自宅のネット回線が遅くなった?原因はどこ?パターン別で改善策を指南!

自宅のネット回線が遅くなった?原因はどこ?パターン別で改善策を指南!
今回は自宅のインターネットの通信速度が通常よりも落ちてしまったときの対処法についてお話したいと思います。

今まで自宅で光回線のインターネットを利用して「もしかして今日って速度遅くない?」、「通信が切れた!どうして?!」と思わず言ってしまう状態に出くわしたことがあるのでしょうか?

または開通後に「契約手続きで聞いていたのとスピードが違う」となったこともあるかと思います。

インターネットの通信速度が低下することには様々な原因があり、その原因によって対処方法は異なります。

しかし正しい対処法を把握しておけば意外とすんなり解消されるものです。場合によってはすぐに解消できないこともありますが…。

ここでは様々な原因を紹介し、具体的な対処法を解説していきます。

最近光回線利用者でも回線速度が遅いといった話を良く耳にするわ。これはどうしてなのかしら?不思議に思っていたのよね。
光回線自体は速度は速いのですがその他の問題であったり、プロバイダの規制が原因であるケースもあります。とにかく原因を見つけないと解決するすべはありません。速度の遅さが不満で更新月の前に解約してしまうユーザーも少なくないようです。

・通信速度が低下する原因集
・原因別の対処法
・その他の原因と対処法事例

1.通信速度が低下する原因集

通信速度が低下する原因集
では早速具体的にどういった原因があるか紹介していきます。

・自宅のインターネット機器に問題がある
自宅にあるインターネット機器は常に24時間ぶっ通しで稼働し続けています。周辺機器も人間と同じで稼働し続けると疲れて機能しなくなる状態が発生します。
これは意外と発生しがちなパターンです。

・デバイスに問題がある
Wi-Fi接続しているスマートフォンやタブレットも過度の通信や動作を行い続けることによって通信速度が遅くなったり、通信ができないということが起きます。
これも周辺機器の理屈と同じです。

有線接続しているパソコン等にも同様の事態が起きることがあります。

・通信障害が発生している
確率的には低いですが、あり得る話です。光回線自体に障害が起きているときがあれば、プロバイダのサーバー上で障害が発生していることもあります。

・通信制限に入った
これは光回線よりもモバイルWi-Fiルーターによく起きる事例。「使い放題」を謳っていても3日間で一定以上の通信量を消費することによって一定時間の速度制限が発生します。

これはモバイルWi-Fiルーターに限った話ではなくプロバイダによっては大量の通信容量を使用しているユーザーを特定して速度制限を設けたという事例もあります。
この事例は総務省が「通信の秘密を侵害したことになる」と指摘したことにより、現在では減少傾向にあります。

・「ISP規制」が発生した
契約しているプロバイダによっては通信量が多く混雑する時間帯に「ISP規制」を設けることもあります。これはNTTの基地局に設置しているプロバイダの自社装置のキャパシティによって頻度は異なります。
これはプロバイダ事業者の会社としての規模に関係なく発生するものと考えたほうがいいでしょう。

ここで羅列されている理由を見るだけでも原因っていくつかあるものなのね。インターネット回線が遅いとときはこれらの理由をつぶしていかないと難しいみたいね。
プロバイダが原因といったことは良く耳にしますが機器についてはよくわかないで利用している人も多いようです。故障していたり不具合があっても通常に使えるものも多いようでその点がわからない原因につながっているみたいですね。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.原因別の対処法

原因別の対処法
ここからは先ほど挙げた原因別に対処方法を解説します。

・周辺機器やデバイスの稼働時間が長いことにより速度低下が発生した場合
最初に周辺機器の電源を再起動するか、デバイスを再起動させましょう。はその両方でも構いません。障害や規制が発生していない限りはこれでほとんどは解消できます。
デバイスの再起動をする際は消えてしまうと困るデータはしっかり保存しておきましょう。

・通信障害が発生している場合
周辺機器やデバイスの再起動を行っても解消されない場合は回線そのものに障害が発生していないか確かめてみましょう。契約している光回線事業者やプロバイダのホームページを見ると障害情報が確認できます。通信障害が発生している場合は解消されるまで待つしかありません。
通信障害が発生していない場合はネット通信の初期設定をし直してみましょう。

・通信制限に入った場合
光回線では発生しにくい事例ですが、これも待つしかありません。もし通信制限に引っ掛かることが頻繁になるようであれば、通信制限がないインターネットサービスに乗り換えるべきです。今のネットサービスではあなたの求めるキャパシティに耐えることができません。

・「ISP規制」が発生した場合
これが一番厄介な問題です。「ISP規制」とはプロバイダが自社装置のキャパシティでは通信の供給が無理だと判断した場合に設けられる規制です。これに関しては契約事業者に改善要望を出すしかありません。しかし要望を出してもすぐに改善されるわけではないので、あまり期待はできません。
最悪の場合、プロバイダ変更も視野に入れなければいけなくなります。
もしプロバイダ変更の際は同じ状況に遭わないために「ISP規制」が発生する確率が低いプロバイダを吟味して選んだ方がいいでしょう。

http://isp.oshietekun.net/
↑こちらの「ISP規制情報」サイトを見ればどこのプロバイダが規制が緩く速度制限に掛かりにくいのか選定する参考になります。このサイトにある「問題外」と言われているプロバイダは契約しないほうが良いでしょう。
ランクCのプロバイダは地域によって通信速度クオリティの落差があります。

ispについてはプロバイダによってルールが異なっているみたいね。自分の使用用途とあわせてプロバイダ選びをすることが大事というわけね。
その通りです。プロバイダ選びってどこでもいいというわけではなくて規制を確認した上で検討することが大事です。特にオンラインゲームをしたい人はオンラインゲームの規制が問題ないか?確認することが大事です。

3. その他の原因と対処法事例

その他の原因と対処法事例
ここからは少しマニアックな原因を紹介していきます。

・契約している光回線の品目が古い
例えばフレッツ光の場合。現在のフレッツ光の最新品目は下り速度最大1Gbpsを誇る「フレッツ光ネクスト」です。

一昔前に展開されていた「Bフレッツ」や「フレッツ光プレミアム」等は下り速度が100Mbpsのため、閲覧するサイトによっては重く感じる可能性があります。もちろんフレッツ光以外の光回線事業者にも古い品目はあり、ほとんどの事業者は下り速度最大1Gbpsの最新規格のものを展開済みです。
※地域のローカルCATV系のネットサービスでは展開されていないこともあります。

100Mbpsの品目でも特別不自由ばかりというわけではありませんが、可能であれば下り速度が最大1Gbpsになる最新に品目にされることをお勧めします。場合によっては立会い工事が必要になる場合があるので、回線事業者に問い合わせてみましょう。

・使用しているデバイスや周辺機器の型が古い
自宅で使用している光回線が最高の品質だったとしても、それを使用する機器がクオリティを最大限活かせるものでなければ通信速度の低下は発生します。
一昔前のスマートフォンやタブレット等のデバイスでWi-Fi接続時の通信速度が遅いと感じたときは買い換え時かもしれません。最新のデバイスを使用すれば通信速度が大幅に改善されることも少なくありません。

またWi-Fi接続をされている方も、自宅で利用している無線LANルーターが劣化して通信が途切れてしまうということもあり得ます。そして無線LANルーターとデバイスのWi-Fi規格が揃っていなければ通信環境も万全とは言い切れません。
このあたりも考慮して見直してみるのもいいかもしれません。

機器類についてはどのくらいのペースで見直しすればいいのかしら。今は新しい機器がどんどん出ているからペースも早い方がよさそうね。
そうですね、2・3年に1度は見直した方が良いでしょう。ルーターでもスペックがどんどん変わっているので自分の機器が光回線に対応したものかどうかも含めて検討することが大事です。
4.総括

通信速度の低下を感じたときの手順は以下の順番で行うようにしてください。

①まず最初にインターネット機器とデバイスを再起動する。
②再起動で改善されなければ契約事業者の回線やサーバー上で通信障害が発生していないか確認する。
③通信障害が確認できなければ「ISP規制」の可能性が高いので、契約先に「通信速度が低下して困っている」旨を申し出る。

基本はこれで大丈夫です。また同一世帯内の家族に別のデバイスでインターネットを利用している人に通信速度は問題ないか確認してみても良いでしょう。

もし家族の人が使用しているデバイスで通信速度の遅延が感じられないのであれば、そのデバイス単体の問題ということが第一本線です。ご自身のデバイスの状態を確認してみましょう。

また契約して間もないときに「ISP規制」に遭遇してしまう事例も多発しています。新しくインターネットサービスを契約する前に口コミ等の評判をチェックして契約事業者を選んでくださいね。

デバイスのチェックは定期的に行った方がよさそうね。口コミでも事前に情報を確認した上で利用を検討することにするわ。
デバイスにチェックはつい忘れがたいですがこれが原因で速度低下につながっていることも少ないのでこの点はしっかり確認したいところです。利用についてもスムーズに使えるよう、自分でもチェックできる状態を保っておくといいでしょう。

・LANケーブルやルーターを強化すれば早くなる場合
インターネットの利用は仕事終わりのアフターに利用するといった人が多いことでしょう。夜20時以降については利用ユーザー数も増え回線も混雑しがちです。夜はインターネットのゴールデンタイムでありネット速度についても遅くなってしまいます。

せっかくインターネットを利用できる時間帯に速度が遅くてはイライラの原因になります。実際にそうしたことが重なり回線の乗り換えを検討するユーザーも少なくありません。

インターネット接続の速度については大手であれば問題ないだろうと思い選択するユーザーも多いのですが、大手であっても混雑状況が回避できなかったり、プロバイダの規制を設定している関係で速度が思うように出ない場合もあります。プロバイダの速度規制ですが「夜間規制」に該当するものが設定されている場合、夜間の速度は極端に制限されるケースが少なくありません。この機会に夜間規制について調べてみてください。

またプロバイダだけではなく自分の機器についても確認してみることをおすすめします。例えばLANケーブルです。LANケーブルはそのまま付属品を利用しているといった人や昔のケーブルを活用しているといったユーザーも多いことでしょう。LANケーブルですがインターネット接続の場合、ただ単に中継しているわけではありません。接続速度がありこれが足かせとなって速度に影響しているケースもあります。

LANケーブルにも仕様があり、速度についてもケーブルの仕様でまちまちとなります。もし速度がいまいちでルーターなどの機器に不備が見つからないようならLANケーブルをチェックしてみるといいでしょう。

LANケーブルですが1000円前後で最新のものが手に入ります。価格も手ごろなことからこの機会に買い替えも含めて検討してみてはどうでしょうか。

ルーターについてもルーターの種類で性能は異なります。ルーターはレンタルするかあるいは購入するかのいずれかになります。購入の場合、自分でルーターを調達するわけですがそのまま利用できるといった理由で以前購入したままのものを利用しているユーザーもみられます。確かに以前購入したルーターでも利用については問題ないわけですが古いタイプのルーターは仕様が古いタイプのものであったり、最新の速度に対応しきれていない場合も多々あります。

機器についても最近は性能が良いのでなかなか壊れることはありません。ただし機械なので劣化することはありますし、当たりはずれもあります。まずは仕様を確認してみましょう。そして可能であれば最新のものに買い替えあるいはレンタルをおすすめします。ルーターを変更しただけで速度がかなり違うといった話も耳にします。

ルーターについては動いているから特段問題はないと思ってついそのまま利用しがちよね。レンタルより購入した方が安いことも多いし、使えるかまあいいのかと。
最近の機器は壊れにくいですし、長期で利用できるルーターも少なくありません。しかし仕様が対応してしないケースも少なくないのです。その点もチェックすることが大事です。

・NURO光などの超高速回線に乗り換えるのも一つの手段
日本国内の光回線の速度は2017年11月現在多くのものが1ギガ対応となっています。ADSL時代から比較して20倍以上もの速度が出る光回線はまさしく画期的な回線であり、最強の回線でもあります。しかしそれを上回るさらなる回線があるのです。それがNURO光です。

NURO光は関東圏を中心に提供しています。最速速度は2ギガを誇る国内でも最大の速度の回線となっています。料金についても安価でかつ速度が速いためユーザー数も順調に伸びています。早く自分の居住エリアに開通してほしいと思っているユーザーも少なくありません。

NURO光ですがついにエリア拡大が実現しつつあります。2018年からの開通となりますがこの機会に乗り換えを検討してはどうでしょうか?NURO光は速度が速いと口コミでも評判ですし快適に利用できること間違いなしです。

NURO光に関する口コミは多数掲載されています。乗り換えてとても快適だったというユーザーが多くみられます。

乗り換えについてはさまざまな回線がありますがNURO光が提供されているエリアであればNURO光は頭が群を抜いているので利用してみる価値は十分あります。

インターネット速度が遅いと感じるユーザーによって夜間の規制についても気になることでしょう。多くのケースでは夜間の利用が思うようでないといった声が大半です。NURO光については夜間も速度が速く評判が良いのが特徴です。これはぜひ利用を検討したいところです。

光回線の中でも速度を求めるならNURO光といった声が最近多く聞かれるようになったわね。エリア拡大も進んでいるみたいだし、今後の展開が楽しみだわ。
そうですね。NURO光はようやくエリア拡大をし、ますますユーザー数が増えることでしょう。ユーザー数が増えることでまた口コミも充実しそうですね。

・ADSLを使っている場合、光回線に乗り換えるべき?
自宅や職場にインターネットを引いているユーザーは何の回線を利用しているのか?と尋ねるとモバイル系の回線やWIFI、光回線といった声が多く聞かれます。光回線は速度が速く、動画視聴やオンラインゲームもサクサク楽しむことができる回線です。それはさておき、実はまだADSLを利用しているユーザーもいます。

ADSLは光回線の前の世代でもう利用しているユーザーはほとんどいないと思っている人も少なくありませんが、光回線の比べて料金も割安ですし、速度をそこまで問わないユーザーはADSLで十分といったケースもあるわけです。

実際にADSLでも速度はそこそこ出ますし、動画視聴なども可能です。普通にインターネットを閲覧するユーザーであれば特段問題はないと思います。

通信費を削りたいといった人は多く聞かれますが、現状を変えることを嫌がるユーザーが多いのも事実です。実際に自宅では光回線、出先ではスマホでインターネットが利用できる状態から不便な状態に切り替えるのは嫌という気持ちはよく理解できます。

しかしながら通信費は毎月のコストであり固定費でもあります。生活費を削るには固定費を下げることも大事です。例えば1000円であっても年間で12000円です。これは大きなロスにつながります。

節約はちょっとした金額からコツコツ行うことが必要であり、作業についても正直面倒です。面倒でちょっとした節約を少しずつすることで経費は浮く計算となります。

インターネットもいい例ですが生活レベルを下げることは非常に難しい課題でもあります。生活レベルを下げたい人はほとんどいないことでしょう。また習慣に支配されている部分なので生活レベルを下げろと言われてもいきなり下げるのは至難の業です。

話が若干それましたがインターネット回線についても光回線からADSLにするには勇気がいります。ADSLから光回線にするより大変な作業でしょう。

乗り換えるべきかどうか?はまず「ADSLに不便さを感じているか?(速度面)」
「料金の差額はどのくらいか?」を調べることが大事です。ADSLが不便だと感じており、かつ差額分はさほどではないなら光回線への乗り換えを検討してみるのも良いでしょう。

なんとなくADSLから光回線に乗り換えたというユーザーもいるわよね。私もよくわからないけど光回線の方が速いというから乗り換えしまったのよね。
ADSLより光回線の方が速いですし確かに良い回線ではあるので迷うところですよね。どっちがいいか?は料金と自分の利用にあわせて検討するといいでしょう。そうすることでコストについても見えてくるかと思います。
5.速度が遅いと感じたら

速度が遅いと感じたら
フレッツ光など光回線のネットを利用しているユーザーも多いことでしょう。それにも関わらず「速度が遅い」といった声は後を絶ちません。原因ですがパソコンであったり、ルーターであったり無線であったりさまざまです。また自宅ではスマホでwifiを利用してインターネットをしているといった人もいることでしょう。

eo光などについても調べてみましょう。また速度が遅い人はモデムが原因かもしれないのでそちらもチェックしてみましょう。マンションタイプの場合、他の住民と共用の形になっているのでそれが原因ということもあります。

またパソコンがウイルス感染している場合もインターネット速度が遅くなるケースもあります。こちらについても念のため調べてみましょう。

設定ですが初期の段階の設定で通常は特段問題はありません。スピードなども確認してみましょう。インターネットの速度測定で測ることができます。パソコンや機器、ルーターなど速度については最大になっていない原因があるかもしれません。

スマートフォンについても写真等の保存が多くなるとネットの速度が遅くなる原因につながります。最近サイトへの接続があまり良くないと感じたら画像等を整理してみるのもおすすめです。

周辺機器や無線LANルーターなど速度につながる機器を確認してみることをおすすめします。可能性を確認することでインターネット速度に変化が出るかもしれません。また無線LANを使っている人も多いことでしょう。そうした人は有線lanに切り替えてみてください。

フレッツ光ですがプロバイダと共に検討するといいでしょう。インターネットの接続はぜひLANケーブル接続で試してみてください。

最近有線LANを使う機会がめっきり減っているわね。私も無線でばかり使っていて有線を使う機会があまりないわ。有線LANだと速度も速くなるというし、ぜひチェックしてみるわね。
速度を求めるならやはり有線LANがいいですよ。線が邪魔といった声も聞かれますがインターネットの基本接続は有線となっています。速度の違いもわかると思います。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!