ocnのセキュリティ「マイセキュア」の性能は?口コミ評判から業界人が分析!ウイルスバスターが安定か?

今回はフレッツ光サービスプロバイダ「OCN」のセキュリティサービスの「マイセキュア」について解説していきたいと思います。

皆さん、インターネットデバイスのセキュリティはバッチリ設定されていますか?

あれ?意外と少ない…?
まだされていない方は早急にセキュリティ対策をすることをお勧めします!

何故ならば現在はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにもセキュリティを侵される脅威が多く潜んでいるのです。

「Apple製品だったら大丈夫じゃないの?」と言われる方もいると思いますが、アカウント情報やパスワードを盗み取る詐欺サイトではセキュリティに定評のあるOSのApple製品でも歯が立たないのです。

この記事では「セキュリティソフトシリーズ」として「OCN」の「マイセキュア」をピックアップして性能を解説していきます。

1.「マイセキュア」とはどんなサービスなのか?

セキュリティ対策サービス
プロバイダである「OCN」が提供するセキュリティ対策サービスです。

「OCN」を契約している方向けのオプションとして展開されておりプランは2種類用意されています。

デバイス1台にのみに設定可能な「1ライセンスプラン」 250円/月額
デバイス3台まで設定可能な「3ライセンスプラン」 500円/月額
※デバイス2台で利用する場合は「マイセキュア 1ライセンス」を2契約することにより450円/月額となる。

対象になるOSも幅広いです。
対象OS
Android 4.0~7.0
iOS 8.0以降
Windws 7,8.1,10(32ビット版および64ビット版)
Mac macOS Sierra,Mac OS X v.10.7.3, 10.8, 10.9, 10.10, 10.11.1

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.具体的なサービス性能

2-1.スマートフォンでのサービス性能
スマートフォンでの基本的機能は迷惑電話やSMSの遮断、盗難紛失時の各種リモート操作、アプリや本体のウイルススキャン、悪質サイトへのアクセスブロックによる個人情報保護、アプリケーション検査になります。

しかしこの機能をフルに使用できるのはAndroid OSのみとなってり、iOSでは悪質サイトへのアクセスブロック機能しか使用することができません。

更にiOSでは「マイセキュア」専用のWebブラウザを使用しなければいけないため、使いにくさは拭えません。

しかしiOSはアプリの審査も厳しくなっており、OS自体もウイルス対策が施されています。
ただ詐欺サイトをはじめとした悪質サイト対策までは流石に対応しきれていないのが現状です。
このことを考慮すると必要性は高いと考えるべきです。

Android OSでは普段通りの使い方のままでセキュリティ機能が動作してくれます。
Android OSはiOSと違いアプリの審査も緩い傾向にありウイルスが仕込まれているアプリケーションに出くわす確率も高いです。
Androidユーザーの方は有料セキュリティサービスは必須
審査基準が厳しいiOSですらアイウェアに感染しているアプリが出回ってしまった程なので、Androidユーザーの方は有料セキュリティサービスはそもそもが必須と考えてください。

2-2.デバイスがパソコンの場合
基本的なサービスはリアルタイムウイルスチェック、ファイル監視、悪質サイトブロック、個人情報保護、遠隔操作等があります
Windowsは全ての機能が利用可能ですが、Macでは一部利用できない機能があるので注意が必要です。

どちらのOSを使用していてもウイルス対策や悪質サイト対策は万全となるので、基本性能に問題はありません。

3.動作性能はどうか?

「インターネットサービス会社が提供するセキュリティサービスはあまり良くないって聞いたけど、実際どうなの?」

この質問をされる方は非常に多いです。
これは「マイセキュア」に限った話ではありませんが、詳しく解説しましょう。

そもそも「インターネットサービス会社が提供するセキュリティサービス」の性能が良くないパターンには決定的になる原因が存在します。

それは「無料で提供されているセキュリティサービス」であることです。

まず無料のセキュリティ対策サービスである最大でありながら定番でもある問題は「導入したデバイスの動作が重くなる」ということです。
これはデバイスのCPUに関係なく発生する可能性が非常に高い事例です。

「Core i7でメモリが8GBでSSD」のハイスペックパソコンを使用していても動作にストレスを感じるようになります。

動画、および画像編集のような負荷がかかる作業をしない方であればCore i5以下のCPUのパソコンを使用している方が殆どです。

よって殆どのパソコンの動作に問題が発生してしまうという理屈になってしまうわけですね。
せっかく快適にするためのセキュリティ対策サービスを導入したのに、動作に問題が起こってしまえば本末転倒です。

「動作が重い=ウイルススキャンにも時間がかかる」という負の方程式が見事に完成してしまうわけですね。

これはAndroidスマートフォンでもよくあるパターンです。
無料で使えるセキュリティアプリは大きな落とし穴であることを覚えておいてください。
私が携帯電話ショップ販路を担当していた頃は、「動作が重い」と相談で来店されたAndroidユーザーの殆どの方の原因が無料のセキュリティアプリを入れたことでした。

有料のセキュリティサービスの殆どは動作に問題は発生しません。
有料のセキュリティサービスの殆どは動作に問題無し
(もちろんメモリはストレージがいっぱいになれば動作は重くなりますよ!)
よってウイルスチェックのスピードも遙かに速いので快適かつ安心にデバイスを利用することができます。

「マイセキュア」の場合はパソコンだけではなくスマートフォンも対応してくれるので、幅広く使っていくことができるでしょう。

尚、「マイセキュア」の口コミ評判も良好なものばかりです。

4.「ウイルスバスター」と比較して

「ウイルスバスター」と比較するとどうでしょうか?

月額料金はほぼ互角、アフターサービス面はウイルスバスターに軍配があがります。
基本的な性能はそこまで大差はありません。
最大でデバイス3台まで利用可能となっています。

iOSでの対応範囲も「マイセキュア」と変わりません。

しかし「ウイルスバスター」には「デジタルライフサポート」という操作サポートのカスタマーセンターが設けられています。
電話とメール受付で365日24時間のサポート体制が頼もしいところ。
365日24時間のサポート体制

更に電話問い合わせの応答率が92.8%、メール問い合わせの当日返信率は99.9%となっているのでストレスを感じさせることがない対応をしてくれます。

そして「ウイルスバスター」はインターネットの契約事業者が変わっても設定を変更する必要がありません。
「マイセキュア」はあくまでOCNユーザーのみ対象のサービスなので、プロバイダ変更等を行うとまた別のセキュリティを導入しなければいけません。

しかし「ウイルスバスター」も有効期限が3年間なので、3年ごとに更新が必要という手間はあります。

長期的にOCNを利用するのであれば「マイセキュア」のほうが取っつきやすいかもしれませんね。

5.総括

セキュリティ対策サービスとしては有料ということもあり性能はピカイチでしょう。
しかし操作面のサポートサービスが無いため、パソコンやスマートフォンに詳しい方向けのサービスになります。 パソコンやスマートフォンに詳しい方向けのサービス

操作や設定に自信が無い方はアフターサービスが充実している「ウイルスバスター」が最も良い選択肢と言えるでしょう。

パソコンを買い替える予定がある方はあらかじめセキュリティ対策ソフトが付属されているパソコンを購入するのも良いでしょう。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!