無知はトラブルのもと!固定回線とモバイルWi-Fiを業界人が徹底比較!

無知はトラブルのもと!固定回線とモバイルWi-Fiを業界人が徹底比較!
これから一人暮らしを始める方で契約するインターネット回線はどこにするか迷われている方が多いのではないでしょうか?

現在は固定インターネットサービスだけでなく、外出先でも無線Wi-Fiが使用可能なモバイルWi-Fiルーターも定着してきました。
しかし回線速度や通信速度制限等のデメリットを考えると今まではどうしても固定インターネットサービスが優位な立ち位置の状態でしたよね。

しかし最近は月間の通信容量制限が無いモバイルWi-Fiルーターも登場しています。

そこで今回は2017年3月時点での固定インターネットサービスとモバイルWi-Fiルーターの徹底比較をしたいと思います!

ライフスタイル別のお勧めも併せて解説していきましょう!

1. 固定インターネット回線のメリットとデメリット

固定インターネット回線のメリットとデメリット
固定インターネット回線はまず月間の通信容量の制限がない使い放題であることが最大のメリットです。
更に現在のインターネットは光回線が主流となっており、殆どの光回線事業社が「下り速度最大1Gbps」を謳うのが当たり前になっています。

実測値でも最低100Mbpsを記録するクオリティの高さなので、自宅の中であれば動画も高画質視聴が余裕で可能になります。

しかし固定回線が故のデメリットも存在します。

まず導入に立会い工事が必要で、時間も40分~2時間はかかります。
更に工事費も24,000円は発生してしまうので、経済的にもよろしくありません。
運良く工事費無料キャンペーンに当たればいいのですが…。

そして導入工事が必要ということは申込みしたその日に利用開始にならないという点も大きいです。
更に通信容量の上限を気にする必要がない場所が自宅のみなので、外出先ではやはりスマホの通信容量の心配が付きまといます。

2. モバイルWi-Fiルーターのメリットとデメリット

モバイルWi-Fiルーターのメリットとデメリット
モバイルルーターという名前だけあり、持ち運びさえすればどこでも無線Wi-Fi環境でインターネットが可能になります。
そしてスマホだけではなくタブレットやノートパソコンでも通信が可能になるので複数のデバイスを持ち運んでいる人には利便性が非常に高いのです。

ルーター自体の充電が無くなってもモバイルバッテリーで充電が出来る点も大きなポイントですね。

ここ最近は月間の通信容量の上限がない機種やプランもリリースされており、モバイルWi-Fiの必要性が見直されています。

学生の方が一番喜ばれるのは工事が発生しないことです。
工事が発生しないことは即ち工事費請求も発生しないので手間もかからなければお金もかからずにWi-Fiが利用可能になるわけですね。

しかし持ち運びが故のデメリットも存在します。
外での移動で鞄を持たない人にとってモバイルWi-Fiルーターは余分な荷物にしかならないのです。
「スマホとWi-Fiルーターの2個持ちは何かめんどくさい」と言われる方も少なくありません。

提供事業社によっては使用可能エリアも限られることもあります。
現にWiMAXは主要都市での電波は充実しているものの地方ではまだまだ発展途上です。

かと言って「SoftBank」のモバイルWi-Fiルーターは電波は強いものの未だに月間7GBの容量制限があるため、もっとも強いモバイルWi-Fiルーター選びは難航しがち。

更に月間の通信容量の上限が無いプランでも「3日間で10GB使用すると24時間の速度制限が発生する」というシステムがあるため、長時間動画の視聴をする人にとってはやはり通信容量の心配が付きまとってしまいます。

そして一番の難点は「モバイル端末のため、数年後の機種の買い換えを視野に入れておく必要がある」点です。
モバイル端末は消耗品と言っても過言ではありません。
数年に一度ショップで手続きをすることが面倒でもあります。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

3. 月額料金比較

月額料金比較
固定インターネット回線は戸建てタイプであれば平均6,000円代、集合住宅タイプであれば平均4,000円代中盤です。

モバイルWi-Fiルーターであれば殆どが4,000円代の月額で使用することが可能なうえに、工事がないため工事費が発生しません。

経済的にコスト面だけを考えるとモバイルWi-Fiルーターに軍配が上がります。
しかし固定インターネット回線も携帯電話会社の光コラボであればスマホとのセット割が適用され、モバイルWi-Fiルーターの月額料金と同等のものにもなり得ます。

事前の下調べが重要ですね。

4. ライフスタイル別でのお勧め

ライフスタイル別でのお勧め
「出先で様々なデバイスでの作業がメインになる」
「通勤や通学途中でのインターネット利用が多く、自宅は少なめだ」
このタイプの方だとモバイルWi-Fiルーターがお勧めです。
自宅での使用が少ない場合だと、「自宅に固定回線はあるけど、外での利用が多いからスマホに通信制限がかかる」という事態になりかねません。

「自宅でまったりインターネット動画を視聴している」
「外ではスマホでLINEをするぐらい」
このタイプの方は明らかに自宅に固定回線を導入するべきでしょう。
固定インターネット回線があれば通信制限が全くない環境で好きなだけ動画を楽しめます。

「自宅でも動画を見るし、出先でも様々なデバイスでガッツリネット通信をする」
このタイプを見て皆さんは固定回線とモバイルWi-Fiルーターの両方が必要だと思われたのではないでしょうか?
しかしこのパターンでは若干違う答えになります。

一番コスト面を抑えるには
「自宅に固定インターネット回線を導入し、外出先ではスマホのテザリングを活用する」
これに尽きます。

何故かといいますと、もし携帯電話会社の光コラボを導入すればスマホとのセット割引が適用され集合住宅タイプであれば月額料金が実質2,000円代まで下がります。
そしてスマホのパケットプランを大容量の20GBプランにし、テザリングオプションをつければ月額がプラス2,000円程。

ただ単に固定インターネット回線を導入して、モバイルWi-Fiルーターを導入してしまうよりかは明らかにコストが抑えられることが伝わると思います。

ただテザリングにも「スマホのバッテリーが急激に減る」というデメリットがあるため、モバイルバッテリーの携帯は必須項目となります。

現在のスマホの4GLTE回線はモバイルWi-Fiルーターと遜色ない通信速度を誇ります。
テザリングでノートパソコンを使用しても期待を裏切らない性能を見せてくれることは間違いありません。
テザリングは意外と活用できるのです。

5. どこの通信会社がお勧めか?

どこの通信会社がお勧めか?
固定インターネット回線でスマホとのセット割引を狙うのであれば間違いなくこの3つです。

「DoCoMo光」
「SoftBank光」
「auひかり」

自分の契約している携帯電話会社に合わせて契約をすれば値段は自ずと安くなります。

ではモバイルWi-Fiルーターではどこになるのか?
これはケースバイケースではありますが、コスト面と通信制限の面で一番良いのは「WiMAX」です。
月間の通信容量の上限がないというのが嬉しいポイント。
しかし3日間で10GB使用すると24時間の速度制限に引っかかってしまうので注意が必要です。

「WiMAX」のエリアが提供外であれば「Y!mobile」のモバイルWi-Fiルーターを検討してみるのもいいでしょう。
こちらも月額4,000円代で上限無く利用が可能です。
しかし3日間で3GB使用で24時間制限に引っかかってしまうので「WiMAX」以上に注意が必要です。

6. 総括

選択肢の幅が広がりを見せるWi-Fi環境。
モバイルWi-Fiルーターでも下り速度最大600Mbpsを誇る機種も出てきているので、3日間の通信容量上限がなければ固定のインターネットサービスのシェアにも影響が出てくるでしょう。
しかし具体的にそうなる見込みは立ってはいないので、現状のサービスで自身に合ったものを選ぶことが最重要です。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!