ocn光解約は電話でok?手続きや電話番号変更、日割り違約金などを解説!

ocn光解約は電話でok?手続きや電話番号変更、日割り違約金などを解説!

現在OCN光に加入しているものの解約を検討している人もいることでしょう。OCN光についてはNTT老舗の回線でみなさんもご存じかと思います。OCN光についてはフレッツ光の設備を利用します。ちなみにフレッツ光とOCN光は別物です。しかし性能は一緒です。フレッツ光は1Gbps の高速インターネットとなっています。OCNについても同じです。しかし速度については全く同じというわけではありません。ocn光解約は電話でok?手続きや電話番号変更、日割り違約金などを解説!

それはさておき事情ができてOCN光を解約する方向で検討している人もいることでしょう。引っ越しや転勤、他社への乗り換えなどさまざまな事情があるかと思います。

OCN光ですが解約の際はどういった手順になるのか知りたいといった人もいるかと思います。ここではOCN光の解約について紹介したいと思います。

回線の転用で現在の回線を解約したいといった人もいるわよね。解約はなかなかする機会もないからよくわからない部分が多いわ。
そうですよね。解約はそんなに頻繁にするものではないのでよくわからないといった人も多いことでしょう。その都度調べて抜け落ちがないように気を付けることが大事です。

1.OCN光の解約はインターネットからでも可能?

OCN光の解約はインターネットからでも可能?
OCN光解約をインターネット上から行いたいといった人もいることでしょう。インターネットからの解約は24時間いつでも可能ですしとても便利です。それはさておき解約については残念ながら電話のみの受付となっています。つまり電話しないと解約はできないということです。

解約希望の場合はこちらの電話番号へ電話で申し込みをする必要があります。
問い合わせ窓口:NTTコミュニケーションズ 0120-506-506
受付時間ですが日曜・祝日年末年始を除く1 0:00~19:00までとなっています。海外からのダイヤルやIP電話を利用している人は050-3786-0506へダイヤルするといいでしょう。

OCN光の解約についてはインターネットでの解約は無理な状況です。電話のみの解約となるので注意し解約手続きを取りましょう。

ocn光の解約は電話のみということがわかったわ。いつかインターネットからも解約できるようになると便利なんだけど。
まあ、電話の方が安心といった声も多いから解約のときは電話で内容を確認した上で検討するってことでいいんじゃないかな。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.OCN光の解約前に確認したいポイント

OCN光の解約前に確認したいポイント
OCN光の解約前に確認しておいた方が良いポイントがいくつかあります。自分では「問題ないだろう」と思っていたことでも実は問題があるケースもあります。ここでは主なポイントを紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

・転用について
OCN光は転用が可能です。転用でOCN光に乗り換えたといった方もいることでしょう。転用の転用、いわゆる再転用についてはどうでしょうか。再転用ですがこちらはできないルールとなっています。例えばOCN光からフレッツ光に転用したい場合、OCN光を解約してからフレッツ光の契約をする必要があります。フレッツ光の契約は新規契約の形となります。再転用ができないのは不便ですが、転用する前に再転用はできないことをしっかり念頭に入れておくといいでしょう。

転用、再転用についてはルールがよくわからないわ。これはどうしたらいいのかしら?
確実なことを把握するために乗り換え先や現在の回線に転用について確認するといいでしょう。インターネットでも事例が掲載されていますが万が一思わぬ事態があると大変なのでここは念入りに確認した方が良いですね。

・最低利用期間について
最低利用期間については2年や3年など契約期間が設定されているケースが該当します。最近はこうした契約がほとんどなのでみなさんも頭に入っていることでしょう。OCN光解約についてもこの期間内に行うことは可能です。ただし解約金がかかるので注意点として頭に入れておく必要があります。利用開始日についてはうっかり忘れがたいです。途中で解約すると解約違約金の発生原因となるのでこの点もしっかり確認しましょう。

利用開始ですが利用開始月が目安となるケースも多くみられます。その点も確認しておきましょう。契約については自動更新型契約となっているのでこの点も気をつけましょう。更新月の前に更新のお知らせなどがくればいいのですが、残念ながらそうしたシステムになっていません。いつか改善されるといいですね。

では実際にOCN光を途中解約した場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。2年契約の場合11000円ほどの解約金が必要となります。(2017年9月現在の情報)また月の途中で解約した場合、当月分は費用が発生します。日割りは適用にならないので注意が必要です。

このようにタイミングは大事です。加入日など忘れないのは難しいと思うのであとで思い出せるよう対策を練っておくといいでしょう。リマインドを設定しておくのもおすすめです。2年のタイミングで解約する場合、更新月に連絡する必要があります。

この更新月ってどうしても忘れがちだわ~!2年も先のことまではっきり記憶しておくって難しいと思わない?
確かにその通り。しかも自動更新になるからよっぽど注意しないといけないんだ。忙しい人はなおさら対策を練っておかないと。1年ならカレンダーに記載も可能かもしれないけれど、2年となるとカレンダーへの記載も難しいし・・・。自己管理方法を考えないといけない点だと思う。

・つい忘れがちな現状復帰
光回線では現状復帰という作業があります。これは何か?というと主に賃貸物件の場合、元通りに戻す作業が必要となります。アパートやマンション、戸建ての賃貸が対象となります。インターネットを開設したとき引込み工事をしているかと思います。これを原状復帰させるものです。大家によってはこの作業はしなくていいよといった人もいます。

アパートやマンションなど特に貸家暮らしの人は現状復帰についても確認した方がよさそうね。大家次第で状況が変わるというのはわかったわ。
大家次第で状況は変化します。現状復帰についてよくわからない人も念のため元通りに戻してくださいといった人もいますからね。貸家の人は現状復帰についても計算しておくことが大事です。

3.初期にかかる工事費

初期にかかる工事費
工事費用などのついても確認しておきましょう。OCN光の場合は18000円ほどかかります。(2017年9月現在の情報)これを分割してしはらっている人もいることでしょう。初回3000円、その後30回払いの毎月500円といったプランがあります。問題はこれを途中解約すると費用はどうなるか?といった点です。途中解約の場合、残金を一括で支払う必要があります。この点も注意しましょう。

途中解約についてはどういった作業が必要か?費用はどうなるのか?といった点についても詳しく調べておくとよさそうね。それだと安心できるしね。
なんでもそうですが先取りが大事です。万が一のことを考えて先取りできるよう調べておくに越したことはありません。
4.OCN光で利用していたメールアドレスは?

OCN光で利用していたメールアドレスは?
OCN光のユーザーの中にはメールアドレスをOCNのもので利用しているといった人もいることでしょう。そうした人は契約後もOCNのメールアドレスを使いたいといった人もいるかと思います。しかし解約後はOCNのメールアドレスを利用できるのか?といった点はわからない点ではないでしょうか?解約後のOCNのメールアドレスを利用ですが、残念ながら利用することはできません。

OCN光の場合、OCNのプロバイダと光回線を利用していることになります。OCNのプロバイダのみの契約を残すといったことはできないのでメールアドレスについても自然消滅となります。スマホやその他の契約にメールアドレスを用いている人は事前に更新しておく必要があります。会社などで利用している人はちょっと面倒ですがお得意先に変更通知を出しておく必要があります。

スマホとセット割にしている人はその点も注意しないとね。
最近は携帯電話会社とコラボしてお得なセット割が出ているからその点は利点ではあるけど、インターネットの乗り換えや携帯電話の乗り換えには十分な注意が必要な個所でもあるんだ。通信料金の仕組みについても一般のユーザーもある程度知っておくことが大事だ。
5.光テレビはどうなるの?

光テレビはどうなるの?
OCN光を利用しているユーザーの中には光テレビを契約している人もいることでしょう。光テレビは光インターネットを利用して配信するテレビ番組でチャンネル数50チャンネルを誇る人気のテレビ番組です。自宅のテレビだけではなくアプリからも視聴することが可能です。

フレッツ光などでも光テレビが配信されていますが光コラボでも配信されています。自分で身に覚えがなくてももしかしたらオプションでついているといったこともあるかもしれません。OCN光のケースではOCN光の解約と同時に光テレビについても解約となります。引き続き光テレビを利用したい場合は代替え処置を検討する必要があります。例えば違うインターネット回線を契約しその光テレビに加入するといった方法です。

光テレビでできれば付けたいといった人も多いわよね。オプションについても調べておく必要があるわね。もちろん料金も。
光電話についてはプランが1つとは限りません。複数のプランがある場合もあるのでそちらについてもリサーチしておきましょう。料金はインターネットとセットだと安い場合もあるのでそちらも調べておきましょう。
6.OCNモバイルONEセットを利用している人

OCNモバイルONEセットを利用している人
OCNと言えばOCNモバイルONEセットについても要チェックです。こちらですが格安simとしてもおなじみとなっています。OCN光とセットで利用するとさらにお得になるのでセット割を活用して利用している人も多いことでしょう。

「OCN光 2016冬春キャンペーン モバイルセット」で申し込みした人もいることでしょう。この場合割引については解約の時点で終了となるので注意が必要です。またOCNモバイルONE音声対応SIMについては最低利用期間があります。こちらの設定期間に解約となる場合は、違約金として8000円ほどかかるので注意が必要です。

もしタイミングの様子を見ることが可能なら契約更新月のタイミングで更新するといいでしょう。その方がメリットも大きいです。モバイルセットについてはOCNに限らずお得なものが多くなっています。モバイルとともに割引が効いている状態の人は解約前に料金全体の見直しと契約内容の見直しが必須です。

またこれを機にOCNモバイルも解約しようといった方もいるかもしれません。その場合、mnp転出を行う人もいることでしょう。mnp転出ですが税込み3250円の転出費用がかかります。もちろんOCNモバイルについてはOCN光を解約した後も単体で利用できます。そのまま継続して電話のみ(電話番号も)利用することが可能なわけです。

転出とか便利なサービスがあるのはわかるけど色々ありすぎてよくわからないのは私だけかしら・・・。
今の時代いろんなプランがありますし、呼び方もそれぞれなので自分で使いたいものはどのプランなのか?も調べておくといいでしょう。調べておけば内容もわかりますし、請求違いも格段に少なくなるはずです。
7.OCN光の解約そして他社との契約

OCN光の解約そして他社との契約
OCN光の解約そして他社との契約方向で検討されている方もいることでしょう。この場合、OCN光の解約後、他社の接続についても確認しておいた方がいいでしょう。なぜならOCN光を解約してからしばらく時間が空いてしまう場合もあるからです。次の回線の接続がすでにされている状態でOCN光を解約するなら問題ありませんが、その間空白ができるとインターネットを利用できないことになります。

乗り換えなどの都合もあると思いますが、自分のスケジュールと利用について再度考えた上で工事日などを相談するといいでしょう。3月4月は引っ越しシーズンなのでインターネットの工事業者についても非常に混みあっています。この時期にあわせて申し込みをするなら早めに申し込みをしておいて工事日についても念入りに確認しておくといいでしょう。

工事日についてはあまり融通が利くものではないみたいね。私は希望日になったためしがないわ。
土曜日など休みの日は希望が集中しますし、有給を使って回線工事をするといった人も少なくありません。予定に余裕を持っておけば比較的希望日に添えるかもしれません。
8.乗り換えまでの空白期間について

乗り換えまでの空白期間について
乗り換えまでに空白期間がある場合、インターネットの利用を我慢するか代用について検討する必要があります。速度は遅くなりますが例えばwifiを利用するといった手もあります。

この方法ではwifimaxの15日間体験(無料)などを使うといった手もあります。Wifiを体験できますし、いい機会になるのではないでしょうか?Wifiもほしいといった人はなおさらピッタリかと思います。有料だと1週間や1か月などでレンタル可能なものもあります。こちらの利用もおすすめです。携帯のデザリングを使うといった手もあります。こちらについても手軽に利用できるのでぜひ検討してみるといいでしょう。

乗り換えまでの期間はポケットWIFIを利用するのもよさそうね。できればポケットWIFIを利用しなくていいタイミングで工事になるのがベストなんだけど・・・。
工事日はなかなか希望通りに行かないと思った方がいいでしょう。その間はポケットWIFIを利用すると割り切った方がいいですね。これも予算に加えておくといいですね。
9.機器の返却

機器の返却
OCN光を利用している人は機器の返却についても検討する必要があります。機器の返却ですが無線lanルーターや無線lanカードが対象となります。機器については不要だと思い処分してしまう人も中にはいますが、きちんと返却しなければならないものです。返却を怠るとペナルティ(課金)の対象となるので注意しましょう。

機器の返却も忘れないで行わないと。使わなくなると特に邪魔だと思いがちでつい処分してしまうから注意が必要ね。
機器については早めに検討しておくといいだろう。返却忘れをしないようしっかり気を付けておかないと。

割引開始月などについてもしっかりチェックしておくといいでしょう。またひかり電話を契約している人は他社インターネットの場合、乗り換えが必要となります。長期契約を結んでいる人は自動更新型割引もあるのでその点も確認する必要があります。更新月はNURO光などもあるので他社と比べてみるといいでしょう。基本的に月ごと更新や計算となります。

アナログ電話についても対応可能です。解約方法はキャンペーンなどもチェックしてひかり電話解約なども含め通信契約を検討する必要があります。賃貸住宅の場合撤去なども対処方法を知っておくといいでしょう。(費用も含む)

光ファイバーはBS放送なども視聴できます。OCN会員の特権でもあり、その他CS放送も視聴可能です。工事費については工事費用分割金もあるので確認しましょう。工事費費用は分割払いも可能でしょう。詳細は問い合わせ窓口の利用が便利です。

工事費用については分割払いも可能なのね。一括払いはちょっと辛いといった人はこうしたサービスを利用するのもいいわね。
そうですね。費用は分割制度を利用するなど上手な利用方法を調べておくといいでしょう。費用負担が少ないとさらに便利ですね。
10.固定電話番号が変わる可能性が!

固定電話番号が変わる可能性が!
インターネット回線の乗り換えなどの際は固定電話番号についても注意が必要です。自宅や会社で固定電話を利用し、さらにインターネット回線を契約している人も多いのではないでしょうか?固定電話番号については多くの人にとって住所同様、基本的に変えたくないものです。固定電話番号を変えると周りへの周知はその他の作業が必要となり大変です。こうしたことを踏まえて固定電話番号には細心の注意が必要となっています。

最近見られる多くのケースではフレッツ光から光コラボレーションへ乗り換える例です。光コラボレーションは料金が1本化され、大変便利です。さらにフレッツ光時代よりも料金が安くなったというケースも多くみられます。このようにお得度が高く、さらに固定電話番号についてもそのまま転用できるケースが多々あります。

固定電話番号ですが光フレッツ→光コラボレーションへの転用はそのまま利用できますが、光フレッツ→光コラボレーション→光フレッツの場合は転用はできません。つまりいままでの固定電話番号は利用できなくなるのです!転用時にはそのまま利用できたので、再転用の際もそのまま転用できると思っている人がけっこういます。しかしこれはできないので注意が必要です。このことを知らずに再転用の契約を結んでしまった場合、どうしたらいいのか・・・。次はその点に注目したいと思います。

転用や再転用については自分でもよくわからない状態になっている人も多いと思うわ。転用をよくする人は特にそうよね。
更新月のタイミングで転用するのは悪いことはありません。ただ固定電話番号を持っている人は注意が必要です。その点も調べておきましょう。
11.電話回線をアナログ回線へ戻す

電話回線をアナログ回線へ戻す
光フレッツ→光コラボレーション→光フレッツへの契約の場合、固定電話番号は消滅となります。まだ光コラボレーションの解約前なら1つだけ固定電話番号を残しておく手段があります。それは現在の回線をアナログ回線へ戻すといった方法です。

ここでくれぐれも注意してほしいのが光コラボレーションを解約してしまったケースです。この場合は固定電話番号の消滅は避けられないので注意が必要です。アナログ回線へ戻すにはNTTに連絡してアナログ契約を結ぶ必要があります。費用は状況次第なので確認しないとわかりませんが、1万円は超えることを覚悟しておいた方が良いです。

このようにアナログに戻すにもけっこうな必要がかかります。そして手間もかかります。インターネット回線をむやみやたらに転用するのはおすすめできません。

固定電話番号については変わると困るって人がほとんどよね。転用はそのまま利用できるけど、再転用は利用できないといった点もしっかり覚えておかなくてはダメね。
その通り!再転用については実はけっこう増えている事例ではあるのだけど、固定電話番号の変更を知らずに落とし穴にはまってしまう人もいるんだ。この点は要注意だね。
12.インターネット料金だけでインターネット選ぶのは危険

インターネット料金だけでインターネット選ぶのは危険
インターネット料金は安ければ安いほどいいといった人がほとんどかと思います。固定電話や携帯電話、インターネットと通信費はけっこうバカになりません。そこでインターネットの月額料金をなるべく安くしたいといった人もいることでしょう。良い商品が出たら乗り換えるといったことも1つの手段ですが、解約料金や現状回復料金などさまざまな料金がかかるケースも少なくありません。これらについては解約をしてから初めて知ったというユーザーも多くみられます。

常々利用料金に気を配っている人ならともかく、そうではないユーザーだとそこまで料金全体をみまわした上で契約するといったことはないかと思います。キャンペーンや月額料金につられる気持ちはよくわかりますが、トータルで計算するとあまりお得でない場合や非常に手間がかかる場合もあります。この点には気を付けて行動しましょう。

キャッシュバックやキャンペーンと聞くとつい耳がピンとなっちゃわ。女性はこういうのに特に弱いのよね~。
お得なのはうれしいことだからね。当然だよ。ただ目先のことで計算するのは危険だということだ。固定電話番号の件もあるしね。乗り換えはくれぐれも慎重に。そして更新月のチェックもお忘れなく。
13.まとめ

OCN光の解約は電話でのみ受け付けています。(NTTコミュニケーションズ 0120-506-506  受付時間 日曜・祝日年末年始を除く1 0:00~19:00)2017年9月現在インターネット上からの解約は不可能となっています。解約の際は固定電話番号やその他の費用についても十分考慮し、全体を見渡した上で検討することをおすすめします。

インターネットの契約や転用については自分でしっかり下調べをしてから検討することが大事だということがよくわかったわ。ルールは会社によっても異なるし、間違った!では済まないこともあるわよね。
加入や解約などはあくまで自己責任です。業者がこういったから大丈夫といった形ではなく、自分でも納得がいくまで念入りに調べることが大事といえます。その点も踏まえて検討しましょう。
14.インターネットの解約について

インターネットの解約について
インターネットの解約ですが自分で十分下調べをしてから検討することが大事です。なぜなら解約してから思わぬトラブルに巻き込まれる事例も少なくないからです。例えば固定電話番号です。固定電話番号の変更などは非常に困るといった人も多いのではないでしょうか?

インターネットの転用は固定電話番号が変わることもあるので注意が必要です。転用の場合はそのまま利用できることが多いのですが、再転用の場合は電話番号が変わってしまう危険性があります。キャンペーン目当てで更新のたびに契約先を変えるといったユーザーはその点にも十分な注意が必要です。確かにお得ではありますが固定電話番号が変わってしまってはそれこそ大変!といった人も多いことでしょう。

OCNについては老舗ということもあり引き続き人気となっています。OCNマイポケットに興味があるといった人もいることでしょう。現在フレッツ光を利用しているユーザーは光コラボレーション商品などを試してみたいといった人もいるかと思います。利用も含めて検討してみるといいでしょう。

光の契約ですが違約金なども事前に調べておきましょう。更新月についてはつい忘れがちです。自動更新がされるので特に注意が必要でもあります。

フレッツやOCN契約などプロバイダについても事前に調べておきましょう。口コミなども参考になります。老舗のものは安心して利用できますし、新規のものでも面白いものが続々出ています。

OCNバリュープランなどもお得です。手続きについてはプランによって異なるので公式サイトで確認するといいでしょう。公式サイトで詳細が掲載されています。

違約金については契約継続月によっても異なります。支払いの都合などもあると思うので自分の契約経過年数なども含めてコールセンターで確認するのも良いでしょう。

落とし穴になりがちなのは「確かこうだった」という自分の記憶です。記憶については正しくても会社によってルールが異なっていたり、思わぬ落とし穴がある場合もあります。

マンションなどはいくつかのプランがある場合があります。プランについても利用できるものとそうではないものがある可能性があるのでそちらも事前にコールセンター等で確認することをおすすめします。

インターネット接続会社ごとに最近はポイントサービスなどもあります。ポイントを貯めたい人はポイント内容についても確認するといいでしょう。なんとなく貯めているといった人もいますが目標を見つけてコツコツ貯めていきましょう。

ポイントについては例などを掲載しているものもあります。目標を持って貯めた方が明確な形で貯めることができます。

注意点ですがプロバイダの変更なども含めて自分の利用開始月を確認してみましょう。利用期間についても掲載されていることが少なくありません。

auひかりなどオプションについても豊富です。情報についても随時更新されており、新しいものが加わっていることもあります。加入前に調べておきましょう。

IP電話やメールアドレスなどについても必須といった人もいることでしょう。利用内容はプロバイダによっても異なるので事前リサーチも大事です。

最低利用期間についてはまずは利用をしてみることが大事です。できれば最低利用期間は利用し続けるのが良いでしょう。そうなると違約金はかからないですし、利用についてもスムーズかと思います。

光回線については代理店各社でも割引やキャンペーンが続々出ています。お得なものを探し出して契約するのは良いですが、乗り換えの人は変更箇所やリスクについてもしっかり調べておくといいでしょう。

光回線についてはいろんな選択肢があるけど、更新については気を付けないとダメね。もしものことがあったら大変だし、自分でも気が付かないリスクがあるかもしれないし・・・。
自己責任で乗り換えをすることが大事ですが、インターネットに詳しい人でないとなかなかスムーズに作業ができないかもしれません。
15.ocn光の解約違約金を減らす方法について考える

ocn光の解約違約金を減らす方法について考える
何らかの事情があり乗り換えをすることになった人の中には「違約金問題」に直面している人もいるかと思います。違約金はペナルティーであり、契約会社に費用を支払わないといけないルールになっています。

なぜこんなものがあるのか・・・と嘆きたくなる気持ちもわかります。昔はインターネット接続でこんなペナルティーはなかったのに、最近は当たり前のように最低利用期間2年や3年といった契約となっています。

接続会社もコロコロ変更されては困るといったことからこうしたルールに変更したのだと思いますが、ユーザーとしてはルールに縛られる形となり、さらに更新月以外の更新となると違約金がかかることから非常に迷惑だと感じている人も多いことでしょう。色んな思いがあると思いますがルールなのでここは従うしかありません。

違約金ですが少しでも軽減できる方法はないか?と思っているユーザーもいるのではないでしょうか?ではどうしたら軽減できるのか?ここで紹介したいと思います。

まず1番おすすめなのは更新月での更新です。更新月に更新すると違約金はかかりません。違約金を支払わないためにまずは更新月について調べておきましょう。更新月に解約で問題なければそれがベストです。

どうしても更新月の解約まで待てないといった人は契約金によって違約金が異なる場合があるのでそちらも調べてみましょう。例えば1年未満の利用なら違約金が3万円、2年未満の利用なら違約金が2万円などといったルールがあります。それなら少しでも違約金が少なくないよう、タイミングを見計らうといいでしょう。

更新月については思うようにいかないものです。それもそのはずチャンスは2年か3年に1度となっています。タイミングがわからなくなっている人はコールセンターなどでしっかり確認しましょう。

上記のどちらにも該当しない人は代理店が違約金を代わりに支払ってくれるところもあるのでそちらを調べてみましょう。これなら違約金を気にせず利用することができます。

代理店のサービスは非常に充実しており、キャッシュバックサービスも当たり前ですが違約金支払いなどさらにサービスが増えています。競争が激化しているといった背景もあり、さらにサービス内容は充実しつつあります。

最近はこのように顧客の立場に立ったさまざまなサービスが充実しているので自分で「こういうサービスがあったらいいな」と思うサービスについて調べてみるのもよいでしょう。良いサービスと巡り合えるといいですね。

代理店のサービスはすごく豊富になっていると聞くけど、違約金まで支払ってくれるサービスがあるとは驚きだわ。そこまでは思いもしなかったわ。
代理店も顧客確保に必死なのでさまざまなキャンペーンを打ち出しています。そこまでサービスしたら赤字では?と心配にするくらいサービスが充実しているところもあります。
16.ocn光の解約料金は日割り計算で算出

ocn光の解約料金は日割り計算で算出
インターネット回線の解約を希望している人は解約は日割りなのか月締めなのか?知りたいといった人もいることでしょう。多くの場合、月締めとなり月の途中で解約してもその月の分は通常通りの支払わなくてはなりません。

インターネット回線でない契約は中には日割りのものありますが、あまり日割りといったものはないと思った方が良いです。新規契約については日割りで計算してくれることもあるようです。

OCN光については解約の日割りを実施していません。こちらも通常通り月締めとなります。それなら月の途中で解約するのではなく月末を狙って解約するといいでしょう。

また解約については「いつから申し込みか可能か?」も調べておきましょう。1か月前から可能などあまり融通が利かないケースも多いです。タイミングを逃したらそれこそ損をしてしまうのでその点は注意が必要です。

解約や契約は事前にきちんと調べておき、自分で内容をしっかり把握することが大事です。内容を把握しておけば安心感もありますし、もしものときも自分で対処がしやすいかと思います。

解約については日割りは基本的にないと考えて月末で解約するのがベストだと頭に入れておくとよさそうね。その点は承知したわ。
中には日割り計算OKといったところもありますが、ほとんどないのが現状です。日割りはないと思って月末解約を検討するといいでしょう。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!