置き型Wi-FiルーターNovas home+caの実力は如何に?SoftBank Airの対抗機種?

置き型Wi-FiルーターNovas home+caの実力は如何に?SoftBank Airの対抗機種?

もともと引っ越しの頻度が高かったので光ファイバーを通す必要が無い「SoftBank Air」を利用するようになりましたが、通信速度は概ね良好です。深夜帯は多少の通信速度制限がかかりますが、それでも下り速度で10Mbps前後は出てくれるので普通にインターネットを使用する分にはそこまで不便には感じません。昼間だと良いときで100Mbpsは出てくれますし重宝しています。

そして「SoftBank Air」の最大の良いところは月間の通信容量の上限が無く、使い放題であるところでしょう!低速モードになる怖さがなく快適にAbemaTVを垂れ流しながら作業しています。

今、置き型Wi-FiルーターはSoftBank Airのもと思っている人が殆どだと思いますが実はWiMAXからも宅内用の置き型Wi-Fiルーターが展開されています。

その名も「Novas home+ca」です!今回はその「Novas home+ca」を徹底的に検証していきたいと思います!

ポケットWIFIとか最近はCMもかなり見かけるわね。光回線をひくのもいいけどWIFIならもっと手軽に利用できるわね。
最近は置き型WIFIルーターも注目されています。今後さらに注目度は高まることでしょう。いい機会なので新商品もチェックしてみるといいでしょう。

・「Novas home+ca」の性能は?
・料金プランと通信制限は?
・口コミから見る実測値は如何ほど?
・アフターケアに不安が残る?

1.「Novas home+ca」の性能は?

「Novas home+ca」の性能は?
2016年10月7日より発売されたモデルで、「SoftBank Air」の後発と言えるでしょう。(ちなみに前身モデルに「URoad-Home2+」があり、こちらは下り速度最大110Mbpsです)

まず製品の形は「SoftBank Air」の初代モデルと似ていて、角が2本ついています。現在の「SoftBank Air」は牛乳パックのような形をしていますよね。

WiMAXのホームページでは「下り速度最大220Mbps」と記載されています。「SoftBank Air」の下り速度最大が261Mbpsなので、やや劣る感じなのかもしれません。しかしADSLよりは断然高速で通信ができると思える数値ではありますね。

しかし220Mbpsの対応エリア以外では下り速度が最大110Mbpsとなるという記載もあるのが気になりますね。理論値で110Mbpsだとすると実測値は100Mbpsを下回る可能性が高いからです。実測値で50Mbpsから70Mbpsが出るのであれば合格点と言えるでしょう。

宅内でのWi-Fiの通信可能到達距離の出力は5GHzで、これは「SoftBank Air」と同等ですね。「Novas home+ca」と「SoftBank Air」ともに2.4GHzと5GHzの同時利用が可能です。

5GHzは「従来のWi-Fiルーターの2倍」と言われる出力ですが、現在はこれがスタンダードになりつつあります。

無線LAN規格はもちろん最新の「IEEE802.11ac」に対応なので、最新のスマートフォンやタブレットとも相性は悪くないでしょう。

規格とかチェックした上で検討するのが大事と言われてもなかなかわかりづらいわ。ズバリこれは〇〇にピッタリとか書いているといいのだけど。
メーカーと提携した商品であればそういったこともできますが、現状はおすすめの規格程度でしか記載されていないのが現実です。ここはちょっと自分でも勉強してみた方が良いでしょう。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.料金プランと通信制限は?

料金プランと通信制限は?
WiMAXでの対応プランは4種類ありますが、「Novas home+ca」では月間の使用容量の上限がない「ツープラスギガ放題」の2年契約式を選択することが一般的となっています。月額料金が多少安くなる4年契約式もありますが、先々更に高性能な置き型Wi-Fiルーターが登場することを考えると2年契約式を選択することほうが無難でしょう。

月額料金は4,380円となっており、もしauのスマートフォンを所有していれば「auスマートバリュmine」が適用となりauのスマートフォンの月額料金が最大934円割引となります。しかし従来の「auスマートバリュー」とは違い、1世帯につき1台までしか適用されないことがデメリットとなります。置き型Wi-Fiルーターは一人暮らしの人向けでもあるので、妥当と内容とは言えますが…。

尚、3日間で10GBを使用すると24時間の通信速度制限がかかります。普段、AbemaTVを垂れ流しながら作業をしている私ではすぐに制限に引っかかりますね。私みたいな利用方法をする人はそうはいないと思いますが…。

一人暮らしの自宅で普通にインターネットを利用する分には問題は起こりづらい設定ではあります。ただ動画の視聴頻度が高い人は即決契約はしないほうがいいでしょう。

尚、本体代金は2,800円となり大きな分割になることはありません。通信回線は「WiMAX 2+」によるキャリアアグリゲーション(110Mbpsの回線を2本使用しています)を使用し最大220Mbpsを実現しています。では実測値はどうなっているのでしょうか?

料金も一括払いだと負担になるけど分割だとそんなに負担もなくてとても楽だわ。分割払いで利用を検討したいところよね。
最近は分割払いOKのものが多くなっているので費用負担も少なく最近機器を利用できます。新年ですし、この機会に買い替えを検討するのも良いでしょう。

3.口コミから見る実測値は如何ほど?

口コミから見る実測値は如何ほど?
2016年11月時点での口コミでは比較的ネガティブな口コミが目立っていました。
「埼玉県では下り20Mbps~40Mbps前後ですね」
「規制無しで11.06Mbps、規制ありで4.96Mbpsであまり差を感じない…」

しかし2016年12月にファームウェアのアップデートが入ったことにより「快適になった」という声が多くなっています。スマホと同様で新製品はOSに問題が付きものなので、様子見してから判断したほうが良いですね。毎年のiPhoneにも言えることですが…。

こんな変わった口コミもありました。
「私が使用しているスマホのGalaxy S5だと速度が遅くなり、まともに使えません。家族が持っている他機種は問題がないのに…」
「Xperia Xでも同じことがおきました」

この現象には対策があり、月額96円の「グローバルIPアドレスオプション」を利用すれば解消されます。しかしオプションを利用すれば端末との相性問題が改善できるWi-Fiルーターは素直に快適とは言いがたいですね。従来のWi-FIルーターであればこのような手間は必要がないのが当たり前です。業界人の私にとってはマイナスポイントです。通信速度以外にはこんな問題もあるようです。

問題点についても把握しておくことが大事よね。上記みたく比較内容が掲載されていればとてもわかりやすいわ。
そうですね。比較した内容が1番わかりやすいかと思います。比較内容を記載しているサイトもあるのでそうしたサイトを参考にするといいでしょう。
4.アフターケアに不安が残る?

アフターケアに不安が残る?
カスタマーセンターの対応への不満の口コミが多く見受けられます。 「パケ詰まりが起こって快適に使えないから契約先に修理依頼を出した。でも問題ないと返され、納得がいかないのでもう一度連絡するも対策も検証もせずに分からないので解約してくださいと言われた。WiMAXカスタマーセンターに電話するもわかりません。製造元会社に電話をしても販売減がWiMAXなのでそちらに聞いてくださいと、会社が寄ってたかって責任のなすりつけ合い。いろいろと本当にあり得ない」

新サービスにはありがちなカスタマーセンタートラブル事例ですが、ここまでのレベルは稀です。自分でオプションを付け加えなければいけない点も私からすればあり得ませんが、この対応は論外です。「SoftBank Air」であれば新品交換対応をしてくれたり、店頭で実機を検証してくれたりするのですが…。サポート面では「SoftBank Air」に軍配が上がります。

私も困ったときにサポートセンターに電話して電話がなかなか通じなかったり、意思疎通が思うようにできなくて嫌な思いをしたことがあるわ。サポートセンターは大事なポイントよね。
自分では解決できない問題があるからサポートセンターに確認するわけで気持ち的にもあせっている人も多いことでしょう。そういうときに良い対応かどうか?は気になるポイントですよね。
5.総括

いろいろと確認した事例を書いてきましたが、「Novas home+ca」の性能の結論は…「正直、微妙過ぎ。今後の性能とサービスの改善次第」

ファームウェアアップデート後の性能は確かに良いものであるのですが使用者の方の手間が多すぎるので、初心者の方にはハッキリ言ってお勧めができるものではありません。インターネットに関して玄人レベルの人がはじめて対応できる代物です。

これでは一人暮らしの学生の方のようなインターネット設定が右も左もわからない人には不親切設計である事この上なしです。更にWi-Fiルーターであるにも関わらず、割と最近の型のスマートフォンで相性問題が発生する点もいただけません。本来、置き型のWi-Fiルーターは「自宅に置くだけで快適なWi-Fi環境になる!」ことが絶対条件です。

そしてアフターサービスの杜撰っぷりも、何度も言いますが論外というレベル。業界人としては許せない事例です。ハッキリ言って「SoftBank Air」の対抗機種になることはあり得ないでしょう。しかし「SoftBank Air」以外に置き型Wi-Fiルーターが展開されるということは、消費者の方にとっても選択肢の増加に繋がります。

今後改善がされれば「SoftBank Air」の対抗馬となる可能性は十二分にあるので、長い目でみたほうがいいでしょう。auスマートフォンを利用中でセット割引狙いであればWiMAXのモバイルWi-Fiルーターも月間使用容量の上限が無くなりつつあるので、そちらをお勧めします。回線速度も4GLTEの下り速度と同水準のクオリティを誇るので、期待を裏切られることはないでしょう。

現段階ではソフトバンクエアーの方がいいといった声が多いみたいね。今後の改良に期待したいところね。
ソフトバンクはさすがと言えるクオリティですね。安くてそれでいてサポートも行き届いています。今後は他社の追い上げにも期待したいところです。
6.novas home+caの評価は遅い!の一言?

novas home+caの評価は遅い!の一言?
インターネットの利用で特に気になるのは「速度」ではないでしょうか?速度については遅いとストレスですし、何かと不便です。特に動画閲覧やオンラインゲームを利用している人は速度が遅いと困る・・・といった人も多いことでしょう。

インターネットの乗り換えや契約前に口コミなど評価を見てみることをおすすめします。評価がいいものは安心して利用できますが、中には光回線でも速度がとても遅いといったものもあります。

最近はWIFIタイプが注目を集めています。置き型のものもあれば、ポケットWIFIタイプもあります。どちらも新たな市場として注目されていますが、光回線を自宅に引いていたユーザーからみると物足りなさを感じる面もあるかもしれません。

置き型WIFIルーターとして話題のnovas home+caですが評価についてはどうも今一つのようです。今後の改善に期待したいところです。

どういった評価か?というと「速度があまり出ない」といった声が聞かれます。電波状況は悪くないのに、速度が出ないといった報告事例もあります。速度については各家庭の環境もありますし、時間帯によってもまちまちです。たまたま混雑しているタイミングで速度測定をしたのかもしれませんが、デメリットこそ耳を傾けて聞くことが大事です。なぜそうした声が出るのか?その点についても知りたいところですね。

速度が遅い原因については物理的なものもありますし、利用者の環境とも影響があります。どちらが原因か?は調べてみないとなんともわからない点です。もしかしたら利用者の機器や環境に要因があるかもしれないわけです。

しかしnovas home+caについては現段階の評価で「早くて快適」といったものがあまり多いとは言えません。速度についてはあまり期待できないのかもしれません。

速度については評価を良くみた方がよさそうね。知人が評価がいまいちなもので契約したものの、やっぱりいまいちだったなんてコメントをしていたのを思い出したわ。
評価については辛口が多いですがやはり評判が良くないものは避けた方がいいですね。今後の改善に期待したいところです。
7.novas home+caをポート開放する方法

novas home+caをポート開放する方法
novas home+caについてはポートを開放することが可能です。ポート開放を希望している人はぜひnovas home+caの利用を検討してみるといいでしょう。ポート開放をまだやったことがない方も簡単に利用できます。

ポート開放ですが手順についても見てみましょう。まずはファイアウォールを選択しましょう。次に「ポートフォワーディング」というところがあるのでここのメニューを開きます。ここでは必要情報を入力する必要があります。ポート開放などの設定についても作成できるようになっているので確認してみましょう。

ポートの開放設定の例としてWEBカメラやネットワークカメラを確認する必要があります。ここの開放設定も確認しましょう。ポートについてはチェックすることが大事です。基本的にANHTTPDの利用ならインストールは不要となっています。これは便利ですね。WEBサーバーの動作させることでポート開放についても確認できます。

このようにポート開放はそんなに難しい作業ではありません。情報を間違えず入力すれば簡単に取り扱うことが可能です。

ポート開放についてもわりと簡単にできそうね。これなら私でもできるんじゃないか?って気になってきたわ。
パスワードの間違いなどに気を付ければわりと簡単にできます。やり方についてもインターネットでさまざまな形で紹介されているのでそちらを見てみるといいでしょう。
8.今後ますます注目される置き型WIFI

今後ますます注目される置き型WIFI
インターネットは有線ではなく無線LANで利用したいといった人も多いことでしょう。無線LANはID、パスワードなどを入力することで簡単に利用できるのもポイントです。手軽に利用できることから有線より敷居が低いと感じるユーザーも多いのではないでしょうか。

有線については速度も安定していますし、無線LANよりも早い速度で通信を利用できとても便利です。しかしそこまで通信速度を要していない場合やタブレットや携帯電話を利用する場合、有線よりも無線が手軽で利用できるといったユーザーも多いことでしょう。

自宅でも光回線を家族でWIFIとして利用しているケースも増えています。今や小さな子供もインターネットを利用するのは当たり前の時代です。

端末などについてはアップデートも含めて管理が必要です。パソコンはもちろんスマホなどの知識も有しておくとさらに便利です。スマホについても定期的にアップデートしておくといいでしょう。そうすることで不具合にも遭遇しづらくなります。

インターネットの同時利用についてはルーターによっても設定が異なるので注意が必要です。ルーターでの設定ですが最大5台までなど規制がある場合もありますし、さらに多くの機器を使える場合もあります。

ルーターはサイトでも確認できることが多いのでまずは確認してみましょう。インターネット接続をしているものの、つながらないといった場合はもしかしたらルーターの関係かもしれません。実際にそうしたケースもあるのでその点も注意しましょう。

またルーターなども帯域について確認してみましょう。帯域が異なる場合、その部分は接続できません。また利用については通信によっても異なります。自分が契約している通信を確認してルーターが正しく対応しているか確認するといいでしょう。

ルーターですが良くあるパターンとして以前使っていたものをそのまま使用しているケースです。そのため最新のインターネット事情に対応していないケースもあります。利用はできるものの最大速度が利用できない状態になっていたり、不具合が出る場合もあります。

対応エリアなども大事ですがルーターの機種なども大事なポイントです。こちらについても目を向けて検討するとさらに早い速度でインターネットを利用できるようになるかもしれません。

キャリアアグリゲーション対応などインターネット利用についてもさらに進化しています。ポートなど最大の通信速度で利用できるよう今一度見直してみるといいでしょう。

インターネットの乗り換えや加入についてはキャッシュバックなども気になるところです。キャッシュバックは代理店各社でお得なプランを多数打ち出しています。代理店によってもキャッシュバック率は異なるのでその点も目を向けて検討することが大事です。

ホームルーターの利用を検討している人もいることでしょう。こちらもレビューなどで情報確認をしてみましょう。せっかくならレビューも良いものを利用するのが1番です。最近は口コミ情報でもリアルなものが多いので情報は上手に活用したいところです。

インターネットは電波やアンテナなども大事なポイントとなります。例えば電子レンジの近くにルーターを設置するとインターネットに影響が出る場合があります。電磁波の要素があるものはインターネットの利用場所に近くに置かないこと、またインターネットが途切れるなどといった現象が多い場合、周辺機器についても目を向けてるといいでしょう。

WIFIタイプとしてはUQ WiMAXモバイルデータ通信なども人気です。CMでもおなじみです。WIFIについては便利ではあるものの速度が遅い、使えるエリアが少ないといった苦情も少なくありませんでした。最近のWIFIはかなり改善されており利用についてもしやすくなっているのでこの機会に試してみるといいでしょう。

例えばWIFIMAXについては15日間の体験が可能となっています。無料で体験できるのでどういったものか試してみたい人におすすめとなっています。

有線LANについては高速通信となっており、速度面でも申し分ないものとなっています。しかし自宅でしか利用できないため日中仕事で外へ出る人は自宅での利用頻度はどうしても限られてしまいます。電車通勤の人は電車移動も含めてインターネットを利用する機会が多いことでしょう。

ポケットWIFIなら自宅でも外出先でも利用できます。速度にこだわらない人はポケットWIFIを上手に利用することで通信費削減にもなりますし、なかなか便利です。ポケットWIFIも速度や料金がどんどん改善されているので違い将来、携帯電話のように普及がさらに広がる可能性もあります。

WiMAXホームルーターなどもおすすめです。WIFI関係の商品はどんどん進化しており、以前とは違ったサービス提供も見られます。今後はさらに進化することが予想されるのでぜひチェックしてみるといいでしょう。

シンセイコーポレーションなどの商品も要チェックです。外付けアンテナやWiMAXルーターなど商品は多彩なのでこの機会にぜひチェックしてみてくださいね。

商品についてはバリエーションがますます増えているみたいね。前はちょっとな・・・と思った商品もすでに改良されているケースもあるわよね。
その通りです。商品については良いものがどんどん出てますし、改良も続々出ています。今後についても楽しみですね。
9.置き型WIFIルーターの今後について

置き型WIFIルーターの今後について
置き型WIFIルーターですが利用の手軽さとADSLより早い速度ということでさらに利用者が増えることが予想されます。引っ越しが多いユーザーはなおさら便利なのではないでしょうか。

ルーターについてはさまざまなタイプがあります。置き型もありますし、ポケットWIFIなど外出に最適なアイテムもあります。自分の利用の仕方次第でぜひとも検討してみるといいでしょう。

今では利用が当たり前になった携帯電話も以前は固定電話がメインでした。インターネットついても光回線の固定タイプがメインとなっていますが、今後はWIFIタイプにシフトされることが予想されます。

WIFI対応ですが線がなく利用が大変手軽です。特に持ち運びできるのはありがたい存在です。自宅でも線なしで利用できるのは何かと便利かと思います。この手のタイプの機種ですがさらに増えることが予想されます。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!