ぷらら光のひかりTVってどうなの?スカパーは?解約金は高い?

今回は「NTTぷらら」が提供しているCS放送視聴サービスの「ひかりTV」について解説していきたいと思います!

皆さん、CS放送と聞くとまず「スカパー」こと「Sky PerfectTV」が先に思い浮かぶのではないでしょうか?
私もインターネット業界に入るまではそうだったんですが、CS放送の提供事業社は意外と複数存在しています。

地方在住の方になってくると純粋なケーブルテレビ事業社も種類としてありますし、「スカパー」のように衛星アンテナをベランダに設置するサービスもありますよね。

「ひかりTV」は「光回線」でCS放送が受信可能になる「ひかりTV」の性能から料金面まで解説していきましょう!

1.「ひかりTV」はどういった人が契約対象?

「ひかりTV」はどういった人が契約対象?
「ひかりTV」はもともとインターネットプロバイダとして知られている「ぷらら」が提供しているCS放送提供サービスです。

プロバイダ「ぷらら」や光コラボの「ぷらら光」の契約者じゃないと利用できないオプションサービスと思われがですが、実際は違います。

実は「ひかりTV」はフレッツ光、もしくはフレッツ光回線を使用した光コラボ事業社と契約している人であれば誰でも契約可能なのです。
よく「オプション」と思われがちですが、別途契約が必要な光回線CS放送提供サービスになります。

従来のCS放送提供事業社はベランダに衛星アンテナを設置することが一般的でしたが、「ひかりTV」はインターネットの光回線を使用してCS放送を受信します。

従来の衛星アンテナを設置する方式は天候によって画質のクオリティに影響がでることがありましたが、光回線を使用している「ひかりTV」では天候による影響を受けることが無いことがメリットです。

そしてCS放送の料金請求がインターネットサービスと合算が可能な点も魅力。
ばらばらになって混乱することが無くなります。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.月額料金は?

月額料金は?
「ひかりTV」の料金プランは3種類用意されています。

①お値打ちプラン 2年間月額2,700円 3年目以降3,500円
専門チャンネル50ch以上、テレビオンデマンドと約12,000本のビデオ見放題付
②テレビおすすめプラン 2年間月額1,500円 3年目以降2,500円
専門チャンネル50ch以上、テレビオンデマンド付
③ビデオざんまいプラン 2年間月額1,500円 3年目以降2,500円
約12,000本のビデオ見放題のみ

CS放送に対応しているプランは①と②になりますね。基本的に③を選択する人は殆どいません。
「ひかりテレビ」側もCS放送を売りにしていますからね。

フレッツ光回線を導入済みであれば導入工事の必要がなく、工事費も発生しません。
契約後に専用チューナーが送られてくるので、そのチューナーをルーターとテレビに接続すればそれだけでOKになります。
チューナー専用のリモコンも用意されています。

3.デメリット

デメリット
先ほど光回線を使用しているので画質が天候によって左右されないというメリットがあると言いましたが、デメリットも幾つか存在します。

「ひかりTV」は録画に殆ど対応しておらず、旧型の三色端子対応の録画機器を接続するぐらいしか方法がありません。
しかし三色端子対応機器では画質のクオリティをそのままでの録画保存ができません。

録画したい人には不向きなサービスになってしまいます。
もともと「スカパー」等を使用していた人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

4.「スカパー」と比較するとどう?

「スカパー」と比較するとどう?
まずチャンネル面だとスカパーではカバーしているチャンネルが「ひかりTV」では対応していないことがあるので、切り替えを検討されている方はしっかり確認をしておく必要があります。

更に「スカパー」は以前と違い、「ひかりTV」同様にフレッツ光とセットを組むことが可能になりました。
以前のようにベランダに衛生アンテナを設置する必要がなく、光回線で「スカパー」に視聴が可能なのです。

更に「ひかりTV」では専用チューナーが必要でしたが「スカパー」の場合は自宅のTVがCS放送に対応していれば専用カードを挿入するだけで視聴が可能になるのです。

ルーター関係の配線周りも散らかることがないので、シンプル設定になっています。

更に自宅のテレビで直接CS放送が視聴可能なので、「ひかりTV」でデメリットになっていた録画もレコーダーをテレビに直接接続するだけで片付くことが殆どです。

しかし月額料金は「スカパー基本パック」で約4,000円、「ひかりTV」は2年間が2,500円なので2年間は「ひかりTV」に分があります。
ただ「スカパー」も昨年から視聴可能チャンネルを自由に5つに絞れる1,980円の「セレクト5」を提供開始し、反響を呼んでいます。

そして「ひかりTV」は3年目以降は3,500円になるので対応チャンネルに問題があるかどうかと録画をするかしないかが大きなポイントになるのではないでしょうか。

5.解約手続きは?

解約手続きは?
解約申請は「NTTぷらら」のカスタマーセンターに電話することになります。
電話で解約申請をすれば解約そのものは完了しますが、専用チューナーはレンタルになっているので返却が必要です。

返却は自宅に引き取りスタッフが回収に来てくれるので、契約者自身で発送手続きをする必要がありません。
専用チューナーの返却がないと弁済金として約20,000円が請求されてしまうので返却し忘れが無いように注意が必要です。

日によっては「NTTぷらら」のカスタマーセンターへの電話が繋がりにくいことがあるので、午前中か昼間に電話をしたほうがいいでしょう。

気になる解約金ですが、「ひかりTV」は2年契約式となっています。
2年以内に解約をすると最後の請求で契約解除料金として10,000円が別途含まれます。
2年以上使用をしていると契約解除料金が発生しません。
これは携帯電話の更新月方式と違うため、解約のし忘れがあっても大事に至らない安心ポイントですね。

ちなみに「スカパー」は基本的に最低利用期間が設定されていないので、キャンペーン特典が適用されていない限りは契約解除料金は発生しません。

5.総括

様々な要素を見て「ひかりTV」はどうなのか?と分析しましたが、評価は

「使用する人のスタイルによる」

といったところでしょうか。

例えば自宅に小さなお子様がいてアニメを録画してあげたいという人になると、録画機器に対応していない「ひかりTV」はアウトで「スカパー」を選択するほうが無難です。

「見たい番組あるけどCSだったら何度か再放送してくれるでしょ!」という人だと料金が安い「ひかりTV」がお勧めになります。

実は私も以前「ひかりTV」を利用していたのですが、プロレスや格闘技が見たい僕にとって一番の痛手だったのは「某スポーツチャンネルにフル対応していなかった」ことでした。

この某スポーツチャンネルは私の好きな「○日本プロレス」の中継をしていたところだったので、契約したあとに見たら対応してなくてガッカリした思い出がありますね…。
(契約前に確認しておけよという話ですが…)

新築戸建てでインターネットを入れるという人であればフレッツ光にして「スカパー」とセットのプランを申し込むのが一番シンプルでわかりやすいです。
マンションタイプの人であれば「ひかりTV」のほうがチューナー繋ぐだけで楽な場合もあります。

様々な要素が入り交じるため、契約時に店頭のスタッフにしっかり相談をしたうえで「ひかりTV」か「スカパー」のどちらがいいのかを慎重に選ぶべきでしょう。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!