ネット回線247netは一番安いプロバイダと最高金額のキャッシュバックを探せるサイトです。業界人情報による速度や料金の比較、2Gbpsのnuro光の紹介。
あなたの契約は損していませんか?60秒診断で最適なインターネット契約を見つけましょう!


こんにちは。私はプロバイダに長年勤務しているヒロシ。このサイトの管理人です。
このサイトで伝えたい情報はたったの3つです。
その1.ネット回線が5000円は高い!
え?普通5000円とかじゃないの?
ジェシカ、それは昔の話さ。通常のフレッツ光などに代表される一般的なネット回線はプロバイダが4000円ぐらい、NTTなどの回線事業者1000円の合計5000円といったところだ。
マック、じゃぁ、最近のお得なネット回線はいくらなの??
ジェシカ、下手すりゃ、ネット回線はタダだ!
え?何言ってんの?
お手持ちのスマホの会社と光回線の会社を同じところにすると、とんでもなく安くなります。
いわゆる光コラボというやつで、電力自由化と同じように光回線も自由化された事で劇的に安くなった。
  フレッツ光等の
一般的な光回線
auひかり ソフトンバンク光 ドコモ光
基本料金 平均:4900円
(※地域微小差有)
例:プロバイダYahoo光3800円+回線事業者NTT東日本1100円
戸建:4350円
集合住宅:2550円
※回線事業者、プロバイダ共にauひかりです
戸建:5200円
集合住宅:3800円
※回線事業者、プロバイダ共にソフトバンク光です
戸建:5200円
集合住宅:4000円
※回線事業者、プロバイダ共にドコモ光です
通信速度 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
割引料金 0円 月々の携帯料金を
-2000円×人数分割引
月々の携帯料金を
-2000円×人数分割引
月々の携帯料金を
-1500円割引
実質料金 平均:4900円
(※地域微小差有)
戸建:2350円(※1)
集合住宅:550円
戸建:3200円(※2)
集合住宅:1800円
戸建:3700円(※3)
集合住宅:2500円
  上記ネット回線の基本料金から携帯料金割引を差し引くと下記のような計算結果になります。

(※1)の計算はauスマホを家族の中で一人、もしくは一人住まいで使っている場合の実質価格です。
仮にマンション住まいの家族三人がauのスマホを利用していると、月の携帯料金が2000円×3人=6000円割引。2550円-6000円=-3450円
ネットをタダで使って、毎月3450円貰っているのと同じ計算になります。

(※2)の計算はソフトバンクスマホを家族の中で一人、もしくは一人住まいで使っている場合の実質価格です。
仮にマンション住まいの家族三人がソフトバンクのスマホを利用していると、月の携帯料金が2000円×3人=6000円割引。3800円-6000円=-2200円
ネットをタダで使って、毎月2200円貰っているのと同じ計算になります。

(※3)の計算はドコモスマホを家族の中で一人、もしくは一人住まいで使っている場合の実質価格です。
プラン例:データシェアLLプランで契約8年目
仮にマンション住まいの家族三人がドコモのスマホを利用していると、月の携帯料金が1500円×3人=4500円割引。3800円-4500円=-700円
ネットをタダで使って、毎月2200円貰っているのと同じ計算になります。
もし大手三社のスマホを使っているのだったら詳細をチェックしてみて下さい。
シンプルにご自身の場合のみの割引額を知れます。






その2.特典やキャッシュバックはオンライン契約が最強!
よくわからない特典や、電話営業やいきなりの訪問営業。ネット回線の契約には落とし穴が沢山ある。
え?○×デンキでネット回線を契約したらPS4貰えるんだよ!
また被害者が出たか・・・、動画サービスとか、安心がどうだとか言ってなかったか?
うん、三ヶ月無料で動画見れて、PCが壊れても安心とかなんだとか。。。
PS4の為にムダなオプションを盛り込まれたタイプ。解約し忘れる人がほとんどだ。PS4の仕入れ値なんて2万以下、ムダオプションも月を重ねればすぐに数万円の損をする。
ムダなオプションゼロ、キャッシュバック最高122700円。これがオンライン契約での常識だ。
詳しくは下記のマンガを読んで下さい。

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技

その3.インターネット回線速度はどこも一緒ではない
え?ADSL以外の光回線インターネットならどこも1Gbpsで一緒じゃないの??
それは最大速度であり、平均速度ではなく、実測値は違うんだ。
それなら実測値が速いネット回線と契約したいわ!
しかも、関東地方なら2Gbpsのnuro光を選ぶ事もできる。
下記ページで詳しく解説している。速度でネット回線を選びたい人は是非チェックして下さい。

光回線の速度を13社から比較!最速インターネットプロバイダはどこだ?!
光回線の速度を13社から比較!最速インターネットプロバイダはどこだ?!

以上三点でこのサイトが伝えたい事の全てとなります。実はネットを乗り換えたり比較する上で重要な事はこの三点だけなのです。

サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!


建物や環境別のネット回線選び

一人暮らしアパート向けインターネットサービス料金比較!携帯電話とセットにするのがやっぱり吉?!

気軽で快適そうな一人暮らし、なんだか憧れちゃいますよね。料理に掃除に洗濯にとなにかと忙しい一人暮らしですが、なかでも欠かせないひとり暮らしの必須アイテムといえば、インターネット環境ですよね。今回はそんな一人暮らしアパート…
セキュリティ関連のお話

ocnのセキュリティ「マイセキュア」の性能は?口コミ評判から業界人が分析!ウイルスバスターが安定か?

今回はフレッツ光サービスプロバイダ「OCN」のセキュリティサービスの「マイセキュア」について解説していきたいと思います。 皆さん、インターネットデバイスのセキュリティはバッチリ設定されていますか? あれ?意外と少ない…?…

光回線の特徴はとにかくスピードが早いことです。

光回線について

光回線について
インターネット契約と言えば「光回線」が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?光回線は現在の主流回線であり光ファイバーケーブルを利用した回線となっています。フレッツ光やAUひかり、ONEなどでもおなじみの回線です。

インターネット接続ですが物理的なことを説明すると光回線を利用してプロバイダにつなぐことになります。

光回線の特徴はとにかくスピードが早いことです。最近はギガバイトが定番でもあります。世界各国を見てみると光ファイバー網がここまで普及しているのは実にまれで日本の通信環境は大変恵まれています。アジア各国ではまだまだADSLを利用している地区も少なくありません。

動画を見る上で光回線は欠かせないものです。大容量の利用も踏まえ上手に利用したいところです。

ADSLが3・4千円代だったのに対し光回線は5・6千円代という感じで料金が少し割高なのが特徴でしたが最近は価格競争もあり価格面でもだいぶ下がってきました。料金はプロバイダによっても異なります。

ADSLについては光回線から乗り換えたという人も多いことでしょう。インフラ事情からまだ光回線が利用できずADSLの利用になる地区もあります。ADSLの前はISDNでした。ISDNの時代から比較するとADSLはスピードが早く画期的な商品です。動画についても視聴は可能です。ただし光回線と比較するとやはりスピードが遅いのは否定できず、光回線が普及している地域ではADSLを利用しているユーザーがほとんどいないが現状です。

フレッツ光などが主流ですがその他の回線は?というとCATV などがあります。筆者も以前はCATVの回線を利用していました。理由は実家でCATVをひいていたのでそれに便乗する形でインターネット回線を利用したというものです。この方がADSLやフレッツ光よりも料金が安いからです。

回線ですが当然ながらケーブルテレビの回線となり、NTTのフレッツ光などの回線とは異なります。速度は光回線よりもどうしても劣ります。しかしADSLよりは早いですし、スピードも安定しています。

光回線は映像や動画など大容量が必要とされるコンテンツで大変役立つ通信となっています。ハイビジョンについても最近は楽々見ることが可能です。

通信については速度が安定しているかどうか?は大事なポイントです。ADSL時代は状況によってまちまちでした。特にNTTの基地局から近いか?遠いか?で速度が異なりますし、電話と共用タイプの場合、電話利用で速度に影響が出ることもありました。光の場合は完全に通信専用なのでそうした心配がないのが特徴です。

光回線についてはデメリットもあります。まず料金の高さです。今でこそ当たり前かもしれませんが、どうしてもADSLやケーブルテレビと比較すると割高になってしまいました。最近は光コラボレーションの登場で料金についても割り安になっておりそこまで高い印象はないかと思います。

またキャンペーンなども実施されておりキャッシュバックキャンペーンやオプションなどお得なものも増えています。光回線は現状プロバイダを上手に選べば安い料金で利用できるようになりました。

自宅のインターネットは光回線が当たり前と思っていたからADSLやケーブルテレビについてはすっかり頭になかったわ。料金面を考えるとこれらも含めて検討するのも1つの手段ね。
ケーブルテレビは今も人気なので各家庭で引いている可能性がありますね。それならインターネットもケーブルテレビを利用するのもいいかと思います。

話題のauひかりについて

話題のauひかりについて
携帯電話でAUを利用しているユーザーもいるかと思います。AUについては人気で最近はインターネットのAUひかりに注目しているユーザーも増えています。ドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光など各社で光回線の提供が見られます。

これらの回線ですが速度も1ギガ対応で申し分なく、さらに携帯電話とセットで契約すると割引の対象になっているのでおすすめでもあります。

1番良いのは自分が利用している携帯会社の光回線を利用するといったものです。なぜそうした利用がおすすめか?というと携帯電話とインターネット接続の利用で利用価格がさらにお得になることが多いためです。料金についても調べてみるといいでしょう。

通信速度についてはエリアによって異なることがあります。例えば首都圏は利用ユーザー数が圧倒的に多いです。そうした地区は夜間にどうしても混雑しがちです。ケーブルテレビ局の利用の場合、夜間の混雑もあまり関係なく利用できます。

月ごとに情報が更新されているケースもあるのでそちらも確認しましょう。設備に変化があったり、限定のキャンペーンがある場合もあります。スマホについても格安SIMとセットならさらに月額料金が安くなることもあります。

最大のキャンペーンでは初期費用無料などもありますし、料金と高速通信を比較して検討するのも良いでしょう。

SoftBank光(ソフトバンク光)についても最大速度は1ギガで自宅で快適に利用できます。またビッグローブ光やNURO光、OCN光などさまざまな回線もあるので比較した上で検討してみるといいでしょう。

プロバイダ選びも大事です。得かどうか?も大事なポイントですがサービス面も重視したいところです。例えばコールセンターもお世話になることがあるかと思います。コールセンターの対応がいまいちだと利用価値もどうしても下がってしまいます。

キャッシュバックを利用するのは多いにおすすめですが口コミなどで速度を確認して上で利用を検討するといいでしょう。光電話などについてももちろん利用できます。工事についても光電話とセットかどうか?を申し伝えた上で利用を検討するといいでしょう。

net光なども工事費を調べてみましょう。マンションタイプの契約と戸建てタイプの契約では実質月額が異なってきます。月額費用も違いますがプランによって利用料金が違うのは当然のことです。

光コラボレーションモデルについては料金も安く大変お得です。請求の際もフレッツ光を利用していたユーザーなら光回線とプロバイダの2本請求だったかと思います。光コラボレーションは光回線とプロバイダがセットになっており大変お得です。

うち割光セットなどお得なセットプランもあるので合わせて利用を検討してみるといいでしょう。auひかりももちろんおすすめです。

AUスマホを利用している友達がAUひかりについて知りたがっていたわ。AUとセットだとお得だとか言ってた記憶が・・・。
そうなんです。お持ちの携帯の会社でインターネットサービスも申し込みするとさらに割引になる可能性があります。最近は多くの業者で携帯電話と並行してサービスを実施しているのでこの機会に利用してみるといいでしょう。

どの光回線も同じ速度ではない!速いプロバイダの選び方

どの光回線も同じ速度ではない!速いプロバイダの選び方
光回線への加入にあたり多くの場合、1ギガという速度を見て加入した人が多いのではないでしょうか?NTTのフレッツ光はもちろんNTTが光回線を提供している光コラボレーションでも1ギガでのサービスを実施しています。

光回線で1ギガと聞くと速度についても保証されている気がする人が多いかもしれませんが、実はこれは速度保証と行っているものではありません。実際には速度は1ギガ出ることはありません。それを下回るのが通例です。

ではなぜ1ギガとうたっているのか?というと光回線の提供する側は確かに1ギガで提供しているからです。また理論上では1ギガの速度は確かに出ることになっています。

ではなぜ実際に速度は落ちてしまうのか?というとプロバイダに原因があるケースもあります。プロバイダは光回線とインターネットを接続するものであり、インターネットをする上で必須のものといえます。

ところでプロバイダですがキャッシュバックのお得なプロバイダを適当に選んでいるといった人もいるかもしれません。代理店では盛んにキャッシュバック競争が実施されており、キャッシュバックは私たちにとって大きな魅力でもあります。

しかしながらそれだけでプロバイダを選ぶのはおすすめできません。プロバイダ選びですがこれこそ慎重に行うべき内容でもあります。光回線は1ギガをうたっているにも関わらず回線が遅いと苦情が多い業者も実在します。そうした場合は、プロバイダとしての設備がいまいちであったり、設備が微弱であることもあるのです。

一方格安なのに速度が速いことで評判の会社もあります。例えばDMM光です。DMM光についてもフレッツ光の回線を利用しています。提供は1ギガですがDMM光は速度が速いと評判です。その理由ですがDMM光では通信方法が他社と異なる方法をとっています。

光回線でも通信ルートは1つではありません。大通りが1本であってもその他の道もあるわけです。つまり夜間の混雑時などは違う道を通った方が速度が速く安定して利用できるというわけです。

多くの企業がAという大通りを利用しているとするなら、DMM光はBやCなど脇道を利用しています。このような回線利用はわずか14%ほどでその他の86%は大通りの混雑時の中を経由しているわけです。DMM光の通信方法は頭を使った方法といえます。

上記からわかるとおりどこのプロバイダも一緒というわけではなくプロバイダによって通信方法も異なります。また速度にも当然影響してきます。もう1つ注意したいのが申し込み者数が殺到しているプロバイダです。この場合、プロバイダの受け入れ容量がパンクしているケースもあります。

首都圏では回線が非常に混雑しがちです。あれほどの人口がいるので地方と比べるとどうしても回線速度が落ちてしまうのは仕方ありません。そうなると同じ料金を支払っている地方在住の人の方が利用状況は有利となります。

エリアによって提供しているプロバイダも異なりますし、ローカルなプロバイダについても存在します。その点を踏まえて自分にあったものを探してみるといいでしょう。

プロバイダ選びですが口コミで調べてみるのが良いでしょう。口コミを見れば速度がわりと安定しているところと、そうではないところがわかってくるかと思います。なるべくなら速度が安定しているところがベストです。

くれぐれもやめてほしいのが価格が安い、キャンペーンをしているといった理由で口コミでもあまり評判の良くないプロバイダを選ぶといったものです。この場合、結果的に速度が遅く違う業者に乗り換えしたという話も耳にします。

乗り換えについても簡単に可能ですが、通常2年や3年の契約期間が設定されておりこれを破ったことによって違約金を支払う必要があります。違約金ですが1万円程度のケースもあれば3万円などけっこう高額なケースもあるので注意が必要です。

プロバイダはOCNやソーネット、ビックグローブなどさまざまなものがあります。またメールアドレスがついていたり、ホームページ設置に便利なものがついているなどサービスもまちまちです。自分の利用したいサービスも検討した上で契約先を決めるといいでしょう。

プロバイダもあまりにも多くてよくわからないわ。評判がいいところをいくつか挙げてみてその中から選択しようかしら。
そうですね。そういった方法が良いかと思います。まずはプロバイダの口コミを見てみるといいでしょう。
料金を安くするにはスマホとプロバイダを同じ会社にすべき

料金を安くするにはスマホとプロバイダを同じ会社にすべき
みなさんは毎月通勤コストにどのくらいの費用がかかっていますか?通信コストですが費用がけっこうかかるといった声も多く、コストの見直しをしたいといった声も聞かれます。

しかし内容がよくわからなかったり、現状を変えるのに自身がなく結局そのまま継続状態になっているなんて人も見られます。その気持ちもよくわかりますが通信コストは毎月発生するものですし、コストの見直しは一刻も早い方が良いです。

考えてみてください。もともとは自宅の固定電話のみだったという家庭も多いことでしょう。それが時代の流れで固定電話はもちろん、インターネット接続、携帯電話とどんどん通信機器はプラスされていく形となりました。さらに通信機器は大人だけではなく子供が持つのも当たり前となっています。そうなると携帯電話など料金はかさむ一方であり、家計としても苦しくなるのは当然です。

コストの見直しですが、本当に必要かどうか?ということが非常に大事なポイントでもあります。

備えあれば憂いなしなんて言葉があり、あらゆるものに備えておくといざというときに慌てなくて済みますし、安心感もあります。その反面、それ相応の費用がかかるのが通例でありコストもバカになりません。

いざというときの保険は大事ですが、いざというのはめったにないことであり保険をかけ続けるよりも万が一のときはその場で費用を支払った方がいいケースもあります。このように通信コストについても本当に必要なものとそうではないものを分けて考える必要があります。

インターネット接続と携帯電話の両方の契約はかかせないといった人も多いことでしょう。それならその方法で安いプランを探すのが1番です。最近話題になっているのがインターネット接続と格安SIMの利用です。自宅でインターネットを気ままにできますし、外出先でももちろん電話と通信が可能です。

格安SIMについては不安を持っている人もいるかもしれません。近年はさらに品質改良され、安くても良いものとして定着しつつあります。しいていうなら、音声が従来の大手携帯会社に比べて見劣りするといった点でしょうか。

通話が多い人にとってはこれはデメリットかもしれませんが、最近は出先でもラインなどがメインになっており音声通話というよりも、ネット環境さえればOKなんて人も少なくありません。

もちろん格安SIMも音声通話は利用できます。若干音が良くないかな?といった程度でそんなに不満もでないことでしょう。こうした状況から従来の携帯会社から格安SIMへの乗り換えはそんなに悪い提案ではないかと思います。

また乗り換えについてはタイミングを考えてましょう。いいプランは即乗り換えたいといった気持ちはよく理解できます。しかしこれだけで行動すると違約金の絡みが出たり、費用負担が増えるケースもあります。

契約については2年や3年で更新です。自分の契約時期を把握しておいて更新月の前には乗り換えなども含めて見直してみるといいでしょう。2年や3年も経過するとまた新たに良いプランが続々と出ている可能性もあります。実際2年前と現在では状況がまた変わっています。

その時の最新のものを利用する必要はないかと思いますが、最新のものはコストが安く品質が良くなっている傾向が強いのでしばらく見直してないといった人はこの機会に見直ししてみるといいでしょう。

見直していない人の理由としてもっとも多いのが「めんどくさい」といった理由です。現状のままで利用できるし、特段困っていないといった場合わざわざ調べるのも面倒というのはもっともな話です。

ただちょっと調べておくと毎月のコストが下がるとなればやはり調べておいた方が良いでしょう。また通信については目まぐるしく変化しています。新しいものの方が利便性が高いことも多いですし、メリットがアップしている可能性があります。

光回線と格安SIMのプランですがDMM光でも実施しているのでチェックしてみるといいでしょう。DMMモバイルについても評判が良いです。業界でトップクラスの格安で勝負しており、さらに品質も申し分ないので加入者が続々と増えています。

光回線と格安SIMのセットプランですがキャッシュバックについてもさらにお得となります。格安SIMに興味があるけれど乗り換えにはまだ不安があるといった人はお試しとしてこのセットプランを利用するのも良いかと思います。

スマホで動画やゲームを楽しんでいる人も制限がない自宅でのインターネット回線を用意しておけば自宅で気ままにインターネットを楽しむことができます。冬になると自宅にこもりがちといった人も多いことでしょう。自宅での時間を満喫するために光回線を有意義に利用したいところです。

年配の方はインターネットの使い方がよくわからない方もいるかと思います。そうした場合は若干サポートしてあげれば、年配の方も快適にインターネットを活用できる可能性があります。

例えば筆者の両親は最近動画で時代劇を見るのがブームです。定年後自宅にいることも増えて、自宅でのテレビにも飽きが来ている状況でした。そんな人にもインターネットの動画視聴はおすすめとなっています。

また遠地にいる場合、格安SIMの携帯を持ってもらうといった手もあります。親子電話の契約だとさらに料金がお得かもしれません。遠地でも様子がわかりますし、毎日電話してもいいわけです。

このように携帯電話は高齢世帯でも役立つアイテムであり、今や当たり前に利用されています。ちょっとした工夫で生活が快適になるのでこの機会に利用も含めて検討してみてはどうでしょうか。

インターネットと格安SIMについては想像以上に使いやすいといった声も多く聞かれます。さらに料金が従来の携帯会社に比べて安くなっているのでコスト削減も容易に実現できます。