マカフィーの評判は悪い?その理由について業界人が分析する

皆さん、こんにちは!
インターネットセキュリティソフト選びは慎重にする2700です!

今回はインターネットセキュリティソフトの中でも有名な「マカフィー」について解説していきます。

皆さんの中にも「マカフィー」という名前だけでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

「マカフィー」はパソコンだけではくスマートフォン用のセキュリティソフトをリリースしており、家電量販店でパソコンを購入する際にも「マカフィー」が搭載されていることも多く業界内では信頼はされているものではあります。

しかし口コミ評判を見てみるとネガティブなコメントが目立ちます。

実際に「マカフィー」は評判の悪いソフトなのでしょうか?
そしてネガティブな口コミの評判の原因はどこにあるのでしょうか?

徹底的に分析していきましょう!

・「マカフィーとは」
・基本性能と必要コスト
・実際の評判から見る性能の真実
・総合評価は如何ほどか?将来性はあるのか?

1.「マカフィーとは」

「マカフィーとは」
「マカフィー」とはもともと会社名であり、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララに本社を構えるソフトウェア・ハードウェア制作会社です。
コンピューターセキュリティ関連のソフトウェアをメインに展開しています。

もともとウイルス対策ソフトを手掛けていましたが、現在はフィルタリング製品、スパム対策製品、外部からの不正アクセス禁止製品、情報流出対策製品、ネットワーク暗号化製品とソフト展開を多岐に拡大しています。

ITセキュリティの専業ベンダーとしての規模は世界一を誇り、2013年には日本市場の占有率で1位にも輝いた実績があります。
市場での人気は非常に高いメーカーと言えるでしょう。

様々な製品がありますが、日本での「マカフィー」のメイン商品はセキュリティ対策ソフト「マカフィー」です。

今回はこの「マカフィー」に焦点をしぼり分析したいと思います。

実は私、数ヶ月前に家電量販店でノートパソコンを買い換えまして、この「マカフィー」が3年プランで搭載されていました。
私の使用実体験も交えて分析していきたいと思います。

ちなみに購入したノートパソコンは富士通の「FMV LIFEBOOK AH77/Y」。
CPUがCore i7、メモリが8GB、ストレージは1TBのHDDとハイスペックな部類に入ります。
これが本当に使用感が快適な素晴らしい国産ノートパソコンで…これ以上話すとテーマから脱線してしまうので、この話はまた機会があれば…。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


2.基本機能と必要コスト

基本機能と必要コスト
まず「マカフィー」に搭載されている機能を一気に搭載していきます。

2-1.主要となる機能
・ウイルス、スパイウェア対策
定期的にパソコン内にあるデータをスキャンしてくれます。
セキュリティソフトの必須機能ですね。

・ファイアウォール
不正な通信を自動で遮断してくれる機能です。
どの通信網でインターネット利用をしてもネット通信に潜む不正通信を監視してくれます。

・脆弱性スキャナー
OSおよびインストールされているアプリケーションの更新プログラムを検知し、マカフィーから一括アップデートでできます。

パソコンの更新プログラムは一つずつ確認してインストールする必要があるので非常に面倒で時間がかかりますが、「マカフィー」のこの機能は一括で対応してくれる機能なので非常に嬉しいです。

実はこの機能は「マカフィー」が先駆けとなっており2013年版から提供されています。他のソフトでは2017年版からようやく搭載されるようになりました。

・Webサイトの安全対策
個人情報を盗み取るフィッシィング詐欺等の恐れがあるサイト被害を防いでくれる機能です。
ブラウザにマカフィーのアドオンを追加する必要があります。

・ネットワーク監視
自分のパソコンが接続しているインターネット回線に他にどのような端末が接続しているかの確認が可能です。
自宅のインターネット回線に知らない誰かが接続していないかのチェックも可能です。

他にはフィルタリング機能、パソコン内にある不要データの検出削除があります。

2-2.導入するコストはいくらなのか?
導入コストは契約プランで異なります。

3年版 15,408円
1年版 8,208円
1ヶ月版 689円

尚、「マカフィー」は保護するデバイスの台数制限はありません。
デバイス台数が多ければ多いほど割安になります。

3.実際に使用したうえで見える性能の真実

実際に使用したうえで見える性能の真実
実際に使用してみて感じたのですが「マカフィー」には大きな欠点が2つ存在します。
それは「動作速度の遅さ」と「ウイルスの検知率」です。

3-1.動作速度が遅い
他メーカーのソフトに比べると起動時間の遅さが気になります。
そこまで致命的な遅さではなかったですが、高性能ではないCPUのパソコンでは更に起動時間が長くなることが懸念されます。
フリーズまではいきませんが、ストレスが溜まる遅さにはなるでしょう。
万人向けなソフトとは断言できません。

ウイルススキャンに掛かる時間も他ソフトと比べると若干長めでした。
スキャン中にパソコンの動作が重くなる点も凄く気になりました。
作業は問題なくできるのですが、スキャンしながら動画編集はストレスに感じます。

自分のパソコンがハイスペックだったので助かりましたが…。

インストール時も10分弱の時間がかかりました。
他社ソフトでは約1分で完了するソフトが多いので、これも大きなマイナスポイントです。

3-2.ウイルス検知率が他社と比べて低い
他のソフトではウイルス検知率が限りなく100%に近い数値が実証されています。

しかし「マカフィー」では約96%と不安が残ります。
(各調査期間による計測結果から出た数字です)

実際に脅威を検知しなかった事例も存在するので、これは大きな不安要素になるでしょう。
これは「未知ウイルスに弱いのでは?」という懸念材料にもなってしまいます。

セキュリティソフトは完璧ではないという前提ではありますが、それでも100%に近い数値がないと精神衛生上も良くありません。

4.総合評価は如何ほどか?将来性はあるのか?

総合評価は如何ほどか?将来性はあるのか?
しかし2012年版の頃と比べると検知率は大きく向上しているのも事実。
インターネットで2012年版の口コミ評価を調べてもらうとわかりますが、あの当時はあらゆる脅威の検知が他ソフトに比べると大きく劣っているという評価だったのです。

2016年版と2017年版である現在は大きく向上しているので、将来的に改善される可能性が無いわけではありません。
もちろんあるとも言い切れませんが…。

あとは動作速度が改善されるかにかかっています。

現状のクオリティではハイスペックパソコンにはストレスになるほどの問題はありませんが、CPUがCelronやAtomを搭載しているものへの導入はお勧めできません。
使う人を選ぶセキュリティ対策ソフトと言わざるを得ません。
もちろん「使えればいいよ」という方であれば問題ありません。

しかし機能は多種多様に搭載されているので私の中での点数は10点満点中、7点といったところでしょうか。

5.総括

正直「マカフィー」は「家電量販店で購入するパソコンに標準装備されていれば、使ってもいいかな」ぐらいというのが率直な感想です。

セキュリティソフトが搭載されていないパソコンを購入する場合は、ウイルス検知率100%であるソフトを強くお勧めします。
他ソフトのほうが未知ウイルスに強いものが多くあるので、あえて「マカフィー」を選ぶ理由は見当たらないでしょう。

私はもともと購入時に「マカフィー」が搭載されていたので使っていますが、3年版のライセンス期間が終了すれば他ソフトに乗り換えることを検討しています。
3年後に「マカフィー」のクオリティがどこまで改善されているのか、今から気になります。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
そんな人の為にサイトスタッフと直接相談できるコーナーを作りました。
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!