無知はトラブルのもと!固定回線とモバイルWi-Fiを業界人が徹底比較!

無知はトラブルのもと!固定回線とモバイルWi-Fiを業界人が徹底比較! 

現在は固定インターネットサービスだけでなく、外出先でも無線Wi-Fiが使用可能なモバイルWi-Fiルーターも定着してきました。しかし回線速度や通信速度制限等のデメリットを考えると今まではどうしても固定インターネットサービスが優位な立ち位置の状態でしたよね。

しかし最近は月間の通信容量制限が無いモバイルWi-Fiルーターも登場しています。そこで今回は2017年3月時点での固定インターネットサービスとモバイルWi-Fiルーターの徹底比較をしたいと思います!

ライフスタイル別のお勧めも併せて解説していきましょう!

WIFIの利用は線も邪魔にならないしとてもいいと聞いたけど、速度が不安だなと。速度が当然ながら固定光回線より出ないわけよね?
そうなんです。速度は固定光回線がダントツ速いですね。ただそこまで本当に速度が必要なのか?という問題もあります。普通にインターネットする分にはWIFIでも十分ですしね。生活パターンから検討してみるのも良いでしょう。

1.固定インターネット回線のメリットとデメリット

固定インターネット回線のメリットとデメリット
固定インターネット回線はまず月間の通信容量の制限がない使い放題であることが最大のメリットです。更に現在のインターネットは光回線が主流となっており、殆どの光回線事業社が「下り速度最大1Gbps」を謳うのが当たり前になっています。

実測値でも最低100Mbpsを記録するクオリティの高さなので、自宅の中であれば動画も高画質視聴が余裕で可能になります。しかし固定回線が故のデメリットも存在します。

まず導入に立会い工事が必要で、時間も40分~2時間はかかります。更に工事費も24,000円は発生してしまうので、経済的にもよろしくありません。運良く工事費無料キャンペーンに当たればいいのですが…。

そして導入工事が必要ということは申込みしたその日に利用開始にならないという点も大きいです。更に通信容量の上限を気にする必要がない場所が自宅のみなので、外出先ではやはりスマホの通信容量の心配が付きまといます。

立ち合い工事は時間がけっこうかかるわね2時間くらいみないとダメだとなると有給を使わないと無理だわ。
そうですね。工事の立ち合いには有給を使って対応する人も多いみたいです。有給が取れれば問題ありませんが取れないと困りますよね。
有給といっても実際は休みづらいわよね・・・。他の人にも迷惑がかかるし。
ポケットwifiなら立ち合い工事も不要ですし有給なしでも利用できるというわけです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.モバイルWi-Fiルーターのメリットとデメリット

モバイルWi-Fiルーターのメリットとデメリット
モバイルルーターという名前だけあり、持ち運びさえすればどこでも無線Wi-Fi環境でインターネットが可能になります。そしてスマホだけではなくタブレットやノートパソコンでも通信が可能になるので複数のデバイスを持ち運んでいる人には利便性が非常に高いのです。

ルーター自体の充電が無くなってもモバイルバッテリーで充電が出来る点も大きなポイントですね。ここ最近は月間の通信容量の上限がない機種やプランもリリースされており、モバイルWi-Fiの必要性が見直されています。

学生の方が一番喜ばれるのは工事が発生しないことです。工事が発生しないことは即ち工事費請求も発生しないので手間もかからなければお金もかからずにWi-Fiが利用可能になるわけですね。

しかし持ち運びが故のデメリットも存在します。外での移動で鞄を持たない人にとってモバイルWi-Fiルーターは余分な荷物にしかならないのです。「スマホとWi-Fiルーターの2個持ちは何かめんどくさい」と言われる方も少なくありません。

提供事業社によっては使用可能エリアも限られることもあります。現にWiMAXは主要都市での電波は充実しているものの地方ではまだまだ発展途上です。

かと言って「SoftBank」のモバイルWi-Fiルーターは電波は強いものの未だに月間7GBの容量制限があるため、もっとも強いモバイルWi-Fiルーター選びは難航しがち。

更に月間の通信容量の上限が無いプランでも「3日間で10GB使用すると24時間の速度制限が発生する」というシステムがあるため、長時間動画の視聴をする人にとってはやはり通信容量の心配が付きまとってしまいます。

そして一番の難点は「モバイル端末のため、数年後の機種の買い換えを視野に入れておく必要がある」点です。
モバイル端末は消耗品と言っても過言ではありません。数年に一度ショップで手続きをすることが面倒でもあります。

モバイル端末は消耗品ということを知らなかったわ。機器ってけっこう長持ちするからそうしたイメージはなかったけれど確かに新しいものはどんどん出ているし、通信事情も変わってきているわよね。
特に近年はサイクルが早くて2年もするとすでに「ひと昔前のもの」なんてこともざらですからね。もっとない気もしますがそれだけ便利な時代でもあるんです。

3.月額料金比較

月額料金比較
固定インターネット回線は戸建てタイプであれば平均6,000円代、集合住宅タイプであれば平均4,000円代中盤です。モバイルWi-Fiルーターであれば殆どが4,000円代の月額で使用することが可能なうえに、工事がないため工事費が発生しません。

経済的にコスト面だけを考えるとモバイルWi-Fiルーターに軍配が上がります。しかし固定インターネット回線も携帯電話会社の光コラボであればスマホとのセット割が適用され、モバイルWi-Fiルーターの月額料金と同等のものにもなり得ます。事前の下調べが重要ですね。

料金のコストはモバイルWIFIがいいという結論ね。月額ばかり目が行くから光回線とあまり変わらないか、あるいは光回線が優位だと勝手に思い込んでいたわ。
コスト計算は全般を見て行う必要があります。撤去費用や違約金は特にこうしたコストに入れないで計算しがちなので注意が必要です。コスト計算も正しく行わないと意味がありません。
4.ライフスタイル別でのお勧め

ライフスタイル別でのお勧め
「出先で様々なデバイスでの作業がメインになる」「通勤や通学途中でのインターネット利用が多く、自宅は少なめだ」このタイプの方だとモバイルWi-Fiルーターがお勧めです。自宅での使用が少ない場合だと、「自宅に固定回線はあるけど、外での利用が多いからスマホに通信制限がかかる」という事態になりかねません。

「自宅でまったりインターネット動画を視聴している」「外ではスマホでLINEをするぐらい」このタイプの方は明らかに自宅に固定回線を導入するべきでしょう。固定インターネット回線があれば通信制限が全くない環境で好きなだけ動画を楽しめます。

「自宅でも動画を見るし、出先でも様々なデバイスでガッツリネット通信をする」このタイプを見て皆さんは固定回線とモバイルWi-Fiルーターの両方が必要だと思われたのではないでしょうか?しかしこのパターンでは若干違う答えになります。

一番コスト面を抑えるには「自宅に固定インターネット回線を導入し、外出先ではスマホのテザリングを活用する」
これに尽きます。

何故かといいますと、もし携帯電話会社の光コラボを導入すればスマホとのセット割引が適用され集合住宅タイプであれば月額料金が実質2,000円代まで下がります。そしてスマホのパケットプランを大容量の20GBプランにし、テザリングオプションをつければ月額がプラス2,000円程。

ただ単に固定インターネット回線を導入して、モバイルWi-Fiルーターを導入してしまうよりかは明らかにコストが抑えられることが伝わると思います。ただテザリングにも「スマホのバッテリーが急激に減る」というデメリットがあるため、モバイルバッテリーの携帯は必須項目となります。

現在のスマホの4GLTE回線はモバイルWi-Fiルーターと遜色ない通信速度を誇ります。テザリングでノートパソコンを使用しても期待を裏切らない性能を見せてくれることは間違いありません。テザリングは意外と活用できるのです。

外出先でインターネットの利用が多い人や仕事で利用する人、プライベートで利用する人などインターネット利用もさまざまよね。そして家族の利用形態も含めて利用は検討するのがよさそうね。
その通りです。利用については人によって違うので一概におすすめプランは紹介できないのですが、パターンがいくつかあるのでそちらを参考にするといいでしょう。この方法だと携帯電話の通信料も安くなる可能性も高いです。
5.どこの通信会社がお勧めか?

どこの通信会社がお勧めか?
固定インターネット回線でスマホとのセット割引を狙うのであれば間違いなくこの3つです。

「DoCoMo光」
「SoftBank光」
「auひかり」

自分の契約している携帯電話会社に合わせて契約をすれば値段は自ずと安くなります。

ではモバイルWi-Fiルーターではどこになるのか?これはケースバイケースではありますが、コスト面と通信制限の面で一番良いのは「WiMAX」です。月間の通信容量の上限がないというのが嬉しいポイント。しかし3日間で10GB使用すると24時間の速度制限に引っかかってしまうので注意が必要です。

「WiMAX」のエリアが提供外であれば「Y!mobile」のモバイルWi-Fiルーターを検討してみるのもいいでしょう。こちらも月額4,000円代で上限無く利用が可能です。しかし3日間で3GB使用で24時間制限に引っかかってしまうので「WiMAX」以上に注意が必要です。

WIFIMAXはCMでもおなじみの会社ね。利用者もそれだけ増えているってことかしら。通信速度制限は気になるけど、それ以外ではぜひ利用したいところだわ。
Y!mobileも人気となっています。こちらもチェックしてみるといいでしょう。利用についてはエリア制限もあるのでエリアとも関わりが出てくるかと思います。
6.総括

選択肢の幅が広がりを見せるWi-Fi環境。
モバイルWi-Fiルーターでも下り速度最大600Mbpsを誇る機種も出てきているので、3日間の通信容量上限がなければ固定のインターネットサービスのシェアにも影響が出てくるでしょう。しかし具体的にそうなる見込みは立ってはいないので、現状のサービスで自身に合ったものを選ぶことが最重要です。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

WIFIMAXも速度がアップしてどんどん進化しているようね。600Mbpsとなると速度もかなり早いし検討したいところだわ。持ち運びができるのも利点だしね。
速度が速く持ち運びもOKとなるとさらに利用者は増えることでしょう。引っ越しがある人や外出先での利用が多い人はこの機会にモバイルWIFIを利用してみるのも良いでしょう。

・固定回線がモバイルWi-Fiに対してこんな所が優れている
いっそうのこと固定回線はやめてモバイルWIFIのみに切り替えようか?と検討している人もいることでしょう。モバイルWIFIへの切り替えですがケースバイケースで検討してみるのがおすすめです。

動画閲覧など多くの容量を必要とする手法でインターネットを閲覧する人が多い場合は光回線など固定回線がいいといった人もいます。逆にそこそこ普通にインターネットを閲覧する程度のユーザーであればモバイルWIFIでもそんなにそん色はなく利用できる可能性も高いです。

ここではツイッターで上がったこんな声をもとに検証したいと思います。

賃貸の場合オーナーの許可が必要

実は忘れがちではあるんですが、賃貸の場合光回線を引く場合大家の許可が必要となります。大家への確認は必ず行いましょう。なぜならアパートに工事が入ること、壁に穴をあける必要があるなどのケースも多いためです。

今ではインターネットを自宅に引くといったことは賃貸でも当たり前になっています。それも大家が許可していることが前提だからです。逆にいうと大家がNOといえば固定回線は引くことができません。こうしたやり取りをするのも面倒といった人もいるのではないでしょうか。

その点モバイルWIFIだとそうしたやり取りは不要となります。自分の意思ですべてを決定できるわけです。

工事不要で利用できるWIFI

モバイルWIFIの大きな利点の1つが工事不要で利用できるといった点です。工事不要のため大家の許可もなしでいいですし、工事立ち合いなども必要がありません。もちろん工事費もかかりません。費用面でもモバイルWIFIはとても優れているのです。ただし速度が固定回線よりも遅かったり、エリア制限などまだまだデメリットも少なくありません。逆にメリットが増える、あるいはデメリットのクリアさえできればモバイルWIFIの方が価格も安いですし、利便性が高いということにつながります。

自宅固定回線のように楽々利用できる

モバイル回線では自宅の固定回線とイメージが違うのでは?といった印象を持っている人も多いことでしょう。自宅の固定回線となると無線も増えていますがまだまだ有線LANを利用しているケースが多いことと思います。速度も安定しており、動画閲覧も自由気ままなのがウリです。実際に光回線になってから動画配信が画期的に行われるようになり、テレビの視聴もインターネット経由というのが普通になりました。

しかしモバイルWIFIでも実はそれなりの速度が出ていて動画配信も不便を感じない時代になってきているのです。速度は速くてそれこそ有線LANが安心感がありますが、本当にそこまで速度が必要なのか?というとそういうわけではありません。

賃貸でも固定回線を引くのは当たり前だと思っていたからすっかり忘れていたけど、大家の許可がないと固定回線を引くことはできないのよね。そういった点を考えてもモバイルWIFIは手軽だわ。
そうなんです。今だに固定回線を引くのはNGといった物件もあります。確かに自分の貸し出している物件に穴をあけて工事されるのは嫌なものですよね。その点も確認する必要がありますね。

・固定回線が廃れる日が来る事はあるのか?
ここまでモバイル回線の魅力と実用化について紹介してきましたが、モバイル回線の影響で固定回線が廃れる日が来るのかどうか?という点についても気になるところです。この比較は固定電話と携帯電話に類似している点があります。

固定電話ですが現在も残っており多くの一般家庭で利用してはいますが、逆に若い世代の家庭や2人暮らしだし携帯電話オンリーの世帯も少なくありません。結果的に固定電話の大幅減少につながっています。このように影響は大なり小なりあることが予想されます。

固定回線が完全に廃れる日が来るとは思いませんが、減少する可能性が十分あると思います。例えばこんなツイッターの書き込みがあります。

モバイル回線で無制限で通信料を使える日が来たら

多くの人はモバイルWIFIと固定回線のメリット・デメリットを考え、使い分けているあるいは利用していることでしょう。モバイルWIFIのメリットは外出先でも利用できることです。仕事やプライベートでも外出先でのインターネットは欠かせない時代です。当然ながら自宅ではもちろん外出先でも必須アイテムになっているわけです。

固定回線が廃れるというか、大幅減少することは今後十分ありえる話ね。インターネットは外出先でも利用したいし、特に通信制限があるからその点も解除されれば尚いいわ。
通信規制は本当にやっかいですね。逆にこれさえなければ・・という声が非常に多いです。

モバイルルーターは今後のプランと速度によって大きく見解が異なるモバイルルーターと光回線を比較し今後の展開などを考えてみたいと思います。モバイルルーターですが最大速度が1つのキーポイントとなります。動画視聴やテレビ視聴で光回線を自宅に引いている場合、「速度」が非常に重要視されます。特に夜間は混雑しており速度が落ちがちなので安定した速度を求める声が少なくありません。

モバイルルーターですが固定回線と比較してエリアがまだ少なく、さらに速度は遅いのが特徴です。しかし契約についても用意で引っ越しなどがある人は引っ越し先でも利用できます。容量から考えても一人暮らしの人の利用にピッタリと言えるのではないでしょうか?

電波などサービスについてもリサーチすることが大事です。利用開始は通信になれる上でもまずはお試し感覚で使ってみるといいでしょう。無料貸し出しなどがあればそちらの利用もおすすめです。そこで通信速度を図るのも良いでしょう。

auひかりなどのネットプランと比較して月額料金についても考えてみるといいでしょう。今ではさまざまなプランがありますが、モバイルWIFIはトータル料金でもけっこうお得かと思います。

問題は場所です。使い放題でもエリア外だとメリットがなくなってしまいます。また通信速度制限についても気にしなければなりません。今回の記事でも速度制限や速度の最大数などについても触れていますが、通信速度も含めた制限問題は大きなネックとなります。

最近は格安SIMの利用も目立っています。通信速度も順調で速度面でも通信に困ることはなさそうです。興味がある人は利用してみても良いでしょう。インターネットと違って工事も不要ですし、上り最大についても悪くありません。

速度制限がある場合は月額料金も安くなりがちですが制限なしのプランは月間通信容量によっても料金が違います。自分の利用量を考慮し比較してみるといいでしょう。

最大速度はもちろん工事費や通信量を検討した上でポケットWiFIの利用を検討するといいでしょう。ギガ放題プランなどもあるのでそちらも良いかと思います。

ポケットwifiは外出先でも気軽に利用できるしパケット代の節約にもなりそうね。私も利用を検討してみようかしら。
ポケットwifiも速度が速くなりさらに使いやすくなればユーザーも増えるでしょう。
自宅でも外出先でも利用できるのは心強いわよね。
そうですね。コスト削減にもつながりますしね。
7.子供もスマホやタブレットが必須の時代

子供もスマホやタブレットが必須の時代
今や子供もスマホやタブレットを使っている子が大勢います。学校の授業でタブレットを使用したり見守り装置の一環としてスマホを持たせている人もいることでしょう。

見守りについては共稼ぎの現代必須アイテムでもあり大事なものです。親が仕事の間もスマホがあればGPSなどで子供の居場所を把握したりカメラがあれば監視も可能です。

また高齢化社会の現代、高齢者宅に見守り装置を設置する例もあります。宅配買い物など魔法や活用は進められており本当に便利な時代です。コストについてもインターネット料金のみで済む場合も多く、非常に有効な手段となっています。

パソコンやタブレット、スマホですがさまざまなシチュエーションで使われており自宅でも動画を楽しむ子供少なくありません。動画の見せすぎはよくありませんが、家事をしている間など子供が動画を見て大人しくしてくれれば助かるといった場合もあるかと思います。

スマホやタブレットも使い方によっては子供にもプラスになりますし、いいことも多いです。何でも共通して言えますが利用はほどほどが大事です。ほどほどの利用できるかどうか?も1つのポイントです。

最近は通信教育を自宅で行う人も増えています。例えば塾です。子供向けの塾などもインターネットカリキュラムが用意されておりそちらを利用している人もいます。この方法で地方在中でも東京と同じ内容の講義が受けられるというわけです。

講義についてはさまざまなものがあります。大学の通信カリキュラムもあれば塾カリキュラム、大学の予備校など実にいろいろです。

インターネットですがこのように自宅でも複数の人が複数の端末で利用する例が増えています。この流れは今後ますます増えることでしょう。インターネットは今や生活シーンでも切り離せないものとなっています。

インターネットの利用はテレビ視聴もその中の1つです。インターネットの利用で安く多数のチャンネルが閲覧できる時代となります。見たいテレビは気軽に閲覧したいところですね。

今ではタブレットやスマホが当たり前に存在する時代ですが親世代の人たちが子供のころは存在しなかったアイテムです。スマホやタブレットの影響はいい面もあれば深刻な悪影響もあります。

大人でも時間があればすぐにインターネットをする人が多いかと思います。子供も一緒でインターネットは楽しいアイテムつい何時間も没頭してしまうものです。

またいじめなどの問題もあります。それこそsnsを利用したいじめなどもあり、大人の目から届かないところで子供が悩みを抱えるケースも少なくありません。親としても管理ができるよう勉強しなければならない点が多々あります。

育児も「スマホを見せておけば楽」といった人もいるかと思います。子供は手がかかりますし大人の監視にも限界があります。しかしながらこれも子供に対して悪影響が出てしまうのでスマホではなく、やはり親とコミュニケーションをとることを考えた方が良いでしょう。

注意点もありますが自宅でもインターネットは必須といった人が多いことでしょう。Wifiや有線など方法はいくつかあります。家族みんなが快適に利用できかつコストを削減できる方法を考えましょう。

子供のインターネット利用ですが閲覧させたくないページを閲覧不可にしたり、どういったサイトを見ているか確認することもできます。これらも親として知識が必要となります。

インターネットは家族で共有できてとても便利ではあるけど利用は注意も必要よね。特に子供の利用はどう管理するべきか。
そうですね。親としても四六時中見張っているわけにはいかないですしね。
そうよね。でも危険に巻き込まれたら大変だし・・・。
ルールを決めたり、手本を探して勉強することから始めてみてはどうでしょうか。
8.キャッシュバックが欲しい!

キャッシュバックが欲しい!
インターネット接続や加入、乗り換えについてはさまざまな特典がある場合も多いです。特に目につくのはキャッシュバックではないのでしょうか。キャッシュバックはお得な特典です。

キャッシュバックですが名前の通りお金を受け取ることが可能なサービスです。お金をもらえるのは非常にラッキーですし、プレゼントよりも実用性がありますね。

インターネットですが自宅で光回線を引く場合、家族で共有するといったユーザーも多いことでしょう。家族みんなでインターネットを利用する上でも光回線はとてもおすすめです。

光回線ですが回線速度も速いですしルーターの使い方次第で複数の端末でインターネット利用ができます。自宅が広くて電波が届きにくい場合はルーターの位置を工夫したり、さらにルーターを足したりするといいでしょう。

自宅の特徴によって電波状況も変わっています。例えば電磁波を発しやすいところで利用しないなど利用方法についても再度調べてみるといいでしょう。利用方法を工夫することで電波状況も良くなります。

ルーターを購入予定の人はレンタルと比較した場合だいたい同じくらいの価格になることが多いようです。もちろん機器にもよります。以前使っていたルーターを活用できる例もあることでしょう。

こうした活用方法は悪くありませんが仕様が合わないことがあるので注意が必要です。仕様が合わないと速度が遅くなったり不具合の原因となります。ルーターを比較した記事なるのでもあるのでそちらも見てみるといいでしょう。

格安SIMについても人気となっています。インターネット契約とあわせて契約することが可能です。こちらも特典がある場合もあるのでチェックしてみましょう。希望のプランでキャッシュバックがあればラッキーですね。

ネットでもキャッシュバックはもちろんセット割などの情報も多数書かれています。得点は随時更新されるので目を通しておくといいでしょう。ギガ放題プランなども最大のキャッシュバックがもらえたらラッキーですね。

パソコンやタブレットなど複数の機器を利用する場合、ルーターで何台まで端末対応になっているかその点も確認が必要です。ルーターはレンタルや購入、その他さらにルーターを付け加えて設定することもできます。

手続きやサービスについては利用予定のインターネット接続会社に確認するといいでしょう。ルーターについても無料でレンタルを実施しているところもあればそうではないところもあります。

ルーターに関する記事ではルーターの活用や電波が悪いときの対応なども書かれています。通信量などにも左右されると思うので自分の利用用途を検討した上でプランを探すといいでしょう。

おすすめはやはり光回線などの使い放題のものです。テレビの視聴をしたい人は光回線がおすすめです。インターネットは利用環境でストレス度合いも大幅に異なるかと思います。

携帯についてもインターネットは利用できますが規制がかかったりパケットの利用量が気になるところです。インターネット接続をお得に利用するためにも自宅にインターネットを引いている人は自宅のWIFIを利用するといいでしょう。

インターネットの契約で更新月以外の解約は違約金が発生することがほとんどです。なるべくなら更新月に解約するよう検討しましょう。

料金については一人暮らしの場合と家族世帯の場合、そして戸建てかマンションかなど場所によっても異なります。自分の利用環境の月額料金についても調べてみるといいでしょう。

マンションプランなどでもセット割引があります。光電話とあわせて契約したり、テレビ契約をする方はオプションについても合わせて確認するといいでしょう。公式サイトで料金もあわせて紹介しています。

スマホやテザリングの活用も便利ですよね。通信の制限がある場合など公衆WIFIを利用するなどうまく使いこなすといいでしょう。カフェなどでもWIFIを設置しているところが増えているのでうまく活用しましょう。

動画については速度がある程度必要です。しかしながらポケットWIFIでも十分閲覧できるものも多くそんなに不便を感じることがありません。ポケットWIFIは工事も不要ですし、それこそ電話やネット上から気軽に申し込みすることができます。

インターネット速度についても最大速度で利用できるよう電波状況などもあわせて確認しましょう。ちょっと手間がかかりますがルーターの仕様を確認したり置く位置を確認することで通信速度が速くなることもあります。ぜひお試しください。

インターネットはルーターもポイントになるのね。自宅でも工夫したらもっと快適に利用できるのかしら。
そうですね。ルーターで速度が改善される場合もありますし、電波が届きにくいところも接続することができます。
ルーターについてももっと調べてみないとね。
そうですね。ルーターの活用も研究してみるといいでしょう。
9.モバイルWIFIに切り替えた人の声

モバイルWIFIに切り替えた人の声
最近はモバイルWIFIのCMも盛んに行われています。出先でも自宅でもインターネットを利用できるモバイルWIFIはとても便利なものであり利用してみたいといった人もいることでしょう。

自宅に光回線を引いていてさらにスマホなどでもそれなりの通信量を利用する人は通信費をなんとかして削減したいと思っている人かもいるかと思います。毎月かかるコストなので少しでも削減したいところですね。

最近は光回線を解約してモバイルWIFIを利用するユーザーも増えています。モバイルWIFIに興味がある人は実体験談を聞きたいといった人もいることでしょう。

私(A子)は仕事柄出先でもインターネットを使うことが多くスマホよりもモバイルWIFIのようなインターネット利用が魅力だったことからモバイルWIFIを借りてみました。

ちょうど15日無料利用で体験できるWIFIのサービスがあったのでそれを借りてみたのですが速度もそこそこですし、動画を見ることもできました。光回線に比べたら速度は遅いのですがそこまで速度にこだわらないタイプだったのも要因かもしれません。

仕事でインターネット利用はしますが、調べもの向けのインターネット閲覧やメール、 SNS程度です。画像を大量に送信するなどといった人は不向きかもしれませんがこの程度の利用ユーザーならポケットWIFIで問題ないと思います。

私は1人暮らしだったので自分用のインターネットということで自宅でも外出先もポケットWIFIで問題はありませんが家族世帯だとやはりインターネット回線を自宅にも引いた方が便利かと思います。

光回線は速度が速いですし家族みんなで使うならそれなりに速度があった方がいいと思うからです。2人などあまり多くないならポケットWIFIでもいいと思いますが、やはり速度が気になります。

夜間も速度遅くなり動画は途切れ途切れになることがあります。そうしたことを考えても人数が多い家庭で光回線が良いなと思います。

ポケットWIFIは電波が届かないところもけっこうあります。都内でも2Fより上の階にあるテナントなどは電波が入らないことが何度もありました。携帯はもちろん使えます。

このように固定回線もモバイル回線もいい点と悪い点があるので利用用途を考えた上で契約するといいでしょう。

ポケットWIFIは単身の場合おすすめってことなのかしら?
そうですね。単身の人は利用がしやすいのではないでしょうか。
速度も光回線で慣れているとストレスにならないか心配だわ。
どうしてもスピードは遅くなりますが普通にインターネットを利用する分には困らないと思いますよ。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!