オフィス光119は便利でお得?個人用回線との違いやメリットデメリットを調査

オフィス光119は便利でお得?個人用回線との違いやメリットデメリットを調査

インターネット契約は個人向けのものとオフィス向けのものがあります。会社や法人として利用する場合はオフィス向けのものの利用を検討してはどうでしょうか。オフィス向けのものはオフィスで使いやすいよう工夫されているものが多いです。

オフィスで必要なものとなると端末数を多く接続できる、サポート体制がしっかりしているなどいくつかポイントがあります。自分で必要なポイントを確認して利用を検討するといいでしょう。

オフィス向けのインターネットサービスとしてオフィス光119というサービスがあります。こちらの商品は光コラボレーション商品で株式会社東名という会社から提供されています。

東名から提供されているオフィス光119ですがオフィス向けのタイプのサービスです。オフィス光119は果たしてメリットがあるのか?またデメリットはないのか?その点も気になるところです。

オフィス光119の存在を電話勧誘で知ったという人も多いようです。電話勧誘についても盛んに行われていますが説明不足があるといった指摘あるので内容をきちんと確認してから契約を検討するといいでしょう。今回はオフィス光119について説明したいと思います。

インターネットでオフィス向けサービスってどういう利点があるのかしら?
多くの端末を接続できたり、メールアドレスが多数付与されたりさまざまです。
個人向けのサービスとどう違うの?
提供先によってまちまちですがその点についても調べてみましょう。

1.オフィス光119とは

オフィス光119とは
会社でインターネットを利用するならオフィス向けのサービスを検討しているといった人もいるかと思います。オフィス向けのサービスですがオフィス光119をはじめいくつかのサービスがあります。

オフィス119は電話勧誘なども行っており名前を耳にしたことがあるといった人もいることでしょう。オフィス119ですが株式会社東名が提供しているサービスです。このサービスは光コラボレーション商品となります。

オフィス119はオフィスBB119というプロバイダを利用しています。オフィス119スマートは防犯カメラやPOPレジなどを利用する予定の人向けのサービスです。

最近光コラボレーション商品の活躍がひときわ目立っているわね。
そうですね。フレッツ光よりも料金帯が安いこともあり人気となっています。
オフィス向けのサービスも光コラボレーションから登場しているのね。
そうです。ぜひ活用を検討するといいでしょう。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.個人用光回線と法人用光回線オフィス光119との違い

個人用光回線と法人用光回線オフィス光119との違い
インターネットは個人向けの回線と法人(オフィス)向け回線があります。個人で利用するなら個人向け回線、オフィスで利用するならオフィス向け回線を検討することになるでしょう。

ところで個人向け回線とオフィス向け回線ですがどういった違いがあるのでしょうか?そちらについても知りたいところです。

オフィス119スマートはオフィス向け回線として提供されています。防犯カメラやPOPレジスタなどの活用におすすめです。ただし容量に制限があるのでその点は注意が必要です。

インターネットですがどのくらいの容量を使うか?がポイントとなります。オフィス119スマートもデーター量が決まっています。あまり使わない人向けのプランでもあります。

逆にインターネットをけっこう利用する場合、無制限のインターネット接続に申し込むのがベターです。小規模のオフィスであれば個人向けインターネットの無制限の方が使い勝手がいい可能性も高いです。

オフィス119は個人向けサービスも提供しています。こちらについてはおすすめできません。料金も安いわけではないですし他社と比較してそんなにメリットもありません。

ではオフィス119を使うならどういう点でメリットがあるのか?というと定額の容量のみを利用するオフィスなら向いていると思います。その理由の1つが24時間のサポート体制です。サポート体制がしっかりしているのでその点が安心です。

また別途オプション料金はかかりますがデバイスのバックアップや復旧などのサービスもあります。こうしたサービスももしものために上手に利用したいところです。

次にデメリットですがデメリットは東名が電話勧誘をしているという点です。代理店ではなく直接東名が電話勧誘をしています。

オフィス向けといっても規模にもよるし、内容を吟味した上で利用を検討する必要があるわね。
そうですね。小規模オフィスなら個人向けサービスでも十分かと思います。
どのプランがいいか迷うわね。
メリットデメリットを比較して検討するとわかりやすいですよ。

3.料金や年数縛りなど契約上の注意と解約について

料金や年数縛りなど契約上の注意と解約について
インターネット接続はキャッシュバックキャンペーンやお得なサービスも盛りだくさんとなっています。工事費無料や乗り換えの人を対象に違約金の負担をしてくれるところもあります。

代理店についてもキャンペーン内容が異なります。強制オプションも異なるのでそちらも確認の上、検討してみるといいでしょう。

ところでインターネット接続会社を選ぶ場合は、料金や年数の縛りなどもチェックしてみることをおすすめします。料金についても月額料金だけではなく違約金や工事費なども含めた料金で確認することをおすすめします。

オフィス光119ですが契約期間が3年とちょっと長めとなっています。2年契約が多い中、3年契約だと長く感じる人も多いかもしれません。実際に長い方かと思います。

引っ越し等の予定がなくても違う回線に乗り換えたくなったり、何からの事情が出てくるかもしれません。できれば契約期間は短い方がメリットがあります。

契約期間内に解約すると当然ながら違約金がかかります。違約金ですが1年目の解約が1番料金が高く24000円ほどとなります。2年目が16000円です。3年目は8000円となります。

可能であれば更新月のタイミングで解約することをおすすめします。更新月も3年となると忘れている可能性もあります。忘れている人はいつが解約月か事前に確認することをおすすめします。

オフィス光119は3年割というものがあります。3年利用なら割引というものです。これもお得ですが3年という期間に縛られるのはこれまたストレスです。

今の時代、最低でも2年契約がほとんどなので3年でもしょうがないかもしれませんが、可能なら2年契約のものを検討した方が良いでしょう。2年もすれば新しい商品も出てますし、乗り換えを検討するのもちょうどいいタイミングです。

契約については細かい規定もあります。下の方に小さな文字で書かれていることもあるのでその点もしっかり把握しましょう。コスト試算についてもすべてコミで計算するといいでしょう。

コスト試算でつい月額料金ばかり目にいきますが、意外に多いのが違約金を支払うパターンです。更新月のタイミングにあわないで逃してしまうケースがけっこうあります。

こうしたことから更新月を必ず調べること、そして違約金についても計算することが大事です。

その他賃貸の場合、撤去をしなくてはならない場合もあります。その場合、撤去代の負担も必要です。このように乗り換えや撤去などの費用も調べておくことをおすすめします。

トータルコストですが予定外の出費も見ておく必要があります。工事についても環境によって料金が異なりますし、思わぬ出費が出る場合もあります。

例えば乗り換えが更新月のタイミングでうまくいかず、ポケットWIFIを利用するといったケースもあります。このように費用についてはよくよく検討することが大事です。

乗り換えについては更新月のタイミングで乗り換えるのが1番ね。
そうです。そのためにも更新月を調べておきましょう。
利用期間も3年は長いわね。
そうですね。可能なら2年のところがいいですね。
4.オフィスでのインターネット契約

オフィスでのインターネット契約
オフィスでのインターネット契約ですが個人向けのインターネットと異なりオフィス向けに工夫されたインターネット提供となっています。光コラボレーション商品でもオフィス向けのサービスがあります。

オフィスで利用となると利用者数が多いことも予想されますし、速度もポイントとなります。となると必然的に光回線の導入を検討することでしょう。光回線の中で人気高いのがNEXT光です。NTT西日本エリアやNTT東日本エリアで利用できます。

インターネットの利用についてはまずは提供エリアを確認してみましょう。以前未開通だった地域もエリア開通がなされている場合もあります。

インターネット回線ですがオフィスで利用するならオフィス光などオフィス向けの回線を検討するといいでしょう。通常オプションはもちろんオフィス向けのオプションも充実しています。

転用あるいは新規加入ならキャンペーンについても要チェックです。サービスも多数あるのでキャンペーンも含めてチェックすることをおすすめします。

サービス内容ですがビッグローブ光などでもプランによって異なります。フレッツ光なども代理店でキャンペーンを実施していることが多々あります。代理店は営業も積極的に行っていますが営業電話からの契約はおすすめできません。

電話勧誘は特に代理店の営業スタンスが問題視されています。正しいセールストークをしていなかったり、トーク内容と契約内容が異なるといった報告が多数されているためです。トラブルを避けるためにも電話勧誘からの加入は避けるべきです。

乗り換え予定の人は更新月でないと解約金がかかります。解約金についてもなるべく負担したくないお金です。負担しなくて済むようその点も検討したいところですね。

インターネット回線の勧誘電話は電話先で簡単に契約することが可能であり手軽というメリットがあります。ただ契約期間や契約内容、強制オプションなどきちんと説明されていないケースが多々あります。そうしたことからおすすめできません。

料金については月額にかかる月額利用料金ばかり目が行きますが月額料金の他にも違約金やその他の料金についても目を向けることが肝心です。

インターネット回線を引くなら光がいいといった人が多いことでしょう。光コラボなどはフレッツ光よりも価格帯が安くなっています。光コラボOCN光も人気です。光ベーシックなど光回線もさまざまな光回線契約があるのでまずは口コミなどで情報収集してみるといいでしょう。

工事費についても事業者によって料金が異なります。工事費無料や工事費にまつわるキャンペーンもたびたび実施しているのでそちらについてもリサーチしてみるといいでしょう。

オフィス光119でもそうですが電話による電話営業をしている代理店が多数あります。インターネット関連の電話勧誘があったという経験がある人もいるかと思います。電話番号をどこから入手したのか?も気になるところですね。

東名でも電話勧誘を行っています。内容の説明不足などもあり評判がいまいちです。法人向けインターネットサービスとして利用者は増えつつありますが利用料金なども今一度しっかり確認しましょう。

オフィス向けのインターネット契約ですが料金はもちろん料金プランなども吟味することが大事です。個人向けのものでも十分といったケースもありますし、オフィス向けのサービスが適している場合もあります。ぜひご検討ください。

電話勧誘は今も盛んに行われているみたいね。
そうですね。電話勧誘は注意が必要だということは浸透しつつありますがまだまだトラブルが絶えない状態です。
インターネット契約も中身を把握するのに時間と労力がかかるし、プロのアドバイスですんなり契約できたら楽なんだけど・・・。
単純に電話勧誘からの加入を避ければトラブルはぐっと減りますよ。
5.総括

オフィス光119ですが個人には不向きです。会社などオフィスの場ではおすすめです。利用期間も3年であること、料金もそこまで安くないことから他の回線と比較してみるいいでしょう。

くれぐれもオフィス光119の電話勧誘からの申し込みは避けるようにしましょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!