ぷららの「ネットバリアベーシック」はどこまで制限されるのか?オンラインゲームは?業界人解説!

今回はNTTぷららが提供している有害サイトのブロックサービス「ネットバリアベーシック」についての解説と、有害サイトブロックの重要性についてのお話をさせてください。

今回は未成年者が住まれている家庭の人にはとても重要なお話です。

そして現在一人暮らしをされている方で成人や、同一世帯の家族が全員成人の方には必要のない情報かもしれません。
しかし将来的に家族ができて、子供ができる方は知っておいて損はないはずです。

是非、ご一読していただければと思います。

1.有害サイトブロックの重要性

有害サイトブロックの重要性
現在、インターネットでは検索をすれば様々な情報を見ることが可能になりました。
スマートフォンがあればいつでもどこでもインターネットで情報収集ができますよね?

動画も簡単に視聴が可能になりました。
昔は動画と言えば読み込みも遅く、画質の大変粗い代物でした。
しかし今は4K動画ですら視聴ができますよね。

しかし便利になった反面、危険な情報も簡単に手に入るようになりました。

未成年者の方に危険といえるものはコミュニケーションツールによる「まだ見ぬ人」とのやり取りです。
様々なコミュニケーションツールにより発生した犯罪は後を絶ちません。

そしてアダルト動画等も簡単に視聴が可能になり、未成年者には有害サイトブロックの機能を使わなければ自分の意思で勝手にどんなコンテンツでも見ることができてしまうのです。
(私も10代の頃にアダルト動画を見ていたことがバレて、親にこっぴどく怒られたものです…)

携帯電話会社の大手3社は以前からスマートフォン通信でのフィルタリングサービスを無料で提供開始しています。
レベルも小学生、中学生、高校生向けの3段階で用意されており、このフィルタリングサービスの提案と説明は今や警察から販売店へ「必ず行うように」と指示をだしているのです。

「子供のスマートフォン契約にフィルタリングオプションを入れておけばそれでいいんだよね?」と思われがちですが、それだけでは不十分です。

携帯電話会社のフィルタリングはあくまで「携帯電話の4GLTE回線を使用したネット利用」でのみ適用されるため、自宅でWi-Fi接続する際は無効かされてしまいます。

よって自宅でのインターネット回線でもフィルタリングとなるサービスを契約しておく必要があるのです。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.NTTぷららの「ネットバリアベーシック」について

NTTぷららの「ネットバリアベーシック」について
今回紹介する「ネットバリアベーシック」はNTTぷららのプロバイダ契約をしていれば無料で使用できるオプションサービスです。

2-1.サービス概要
ご自宅にいる未成年者によって有害となるサイト(暴力やアダルト等)、セキュリティ上危険なサイト(ワンクリック及びフィッシング詐欺)、子供たちに対する性的虐待及び児童売春等の犯罪を助長するサイト(主に出会い系サイト)や不正と認められる通信をブロックするサービスです。

2-2.どのようにブロックしてくれるのか?
警視庁サイバー犯罪対策課、ネットスター株式会社、ピットクルー株式会社、ACTIVEが作成した悪質サイトのURLリストを採用し、「有害となるサイト」、「不要な通信」、「Winny等のファイル共有ソフトによる通信」の3項目をブロックしてくれます。

これは指定したデバイスではなく、自宅のインターネット回線全てにおいて適用となるフィルタリングサービスです。

3.お子様の年齢に応じたレベル選択

お子様の年齢に応じたレベル選択
お子様の年齢に応じて有害サイトのフィルタレベルを選択することが可能です。
レベルは0~2の三段階で用意されています。

・レベル0
サイトのブロック無し・

・レベル1
セキュリティ上危険なサイト、主にワンクリック詐欺やフィッシング詐欺等の閲覧をブロックします。

ワンクリック詐欺はアダルトサイト等でクリックした途端に料金の請求を促すページになるものですね。
成人男性の方は引っかかった経験をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?
ワンクリック詐欺で表示されたページの電話番号は一度かけてしまうと、折り返しての電話が何度も繰り返してかかってきます。
フィルタリングをかけていない場合はお子様が誤って発信してしまう可能性が高いので笑い事ではありません。

フィッシィング詐欺は大手のサービスサイトのログインページを似せた詐欺サイトを使用し、ユーザーのIDとパスワードを盗み取り個人情報が全て流出してしまうものです。
最悪の場合、クレジットカードの情報まで盗み取られてしまい悪用され多額の請求が発生することもあります。

・レベル2
青少年に有害な暴力やアダルトにまつわるサイト、子供たちに対する性的虐待や児童売春等を助長するサイト(主に出会い系サイトですね)、先ほどにもあがったセキュリティ上危険なサイトの閲覧をブロックします。

高校生までであればレベル2が無難な選択と言えます。
保護者の監視が可能であればレベル1でも良いでしょう。
レベル0にはするべきではありません。

4.フィルタリングのデメリット

フィルタリングのデメリット
4-1.最大のデメリットはオンラインゲーム
「ネットバリアベーシック」は確かに優れたサービスですが、最大のデメリットが存在します。

それはスマートフォンやパソコンのオンラインゲームやPS4やNintendo DS等のインターネットの通信対戦が一切不可能なことです。

現在のゲームは残虐性のあるソフトも多数リリースされており、ゲームによってレベルも様々です。
ゲームソフトによるレベルまでは流石に判別が不可能のであるため、一括してブロックしていると考えられます。

これはレベル1にしても不可能なことです。
必要な場合はレベル0にするほかありません。

4-2.保護者のインターネット利用にも影響が出ることも
子供のために利用している「ネットバリアベーシック」ですが、保護者の方が利用するサイトでもブロックされる可能性もあります。
実際に使用してみないとなんとも言えませんが、これも考慮したうえで設定する必要があります。
普通にインターネット利用をするぶんには問題はありませんが…。

4-3.オンラインでレベルの変更が可能
これは一見「オンラインでできるとか楽じゃん!」と思い、利便性が高く思いますよね。
しかしその反面「オンラインで変更が可能」であることにもデメリットが存在します。

それはお子様にプロバイダのIDとパスワードが知られてしまうと勝手に設定を変更されてしまうことです。
設定変更はスマートフォンからでも可能になっています。
利便性が高いが故に、IDとパスワードはお子様に知られることがないように厳重に隠しておく必要があります。

IDとパスワードはNTTぷららを契約した際に送付される封書の中にあります。
この封書はお子様の手の届かないところに隠しておくことをお勧めします。

5.総括

「子供が不便な思いするし、フィルタリングかけなくても大丈夫だろう」と思う人も多いと思います。
しかし私は「必ずつけておいてください!」と強く主張します。

どれだけ自分の子供を信頼していても何が起こるかはわかりません。
子供に何かが起こってからでは遅いのです。

最近のお子様は親御さんが持っているスマートフォンやタブレットの操作方法を簡単に習得できます。
だからこそ危険性もはらんでいるのです。

悲しい事態になってしまう前に、フィルタリングサービスについて見直しをしていただければ幸いです。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!