2018年4月30日で受付終了!もっともっと割駆け込んだ方がいい?

2018年4月30日で受付終了!もっともっと割駆け込んだ方がいい?

インターネット接続ですが各家庭でもさまざまな利用状況となっています。光回線を利用している人もいればポケットWIFIを利用している人もいます。またスマホなど携帯のみを利用しているユーザーも見られます。

インターネットは生活シーンでも欠かせないものとなっており、子供から年配まで多くのユーザーが利用する時代です。出先はスマホで自宅では自宅用のインターネット回線を利用しているユーザーも多くみられます。

インターネットと言えばNTTが定番です。NTTの回線を利用している人も多いことでしょう。NTTの光回線は自宅の固定回線として定番の回線でもあります。

ところでNTTの回線ですが光回線でもいくつかのプランがあります。NTT東日本とNTT西日本では回線状況も異なりますし、提供プランも違います。同じプランでも価格が異なることもあります。そのためNTT東日本エリアから西日本エリアへ引っ越しした場合、違うプランを選択することになるかもしれません。

新しいプランが続々出ている反面、終了を迎えるプランもあります。その中の1つがもっともっと割というNTT西日本のプランです。こちらは「光もっと2割」というプランで新規申し込みが2018年4月30日で終了となります。

長期継続利用型割引サービスのプランであり割引を受けたい人にピッタリとなっています。駆け込みで入った方がいいかそのあたりも検討したいところです。

もっともっと割はお得なプランなのよね。これは入った方がいいのかしら?
2018年4月末で申し込みが終了になるので申し込みするなら早めに申し込む必要があります。
他のプランも色々あるし迷うわ。
よく比較して検討するのが1番です。

1.もっともっと割りは解約金が高い、縛りもある、割引は年100円づつ

もっともっと割りは解約金が高い、縛りもある、割引は年100円づつ
NTTが手掛けるフレッツ光は定番商品となっています。NTTの光回線を利用している人も多いことでしょう。NTTは老舗として君臨しており日本最大の通信会社でもあります。

ところで割引についても気になるところです。NTTの光回線ではいくつかの割引を提供しています。その中の1つがもっともっと割です。もっともっと割は長期契約をすれば光回線がお得に利用できるといったものです。

どのくらいお得か?というと月額1100円などけっこうな割引率となっています。普通に契約していると月額5400円です。その他にもプロバイダ料金がかかります。

となると大体6千円はかかるわけですがそこから1100円割引はけっこう大きな割引です。もっともっと割はそうしたことから人気となっています。月額料金だけでみると大変お得なのですが違約金がけっこう高いのでその点は注意が必要です。

もっともっと割ですがプロバイダは除外されます。割引される料金は光回線の部分のみです。違約金ですが利用期間によって違約金額が異なります。最大3万円の違約金です。けっこうな額であることがわかるかと思います。

2年目までは1100円ほどの割引で、2年目からは1290円の割引となります。それ以降ですが毎年100円ずつ割引となります。このように割引率はけっこう高く光コラボレーションへの乗り換えよりもメリットがあることも多いわけです。

もし月額コストがそこまで変わらないのであれば光コラボレーションではなくNTTのフレッツ系の回線がおすすめです。光コラボレーションはプロバイダの選択肢が限られていたり、指定されていることが多いです。

接続速度の上でもプロバイダが大事なポイントです。プロバイダが貧弱だと接続速度も遅いですし、不便を感じることでしょう。

その他違約金についても計算する必要があります。インターネットのコストは月額料金ばかりに目がいきがちですがトータルで考えることが重要です。トータルコストはどうなっているか?違約金を含めた額まで入れて検討することが大事です。

もっともっと割は大変お得ですが途中で解約して違約金を払ったら大してお得でなかったり、損することもあります。せっかくの割引なのに損をしたらもったいな話ですよね。

違約金はかなりネックになります。よっぽどの事情がなければ更新月をきちんと調べて利用を検討するのがベストです。

インターネットの回線の見直しですが特段問題がなければそのままずっと継続といった人も多いことでしょう。こちらもちょっと注意してほしいところです。新しい割引やお得なプランが出ていることもあります。

プランの見直しですがある程度の周期で見直しするのが1番と言えます。特に光回線など新しいプランが続々出ています。

インターネットも新しいプランが続々出ているし、乗り換えも興味があるわ。
そうですね。乗り換えも悪くありませんが違約金などもバカにならないので更新月のタイミングで乗り換えをするのがベストです。
そうなのね。わかったわ。でも更新月ってもういつか忘れてしまったわ。
多くの人がそういう状態だと思います。ここは調べてチェックするしかありませんね。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.回定番線を乗り換えるべきかもっともっと割りに駆け込むかの判断材料

回定番線を乗り換えるべきかもっともっと割りに駆け込むかの判断材料
現在非常に多くのインターネット回線が提供されています。その理由の1つが光コラボレーションの提供です。光コラボレーションは数百社ほどあり多くの会社が提供を手掛けています。

PRについても盛んに行われており電話勧誘や家電量販電のセールス、インターネット上での申し込みなどさまざまな戦線が繰り広げられています。特に代理店の活躍は目を見張るものが多いです。

代理店はトラブルも耳にしますが、上手に利用すれば大変お得ですしおすすめです。キャッシュバックなどお得なサービスも豊富で消費者にとってもメリットがあるものが多いです。

ではどうしたらトラブルを避けられるのか?というとまず電話勧誘からは絶対に申し込みをしないということです。電話勧誘できちんとした説明を行わないケースが非常に多くトラブル事例が後を絶ちません。

そこでおすすめなのがインターネットからの申し込みです。インターネットからきちんとした代理店に申し込みをすればお得な特典をもらうことができ、トラブルも避けることができます。それでもオプションなどは必ず確認しましょう。

最近は特に光コラボレーション商品が人気で割引も盛んに行っています。auひかりやドコモ光、ソフトバンク光をはじめ多数の商品があります。auなどは携帯電話との契約でさらに安く利用できます。

インターネット回線も携帯電話との割引が普及しており自分が利用しているキャリアのインターネット接続に乗り換える人も増えています。

ずっとNTTのフレッツなどを利用していた人はNTT以外の他社も利用してみたいという興味を持っている人も見られます。どういったものか試しに利用してみたい気持ちもよくわかります。

NTTの回線を利用している人はもっともっと割に駆け込みするべきか、あるいは乗り換えるべきか?といった点で迷っている人もいることでしょう。そうした人はメリットデメリットを比較してみましょう。

乗り換え先は各々なので一概にはいえません。継続した方がいい場合もありますし、乗り換えた方がいい場合もあります。

現在の回線で特段不満がない人はもっともっと割を利用してそのまま継続するのも良いでしょう。乗り換えですが設定変更などけっこう手間がかかります。その他知らない部分で負担がある場合もあります。

光回線の状況で言うと現在NURO光が2ギガの提供をてがけていますがその他の光回線は1ギガ提供でありこの状況は当面続くことが予想されます。それであればひとまずそのまま利用し続けるのも悪くはないという見解です。

乗り換えはキャッシュバックなどもありお得ではありますが工事費などがかかる場合もありますし、その他面倒なこともけっこうあります。現状維持が1番楽かもしれません。

乗り換えについては魅力的だけど、実際のところどうか?が迷うところだわ。
乗り換えはメリットとデメリットを調べて検討することになります。
どのみち自分で調べないとだめなのね。
そうなんです。これもまた労力がかかりますがここは辛抱です。

3.NTT系のインターネット回線

NTT系のインターネット回線
インターネット接続会社と言えば真っ先にNTTを思い浮かべる人も多いことでしょう。ISDNやADSL、光回線とNTTはインターネット回線の最先端で提供を続ける企業です。固定電話などでも老舗として活躍しています。

NTT西日本のエリアであればNTT西日本フレッツ光などの提供があります。NTT日本フレッツ光は東日本と西日本に分かれての提供となっています。Web光のサービスでもおなじみですが西日本と東日本ではサービス内容が異なります。

NTTが提供を手掛けるサービスですがスーパーハイスピードタイプ隼などがあります。回線でもいくつかのタイプがあるので調べてみるといいでしょう。

NTTが手掛けるフレッツなどの利用ですがデメリットもあるのか?その点も気になるところです。フレッツ光やフレッツ光ネクスト、フレッツ光ライトなどフレッツ光特有回線を提供しているNTTですが他社よりも割高なケースもあります。

フレッツ光利用者の方はマンションタイプなども多いことでしょう。最近は光コラボレーションの登場もあり回線の乗り換えをする人が増えています。乗り換えですが更新月でなければ違約金(解約金)が発生します。できれば更新月のタイミングで乗り換えるといいでしょう。

割引ですが長期だとさらに割引サービスがなされるケースもあります。もっともっと割についても長期契約でさらなる割引がされるサービスです。契約期間についても検討してみるといいでしょう。上記の利用で月額利用料も安くなります。

光コラボレーションはNTTの光回線を利用しておりドコモやソフトバンク、auなどをはじめ多くの会社から光回線が提供されています。フレッツ以外にも多数の選択肢が増えたことになります。

光プレミアムなど光回線は魅力がいっぱいです。できれば利用料金もお得にそして快適に活用したいところです。

インターネットの申し込みですが公式ページでも申込みを受け付けています。NTTでの申し込みを検討している人はNTTの公式サイトを確認しましょう。西日本と東日本で提供は変わるのでその点は注意が必要です。

光コラボレーションは特に料金がお得といった声も多く乗り換えを検討している人も増えていますが、結果的にNTT西日本が提供を手掛ける西日本フレッツ光などと料金がそこまで変わらないこともあります。

長期割引など割引もあるのでそちらを利用すると割引率も上がりますし、不便がかかることもありません。乗り換えも手間もなくこういった方法を模索するのもおすすめです。

割引対象ですがNTTからの申し込み以外にも代理店の利用といった手もあります。代理店では対象サービスがさらに広がり、キャッシュバック率が高かったりお得なサービスがあることもあります。工事費無料といったサービスがある場合もあります。

長期利用の適用は利用に差し支えなければ料金も安くなりますしメリットも多々あります。料金サービスの面からもメリットがあることでしょう。

インターネットサービスは長期割引についても利用を検討してみるといいでしょう。乗り換えもいいですがその前に現状のプランを見直してみるといいでしょう。

インターネットサービスはさらに広がりを見せているわね。長期割引はお得だしね。
そうですね。長く利用する予定の人は長期割引を活用するといいでしょう。
乗り換えもいいと聞くけど、その点はどうかしら?
メリットがある場合もありますし、そうでもない場合もあります。比較してみるのが1番です。
4.総括

2018年4月末で申し込みの終了が迫っているもっともっと割ですがこのままNTTの回線を継続する人は申し込みしてみるのも良いかと思います。乗り換えを検討している人はもっともっと割の利用とのメリットデメリットを比較して検討してみてください。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!