onuルーターの設定やランプの見方解説、onuは光モデムのこと?

onuルーターの設定やランプの見方解説、onuは光モデムのこと?

インターネット接続は私たちの生活でも欠かせないものです。とはいえ今はあまりにも多機能で種類も多いのでどれがどれだかさっぱり・・・といった人も多いのではないでしょうか?

業界に携わっていた私もあまりにもサイクルが早くて日々勉強しなくてはとてもついていけない状況でした。休日もシステム雑誌を読んで終了なんて日も少なくありませんでした。

ところでみなさんはonuという言葉をご存知ですか?onu(Optical Network Unit)は「光回線終端装置」のことです。インターネット接続で光回線を利用しているユーザーの方の中には名前は聞いたことがあるといった人もいるかもしれません。

onuはルーターだと思っている人も多いかと思います。onuに関しては正式にはルーターではありません。ゲームやパソコン機器をインターネット接続する際にルーターやonu、モデムなどが用いられます。

正式名称は異なりますが、これらはインターネット接続のための機器であり必須のアイテムであることにかわりはありません。ここではonuの設定やランプの見方などを中心に解説したいと思います!

onuはルーターだとばかり思っていたけど、実は違うのね。通称と実態は違うこともあるのね。
機器については特にわかりにくい部分です。ルーターのような役割をしているとなおさらです。ただトラブルが起きたときのためにきちんとした情報は知っておくといいでしょう。

1.Onuの豆知識

Onuの豆知識
onuですが光回線終端装置でありインターネット接続でも利用されている機器です。インターネットで光回線を使っているユーザーも多いことでしょう。Onuは光ファイバーの信号と電気信号の交換を行うものです。光回線の工事で新たに設置されたします。

更新については機器の不具合が生じたときや回線の乗り換えなどの際に必要となります。構造については詳細を調べてみてください。

購入ももちろんできます。差込口のコーナーなどでも取り扱われています。最新のものも出ているのでぜひ見てみるといいでしょう。

そもそもの仕組みがどういったものか?仕様はどうなっているか?使い方?など調べていくと役割が見えてくることでしょう。市販のものと付け替えすることも可能です。取扱説明書で詳細が載っているのでぜひ見てみましょう。種類についても年々増えています。

終端装置はあまり目立つ存在ではないかもしれませんがインターネット接続に欠かせない大事な役割があります。初期化や初期設定についても自分で調べる必要があります。設置場所もすぐに見つかることでしょう。状態についてはランプ等で判断します。性能に不安がある人は新しいものと付け替えるのもおすすめです。

ntt西日本などでも提供しており赤ランプが接続の目印となっています。接続方法はインターネット解説や設置の際、業者が設定してくれるのが通例です。おそらく設定画面などもあるので設定方法を確認してみるといいでしょう。説明書があるはずです。

装置もそうですが速度も気になる存在です。速度が遅い場合端子や端末にトラブルがあるケースもあります。これらは値段もそんなに高くないので買い替えを検討してもよいかと思います。中継器も大事です。中身まで見ることは難しいのでおかしいと思ったら買い替えするのも悪くありません。

通信で大事なのは通信速度です。チェックをするには接続関連機器の点灯や点滅を見るのもお忘れなく。また電圧や電源、場合によっては電話からの影響もあります。電話回線はntt東日本で契約しているといった人も同時接続についてはトラブルの原因になることもあるのでその点を見直してみましょう。機器の読み方ですが内蔵しているものや内部についてもある程度の知識が必要です。

認証についても確認してみましょう。認証トラブルというケースもあります。また熱がある状態だと機器がうまく稼働しない可能性もあります。背面や配線などももしかしたら買い替えの時期かもしれません。買取を実施しているところもあります。販売については番号などで管理しているのでもしものときは店頭で相談するといいでしょう。

必要性については見極めが大事です。例えば富士通のサポートセンターに相談するのも良いでしょう。メーカーは複数ありますので自分の予算と好みでいいかと思います。日本のメーカーはどちらかというと分配が高いです。また分配器や壁についても確認しましょう。変換が正常に行われていない可能性も否定はできません。

無線の利用も人気となっています。無線ルーターなどもインターネット接続業者によっては無料で行うことができます。問い合わせしてみるのも良いでしょう。役割はそれぞれです。有線の場合、信頼性が高いといった人も多いのではないでしょうか。有線接続は信頼性が高くおすすめとなっています。発送してもらう予定の人は郵便局などで送料確認もお忘れなく。

用語については調べていくうちに理解できるかと思います。まずは用途を定めることが大事です。最近は略された言葉も少なくありません。料金とともにチェックしたい内容です。

またインターネット接続がおかしい場合やインターネット接続ができない場合はonuのスイッチを確認してください。スイッチが入っていない、あるいは点滅している場合などエラー表示の可能性があります。再起動することで復活することもあるのでまずは再起動してみるといいでしょう。それでおかしいならサポートセンターに問い合わせてみるといいでしょう。

再起動は何度かしてみる価値がありそうね。1回ではなく何度かするのがよさそうね。
そうです。ぜひやってみてください。機器のエラーは再起動で回避できることもけっこうあります。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.Onuの設定

Onuの設定
インターネット接続をするには機器の設定が必要なケースも多くみられます。無料で業者が行ってくれる場合もありますが、自分で設定を行う人も当然見られます。インターネット接続の設定となるとルーターなどの設定が思い浮かぶ人もいることでしょう。ルーターの設定は定番でもあります。

ではonuの設定はどういう仕組みになっているのでしょうか?ここではonuの設定について紹介したいと思います。

まずonuはルーターではなく光回線終端装置に該当します。フレッツ光だとonuがある場合、ルーターはありません。Onuの特徴ですがLANポートが1つしかないのが特徴です。これを目安にするといいでしょう。

フレッツ光でもルーターがあるものもあります。どうしてルーターが必要なものとそうではないものがあるのでしょうか?ルーターが必要でない場合はひかり電話を申し込みしてしない場合です。ルーターが必要な場合は、ひかり電話を申し込みしている場合です。

ここではルーターがない場合のインターネット接続を説明したいと思います。インターネット接続の際はインターネットオプションからの接続となります。コントロールパネルにあるので探してみましょう。

インターネットオプションから接続→セットアップと進んでいきます。操作はウィンドウズのバージョンでも異なります。その後ブロードバンド接続を選択します。プロバイダから受け取っているID・パスワードを入力します。まずはこれでテストしてみましょう。

インターネット接続でダイヤルしないが選択された状態かと思います。これを解除して通常接続でダイヤルするに切り替えます。適用・OKを押して接続しましょう。

ウィンドウズのバージョンによってもインターネット接続のやり方は若干変わるから上記を参考にインターネット接続をやってみるとよさそうね。
そうですね。ぜひ参考にやってみてください。サイトの中にはウィンドウズ8 やウィンドウズ10などバージョンごとにやり方を紹介しているケースもあります。こちらも参考にしてみるといいでしょう。

3.ルーターでの設定

ルーターでの設定
Onuでルーターあり、すなわちひかり電話を利用している人はルーターの接続が必要となります。ルーターの接続ですが、サイトから接続できたりインストールCDがセットになっているケースがほとんどです。インストールCDを使って設定すると楽です。こちらもプロバイダから支給されているIDやパスワードが必須となります。ID名はAdminかuserが基本となります。

ルーターのインストールは私もやったことがあるけど、インストールCDに従って操作するだけだからとても簡単だった記憶があるわ。
ルーターのインストールCDは初心者も気軽に利用できるような画面設定になっているのでとても使いやすいかと思います。気軽にチャレンジしてみるといいでしょう。
4.設定がわからないとき

設定がわからないとき
設定については文章を読んでもわかりづらいかもしれません。ちょっとした操作の違いでも接続はうまくいきません。接続に自信がない人やうまくできなかった人はサポートセンターに相談するといいでしょう。

サポートセンターも会社によって対応がまちまちです。あまり充実していないサポート体制があるのも事実です。パソコンに不慣れであればこれらの設定はお金を払っても業者にやってもらうのが安心かと思います。

onuはルーターだとばかり思っていたけど、実は違うのね。通称と実態は違うこともあるのね。
機器については特にわかりにくい部分です。ルーターのような役割をしているとなおさらです。ただトラブルが起きたときのためにきちんとした情報は知っておくといいでしょう。
5.Onuのランプの見方

Onuのランプの見方
onuのランプの見方はフレッツ光を契約している人に関わりが深い内容かと思います。インターネットの調子がおかしいといったときはまずはルーターやonuを確認するといいでしょう。ランプが異常を知らせているケースもあります。

そもそもランプがどういった状態だと正常でどういった状況だと異常なのか?そこから知る必要があります。まずはランプがオレンジ色のケースです。ランプがオレンジ色のケースは正常に稼働している証です。

次に赤いランプですが赤いランプは異常のサインです。まずは再起動してみましょう。なぜ再起動をするのか?というと再起動をすることで直ることがあるためです。これで直ったらそれこそラッキーです。

再起動を1度しても直らない場合は、何度か再起動をしてみましょう。不思議なもので何度か再起動することで機器が回復することがあります。

こうした機器はかなり小さく、そして精密に作られています。スマホなどもそうですが精密機械が密集している状態です。そのため再起動を何度かすると調子が戻ることがあるのです。

機器によってランプの状況は変わります。ここではonuでよく利用されている「GE-PON-ONU」をもとに紹介したいと思います。

GE-PON-ONUですがランプは「AUTH」「 UNI」「PON/TEST」 「POWER/FAIL」の4種類となります。これらのランプを目安に確認していくといいでしょう。

まずはAUTHのランプから説明したいと思います。AUTHのランプですが緑色だと正常となります。緑色の場合は特段問題ないと考えましょう。異常が発生している状態なのは点滅しているケースです。点滅は故障あるいは準備中となります。再起動すると点滅しますが、これは準備中のケースもあるのでちょっと時間をおいて様子を見ましょう。

次にUNIです。こちらも緑のランプがついていれば正常の状態です。緑のランプがついていない場合、消灯になっているかと思います。その場合、端末機器とのリンクが確立されていない状態となります。リンクの確認をとってみるといいでしょう。端末機器とのリンクが取れていない場合、端末機器に異常がある場合もあります。まずは端末機器を確認しましょう。

PON/TESTですがこちらも緑色のランプは正常の証です。注意が必要なのはオレンジ色のランプです。オレンジ色のランプが点灯状態の場合、故障あるいは準備中となります。こちらを確認してみましょう。再起動した場合は点滅している可能性があります。時間を少しおいて様子をみるといいでしょう。点滅している場合も注意が必要です。点滅している場合ソフトウェアーのダウンロード中である可能性があります。少し様子をみてみるといいでしょう。

最後にPOWER/FAILです。こちらも緑色のランプがついている状態だと正常に稼働している状態となります。一方赤色のランプが点灯している状態だと注意が必要です。赤色のランプが点灯していると故障となります。またソフトウェアのダウンロードが完了している際には赤いランプが点滅状態となります。

ランプについてはこのように場所によってもサインが異なります。いつもと違うと違和感を感じたときはぜひ上記を参考にしてください。また異常がある可能性があるときはぜひ再起動を試してみてください。再起動することで修正される場合もあります。

異常を知らせてくれるランプは場所によって色や状況も異なるのね。自分の機種名をあわせて調べる必要があるわね。
この作業はちょっと面倒かもしれませんが、異常を知る上で大事なシグナルでもあるのでここはぜひチェックしたいところです。ランプの色や点滅・点灯などで判断できるので比較的簡単に判断できるのではないでしょうか?
6.Onu補足

Onu補足
onuは光回線にとって重要な機器です。最近はauひかり以外にもさまざまなインターネット接続会社があります。アップデートなどもマメにしましょう。

IPアドレスについても固定や動的なものなどインターネットの契約でさまざまとなります。インターネット接続でもこれらは大事なポイントなので内容を把握し確認しましょう。インターフェースやウイルス、そしてエラーなどよくわからない内容もしっかり対処することが大事です。

機器の故障の際はオークションを利用して購入するのもおすすめです。またギガビットなど用語がわからないものはすすんで調べましょう。

ケーブルについても邪魔だと感じるかもしれません。ケーブルテレビがあるといった人もコネクタやコンセントを確認してみましょう。サイドバーの中でエラーがある場合もあります。

またサブコンテンツやスイッチ、スイッチングハブについても確認が不可欠です。これらはスピードと直結しており、トラブルの原因になっている可能性も否定はできません。スマートフォンについてもあわせて利用している人が多いことでしょう。こちらもセキュリティなどもチェックしてみましょう。

ソフトバンク光については加入者が増加しています。携帯電話会社としてはもちろんインターネット接続業者としての活躍も楽しみなところです。ソフトバンクといえばターミナルアダプタも人気です。タイプによっても性能が異なるのでその点も注目してみましょう。

タブレットも欠かせないアイテムです。つなぎ方はどうしているでしょうか?その他テレビなどもあるかと思います。機器の接続で不具合が出ることもあるので十分注意しましょう。

ドコモ光についてもネットの提供を実施しています。ネットワーク初心者でも安心してネット接続ができます。ノイズやバージョンアップ、パスワードなどフォローもしっかりできるよう体制を整えましょう。パソコンを使っている以上、最低限の知識は必須です。バッファローについても人気の機器です。ハブを通じてひかり電話なども利用できます。ビッグローブ光なども人気です。ファームウェアやブリッジ、ブリッジモードなど用語も理解しておくとさらに利用に役立ちます。

フレッツについては老舗で定番でもあります。以前フレッツ光を利用していたという人もいることでしょう。現在はプレミアムのコースなどもあるようです。プロバイダ選びは重要なのでよく吟味することが大事です。

ポートやホームゲートウェイについてはマニュアルを読んで熟知するしかありません。最初はわからなくてもだんだん理解できてくるかと思います。マンションによっては契約ができなかったり、プランを検討しなければならないこともあります。

機器はメーカーも大事です。メディアコンバータやモジュラージャック、モデムなど安いほうがいいというのも理解できますが性能についても吟味しましょう。ユーザー名の確認やランプの確認もお忘れなく。異常があるときはまずはリセットするといいでしょう。リセット方法も確認をおすすめします。

ルーターについてはルーター機能によってインターネット接続が変わってくる可能性があります。レンタル料金についても確認してみましょう。ログについて見かけることもあるかもしれません。ログはメッセージであり意味がある場合も多いです。よくわからないと思いますが、メッセージをなるべく読むことが大事です。

商品一覧を見てみると価格なども表示されます。回線や回線終端装置によっても内容は異なるので確認するといいでしょう。高価な商品が必ずしも回線速度につながるとは限りません。この機会に確認してみるといいでしょう。

機械や機器、機種、機種名、機能、規格、型番など契約の際には細かいくらい確認をおすすめします。もしものときにこうした情報を自分で理解しておくと買い替えなどにも便利です。またレンタルの場合月額料金の見極めにもつながります。

見た目ではわかりにくい故障もあります。交換などサポートも確認しましょう。光は光ケーブル(光ファイバー)が大事ですがそれだけでは光回線はうまく利用できません。機器についても確認が大事です。光電話の故障なども光回線では機器が原因の場合も少なくありません。

目に見てすぐにわかる故障ならいいけどそうでないとわからないかも。
そうですね。わかりづらいトラブルも実際にあります。
そういうときはどうしたらいいのかしら?
最終的にはサポートセンターに連絡して問い合わせるしかないでしょう。
7.インターネット接続で必要な機器について

インターネット接続で必要な機器について
インターネット接続では接続機器が必要となります。ルーターやモデムなど機器についてもチェックが必要です。機器はレンタルや購入、プレゼントなどになっていることもあります。

インターネット機器はインターネット会社によって状況が異なるので必ず確認しましょう。レンタルの場合、月々の費用がかかります。そのためレンタルよりも購入の方が良いと判断する人もいます。

購入予定の方は仕様などに気を付ける必要があります。ルーターはどういった仕様になっているか確認しましょう。仕様が異なると利用ができることも多いですが速度が遅かったり不具合が出る場合もあります。

インターネットの利用で速度はとても大事です。速度を最大限に発揮するためには機器についても仕様があったものを利用する必要があります。仕様については事前に確認しておきましょう。

機器についてはあまりわからないといった人が大半かと思います。そもそもどういった機器が必要か?ということがわからない人もいるかもしれません。詳しい人でないとその点はわからないかと思います。

光回線のインターネットで必要な機器については2つほどあります。1つはONU光回線終端装置です。もう1つはWIFIルーター(無線LAN)となります。光回線接続はこの2つだと思って間違いありません。

ONUですがこれは光回線の業者から提供されるものであり購入云々ということはないものです。セットついてくるものと考えて良いかと思います。例えばNTTでの契約であればNTTから提供されます。工事の際に設置されるものです。

ONUですが契約を解約した場合、返却する必要があります。あくまで貸与という形なのでその点をお忘れなく。解約の際に不要だと思って処分してしまわないよう気を付けたいところです。

解約の際も機器やその他の書類なども解約が完全に完了するまでは保管しておいた方がいいでしょう。実は必要なものであたり、返却しなければならない場合もがあるかもしれません。これらがスムーズに行くよう管理もしっかりしたいところです。ONUの端末料金ですが回線料金に含まれており特段別途費用等はかかりません。

ONUについてはご理解いただけたかと思います。そしてもう1つ必要な機器があります。それが無線LANルーターです。無線LANルーターはWIFIルーターといった呼び方もします。どちらも同じものになります。

注意としては無線LANルーター(WIIFルーター)はモデムルーターとは異なるのでこの点は押さえておきたいところです。

準備しなければならない無線LANルーターですがプロバイダからレンタルすることも可能です。月額500円などでレンタルしていることがあります。また自分で購入することも可能です。

購入については電気屋さんで購入したり、ヤフオクなどでも購入できます。中古でも新品でもかまいませんが仕様だけでは間違わないよう気を付けたいところです。古いモデルは利用はできても仕様があっていないケースもあります。

仕様があっていないと速度がきちんと出ない原因になります。回線とあうルーターを付けることが大事です。

基本的に契約の際にプロバイダからルーターのレンタルの有無を確認されるのでまずはそちらを確認してみましょう。レンタルしているルーターの仕様を見て自分でルーターを準備しましょう。

料金についてはレンタルしても新品を購入してもあまり変わらないといった声が多いです。安く準備したい人はヤフオクで中古品を探すのが良いかと思います。

ルーターの役割ですがONUから出る光信号を複数の機器で使えるようにするための機械です。インターネット接続でパソコンはもちろんタブレットやスマートフォンなどいくつかの機器を使うかと思います。

ルーターについてはなぜルーターという名前なのか?というとルート(道)をいくつか作るからです。ネーミングもそうしたことが元になっています。WIFIが利用できるのも無線ルーターのおかげです。無線ルーターでは無線通信が可能な機能がついており無線で利用できるというわけです。

この理論で言うと端末を1台しか使わない人はルーターがなくても使えるのでは?と思うことでしょう。実際に試した人はエラーが出て結局使えなかったという話もあります。

先ほどモデムルーターは使えないという点に若干触れましたがADSLを利用していた人はモデムルーターを持っている人もいることでしょう。光回線で使えればいいのですが残念ながら光回線では利用できないルーターとなっています。

なぜ使えないのか?というとモデルルーターの役割はONUが果たしており役割が被るからです。ではモデム機能だけ利用できないのか?というと残念ながらそうした利用はできません。

もともとモデムルーターはADSL用に作られています。光回線用ではなく全く別物となります。無線LANルーターを購入予定の人はモデムルーターを買わないように気を付けましょう。

ルーターも種類があるのね。仕様についても気を付けて購入しないとね
まずはレンタルをしている機器の仕様を確認するといいでしょう。それを基準にルーター選びをすることをおすすめします。
そうね。それが確実ね。
ルーターの中でもモデムルーターは選ばないよう気を付けないとね。
8.ルーターの対応について

ルーターの対応について
ルーターは必須アイテムです。ルーターをレンタルするか購入するか迷うところですね。光回線で通信をするにはONUと無線ルーターが必要です。機器についてはレンタルのものを参考にするといいでしょう。

機器ですが無線LANポートのものはルーター機能が備わっています。自宅でも複数の端末を利用する人が多いのではないでしょうか。家族と同居しているとなおさら端末が多いですよね。そうなると複数台対応のルーターが便利というわけです。

有線ケーブルについては電波状況が良く速度を早く保つためにも最適なものとなっています。速度についてもなるべく早く利用したいといった人はこちらも必見です。

無線ルーターにはいくつもの規格があります。規格があっているかどうか?しっかり確認しましょう。しましょう。レンタルの機器内容に仕様(スペック)が掲載されていると思うのでそちらを参考にするといいでしょう。

ルーターの役割はONUから信号を分ける働きと複数の端末で利用できるようルート設置をする役割があります。工事の際にONUは設置してくれると思うのでその点も気になるから確認してみるといいでしょう。

モデムルーターというADSL時代に使われていたルーターは光回線では利用できません。光回線向けの機能ではないので注意が必要です。光回線の場合、無線LANルーターなどを利用することになります。

光回線で無線LANができる状態だとスマートフォンでWIFIなども手軽に利用できます。セキュリティについてもパスワードで手厚く保護することが可能です。タブレットなどの端末とあわせて利用したいところですね。

設置の装置についてもいくつかのタイプがあります。パソコンも最近は有線LANではなく無線LANを利用しているユーザーが多いようです。ブリッジやIPアドレス、ブリッジモードなどについても少しでもいいので知識があると設置しやすいことでしょう。

通信速度ですがルーターの仕様によって異なることがあります。仕様にあっているかどうか?しっかり確認しましょう。ONUからの電気信号を振り分ける役割のルーターですが説明書は面倒でも一読しておくことをおすすめします。

何も考えず利用したいのであればインターネットの提供先からレンタルルーターをするのが1番です。これだと仕様等考えず気軽に利用できます。信号変換でもルーターは大事な役割をしています。仕様機種に目を向けて検討するといいでしょう。

ルーターの調子がいまいちなときは初期化するなどの対応もおすすめです。終端装置のリセットとともに試してみるといいでしょう。回線終端装置なども目を向けてみるといいでしょう。

ポートについては中継器として大事な役割を果たしています。ランプなどもたまには確認することをおすすめします。

プランはなるべくお得なものを利用したいといった人もいることでしょう。マンションタイプなども種類がいくつかあるのでまずは電話で確認してみるといいでしょう。料金の確認もお忘れなく。

光回線もそうですが専門用語が使われておりよくわからない用語もあるかと思います。そうしたときは用語を確認してみることをおすすめします。

回線についてはルーター情報も要チェックです。自分のインターネットはどういった仕様のルーターが使われているか?知っておくといいでしょう。分配器や光回線終端装置についても若干でいいので知識があると便利です。

機械に詳しくない人も若干でいいので電話回線や光回線のことをしておくと契約のときも役立ちかと思います。ユーザー名やパスワードの管理もしっかりおこないましょう。

ルーターの対応するためにもルーターや電話回線など若干知識があった方が良いということね?
そうですね。自分で利用する回線なので若干でも知識を持っておくと何かと便利です。
故障などがあったときも名前くらいはしらないと不便よね。
そうですね。中には名前すら知らないといった人もいますからね。名前は知っておいた方が良いでしょう。
9.一体型onuルーターのメリットとは

一体型onuルーターのメリットとは
光回線の利用はONUとルーターが必要です。ADSLで利用していたモデムルーターは利用できないので注意が必要です。ルーターについてはWIFIルーターや無線LANルーターと呼ばれるものとなります。

一体型のONUルーターはフレッツ光ネクストでの利用となります。フレッツ光ネクストを利用予定の人は一体型ONUルーターを使うことになるかと思います。

フレッツ光ネクストのルーターですが設定を一切することなく利用できます。ホームゲートウェイにLAN端子があります。こちらを利用して市販のルーターにPPPOE設定をおこなえばOKです。

一体型のルーターは便利そうね。こっちの方がいいわ。
そうですね。設定も簡単ですしおすすめです。
フレッツ光は老舗だし安心感もあるし。
利用についても検討してみるといいでしょう。
10.設定は業者に依頼した方がいいのか

設定は業者に依頼した方がいいのか
インターネット接続をする際は業者に設定を依頼した方がいいか?と迷っている方もいることでしょう。インターネット接続ですが最近は説明書をみて自分で簡単にできるものもあります。

インターネットの接続ですが機器接続についてもどうするか?確認が必要です。リモート操作でサポート等を実施しているところもありますが全くやったことがない人は不安に感じることでしょう。

インターネットの接続については経費を安くあげるために可能であれば自分でやってみるのが良いでしょう。無料で接続サービスがついているのであればそちらの利用もおすすめです。

業者の接続が最初から無料でついているなら業者に依頼した方が確実です。ただし業者が接続できる日程は限られた日程なのでタイミングが合わない可能性もあります。早く接続したいなら自分でやった方がいいでしょう。

設定ですがインターネットでわかりやすく解説しているケースもあります。故障の際もルーターのボタンなど説明が記載されているサイトもあります。こういったものを見て操作するのも良いでしょう。

またサポートに有料で入っている人もいることでしょう。有料サポートシステムについても活用するといいでしょう。機械操作に自信がない人はサポートの利用がおすすめです。

お金はかからないに越したことはありませんがビジネスで利用する場合などお金よりも作業解決が最優先といったケースも多いことでしょう。スムーズに作業するためにもサポートへの加入はおすすめとなっています。

業者接続は無料ならぜひお願いしたいところだわ。
そうですね。それが1番スムーズですよね。しかも無料ならお金の負担もないですし。
でも有料なら自分で接続しなきゃって思うわ。
自分で接続すると勉強になりますからいい機会ですよ。ぜひチャレンジしみてください。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!