nttの光回線コラボレーションvsソフトバンク光、au光、ドコモ光。速度と料金で比較!

nttの光回線コラボレーションvsソフトバンク光、au光、ドコモ光。速度と料金で比較!

インターネットサービスの会社はとても多くの数があり、どれがベストのサービスなのかわからない人がほとんどではないでしょうか?

現在のインターネット回線はnttの光回線が利用できる光コラボレーションと、ドコモやソフトバンクなどによる携帯電話キャリアのネットサービスの二つに分かれます。

それぞれのサービスには長所と短所があり、人によって向き不向きがあります。

ここではnttの光回線コラボレーションと携帯電話キャリアのネットサービスを、速度と料金を中心に比較して解説します。

光コラボの基本的な仕組みも解説するので、是非参考にしてくださいね。

1.光コラボはフレッツ光回線を使うから安心安全!

光コラボはフレッツ光回線を使うから安心安全!

光コラボはOCN光やソフトバンク光という名前なので、nttの光回線より回線品質が落ちるのではないか不安になる人は多いのではないでしょうか?

しかし光コラボは、仕組みを見れば安定した速度でネットができる光回線であることがわかります。

ただ、クオリティの高い回線速度を体感するために注意する点もあります。

1-1.光コラボの基本的な仕組み
光コラボが提供している回線はNTTフレッツ光のものです。

光コラボ事業者は、フレッツ光の回線をNTTの代わりに提供するインターネットサービスです。
さらに月々のインターネット代は、光回線とプロバイダ料金を併せて支払います。

フレッツ光だと、光回線とプロバイダ料金を別々に払わなきゃいけないから、手間があったな。支払い日が別々になると非常に面倒だ
契約するときも別々に手続きが必要になる
うわぁ…聞いただけでも面倒くさそう…

光コラボは光回線とプロバイダをセットで提供するサービスです。
光コラボの窓口で手続きをすれば、光回線とプロバイダを同時に契約するので楽チンですね。

光コラボはあらゆるプロバイダが展開しているから、選択肢がとても多い
ということは、大手プロバイダの光コラボを選べば間違いはないってこと?
そう思いがちだが、契約するプロバイダによってネットの実効速度が違うから注意が必要だ。また割引が入ることで回線料金が安くなるから、よく比較して選ぶようにしてくれ

1-2.フレッツ光と光コラボを料金で比較してみよう

光回線とプロバイダがセットでも、月額料金が高かったら意味ないんじゃないの?
安心してくれ。光コラボはプロバイダとセットになったからこそ、フレッツ光よりも安い料金体系がメリットなんだ
まず先に、フレッツ光の月額料金を見てみよう

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本で料金月額が違います。
またマンションタイプは戸数によって料金が変わるので、注意しましょう。
フレッツ光戸建てタイプは、部屋数がいくら多くても料金は変わりません。

「フレッツ光 東日本料金表」

住居タイプ 30ヶ月間 31ヶ月目以降
戸建てタイプ 4,700円 5,000円
マンションタイプ ミニ
(4契約以上見込める住居)
4,050円 4,250円
プラン1
(8契約以上見込める住居)
3,450円 3,650円
プラン2
(16契約以上見込める住居)
3,050円 3,250円
西日本エリアはインターネットの公式サイトから申し込みをすると、Web限定光もっと²割が適用されるから、得になる

「フレッツ光 西日本料金表」

住居タイプ1~6年目 7年目 8年目 9年目以降
戸建てタイプ3,810円 3,710円 3,610円 3,610円
マンションタイプ ミニ
(6契約以上が見込める住居)
3,420円 3,370円 3,320円 3,320円
プラン1
(8契約以上が見込める住居)
2,930円 2,880円 2,830円 2,830円
プラン2
(16契約以上が見込める住居)
2,530円 2,480円 2,430円 2,430円

※Web限定光もっと²割適用時の金額

既にでフレッツ光を申し込んでいる西日本エリアの人は、この料金になっていることがほとんどだろう

「フレッツ光西日本エリア 割引未適用金額」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 5,400円
マンションタイプ 3,700円
フレッツ光には、もっと料金が安いライトプランがあるって聞いたけど…
フレッツ光のライトプランは、東日本と西日本両社とも基本料金が2,000円代で安く見えるな。ただ、ライトプランはこのグラフにあるように2段階プランだ。1,320MBを使うと月額料金が5,000円代になるんだ

 図02

1,320MBは普通にネットをするとすぐ消費してしまう。ライトプランはあまりおすすめできるものとは言えない。通常定額プランのほうが最初から料金が安いだろう

また、フレッツ光以外のネットサービスには、○○Mbpsコースなど料金が安めの接続コースが選べることがあります。
しかし、料金が安いコースは通信速度が遅いデメリットがあります。
複数の接続コースがあるネットサービスでも、通信速度が速い「1Gbpsコース」を選んだほうが良いでしょう。

光コラボの料金はいくらなの?
光コラボ回線のサービス会社によって違うが、So-net光コラボレーションをもとに比較してみよう
「So-net光コラボレーション 月額料金」
住居タイプ 1~30ヶ月 31~60ヶ月 61ヶ月目以降
戸建てタイプ 4,800円 5,200円 5,200円
マンションタイプ 4,000円 3,900円 4,100円
ぱっと見た感じ、フレッツ光とあまり変わらないように感じるけど…
そう見えるだろう。しかしフレッツ光は、さっき紹介した料金とは別にプロバイダ料金が必要なんだ。フレッツ光は、回線とは別にプロバイダを契約しないとネットが使えないことが鉄則だ
さっき説明したとおり、光コラボはプロバイダ料金が込みになっているから、料金比較をするとフレッツ光よりも安くなりやすい
特に東日本エリアは、フレッツ光の料金が西日本エリアより高いから、光コラボのほうが得になる確率が高い!
いろいろあるみたいだけど、要するにネットをお得に使いたいなら光コラボを選べってことね
そうさ!またNTT東西のエリアどちらも同じ料金でわかりやすいのが、光コラボの特徴だ!

1-3.フレッツ光を使っていれば、工事をせずに光コラボへ乗り換えられる!
インターネットを乗り換えるうえで、デメリットとなるのは工事費。
工事費をネックに感じて、ネットを乗り換えできない人は多いのではないでしょうか?

しかし、フレッツ光を使っていれば工事が不要で乗り換えができます。

なんでフレッツ光を使っている人は、工事をせずに乗り換えができるの?
それは簡単な話さ。光コラボはフレッツ光の回線を提供していることが理由だ
手続きも転用手続きをするだけだから、ほんの少しの時間で終わる。もちろん、フレッツのホームゲートウェイなどの機器も続けて使うことになる

しかし、フレッツ光回線の品目によっては工事が必要な場合があります。
光コラボはフレッツ光の中でも、最新の「ネクスト」を提供しています。

古い品目になる「Bフレッツ」と「プレミアム」を使っていると、工事が必要になる可能性があるので注意しましょう。
もちろん、古い品目を使っていても工事が不要になることもあります。

乗り換えに工事が必要でも、キャッシュバック還元がある代理店で契約すれば、工事費用をチャラにできるぞ!
後ほど、キャッシュバックが貰える代理店サイトを紹介しよう!

1-4.フレッツ光の電話サービスは続けて利用できる
現在、固定電話とネットを光回線にしている人がほとんどでしょう。
インターネットを乗り換えたいと思っても、電話番号が変わると困るという人が多いのではないでしょうか?

しかし、フレッツ光から光コラボへの乗り換えは電話番号が変わりません。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは、ネット回線を提供する会社が変わるだけで、利用するサービス内容はほとんど変わらないんだ
電話番号も同じものを続けて利用できる
家の電話代は変わったりしないの?
電話代もnttひかり電話と同じだから、心配ないぞ!

光コラボは固定電話が変わらず使えるだけでなく、ボイスワープ(電話転送)やナンバーディスプレイなどのオプションも続けて利用できます。
国際電話も問題ないので、NTTと同じ電話サービスが使えると思っていいでしょう。

あと、まだ固定電話をアナログ回線にしている人もいるんじゃないか?アナログ回線は電話料金が高いから時代遅れだ!固定電話とネットを光回線にまとめたほうが安くなるぞ!ネットの乗り換えを機に、電話も光回線にしよう!

1-5.フレッツ光から光コラボへの乗り換えは、メールアドレスが引き継げる!
フレッツ光で使っているメールアドレスは、光コラボへ乗り換えても使い続けることができます。

しかしフレッツ光以外を使っている場合は、メールアドレスが引き継げません。

フレッツ光ユーザーは、光コラボへ乗り換える前に契約プロバイダにメールアドレスを引き継ぐ方法を聞いておこう!

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.nttの光コラボって何があるの?

nttの光コラボって何があるの?

光コラボの選択肢は大きく分けて、大手プロバイダによる通常光コラボと、携帯電話サービス会社が提供する光コラボの2通りがあります。

まずは大手プロバイダがによる光コラボのサービス名と、月額料金を見てみましょう。

2-1.OCN光
OCNは古くから知られているフレッツ光のサービスプロバイダです。
ご存知の方は多いのではないでしょうか?

フレッツ光はプロバイダによって通信速度が変わる欠点がありますが、OCNは安定したスピードでインターネットが利用できます。
OCN光でも、快適なスピードでネットができるでしょう。

また、OCNはNTTグループの「NTTコミュニケーションズ」が運営しているので、信頼度も高いと言えます。

「OCN光 月額料金」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 5,100円
マンションタイプ 3,600円

※2年自動更新型割引適用時

また格安スマホ会社「OCNモバイルONE」を契約していれば、ネット代が安くなる割引制度があります。

スマートフォンとのセット割引については、後で詳しく説明するぞ!

2-2.BIGLOBE光
BIGLOBE光も、OCNと同じくフレッツ光のサービスプロバイダの老舗と言える事業者です。

「BIGLOBE光 月額料金」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 4,980円
マンションタイプ 3,980円

BIGLOBE光は格安SIMの「BIGLOBE SIM」を契約していると、セット割引が適用されます。
またauのスマホを持っている人にも、「auセット割り」が用意しています。

2-3.So-net光コラボレーション
先ほどフレッツ光と料金を比較したSo-net光コラボレーションも、フレッツ光でお馴染みのプロバイダSo-netによる光コラボです。

おさらいで月額料金をもう一度見てみましょう。

「So-net光コラボレーション 月額料金」

住居タイプ 1~30ヶ月 31~60ヶ月 61ヶ月目以降
戸建てタイプ 4,800円 5,200円 5,200円
マンションタイプ 4,000円 3,900円 4,100円

So-net光は、30ヶ月間の料金が安くなることが特徴です。
格安SIMとのセット割引はありませんが、auユーザー向けに「auセット割り」を用意しています。

2-4.@nifty光
@nifty光もフレッツ光の定番プロバイダの一つ「@nifty」によるサービスです。
回線が開通してから24ヶ月間は料金が割引されます。

「@nifty光 月額料金」

住居タイプ 開通月~24ヶ月目 25ヶ月目以降
戸建てタイプ 4,500円 5,200円
マンションタイプ 3,400円 3,980円

@nifty光も「auセット割り」があり、auのユーザーは光コラボの選択肢が多いことがわかりますね。

nttの光コラボって何があるの?
ぷらら光はNTTのグループ会社「NTTぷらら」が運営する光コラボレーションサービスです。
NTTのグループ会社ということで、信頼度は高いで…

ちょっと待ってくれ!NTTぷららを入れた奴は誰だ?!
私だ。注意喚起も兼ねて紹介に入れさせてもらったんだ
そういうことか。なら安心したよ
ねぇねぇ、どういうことなの?
ぷらら光はNTTグループと聞いて安心されがちなんだが、通信速度の評判が悪いから勧められないんだよ
通信速度の比較は後でするから、よく見ておいてくれ
とりあえず、ここでは月額料金だけを紹介しておこう

「ぷらら光 月額料金」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 4,800円
マンションタイプ 3,600円

ぷらら光は携帯電話とのセット割引がありません。
後ほど詳しく解説しますが、通信速度の評判も良くありません。
後ほど口コミ評判の紹介もあわせて説明します。

2-6.エキサイト光
エキサイト光は、業界の中でも料金が特に安いプロバイダ「BB.excite」による光コラボです。
他の光コラボと比べると、月額料金の安さが目立ちます。

「エキサイト光 月額料金」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 4,360円
マンションタイプ 3,360円

ただ携帯電話との割引サービスがない欠点があります。

3.携帯電話キャリアのネットサービス

携帯電話キャリアのネットサービス

今、携帯電話キャリアの固定回線サービスは業界で主流になりつつあります。
スマホとネット回線を同じ携帯電話キャリアにすると、ネットの実質料金が劇的に安くなります。

3-1.ドコモ光
携帯電話キャリアで多くのユーザー数を誇るdocomoの光コラボ「ドコモ光」。
月額料金は他社の光コラボと比べると、そこまで変わりません。

「ドコモ光 月額料金」

住居タイプ タイプA タイプB
戸建てタイプ 5,200円 5,400円
マンションタイプ 4,000円 4,200円

光回線とプロバイダがセットになっている光コラボは、プロバイダが指定されているサービス形態が基本です。
例えばOCN光を契約すると、プロバイダがOCNになります。

ドコモ光も基本的にプロバイダはドコモになりますが、別のプロバイダも選択できる数少ない光コラボです。

選択できるプロバイダの中には、インターネット部門で有名な事業者も多くあります。
別のプロバイダを選んでも、月額料金やサービス内容は変わりません。
また、光回線とプロバイダの料金も一緒に請求されます。

「ドコモ光 対応プロバイダ」

プラン 対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、andline、excite、Tigers-net、U-Pa!、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、Ic-net、hi-ho
タイプB @TCOM、OCN、@nifty、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

3-2.ソフトバンク光
ソフトバンク光は、プロバイダをYahoo!BBに指定しています。
月額料金はドコモ光と似たり寄ったりと言ったところでしょう。

「ソフトバンク光 月額料金」

住居タイプ 月額料金
戸建てタイプ 5,200円
マンションタイプ 3,800円

3-3.auひかり
ドコモ光とソフトバンク光は通常の光コラボと同じで、フレッツの光ファイバーを利用します。
しかし、auひかりだけは例外なので注意しなければいけません。

auひかりは、過去に東京電力が「TEPCO光」というサービス名で提供した光ファイバーを引き継いで利用しているからです。
東京電力が方針変更でネットサービスから撤退した名残とも言えますね。

これを聞くと「フレッツの回線じゃなくて大丈夫なの?」と不安になりますよね。
安心してください。

電力会社が提供しているネットサービスは中部や関西地方だけでなく、中国地方や九州などの地域で通信速度が速いと好評なのです。

auひかりも電力会社のネットサービスがない関東エリアで、好評を得ているサービスと言えます。
また都会だけでなく、東北地方や北海道でも高いエリアカバー率を誇ります。

戸建てタイプの月額料金は利用期間が長くなれば下がりますが、他の光コラボとそこまで変わりません。
しかしマンションタイプは、住んでいる住居の戸数によって料金コースが違います。

住居タイプ1年目 2年目 3年目
戸建てタイプ5,100円 5,000円 4,900円
マンションタイプ 16契約以上が
見込める住居
3,800円
8契約以上が
見込める住居
4,100円
都市機構デラックス 3,800円
タイプE
16契約以上が見込める住居
3,400円
タイプE
8契約以上が見込める住居
3,700円
マンション ギガ 4,050円
マンションミニ ギガ 5,000円
タイプF 3,900円

しかし、auひかりは回線の提供エリアの狭さが数少ないデメリットです。
auひかり自体が東京電力の光ファイバーを利用するため、電力会社によるネットサービスがあるエリアでは契約できないことがほとんどです。

電力会社のネットサービスがある地域でも、一部のマンションは提供エリア内になっていることがあります。
特に高層ビルのように階数が多いマンションは、提供エリア内でも利用できないことはまずらしくありません。

4.nttの光回線コラボレーションと携帯電話キャリアのネットサービスを徹底比較!
nttの光回線コラボレーションと携帯電話キャリアのネットサービスを徹底比較!

数多くの種類から、最も良い光コラボを選ぶ基準は月々のネット代でしょう。
月額料金と割引システムを比較して、最もお得になる光コラボを知りましょう。

割引システムは現在のネットサービスを選ぶうえで、重要なポイントと言えます。

4-1.料金で比較!
まず、各社の月額料金を表で比較してみましょう。

「通常光コラボ 料金一覧」

住居タイプ OCN光 BIGLOBE光 So-net光 @nifty光 ぷらら光 エキサイト光
戸建てタイプ 5,100円 4,980円 4,800~5,200円 4,500~5,200円 4,800円 4,360円
マンションタイプ 3,600円 3,980円 3,900~4,100円 3,400~3,980円 3,600円 3,360円
携帯電話とのセット割

「携帯部門 料金一覧」

住居タイプ ドコモ光 ソフトバンク光 auひかり
戸建てタイプ 5,200~5,400円 5,200円 4,900~5,100円
マンションタイプ 4,000~4,200円 3,800円 3,400~5,000円
携帯電話とのセット割
月額料金で比較してみると、エキサイト光やぷらら光が安いわね
確かにそう見えるな。しかし、光コラボは条件を満たすことで各種割引が入ることがある!自分がどれだけの割引を受けられるのかが、光コラボを選ぶうえで重要になるぞ!
そうなのね。じゃあ、さっそく割引が熱い光コラボを教えてよ!

4-2.割引特典で比較!
携帯電話キャリアのネットサービスには、携帯料金が安くなるスマホ割があります。
通常の光コラボにも限られていますが、スマホとセットにすると割引が適用されます。

割引金額で見ると、今使っている携帯の会社によってどのネットサービスを選べばいいか見えてくるでしょう。

・OCN光の「OCN光モバイル割」
OCNは格安SIMお「OCNモバイルONE」を展開しており、OCN光とセットにすると「OCN光モバイル割」が適用されます。

OCNの格安スマホ1台当たりの携帯代が毎月200円安くなり、最大で5回線まで割引が適用できます。

「OCN光セット割 割引金額」

1回線 2回線 3回線 4回線 5回線
割引金額 200円 400円 600円 800円 1,000円
最大で5回線ということは、5人家族で全員OCNモバイルONEを使えば1,000円安くなるってことね!

・BIGLOBE光の「光SIMセット割」
BIGLOBEも格安SIM「BIGLOBE SIM」を展開しており、BIGLOBE光とセットにすると「光SIMセット割」が適用されます。

割引の内容は、BIGLOBE光の月額料金から毎月300円なので、OCN光と比べると少し弱く感じますね。

BIGLOBE SIMの回線が複数になっても、割引される金額は変わらないんだ
なんか、あんまりお得感を感じないね
OCN光より月々のネット代が安いのはわかるが、それを差し引いても値引き額は弱いと言わざるを得ないな

・auセット割とはどんな割引?
BIGLOBE光とSo-net光、そして@nifty光はauのスマホユーザー向けに「auセット割」を用意しており、ネット代が最大で1,200円割引されます。

割引金額は、auの契約プランによって違うから、下記の表を見てくれ

「auセット割 割引金額」

プラン 割引金額
データ定額 5/20/30GB
LTEフラット(7GB)
1,200円
データ定額 2G/3GB
auピタットプラン
auフラットプラン20/30GB
500円
auセット割も、スマホの台数で割引額が増えるわけじゃないから注意してくれ

・ドコモ光セット割
続けて携帯電話キャリアの割引金額を見てみましょう。
まずはドコモ光から!

ドコモと言えば、家族でスマホのデータ容量を分け合うシェアパックを使っている人が多いだろう。シェアパックなら親回線のスマホ代が割引されるぞ!

「光セット割 シェアパック契約時割引金額」

プラン マンションタイプ 戸建てタイプ
ウルトラシェアパック100(100GB) 3,000円 3,200円
ウルトラシェアパック50(50GB) 2,400円 2,500円
ウルトラシェアパック30(30GB) 2,000円 2,000円
シェアパック15(15GB) 1,800円 1,800円
シェアパック10(10GB) 1,200円 1,200円
シェアパック5(5GB) 800円 800円
通常の光コラボよりも割引金額は高いのね。私みたいに一人暮らしの人向けには割引はないの?
安心してくれ。ジェシカのようなオンリーワン暮らしのケースでも、スマホ代が毎月安くなるぞ!
なんで、無駄に英語を挟んだの?

「光セット割 割引金額 スマホ1台の場合」

プラン マンションタイプ 戸建てタイプ
ウルトラデータLLパック(30GB) 1,100円 1,100円
ウルトラデータLパック(20GB) 900円 900円
データMパック(5GB) 800円 800円
データSパック(2GB) 500円 500円
ただ一人暮らしになると、ドコモ光よりも他の割引のほうが得になるんだよな
それを早く教えてよ!
トランキーノ!焦んなよ!
マックってプロレスファンだったっけ?

・ソフトバンク光の「おうち割光セット」
ソフトバンク光の「おうち割光セット」は、ドコモ光よりも高い割引金額が魅力のスマホ割です。

ソフトバンクのスマホを使っているのであれば、ネットもソフトバンクにする以外の手はないと言っても過言ではありません。

おうち割光セットが適用されると、契約プランによってソフトバンクスマホの料金が以下のように割引されます。

「おうち割光セット 割引金額」

プラン 2年間 3年目以降
データ定額30GB 1,852円 934円
データ定額5/20GB 1,410円 934円
データ定額1/2GB 463円 463円
3Gケータイ用データ定額 463円 463円
LTEフラット(7GB) 1,410円 934円
ドコモ光よりも、割引金額が一気に高くなったね!でも、割引される回線が1台だけだったら、そこまで影響はないんじゃないの?
確かに割引されるスマホが1台だけなら、契約プランによっては魅力に感じないな。しかし、おうち割光セットは家族内であれば最大10台まで割引が適用できるんだ!
それだけ割引してくれるなら、スマホとネットをソフトバンクに揃える価値がるわね
割引金額で見れば、ソフトバンク光は最安クラスと言える!

・auひかりの「auスマートバリュー」
auひかりは、auのスマホを持っていれば「auスマートバリュー」が適用となり、スマホ代が以下のように割引されます。

「auスマートバリュー 割引金額」

プラン データ容量 2年間 3年目以降
auピタットプラン スーパーカケホ/カケホ:2GBまで
シンプル:1GB超~2GBまで
500円 500円
スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2GB超~20GBまで 1,000円 1,000円
auフラットプラン 20/30GB 1,000円 1,000円
データ定額1/2GB 934円 500円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
auケータイデータ付
934円 934円
データ定額5/20GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
1,410円 934円
データ定額30GB 2,000円 934円
残りのauひかりも、割引金額が高めで嬉しいわね
携帯電話キャリアのネットサービスは、キャリアスマホを持っていれば契約する本当の意味が出てくる!割引内容をしっかり理解して、自分に一番合った光回線を選んでくれよな!

格安SIMへ乗り換えることも検討している人は、格安SIMも提供している通常光コラボを選びましょう。
ただ格安SIMは、電波自体は安定していますが、帯域制限などで速度が遅くなりやすいです。

格安SIMの電波と速度で問題がないか調べてから、乗り換えることをおすすめします。

4-3.通信速度で比較!
月額料金同じぐらいに重視したいのは、回線の速度でしょう。

通常の光コラボとドコモ光、そしてソフトバンク光はフレッツ光の回線を使いますが、契約するサービスごとに通信速度が違います。

なんで同じフレッツ回線を使うのに、通信速度に違いが出るの?
それは、フレッツの基地局にあるプロバイダの設備に違いが関係してるんだよ
どういうこと?
フレッツの基地局には、それぞれのサービス会社が通信を管理する設備を設けている。この設備のクオリティはサービス会社ごとに違うんだ

通信を管理する設備のクオリティが低い場合でも、昼間などは問題なくネットが利用できます。
しかし夜などネットを使う人が多い時間帯は、通信を管理しきれなくなり速度が落ちてしまうのです。

家でWi-Fiを共有してる人数が多いから遅くなるとかじゃないの?
Wi-Fiの共有人数はそこまで影響しないんだ。速度が遅いからと言って、Wi-Fiを使う人数を減らしても意味がない

と言っても、どのサービスの通信速度が優れているのかなんて、簡単にはわかりませんよね。 そこで、通信速度が制限されやすいプロバイダをランク付けしている「ISP規制情報」の情報をもとに、表にまとめました。

サービス会社 通信速度ランク
OCN光 B
BIGLOBE光 C
So-net光 C
@nifty光 C
ぷらら光 C
エキサイト光 C
ドコモ光 契約するプロバイダによる。
ソフトバンク光 A
auひかり A

(A=快適に使える、B=場合によっては速度が遅くなる、A=快適に使える)

通常の光コラボのほとんどは通信速度が遅いの?!なんで?!
光コラボは、フレッツ光のプロバイダとしても評判が微妙なところが多いんだよ…

ぷらら光はNTTグループで信頼度が高いように見えますが、ネット上にある口コミを見ると通信速度の遅さがわかります。

2Mbpsという数値は、光回線のインターネットでは出ることが許されない数字です。
光回線は最大で1Gbpsの速度が売りなので、最低でも50Mbps以上の実効速度が出ないと意味がないのです。

2Mbps程度だと、YouTubeの動画はおろか、Yahoo!ニュースを見るなんて夢のまた夢だ。契約した光回線の通信速度が遅い可能性は0じゃないから、快適な速度でネットができるサービスに契約できるように下調べをしてくれ!
でも、契約して通信速度が遅かったら、サービス会社に文句を言えばすぐ直してくれるんじゃないの?
そうなってくれれば、世の中どのサービス会社を選んでも快適にネットが使えるようになる。俺も仕事の目的がなくなって、お役御免になれるんだがな…
光コラボは、「ベストエフォート形式」という言葉を使っている割合が高い。このベストエフォート形式という言葉は、通信速度が遅いサービス会社の免罪符になってしまっている

ベストエフォートとは、ネット回線で品質の保証をしないサービスであることを意味しています。
「ベストエフォート」という言葉は日本語で「最大限努力をする」という意味なのです。
前もって「うちの回線はベストエフォートです」と申告していると、通信速度が5Mbps程度の低速でも責任を負わなくてよくなるのです。

ということは、回線が新規開通してから通信速度が遅いと大惨事になってしまうのね
そういうことだ。だから、通信速度の評判は前もって調べておく必要があるんだ

4-4.テレビサービスの料金を比較!
光回線を使っている人の中には、テレビサービスを利用している人も多いでしょう。
光回線の乗り換えをするには、利用しているテレビサービスが障害になることがあります。

・テレビサービスを使う初期費用
テレビサービスがある状態でネットを乗り換えるうえで、障害になるのは初期費用です。

テレビサービスの初期費用って、だいたいいくらぐらいなの?
テレビが1台だけなら、24,000円程度だ
2台以上になると?
24,000円の基本工事費に、ブースターを付ける工賃に1万円が上乗せされてだな、さらに家の構造によっては…
…とにかく高い料金がかかるってことが、よ~くわかったわ。テレビサービスの工事費は無料になったりしないの?
テレビサービスの工事費はどうしようもないんだ。ただ、契約するサービス会社によっては、テレビサービスの工事費を分割できるが、ごく一部だ

しかし、インターサービスで地上波デジタル放送のオプションは、従来の電波を受信するUHFアンテナでテレビを見るよりも工事費が安くなることがほとんどです。

UHFアンテナの設置工事費は、テレビの台数に関係なく5万円以上の金額がかかる。高いときだと10万円ぐらいになることも珍しくない
そんなに掛かるの⁈全然知らなかったわ…

今のネット会社で使っているテレビサービスを、他社へ乗り換えると高くて5万円前後の工事費が掛かります。
しかし、UHFアンテナと比べると工事費は遙かに安くなります。

新築の戸建て住宅に引っ越す人は、地上波デジタル放送が見れる光回線が断然おすすめと言えるでしょう。

ただ、地上波デジタル放送のオプションがないサービス会社もあるから、注意しなければいけない

・フレッツテレビを使っている場合、サービスが引き継げるサービス会社がある!
フレッツ光を使っている人は、今の回線のままで通常の光コラボをはじめドコモ光とソフトバンク光へ乗り換えができます。

フレッツ光の地上波デジタル放送のオプション「フレッツテレビ」も同様で、通常の光コラボとドコモ光、そしてソフトバンク光に乗り換えればサービスが引き継げます。

基本的にテレビサービスの利用料金は一括で請求されます。
しかしテレビサービスがないネットサービスに乗り換えると、地デジオプションの料金だけでがフレッツ光から請求されることになるので、注意しましょう。

・テレビサービスの料金比較

テレビサービスの料金は、サービス会社によって違いはあるの?
フレッツ光も含めて、光回線サービスの地上波デジタル放送は月額料金が全て660円で統一されているんだ

料金をテレビサービスの有無と一緒に表をまとめました。

OCN光 BIGLOBE光 So-net光 @nifty光 ぷらら光 エキサイト光 ドコモ光 ソフトバンク光 au光
テレビサービス △(CS契約が必要) 無(CSチャンネルオプションは有)
月額料金 660円 660円 660円 1,000円〜 660円 660円 660円
じゃあ、テレビサービスは光回線を選ぶポイントにはならないのね
ただソフトバンク光だけでは例外で、契約期間を5年にしてテレビサービスに申し込みをすれば、ネット代に500円の実質割引が入るぞ
ただ、契約期間が長くかかると解約金が高くなってしまう。長期的な利用を考えていない人には、おすすめできない
解約しても解約金がかからない更新月が、5年に一度しかない点も、乗り換えたい人にはデメリットに見えるだろうな

・フレッツ光じゃなくてもCSで専門チャンネルは見れる!
光回線は地上波デジタル放送だけでなく、CS放送で専門チャンネルも見ることができます。
これは、フレッツ光以外のネットサービスも同様です。

フレッツ光のCSサービスは、スカパーを利用しています。
スカパーが利用できるネットサービスであれば、フレッツ光から乗り換えるときにCSオプションをそのまま引き継げます。

ただテレビサービスがない@nifty光に乗り換える場合、CSオプションの料金がフレッツ光から請求されます。

またぷらら光は、スカパーではなく独自の「ひかりTV」に変更しなければいけません。

またサービス会社によって取り扱うビデオチャンネルに違いがあるので、チャンネルにこだわりがある人は注意が必要です。

4-5.auひかりは地デジが使えないので注意!
auひかりは独自の光ファイバーを提供しているため、地上波デジタル放送が見れるオプションを用意していません。

またCSオプションも、スカパーなどではなく独自のサービスを展開しています。

auひかりに乗り換える場合、どのネット会社を使っていても引き継げる部分がないと思っておきましょう。

4-6.サポート体系で比較!
インターネットサービスで何気に重要なのは、契約した会社自体のサポートです。
インターネットはサービス会社によって、サポートセンターの応対品質は大きく違います。
契約したネットサービスが、実はサポート体制が悪い会社という可能性もあるのです。

なので、前もって契約したいネット会社の口コミ評判をチェックしておく必要があります。

よくあるのは、サポートセンターに電話してもなかなか繋がらないことだ。スタッフの稼働率が悪いから、電話をかけても1時間待たされるなんてザラだ
でも、どの会社のサポートが良いか調べるなんて面倒だわ
そう言うと思って、ランク表を着くっておいたぞ。参考にしてくれ!
Twitterなどに寄せられた口コミをもとに、AからCの3段階でランク付けした

「通常光コラボ サポート体制ランク」

OCN光 BIGLOBE光 So-net光 @nifty光 ぷらら光 エキサイト光
ランク A B B B C C

「携帯電話キャリアネットサービス サポート体制ランク」

ドコモ光 ソフトバンク光 auひかり
ランク A B A

※A=良好、B=対応スタッフによって差がある、C=問題あり

サポート体制は携帯電話キャリアのネットサービスに分があるのね
携帯電話キャリアのネットサービスは、キャリアスマホの販売店でも一部サポート対応してくれるところもメリットだぞ!

ネット回線は通信速度が問題なければサポートセンターのお世話にならないと思いがちです。
しかし、サービス会社から借りている通信機器がいつか故障する可能性は否定できません。

また契約してから設定方法を教えてもらうために、サポートセンターのお世話になる可能性もあります。
サポート体制が優れているネットサービスを選ぶにこしたことはありません。

5.まとめ
通常の光コラボと、携帯電話キャリアのネットサービスを比較するポイントが多くあります。

料金面だけを見れば、スマホと連携して月額が安くなる携帯電話キャリアのネットサービスに分があります。
キャッシュバックなど商品金も、ソフトバンク光とauひかりは高めの代理店が多いと言えるでしょう。

自分が契約している携帯電話キャリアに合わせて、ネット回線を選ぶことがお得になる近道と言えるでしょう。

また通信速度やサポート面も、携帯電話キャリアのネットサービスに分があります。
ただ、OCN光やBIGLOBE光は格安SIM向けのセット割引を展開しています。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!