見直しが必要?ネット通信費の平均から見る改善方法を業界人が指南!

見直しが必要?ネット通信費の平均から見る改善方法を業界人が指南!

皆さんは毎月のインターネット料金はいくらぐらいでしょうか?5,000円~6,000円?高い方では7,000円程の方もいると思います。

以前のADSLであれば比較的に安い月額料金にでしたが、光回線が主流になってからは通信速度のクオリティが大幅に向上した代償として毎月のインターネット月額料金も大幅にあがりました。

月額料金の安さだけで選ぶのであればADSLが良いでしょう。しかし今のインターネットサービスやデバイスの性能を考えるとストレスを感じてしまいますし、ADSLサービス自体も近い将来にサービス終了になる事態も十二分にあり得ます。よって月額料金だけで光回線からADSL回線に切り替えるのはリスキーでしかありません。

そこで光回線を使用するうえで重要になってくるのが各サービス事業者の割引サービスです。今回は光回線事業者のどのような割引サービスがお勧めなのかを紹介していきます。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

1.光回線事業者の割引サービス

光回線事業者の割引サービス
まずインターネット料金を安くするということで頭に浮かぶ選択肢はこの2つになるでしょう。

【1】安価なプロバイダを選択する
【2】光コラボレーション事業者を選択する

まず【1】は結論から言うとお勧めできる選択肢ではありません。何故ならばインターネットの通信速度クオリティは月額料金と比例することがほとんどであるからです。

料金が安い「格安プロバイダ」を選んだことにより通信速度が時間帯を問わずに遅くなったという声が非常に多いのです。これではせっかく高い工事費を払って下り速度最大1Gbpsの光回線を導入している意味が無くなってしまいます。

【2】は「サービス事業者による」というのが正直なところです。光コラボレーションは「プロバイダとインターネットの月額料金がプロバイダによる一括請求になることによって安くなる」ということが謳い文句ですが、以前からフレッツ光のサービスプロバイダ事業を行っているところの光コラボレーションはそこまで劇的に安くなることはありません。(多少は変わるでしょうが…)

しかし3大キャリアとのセット割引を展開している光コラボレーションは、使用者のシチュエーションによっては劇的に料金が安くなります。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

2.携帯電話の3大キャリアとのセット割引があるサービス事業者

携帯電話の3大キャリアとのセット割引があるサービス事業者
では携帯電話とのセット割引が展開されている光コラボレーションサービスはどこがあるのでしょうか?キャリア別に見ていきましょう。

2-1.DoCoMoとのセット割引が可能な光コラボレーション
DoCoMoは基本的に「ドコモ光」のみとなっています。月額料金はプロバイダ料金も込みで戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円。

携帯電話一台あたりに入る割引は最大1,100円。平均的には800円の割引になる傾向にあります。これは携帯電話の契約にパケット定額がある場合になります。

家族でパケットをシェアする「シェアパック」の場合、パケットを所有する親回線に最大3,200円の割引が入ります。しかし1,200円~1,800円の方が多い傾向です。

DoCoMo自体が家族まるごとDoCoMoユーザーに対してパケット定額をシェアパックにすることをお勧めしているので、パケットシェアにしたうえで「ドコモ光」に乗り換えるほうが良いでしょう。

フレッツ光回線を使用しているサービスであるため、光回線のクオリティは心配する必要がありません。選択できるプロバイダ数も多数用意されていますが、プロバイダによっては通信速度クオリティが劣っている事業者もあるので事前に口コミ評判を調べておく必要があります。

2-2.SoftBank
SoftBankユーザーの方は「SoftBank光」が一番お勧めとなります。月額料金は戸建てタイプが5,200円、マンションタイプが3,800円となっています。SoftBankのスマートフォンを持っていれば「おうち割 光セット」が適用されます。

スマートフォン一台あたりに毎月最大で2,000円の割引となっており、標準的なパケット定額に契約していても1,410円の割引が適用されるのです。更に家族内であればこの割引は10回線まで適用されるのでSoftBankのスマートフォンを使用している家族が多ければ多いほどインターネットの実質料金が安くなるわけですね。

2,000円~1,410円の割引が適用される期間は2年間ですが、3年目以降も934円の割引が永年適用されるので末永くセットにすることも可能です。こちらもフレッツ光回線を使用しており、プロバイダはISP規制が極めて少ないYahoo BB!なので通信速度クオリティの心配はほぼ無いと思っていいでしょう。

2-3.au
auのセット割引が適用されるサービスは非常に多くあります。しかし最もお勧めできるのは「auスマートバリュー」が適用される「auひかり」と各地方の電力系光事業者です。

月額料金は各サービス毎に若干の差額はありますが戸建てタイプは概ね5,000円代前半、マンションタイプは4,000円前後。割引額は先ほどの「SoftBank光」と全く同様のものとなっています。

回線は各電力系事業者独自の光ファイバーを使用していますが、口コミ評価は非常に高いです。アフターサービスも万全体勢なので最もお勧めできます。関西はeo光、四国はpikara、中国地方はMEGAEGG、中部地方はコミュファ光等、地方毎にサービス事業者が違います。

尚、関東は「auひかり」自体が関東電力の光回線を利用しているので「関東の電力系光事業者は実質auひかりになる」と覚えてください。

他「@nifty」等の「auセット割」を展開しているプロバイダ主体の光コラボレーションもありますが、auスマートフォン一台のみに1,000円の割引が入るだけなのでお得感では遙か劣ってしまいます。またプロバイダによって通信速度のクオリティもバラツキがあるので、電力系光事業者を選択するほうが話が早いでしょう。


本文は下へ続きます

3.様々な割引サービスのメリットとデメリット

様々な割引サービスのメリットとデメリット
携帯電話会社主体の光コラボレーションサービスは請求が携帯電話もネット料金も一つにまとまる利便性がメリットであると言えます。

従来であれば携帯電話料金とネット料金はバラけて請求されることがスタンダードで、引き落とし日を把握することが面倒でした。これは嬉しいポイントです。

デメリットは携帯電話とネットの更新月にバラツキが発生してしまうところです。どちらのサービスも長期継続利用をする見込みがある場合であれば問題はありません。しかし数年に一度携帯電話キャリアを乗り換えている方にとっては非常に面倒な事態を招く恐れがあります。

数年後にも「他社解除料金負担額キャッシュバック」等のキャンペーンが走っている世の中であればいいのですが、総務省からの睨みが厳しくなりつうあるので不透明なところです。

本文は下へ続きます


ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

4.スマートフォンを格安スマホにする

スマートフォンを格安スマホにする
スマートフォンのスマホ代も見直しを行う必要があります。おそらく多くの人がスマホ料金に満足していないという人が多いでしょう。

確かに、スマホの利用料金は高いのよね。スマホ利用しているから仕方がないと言えば、仕方がないけど。
そんな人におすすめなのが、格安スマホなのですよ!今使っているスマホの料金プランを見直してみましょう!
格安スマホという名前はよく聞くけど、大手キャリアじゃないし、大丈夫かしら?
たしかに、大手キャリアではないですが、格安スマホのメリットとデメリットをご紹介します。

通信費と聞くとどうしても、フレッツ光、NURO光、ソフトバンク光、au光、DMM光などの光料金、回線料金を想像してしまいますが、スマートフォンにかかる通信費の見直しも必ず行いましょう。スマートフォンではデータ定額の料金プランが主流ですが、料金プランが本当に自分自身に合っているのかを見直すことは、節約にも繋がりますよ。

格安スマホのメリットとしては、月額料金が安いという点です。大手のスマホの場合は、約6,000円から7,000円などがかかりますが、格安スマホであれば、料金プランなどにもよりますが、半分程度に抑えることが出来ます。また、機種代なども安く抑えるということが出来ることが多いです。そのため格安SIMユーザーも増えています。月々の携帯代が高いと感じている方は、格安SIMを契約してみるとよいでしょう。

SIMフリーのスマホであれば、自分にあった最適なものを選ぶことが出来ますよ。

また、通話料についてですが、電話回線サービスを使うと通話料金が高くなってしまうということもありますが、オプションとしてIP電話を利用することで場合によっては無料などで利用することが出来ます。今の時代はあまり固定電話を使っていないという人も多いでしょう。

固定回線での通話はあまりしないかもしれませんが、IP電話なら通話料も安いですし、とても便利です。とくに一人暮らしならば固定電話よりもIP電話の方が安いというケースが多いです。光IP電話では、ひかり電話などがよく知られています。

次に格安スマホのデメリットについてです。格安スマホは基本料金を含めた料金プランが魅力的ですが、メリットだけではありません。当然、デメリットも存在します。

一般的に言われている格安スマホのデメリットには以下のようなものがあります。回線速度、接続速度が遅いということです。これは、業者によって違いますし、ほとんどのものは大手キャリアのモバイル回線を借りているのでそこまでひどいというわけではありませんが、多くの人が、回線が遅いと感じていて、回線サービスに不満を持っています。

それから、一番多くの人が感じているデメリットが、実店舗がないということです。大手キャリアであれば、近くにショップがあるので、困ったことがあればサポートなどを受けるということも出来ますが、格安スマホはインターネットでの取引のみでお店がないという業者もたくさんあるので、サポート面で不満を感じるという場合が多いです。

また、格安スマホにすると自分で初期設定を行わなければならないというのが、ほとんどです。接続するのが大変、わからないなどという人も多いようです。利用者の多くが開通手続きはとても面倒くさいと感じています。

このように、格安スマホには、メリットもデメリットも両方存在しますが、頻繁にキャッシュバックキャンペーンなども行っているので、料金を安くしたいと考えている人には思い切って格安スマホに乗り換えてみるというのもおすすめですよ。大手キャリアのスマホと格安スマホの比較記事などはインターネット上でもたくさんあるので、そちらをぜひ参考にしてみるというのもよいでしょう。

4-1.大手よりもご当地光回線が安い場合もある
必ずしも、大手の光回線の方が、通信費などが安いというわけではありません。利用できる地域などが限られるという場合もありますが、大手の光回線業者よりも料金がやすくなるという場合もあります。

地域に密着した光回線というものは色々ありますが、その中でも中国地方などで有名なものがメガエッグです。このメガエッグというのは中国電力グループが提供しているものです。

メガエッグの料金プランは、戸建て住宅に住んでいる場合と、マンションなどの集合住宅に住んでいる場合では料金が違いますが、両者に共通して言えることは、契約1年目の料金がとても安いという事です。

光回線なんてどこも同じでしょ?そう思っている人もたくさんいるでしょう。でも、やっぱり本音は少しでも料金は安い方が良いと考えているでしょう。メガエッグの場合には、戸建住宅に住んでいて、ギガ王3年契約ファミリーコースプラスの場合には、1年目は月々4,000円から利用することが可能です。

また、マンションなどの集合住宅に住んでいる人でギガ王3年契約ファミリーコースプラスの場合は1年目がなんと月々2,200円から利用することが出来ます。(メガエッグ公式サイト参照)とても、料金が魅力的だと感じる人も多いようです。

ただし、注意点としてはどうしても1年目の料金にばかりに目がいってしまいがちですが、2年目、3年目の料金は変わるということに注意をしておきましょう。2年目、3年目の料金などは必ず、メガエッグの公式サイトで契約する前に確認をしておきましょう。

メガエッグの料金はとても魅力的ですが、問題点もあります。それはサービスエリアについてです。中国地方を中心としていますが、やはりサービスエリアが他の大手光回線業者と比較してもとても狭いという問題があります。ですから、大きな魅力は感じているが、サービスエリア対象外であるという場合も多いです。やはり地域に密着した光回線業者であるということが言えるでしょう。

メガエッグの公式サイトでは、郵便番号や、住所一覧から、自分の住んでいるところがサービスの対象エリアなのかどうかを確認することが出来ます。メガエッグとの契約を考えているのなら、事前に公式サイトからサービスエリアかどうかをしっかりと確認しておくようにするとよいでしょう。

また、実際に利用している人のレビュー、評判を参考にしてみるということも非常に大切ですよ。とくに、中国地方などに住んでいるという人で、現在のネット環境に満足していないという人は一度チェックしてみるとよいでしょう。

4-2.光回線とセットで電気料金が安くなる方法とは
一般的にはセット割などと表現されることが多いですが、光回線とセットで申し込みを行うことで、電気料金が安くなるという場合があります。条件等はそれぞれの業者で確認しておきましょう。

基本的には利用者側が好きなプランを選べるというよりは、指定のサービスなどに加入することを条件として電気料金が安くなるなどの形が非常に多いです。また、キャリアなどの指定があるという場合も多くあります。

有名なもので、あればソフトバンクやauなどのサービスも一般的にはよく知られています。割引額や条件などは非常に複雑でわかりづらいという場合も多いので、まずは、いくつかの業者をしっかりと比較検討する必要があります。安くなると言っても、どのくらい安くなるのかによっても話は変わるので、安くなるからという理由だけで選んでしまうのが非常に危険な状態です。必ず確認をしておきましょう。

本文は下へ続きます










本文は下へ続きます

5.総括

インターネット料金を安くする一番の近道は「携帯電話会社とインターネット会社をセットにできるサービスを選ぶ」に尽きます。もちろん格安SIMとのセット割引を展開している光コラボレーション事業者も多数出てくるようになり、選択肢として検討している方もいるでしょう。

しかしセット割引額は1,000円未満のところが殆どなうえ、格安SIM自体も値段が安すぎる事業者だと使い物にならない回線クオリティのところが多いのでヘビーユーザー目線ではあまりお勧めできません。

ちなみにY!mobileは「SoftBank光」とのセット割引が適用となります。割引額はSoftBankのスマートフォンに比べるとそこまで安くはありませんが、携帯電話の回線クオリティは比較的安定しているので格安SIMを検討されている方には良い検討材料になるのではないでしょうか?










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!