モデムとルーターの違いって?見た目の判断とそれぞれの役割を業界人が解説!

モデムとルーターの違いって?見た目の判断とそれぞれの役割を業界人が解説!
インターネットを利用するには、自宅にインターネット信号を送るための回線を引き込むことになります。といってもISDNやADSLといった伝送方式では既存の電話回線を利用する為、新たに引き込むのはほとんどの場合光回線でしょう。

いずれの回線にしても、インターネット信号が送られていることには違いありませんが、この信号自体に違いがあるんです。とはいっても、インターネットを利用するための端末である、PCやゲーム機、TVやWi-Fi経由でのスマホ、タブレットなどからは、どれでも同じようにインターネットが利用できますよね。

このように伝送方式が違っても、いろんな端末で正しく閲覧できるように信号を変換してくれる装置が、モデムやルーターというわけです。今回はこのモデムやルーターについて詳しく紹介していきます。

1.モデムとは?
2.ルーターとは?
3.モデムとルーターを見た目で判断する

インターネット利用歴はかなり長いけれどルーターの信号とかそういうのはわからないわ。
そういう人が大半だと思いますよ。ルーターの信号とか仕組みについてはプロでもよくわからない人もいますしね。
パソコンやスマートフォン、タブレットとかいろんな端末から利用できてインターネットって本当便利よね。伝送方式が違っても問題ないということよね?
伝送方式が違っても利用できるケースもいくつかあります。説明書通りに利用すればそんなに問題なく利用できると思います。

1.モデムとは?

モデムとは?

1-1.ISDNとADSLのことを少しばかり
現在、電話回線を利用するインターネットへの接続方式には、ISDNとADSLがあります。細かい説明をすると専門的になり長くなるので、一般的な概念として説明しますね。

ISDNはデジタル回線を使って通信する方式で、通話品質や伝送品質が優れていますが、通信速度が遅いためにインターネットを利用するには少しばかりイライラする回線です。このISDNの信号変換に使われるのが、TA(ターミナルアダプタ)と言われるものです。

これに対してADSLは、従来の電話回線すなわち昔のアナログ回線を使って通信する方式です。電話回線がアナログからデジタルに変わっていき、余ったアナログ回線を何とか利用しようと生み出された技術で、いわばリサイクル回線を使った地球にやさしいエコ通信なんです。

ADSL技術の進歩によって、通信速度はISDNに比べ物にならないほど速いのですが、NTTの局舎から離れるほど通信品質が劣化するという弱点があるんです。また既存のアナログ回線を利用するわけですから、経路によっては電力線の影響を受けるなどの当たりハズレが出てくるわけです。

ハズレの場合、出来る限りの改善努力ということになるのですが、物理的な限界もあり、たとえば50Mを申し込んだのに12Mに変更を余儀なくされた、なんてこともあるわけなんですね。

1-2. モデムはADSL回線に使われている
電話回線によって伝送されたこのADSLのアナログ信号を端末に伝えるために、デジタル信号に変換する装置がモデムです。もちろん端末側からみればデジタル信号をアナログ信号に変える装置なので、正確には「アナログ・デジタル信号変換装置=モデム」ということになります。

モデムによってデジタルに変換されたインターネット信号は、PCやスマホなどの同じデジタル端末で本来の機能を発揮することができ、ひいてはインターネットが利用できるようになるわけです。

1-3.モデムでつなげる端末は1台だけ
モデムによってデジタル端末が利用できるようになったわけですが、この段階ではあくまでモデムからつなげるのは1台の端末です。一人暮らしでインターネットを見るのはPC1台だけという人は、モデムから直接PCにつなぎPC内でインターネットの接続設定をすれば、目的は達成ということになります。ただそれでは、スマホやタブレット、TVにゲーム機にと複数の端末を同時にネットにつなぐことはできません。

スマホやタブレットはネットが見えているからいいなんて人も、固定回線からWi-Fi経由でつなげば実質通信料金は無料、データ制限にもカウントされないので、つながない手はないわけです。例えばPCで楽曲をダウンロードしながらオンラインゲームを楽しんだり、ネットをしながらスマホのOSをアップデートするなどなど、いろんなシーンが考えられますよね。

といってもモデムからつなげるのは、基本的に1台だけ。まさか使うものを絞って順番に使うなんて、しかもそれぞれの端末に接続設定を行なって、なんて面倒なことはしたくないですよね。そこで登場するのがルーターです。

モデムとルーターの違いがよくわからないけれど、双方の役割があるということね。自分の家の機器を調べてみるわ。
そうですね。まずはチェックしてみるといいでしょう。ルーターを利用すればさらに複数の端末を利用できますしね。とても便利なアイテムです。
接続の設定もスムーズにしたいところだわ。これが複雑だと面倒よね。あと何度も接続しなおししないとダメというのも嫌だわ。
そうですね。そうしたトラブルを避けるためにも最初にしっかりと設定することが大事です。最初にしっかり設定できれば後々のトラブルも少ないです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.ルーターとは?

ルーターとは?

2-1.ルーターは整理券を配って道案内するネットワークの仕分け人
ルーターは、いわばネットワークの仕分け人のようなもので、モデムから受け取った信号にインターネットにつなげるための道筋をつけたり(接続設定)、複数の端末に番地をつけてうまく振り分けてくれる(ルーティング)通信機器です。要するに「インターネットの接続設定をして各端末に振り分ける」という点が、ルーターならではの機能、いわばキモなんです。

2-2.タコ足配線するだけのHUB(ハブ)との違い
1つの入り口をタコ足配線のように複数に分岐するものとして、HUB(ハブ)というネットワーク機器があります。HUBは、たんにLAN配線を分岐して増やすだけのもので、ルーターのような特別な機能は持っていません。いわば100Vの家庭用コンセントが足りないときに、コンセントを増やす時のテーブルタップのようなものです。職場のデスクの下で、LANケーブルがいくつも並んで差し込まれ、緑や赤の小さなLEDがチカチカ光っているような四角い物体を見たことがありませんか? それがHUBなんです。

一般的に使われる多くのルーターの背面にもいくつかのLANコネクターが並んでいるので、よくHUBと間違われることがあります。さらにルーターのこのLANコネクターの部分だけを使えばHUBの役割もしてくれるので、余計に混同しやすいわけなんです。

2-3.ルーターが番地を付けて振り分けるのはなぜ?
モデムから受け取ったデジタル信号だけでは、インターネットには接続できません。ここで各プロバイダから与えられた「ユーザー認証」という接続設定を行なうことで、インターネットに参加することが認められるわけです。このユーザー認証設定のことを「PPPoE設定」といいます。

ルーターの内部では、モデムから受け取った信号にPPPoE設定することで、まずはインターネットに接続することが許可され、プロバイダ契約で割り当てられた世界で通用する固有の番地(グローバルIPアドレス)も同時に認証されています。不正アクセスなどで発信元を特定されるのは、この固有の番地があるからなんです。リアルで例えれば、マンションの所在地みたいなものですね。

今度はルーターから各端末にインターネット信号が振り分けられるわけですが、ここからはルーターからみれば宅内側の端末。このすべての端末にまでグローバルIPアドレスを付与するわけにはいかない(アドレスが足りなくなる→現在すでに対策がなされていますが)ので、ルーターからは宅内用の番地が振り分けられるようになっているんです。

これは、先ほどのグローバルIPアドレスに対して、ローカル(またはプライベート)IPアドレスと呼ばれています。マンションでいえば所在地に対して部屋番号のようなものですね。

ルーターを語ればきりがないのですが、本題とはかけ離れてくるのでこの辺りで省略します。要するにルーターは、回線に息を吹き込んでくれる立役者であり端末への道案内人でもある、ポイントの高い通信機器なわけです。

ルーターは道案内のポインター的な存在でもあるのね。インターネット接続もいくつかの仕組みを経てつながっていることがわかるわね。
そうですね。接続は単純そうに見えてどうではないのです。接続のために必要な分岐点などもありますし、信号もありますしね。
グローバルIPも名前は聞いたことがあるけどいまいちわからなくて。そうしたものも大事なものなのね。
そうです。IPアドレスは住所と一緒で1つしかないものです。インターネットを利用するには住所のようなものが必要となっています。

3.モデムとルーターを見た目で判断する

モデムとルーターを見た目で判断する

3-1.モデムにもルーター機能を持つものがある。
じつはモデムにもPPPoE認証が設定できるもの、それを各端末に振り分けるなどのルーター機能を持つものがあるんです。これは一般にルーター機能内蔵モデム、ルーター一体型モデムなどとも呼ばれているもので、NTTやYahoo!BBなどのADSL契約では多くの場合、この一体型モデムが提供・設置されています。※NTTのADSLは2016年6月で新規の加入は廃止

3-2.ADSLでは一体型モデムが主流
さてここからが本題なんですが、ルーター一体型のモデムまで登場するとモデムなのかルーターなのかといった判断は難しいですよね。もちろんどちらでもあるわけですから判断も何もないのですが。しかも幸か不幸か、現在出回っているモデムはほとんどがルーター機能の内蔵された一体型モデムなんです。しかもこの一体型モデム、無線LANカードを差し込むとWi-Fiルーターに早変わり、スマホやタブレットにもすぐつなげてしまうわけです。

3-3.モデムとルーターの外観上での違いを迫られる場面がない?
そんなわけで、ADSLの場合は一体型モデムが主流であり、モデムとルーターを外観で判断するということの方が、特殊な例ということになります。筆者もこの記事を書いていて、今の時代何でそんなことが必要なんだろう? と自暴自棄に陥ってしまうしまうのですが、それでは話にならないので、モデムとルーターが別々の場合ということで最後に説明しておきますね。

3-4.モデムとルーターを見た目で判断する
■モデムの外観からの判断
モデムは電話回線を利用してアナログ信号とデジタル信号を相互変換するわけですから、電話回線の入力つまり「LINE/電話回線というモジュラージャックのコネクタがある」また利用中のものでは「電話回線の回線側がつながれている」ものがモデムということになります。

■ルーターの外観からの判断
ルーターはPPPoEというインターネットにつなぐためのユーザー認証を設定するわけですから、その認証が通っているかどうかを判断する目印が必要なわけです。つまり電源ランプなどの表示とともに「PPPoE(またはたんにPPP)ランプがある」ことがルーターである条件のひとつ。

さらに認証が通ったインターネット信号を各端末に振り分ける、ルーティングという機能を備えているわけですから、各端末を接続するための「LANポート(コネクタ)が複数(多くの場合は4つ)ついている」必要があります。これがもう一つの条件です。

ルーターにはいくつかのランプがあって、ランプで故障を確認したり接続を確認するというのは知っていたけど、詳細についてはわからないわ。
詳細は説明書を見て理解できれば問題ないと思います。ランプの点灯状態を確認すればトラブルも判明しやすいですしね。
全部暗記していなくてもランプの点灯に異常がないか?などチェックできれば利用についても問題なさそうね。
そうですね。ランプの点灯なども含めて利用を考えてみるといいでしょう。
4.この記事のまとめ

さて、モデムとルーターの役目と見た目の判断、いかがですか?モデムはアナログとデジタルを相互変換するもの、ルーターはネットにつなぐ認証をかけ端末への順路を振り分けるもの。外観として、モデムは電話回線をつなぐモジュラージャックがあるもの、ルーターはPPPoEランプとLANポートが複数並んでついているもの。

なんと3行で終わっちゃいました♪

モデムとルーターの役割について今回なんとなく理解できたわ。
なんとなくでも理解していれば故障の際も対処がスムーズかと思います。
故障したらどうしたらいいのかしら。
状況を説明してサポートセンターに問い合わせみましょう。その後対処すれば治すことができるかもしれません。
5.インターネット接続をしよう

インターネット接続をしよう
インターネット接続についてはいくつかの手順があります。光回線を契約したという人もいると思いますが光回線だけではインターネット接続はできません。光回線とプロバイダの両方で初めて接続することが可能です。

パソコンでインターネット閲覧する人もいることでしょう。パソコンでの閲覧はスタンダードと言えます。最近はさらにスマートフォンやタブレットを利用してインターネット接続をする人もいます。

自宅でのインターネット閲覧はルーターやモデムの装置が必須です。光回線で契約している人は自宅にどういうルーターがあるか見てみるといいでしょう。ルーターですが無線LANに対応になっているものが増えています。タブレットやスマートフォンでも無線LANの設定は気軽にできます。

回線によって接続方法は異なりますが無線を用意しておけばパスワードで手軽に利用できます。機能についても調べておくといいでしょう。自宅に光回線をひいておけば家族みんなで共有することも可能でありとても便利です。

LANケーブルについても無線LANだと不要ですし、スッキリしたイメージで利用できます。無線LANは有線LANより速度は劣りますがケーブルが不要などメリットもあることからその点は多いに活用したいところです。

インターネット通信ではLANポートやIPアドレスも重要です。光回線では回線終端装置が利用されています。インターネット接続にはこうした機器や仕組みがあってはじめ利用できるものも多いです。パソコンを利用する上でも便利ですね。

自宅でも自分が管理人という気持ちでパソコンのIPアドレスやパスワードをしっかり管理することが大事です。管理方法は人それぞれですがメモしておくのが1番かもしれません。

光回線の設置では光回線終端装置などの工事もあります。業者が来る場合は有線LANや無線機能についても状況を聞いておくといいでしょう。光の機器についてもルーターかモデムかなど最低限のことは確認しておくといいでしょう。

インターネットは電波についても大事です。有線であればさらに良い電波状況で利用できます。無線接続についてもLAN設定をすれば気軽に利用できるのであらかじめ設定しておくのも良いでしょう。

光BBユニットや無線LAN機能など接続設定についても確認しておきましょう。接続方法ですが説明書を見ればそんなに難しくなく接続できるようになっています。どうしてもできない場合は業者を依頼するなど検討が必要です。

以前はインターネット接続と言えば業者がするものだと思っていたけど、今は自分たちでする例が多いわよね。
そうですね。ユーザー側もパソコンやインターネット接続の知識がアップしています、説明書をみれば比較的簡単に接続することが可能というのも理由の1つでしょう。
私も自分でインターネット接続ができるようやってみるわ。なんでもチャレンジしてみないとね。
そうですね。良い機会かと思います。ぜひやってみてくださいね。
6.モデム、ルーターの再起動方法を解説

モデム、ルーターの再起動方法を解説
みなさんは「インターネット接続がおかしい」という場面に遭遇したことがあるかもしれません。インターネット回線ですが電話回線からISDN、ADSL、光回線など時代とともに変化しつつあります。

今では光回線が当たり前になっていますが以前はトラブルも少なくありませんでした。例えばADSLの時代はNTTの局舎から遠いと速度があまり出なく、雨の日も影響が出やすい状況でした。電話回線を利用していた時代は利用費用もバカにならず、速度も今に比べてずっと遅いものでした。

インターネットが安定したのは光回線に突入してからといっても過言ではありません。光回線になってからは途中で途切れたり、利用ができないというトラブルがぐっと減少したのです。しかし今だにトラブルは耳にします。なぜトラブルが起きるのでしょうか。

トラブルの原因ですがインターネット回線側が原因ではなく自宅で利用しているルーターやモデムが原因であることも少なくありません。インターネットの接続機器は24時間ずっと電源をつけっぱなしといった人も多いことでしょう。おそらくそうした人が大半かと思います。

ルーターやモデムについても機械でありメンテナンスが必要です。またなんらかの拍子に不具合が出ることもあります。そうしたときはルーターやモデムを再起動してみてはどうでしょうか。

ルーターやモデムの再起動ですが手軽に行うことができます。ただしインターネットを利用している場合やなんらかの利用がある場合は、再起動する前に確認作業を行う必要があります。

ルーターやモデムの再起動ですが電源を消して→入れるといった作業となります。電源のオンオフをすることで再起動が可能なわけです。もしもインターネット接続がおかしかったり、ルーターやモデムに不具合があるなら再起動するといいでしょう。

再起動については手軽に行える作業であり、インターネット接続で不具合が出たらまず真っ先に行ってほしい作業の1つです。電源のオンオフと同じイメージで行うといいでしょう。

ルーターやモデムの再起動は手軽に行えることがわかったわ。スイッチをオンオフするだけでいいのね。
そうです。インターネット接続トラブルがあればまずはルーターやモデムを再起動してみるといいでしょう。再起動することで
私も自分でインターネット接続ができるようやってみるわ。なんでもチャレンジしてみないとね。
そうですね。良い機会かと思います。ぜひやってみてくださいね。
7.モデムルーター一体型とはどういった仕様なのか

モデムルーター一体型とはどういった仕様なのか
「モデルとルーターの区別がつかない」という人もいることでしょう。モデムは特にルーターと呼ばれるなど区別がつきにくくなっています。インターネット接続をする機器はルーターやモデムが基本となりますがそれをまとめてルーターと呼ぶ傾向にあります。

インターネット接続でルーターやモデムが必要といったことは聞いたこがとがあるかと思います。ルーターやルーターの役目があり、モデムはモデムの役目があります。ところでみなさんはモデムルーターというものを耳にしたことがあるでしょうか?これはモデムとルーターの機能がセットになっているものでありモデム兼ルーターとして利用できます。モデムとルーターの両方を使いたい人はモデム型ルーターを選ぶのも良いでしょう。

モデム型ルーターですがモデムとルーターの両方がある人はその組み合わせでも十分です。あえてモデム型ルーターを購入する必要はありません。しかし場所をとるのが嫌だったり、試しにモデム型ルーターを使ってみたい人は試しに使ってみるのも良いでしょう。

機器についてもどんどん進化しています。続々新しい商品が販売されるので新しいものを試してみるといいでしょう。注意点としてはインターネット接続とあった機種を使っているかどうか?といった点です。この点についても確認しましょう。

インターネット接続とあわないものだとせっかくのモデムやルーターも台無しになってしまいます。インターネット接続業者でおすすめの型番などを周知していると思うのでそちらを確認しましょう。

自宅にあるから古いものをそのまま使っている場合、すでに仕様が合わなくなっているケースもあります。仕様があわないと速度についても最大限の形で能力を発揮できません。能力を十分に発揮する上でも仕様についても再度確認してみましょう。

仕様についてはインターネット接続のプランや仕様でも変わってきます。また次世代のものに交換になっている場合、仕様についても見直しが必要です。そちらについても注目する必要があります。

モデムやルーターは古いものでも稼働はします。しかし仕様があっていない場合、能力を思うように発揮できず「速度が遅い」なんてことにもつながります。速度については速い方がいいですし、フル発揮するには仕様や組み合わせも大事です。

モデム型ルーターについても仕様が大事です。2つの機能がセットになっていてとても便利なものですが仕様があわないととんでもないことになります。

仕様についてもとても大事なものね。私も自宅にあるルーターをそのまま利用していたから仕様について見直してみるわ。
そうですね。確かに古いものでも稼働はするのですが仕様があっていないと最大の能力を発揮できていない場合もあります。その点は注意が必要です。
インターネットの速度は重要だし遅いとストレスだわ。
そうですね。ルーターやモデム、モデム型ルーターも含めて仕様を確認してみるといいでしょう。
8.モデムとルーターは購入がいいかレンタルがいいか

モデムとルーターは購入がいいかレンタルがいいか
モデムとルーターなどは購入がいいかレンタルがいいか迷っている人もいることでしょう。購入についてはレンタルよりも利用期間によってはコストが安く済むケースも多いです。レンタルは仕様などを気にせず利用でき、月々安価な料金で利用できます。初心者はまずレンタルを試してみるといいでしょう。

またレンタルで問題なければ購入しても良いかと思います。回線についても違う回線へ乗り換える予定の場合、また設定のし直しやルーターの買いなおしなどが必要になることもあるのでそうした予定がないことを確認しましょう。

乗り換えについてもあとを絶ちません。速度が思うようにでなかったり、キャッシュバックキャンペーン目当てで乗り換える人が多数います。乗り換えは悪くありませんが、その他のことまで考えて乗り換えしないと金銭面での負担が大きくなります。安易な乗り換えはおすすめできません。

ルーターについても乗り換えをする予定かどうか?その点も確認が必要ね。
そうですね。せっかく購入しても乗り換えとなるとまたルーターを準備しなければならない場合もあります。またそのまま継続して利用できる場合もあります。
ルーターについても購入となるとそれなりの費用がかかるしね。慎重の検討しないとね。
そうですね。最近はモデム型ルーターもあるし良いものがきっと見つかることでしょう。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!