリ:GDDR5 8GB
HDD:1TB/500GBの2種類
通信:11n
消費電力:最大250W
重量:2.5kg

型番は、CUH-1000,1100,1200が旧型旧型を購入するメリットはありません。スリムよりスペックでも劣る部分も多くありますし、無難にスリムを購入するほうがいいかも知れません。

新品で購入するならPS4Pro?
スリムを購入する人とProを購入する人がいます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!