miomioという動画サイトでウイルス感染?パソコンの場合の対処法

ウイルスに感染したときの対処法
今回は要約すると「ウイルスに感染したの?!」と思ってしまう事態に出くわしたときの対処法のお話です。
動画配信サイトの「miomio」の事例をピックアップして解説していきたいと思います。

皆さんは今までこんな経験をされたことがあるのではないでしょうか?

これはあるインターネット利用者の出来事である…。

僕はインターネットで動画を視聴するのが大好きな22歳だ。
一人暮らしを初めて早3ヶ月。
夜中に動画サイトを見ても親に怒られない環境になったから本当に気が楽になったものだ。

今日は金曜日。
一週間の仕事が終わった僕は毎度の如くインターネット動画で夜更かしをしようとしていた。

僕「さ~て!今週の仕事も無事終わったことだし、今日は動画サイトでも徘徊するか~!」

僕はいつもあまり知られていない動画配信サイトをよく利用している。
海外のマニアックサイトだから著作権範囲外の動画がよく見れるのだ。

僕「このサイトだったら、このあいだ見逃した○曜日の○ウンタウンが配信してるんじゃないかな~?おっ!あったあった!再生ボタンをポチッと」

再生ボタンを押した瞬間、異変が起きた。

僕「んっ?何か出てきたな。なになに?“お使いのデバイスは悪意のあるウイルスに感染している恐れがあります、デバイスのスキャンが完了するまでしばらくお待ちください”…って、何これ?」

動画サイトを表示していた画面が、何かウイルスチェックをしているような画面に切り替わった。
しばらく経つと驚くことに「警告!お使いのデバイス上でウイルスが検出されました」というメッセージが表示されたのだ!

僕「えっ?!俺のデバイス、ウイルスに感染したの?マジで?!ちょっと!どうしたらいいの?!」

この22歳の青年のパターン、実は最近ではよくありがちな事例です。

実際にウイルスに感染したのかと言うと、ケースバイケースになりますが「感染していない」パターンが殆どです。

では、具体的にはどういった仕組みになっているのでしょうか?

1. 今回の事例としてピックアップする「miomio」とは

1-1.「miomio」は中国版のYoutubeと言えるのか?
「miomio」とは中国で展開されている動画共有サービスです。
動画共有サービスとは「Youtube」のように投稿者が動画を投稿して、視聴者がその動画を見るというサービスですね。

「miomio」は中国版Youtubeと呼びたいところですが、何かと落とし穴が多いサービスなのでこの形容詞は業界人として使いたくありません。
何故ならば広告表示がしつこすぎるからです。

Youtubeの広告表示が鬱陶しいと言う方がいらっしゃいますが、あんなのはまだ可愛いほうです。

海外の動画共有サービスでもマイナーなものは広告表示が嫌になるほどしつこいのです。
動画の再生ボタンの上に広告を被せてくるなんて日常茶飯事。
再生ボタンを押したと思ったら、再生ボタンに触れる寸前に広告が被せ表示され訳のわからないサイトに誘導されるなんて日常的にあります。

しかし、それでもあえて「miomio」で動画を見ようという人はいます。
それは何故でしょうか?

2-2.国外になると著作権法の監視が緩い?
海外のマイナーな動画共有サービスは日本国内では著作権法に引っ掛かる動画でも、監視の目が緩いのです。
それが故に広告表示には割り切りながら使用する人が根強くいるいわけです。

しかしYoutubeであろうが海外のマイナーサイトであろうが著作権法を違反する行為は立派な犯罪です。
少し話は逸れてしまいますが、著作権法を破るようなインターネットは行わないようにしましょう。
違法動画を投稿した人、視聴した人共に違法行為を行ったとして罰せられます。
視聴した人共に違法行として為罰せられる

本文は下へ続きます


miomioとかp2pで遊ぶ人にはヤフー系のプロバイダがオススメ、それかocn。
お手持ちのスマホが安くなる上にネットもサクサクになる光コラボがオススメ!その二社にも対応している。







ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.ウイルス感染メッセージの仕組み

先ほど述べた「miomio」のパターンの仕組みを解説していきます。

2-1.「ウイルスに感染しました」というメッセージは勧誘行為?
今回登場してくれた青年は、動画の再生ボタンをクリックする寸前に広告が被せ表示で現れたわけですね。
そしてクリックの勢いが止まることがなく、再生ボタンではなく広告をクリックしたというわけです。

では広告なのに何故ウイルス感染の警告メッセージが出てきたのでしょうか?

実はこの警告メッセージ、本当にウイルスを検出したというOSからのメッセージを装い使用者に危機感を煽り自社のウイルス対策ソフトを購入させようという企みの悪質な広告なのです。
悪質な広告です!

ご丁寧なことにWindowsでもMacでもそのOSのデザインフレームの警告メッセージを表示するという手の込んだ仕掛け。

しかしメッセージから進んでよく見てみると「ウイルスを削除するにはこちらからウイルス対策ソフトを購入してください」という表示があります。

皆さん、冷静に考えてみてください。

もし自分のパソコンが本当にウイルスに感染してしまったら、丁寧にウイルスを削除する方法を教えてくれるでしょうか?

わざわざOSがウイルスに感染したと通知ができる中途半端な被害しか与えられないウイルスを作るでしょうか?

考えにくいですよね。

ウイルスを作成する人間が普通に思考であれば、ウイルスが感染したことを知らせずに所有者が知らない間に被害を広げるウイルスを作るのではないでしょうか?

このことから「ウイルスに感染しました」というメッセージは、使用者の危機感を煽りウイルス対策ソフトを購入させる手口ということがわかると思います。

2-2.購入しても問題がないわけではない
「じゃあ、普通に誘導されたままにウイルス対策ソフトを購入しても大丈夫ってこと?」と思われた方もいるでしょう。

しかしここにも落とし穴が仕掛けられている場合があります。

今の時代、パソコンに導入するソフトはオンラインでダウンロード購入が可能となっています。
ダウンロード購入にはクレジットカード決済を使用することが多いですよね?

広告を展開している業者が悪質な場合、入力したクレジットカード情報を悪用することも考えられるのです。

ウイルス対策ソフトもたいしてクオリティが良いものではない可能性もあります。

焦って誘導されるがままになってしまうと悪質業者の思うつぼです。
落ち着いて冷静に対処することが大切なのです。

3.デバイスの対策

では表示されたメッセージは無視してしまえば問題はないのでしょうか?

答えは「No」です。

このような悪質業者の広告が潜んでいるサイトには、本当にウイルスに感染してしまうファイルが潜んでいる危険性も否定できないからです。

事前にちゃんとしたウイルス対策ソフトをパソコンに導入しておくことが大切です。
最も導入しやすいものは「eset」のソフトで、月額料金300円から導入することができます。

そしてあまりマイナーな海外の動画共有サービスは利用せず、Youtubeのような多くの人から認知されているサービスを利用することでしょう。

4.総括

今回のような事例は「miomio」に限ったことではありません。
マニアックな動画共有サービスでは常套手段です。

ウイルス感染メッセージ以外にも高額の請求を求める画面が表示してくる手法もあります。
このパターンはアダルト系サイトでよく見受けられます。

では、これから私たちはインターネットをどのように使っていけばいいのでしょうか?

それは法律に違反することがないインターネット利用をすることです。

違法性が高いサイトから距離を置けば、このような脅威に出くわす確率は極めて低くなります。

尚、安全性が高いYoutubeでも著作権法に抵触する動画は投稿されています。
(運営側が逐一削除していますが、イタチごっこの状態です)
自分が「これはおかしい」と思ったコンテンツは手を出さないようにしましょう。
これが安全への近道です。
「これはおかしい」と思ったコンテンツは手を出さないのが安全への近道









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!