ipv6での速度が変わらない、遅いと感じる場合の対処方法を解説

ipv6での速度が変わらない、遅いと感じる場合の対処方法を解説

ipv6に興味を持っている人もいることでしょう。現在ipv4が主流ですがipv6へのシフトは徐々に進んでいます。シフトの速度はゆっくりではありますが将来的にはipv6が主流になる可能性も高いです。

ipv6は2016年現在日本国内では14%ほど利用されています。一般家庭での利用ですがipv6は複数レベルでの対応が必要でありその課題をクリアしないとなかなか普及が進まない可能性が高いです。

条件としてはISPからIPv6接続が可能であること、IPv6に接続インターネットが対応していること、機器がIPv6対応であることなど条件面のクリアも必須です。まだまだ課題はありますがその中でもOSやアプリケーションなどソフトウェアについてはIPv6対応になっているものも増えています。

IPv6はググールなどを中心に対応が進められています。IPv6は今後さらに期待されている分野です。ただし上記内容からも現在は利用が限定的な部分でしか実現されていません。

IPv6の対応ですがIPv4と両方の対応が可能といったケースが多くみられます。接続する相手のIPのバージョンをみて自動的に選択するシステムとなっています。そのためIPv6に乗り換えた人はIPv4との相互運用になっていない利用ができない場合もあります。

IPv4はIP電話やIPテレビ、IP放送など多様な展開を見せています。IPv6についてもこれらを多様化したものでの展開が期待されます。IPv6を普及させる上でもこうした展開は必須でもあります。世界を牽引するアメリカでは国防省がIPv6の利用を宣言しており世界的にも普及が進む見込みです。

次世代の期待の星と言われるIPv6ですが速度についても気になる人も多いことでしょう。インターネットで速度はとても重要です。速度に焦点を置いているユーザーも少なくありません。

ここではIPv6の速度や速度が遅いと感じる場合も対処法をご紹介したいと思います!

IPv6は聞いたことがあるけど具体的にどういったものかは正直わからないわ。
IPv6はIPv4の次世代のもので今後普及が見込まれていますがまだ14%程度なのでそこまで普及がすすんでいないのが現状です。
ということは私たちが現在使っているのはIPv4ということね?
そうです。今後のために勉強しておくといいでしょう。

1.インターネット利用で夜間の遅さにイライラしているならIPv6がおすすめ?

インターネット利用で夜間の遅さにイライラしているならIPv6がおすすめ?
インターネットを夜間に利用する人も多いことでしょう。日中仕事をしている人は自宅で過ごすアフターの時間を利用してインターネットを楽しむといった人も多いのではないでしょうか。

インターネットの利用ですが夜間はゴールデンタイムと言われておりアクセスが集中する時間です。多くの人が仕事終わりのアフターの時間を利用してインターネットを利用していることがわかります。

普段夜間にインターネット利用をする人の中には「インターネット速度が遅い」と感じている人も多いことでしょう。インターネットの速度は夜間のアクセスが集中する時間どうしても遅くなりがちです。

夜間しか利用できない人は自分が利用する時間帯にいつもインターネット速度が遅いというのは悩みの種かと思います。なんとかして改善できないか?と頭をかしげている人もいることでしょう。

インターネットの夜間の速度に不満がある人はIPV6の利用で速度改善が可能になるかもしれません。これは期待したいところです。なぜIPV6で速度改善が期待できるのかというとIPV6の利用ではnttとプロバイダの混雑網を避けることが可能だからです。

夜間のインターネット速度が遅い理由はユーザーが多いntt網は混雑していること、プロバイダも同じくアクセスが集中し混雑していることが要因となります。このいずれかに該当しているケースは非常に多いことが予想されます。

IPV6はIPV4と接続方法が異なります。接続方法ですがIPV4とIPV6ではPPPoE接続、IPV6ではIPoE接続となります。IPoE接続はPPPoE接続と異なりIPV6のみの接続となります。そのため混雑を避けることができるというわけです。

また光回線の速度についても変化がみられます。IPV4の利用ではフレッツ光200Mbpsの利用となりますがIPV6の利用は1Gbpsとなります。光回線の速度だけ見ても5倍近く速度が速くなります。

「夜間は混雑しているから速度が遅いのはしょうがない」とあきらめている人もこの機会にIPV6の活用なども調べてみるといいでしょう。調べてみるとIPV6のような抜け道が見つかるかもしれません。

インターネット速度が遅くて困っている人は乗り換えを検討する人もいるわよね。IPV6への乗り換えもよさそうね。
そうですね。IPV6の乗り換えはぜひ検討したいところです。IPV6で快適なインターネットライフが実現できるかもしれませんね。
IPV6だと接続方法で混雑を避けることも可能だしね。
そうですね。混雑を避ける接続方法は多いに活用すべきです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.速度の遅さで悩んでいる人はPPPoE接続を避けるのがポイント

速度の遅さで悩んでいる人はPPPoE接続を避けるのがポイント
光回線は速度が速く快適といった声が多い反面、夜間などの混雑時間には「速度が遅くてストレスになる」といった回答も多くみられます。光回線はadslの20倍もの速度で高速回線としてもおなじみなのですが夜間の混雑時は回線が混雑していることも多く、速度が大幅に低下することも少なくありません。

インターネットの利用は夜間のみといった人も多いことでしょう。仕事が終わって夜間にインターネット利用する人が多くみられます。夜間は多くの人がインターネットを利用しているためアクセスが集中し混雑の原因となります。

混雑している時間帯は速度が遅くなるのはしょうがないと思っている人も多いかと思いますが、速度の遅さを回避する方法もあります。例えばPPPoE接続を避けるといった方法です。多くの人はPPPoE接続でインターネット利用をしています。PPPoE接続以外の接続であれば混雑を避けることができるのです。

ではPPPoE接続をしないためにはどうしたらいいのかというとIPoE接続をするといった方法があります。IPoE接続はIPV6のみの接続方法で多くのユーザーが利用しているIPV4では利用できない接続方法です。

IPV6ですがIPV4の次世代の接続方法であり少しずつ普及しつつあります。普及の速度は緩やかで日本ではまだ15%程度です。この数値から見ても接続者数が少なく利用がしやすいことがわかるかと思います。

インターネット接続ではPPPoE認証装置を設置しているところも多いです。混雑などについてもここのポイントが要因となっています。なぜここで混雑しているのかというとデーター量が追い付かないことが原因です。現状の機器に対して通信量が多すぎることが要因です。

IPV6については回線終端をスルーする仕組みとなっておりPPPoE認証装置を回避することができます。このように回避についてもメリットがあるので混雑を避けることができるわけです。

IPV6は混雑している部分を避けることができ通信速度についても向上することが可能なのでその分通信速度についても向上が期待できるというわけです。これなら速度が遅くてイライラすることも減りそうですね。

IPV6の通信は混雑部分を避けて通ることが可能というわけね。
そのとおりです。
インターネットの混雑部分を避けることができてネット接続もスムーズに行えそうね。
そうですね。接続をスムーズに行うためにも混雑を避けることは大事なポイントです。

3.回線接続は速度も大事

回線接続は速度も大事
自宅でインターネット回線を引いているといった人も多いことでしょう。インターネット接続は自宅でも欠かせない人が多いかと思います。職場はもちろんプライベートでもインターネット接続は大事なポイントです。

インターネット接続はプロバイダー選びも重要なポイントとなります。プロバイダーについては自由に選ぶことが可能ですがインターネット接続の速度が遅くないと評判のところを探してみるといいでしょう。

速度改善は大きなテーマでもあります。特に夜間のゴールデンタイムはインターネットアクセスが集中しがちでこの間はインターネット速度が遅くなりがちです。インターネットの接続の仕方を変えることで速度が改善されることもあります。

インターネット接続はIPoE接続などいくつかの接続方法があります。速度についても回線終端やネット回線次第で改善されることもあります。フレッツ光ネクストハイスピードタイプなどnttでもいくつかのプランがあるので評判がいいものを利用してみるといいでしょう。

環境についても今一度確認してみましょう。無線lanは便利ですが有線の方が速度は速く利用がしやすいです。認証についてもIPoE認証かどうか、確認してみることをおすすめします。フレッツ光回線やドコモ光など回線によっても認証は異なる可能性があり、IPoE対応かPPPoE接続方式かなどポイントをいくつか確認してみることをおすすめします。

接続認証方式ではPPPoE接続認証の場合アクセスが集中しがちです。アクセス対応についてもハイスピードタイプ接続方式やPPPoE接続などいくつかの方法があります。接続オプションについても対応している可能性があります。

またIPoE対応ルーターなど便利なものも出ています。接続認証とあわせて確認するといいでしょう。接続点や認証方式などの知識があればインターネットの速度との関わりもわかってくるかと思います。

SoftBank光などフレッツ網についてはどうしても夜間混雑しがちです。フレッツ光ネクストIPVなども見てみるといいでしょう。プロバイダによっては夜間に速度制限をかけているケースも多くみられます。

フレッツ光にプラスしたサービスも増えておりインターネット接続についてはさらに選択肢が増えています。まずは利用してみて状況を確認するといいでしょう。ルーターなど無料利用になっているケースもあります。

参考までにサービスを調べてみるといいでしょう。ルーターなど最大に利用できるオプションも調べてみるといいでしょう。セット割などもお得です。インターネット接続のサービスもどんどん進化しています。次世代のインターネットについても利用を検討してみるといいでしょう。

速度が遅いといった苦情も耳にするけどどんどん改善されているようね。
そうですね。各社でも設備投資をしたり新しいプランを打ち出したりしています。
ipv6も評判が良さそうだし乗り換えを検討してもいいみたいね。
そうですね。この機会にチェックしてみるといいでしょう。
4.PPPoE接続以外の接続に注目

PPPoE接続以外の接続に注目
光回線を契約しているのに夜間は特にインターネット速度が思うように出ないといったケースもあるかと思います。インターネットの速度が思うように出ないのはストレスのもとです。

インターネット接続が遅い原因ですがPPPoE接続が原因になっているケースもあります。PPPoE接続が原因なら違う接続方法で試してみるのもおすすめです。

IPoE接続についてもおすすめです。PPPoE接続で速度にストレスを抱えているならIPoE接続ですがIPV6にしたから対応しているとは限りません。ルーターやプロバイダーについてもPPPoE接続方式になっていないか確認する必要があります。

IPV6ではPPPoE接続とIPoE接続の利用が可能です。どちらも利用できるのでややこしい部分ではありますがIPoE接続になっているかどうか?しっかり確認することが大事です。

接続についても詳細を確認してみないとね。
ルーターの仕様も確認しなければなりません。
IPV6では快適なインターネット利用ができるのだから内容もしっかり確認よね。
そうです。確認してみましょう。

・インターネット(Ipv6 IPoE)は、フレッツ光ネクストの基本的な機能としてインターネットサービスのプロバイダが提供しているIPoE対応のIPv6アドレスによるインターネットサービスをフレッツ光ネクストのお客様が利用できるようになっております。

※別途フレッツ・v6オプションにご契約が必要になります。
※IPv6IPoEとIPv6PPPoEの違いについての紹介です。
IPv6IPoE(ネイティブ方式になっています。)、IPv6PPPoE(トンネル方式になっています。)

IPv6IPoE(ネイティブ方式)
特徴は、IPv6接続用の宅内機器が不要です。アドレスの使い分けは、IPv6アドレスの使い分けは不要です。IPv6アドレスの払い出しは、BBIX払い戻しがあります。

IPv6PPPoE(トンネル方式)
特徴は、専用の宅内機器(トンネルアダプタ)が必要になります。アドレスの使い分けは、トンネルアダプタにより2つのIPv6アドレスを使い分ける。IPv6アドレスの払い出しは、ISP事業者が払いだし。

5.接続サービス対応光回線についての紹介をします。

接続サービス対応光回線についての紹介をします。
NTT東西では、IPv6サービスには2方式があります。NTT東西は、お客様に対してのインターネットサービスは提供していません。インターネットサービスを提供しているのは、提携しているBIGLOBEやOCNの会社がISPでしています。同じグループ会社のNTTPCコミュニケーションズぷららは会社がインターネットサービス接続サービスを提供しています。

・新たな2つの接続
・インターネット(IPv6 PPPoE)接続
・インターネット(IPv6IPoE)接続

(ネガティブ方式とトンネル方式)の二つがあります。

VPNサービスや光電話の利用の場合はインターネット接続が不要なため、IPv6を使っていたとしても上記2つのインターネット接続サービスは利用しないということになっています。(サービス情報サイトへのアクセスなどにはIPv6IPoEが使われますが、インターネット接続とは関係ありません。)

利点が多いが問題点もあり、(Ipv6PPPoE接続)
IPv6PPPoE接続に使うPPPoE(PPPoverEthernet)は、Ethernet上PPP(Point to Point)でセッションを作り、ユーザー認証をするための技術になります。今までに使用されていたBフレッツやフレッツ光ネクストは、IPv4のPPPoE接続を使用しています。PPPoEでは、クライアントからユーザー名とパスワードを入力するのが、一般的な方法になります。

IPv6IPoE接続の仕組みとは
IPv6IPoE接続で使用する(IPoE)とは、IPoverEthernetの略で、IPをEthernet上で送るという意味になります。PPPoEを使わない本来の自然な方法でそのためネイティブ方式と呼ばれています。普通につなぐことがIPoEであります。

IPv6IPoE接続は、パソコンをそのままフレッツNGNネクストに接続します。NGNは、IPv6のインフラを利用し、パソコンにIPv6アドレスを自動構成し、PPPoEを介さず,直接IPv6の通信を行う。お客様からの回線の申し込みを行い、回線が固定化されるという不便さはありますが、基本は今までの環境を変更することなく利用できます。

光回線/プロバイダとネイティブ接続事業者
フレッツ光でGMOとくとくBB
光コラボでGMOとくとくBBのドコモ光

@nifty光
@nifty光では最新のキャンペーンや独自の特典などがあります。@nifty光とは格安SIMでも有名でニフモを利用しているのであれば光回線も利用するのがおすすめです。ニフモでは、V6プラス対応回線が早くニフモユーザーならまるっと割(ネット+スマホ)適応で料金も安く使用できます。

ニフティ光は、光コラボレーションモデルの1つになります。回線事業者とプロバイダの契約を一本化することでフレッツ光の料金より安く抑えることができます。v6プラス対応で回線速度が速くなります。

フレッツ光から光コラボに乗り越えてせっかくフレッツ光よりも料金が安くなったとしても速度が落ちてしまうとなんか残念な気がします。けど、nifty光ではv6プラスのサービスに対応して回線速度が向上に成功しています。

Nifty光でv6プラスを使用する方法、Nifty光v6プラスを利用するには月額500円の光電話のオプションに加入するかv6プラス対応のブロードバンドルーターを用意する必要があります。

au携帯・NifMoとのセット割で料金が安くなります。
・ニフティ光では新設の場合は工事費がかかります。
現在なら実質無料になります。(2018年3月31日まで)
戸建の場合は、700円×24回割引(総額16800円割引)
マンションの場合は、580円×24回割引(総額13920円割引)
戸建の場合は、18000円でマンションの場合は、15000円工事費がかかります。

ニフティ光がおすすめな人の紹介をします。

・回線速度を求めている人
・夜間や休日などにネットを使用することが多い人
・auユーザーの方
・NifMoユーザーの方

以上の4点になります。

月額の料金は、24か月間、マンションは、2200円~、戸建ては、3500円~になります。

@nifty光×auセット割
Auスマートフォン/4GKTEタブレット/auけーたいと一緒に使用することで@nifty光の月額費用が最大1200円割引になります。
※auスマートバリュー及びauスマートバリューmineなどの併合は出来ません。

@nifty光キャンペーン特典
新規契約の場合、現金20000円キャッシュバックもしくは15000円キャッシュバック+高速無線ルーター転用の場合は、10000円のキャッシュバック

ビックローブ光
フレッツ光などの固定回線、WiMAXなどのモバイル回線を提供しています。格安SIMのビックローブのSIMも運営しています。2017年1月にKDDIの子会社になりました。

ビックローブ光の特徴
1.料金がお得、値引き特典適応標準工事費用相当額最大30000円値引きでビックローブSIMとセットで月額300円ずっと値引きされます。
2.最大1Gbpsで、NTT東日本、西日本を使用した高品質なサービスを受けることができます。
3.365日受付のカスタマーサポートで安心です。

v6プラスやIpv6オプションを使用することに回線速度の向上をできますが、すべての光回線やプロバイダが使えるわけではないので、対応している光回線やプロバイダは非常に少ないと思います。

ビックローブ光の速度は、下りも最大1Gbpsで上りも最大1Gbps対応です。次世代の通信技術でIPv6IPoE+IPv4ovreIPv6方式での回線接続を行うサービスの1つになります。

ビックローブ光の料金
初期費用
・工事費用:申し込み手数料3000円ビックローブ光では、定額の1プランのみになります。
・フレッツ光からの転用:無料(工事費なし)
・新規(戸建/屋内配線を新設する場合):キャンペーン中で工事費実質無料になります。
 (750円×40回の割引が適用)
・新規(戸建/屋内配線を新設しない場合):キャンペーン中で工事費実質無料になります。
 (490円×40回の割引が適用)
・新規(マンション/VDSL方式の場合):キャンペーン中で工事費無料になります。
 (675円×40回の割引が適用)
・新規(マンション/LAN方式の場合):キャンペーン中で工事費無料になります。
 (490円×40回の割引が適用)

auをご利用の方は、1台につき割引を受けることができます。

ビックローブSIMを利用中の方は光★SIMセット割適応で毎月最大300円の割引を受けることができます。戸建:4980円、v6プラスを利用する場合は+800円、プレミアム+v6プラス対応の無線LANルーターレンタル代もしくは+500円でビックローブ光電話オプションのどちらかが必要になります。

マンション:3980円、v6プラスを利用する場合は+800円、プレミアム+v6プラス対応の無線LANルーターレンタル代もしくは+500円でビックローブ光電話オプションのどちらかが必要になります。

電気(中部電力カテエネプランforBIGLOBE)とセットで使うとさらに割引光でんきセット割
ビックローブひかりとでんきをまとめるとお得に月額100円割引されます。インターネットとでんきとスマートフォンで月額400円割引になります。

DMM光
下り最大1Gbpsで上り最大1Gbpsです。DMM動画とDMM電子書籍のダウンロードが速いです。DMMmobileとのセット割でさらに安くなります。DMMmobileとDMM光セットを利用することで4月30日まで1000円の割引を受けることができます。

契約手数料:2000円
フレッツ光からの転用は、無料。
新規(戸建)現在は工事費無料。
新規(マンション)工事費無料。(キャンペーン中です)

DMM光は、定額使い放題のプラン(定額)と利用量に応じた2段階プランの2つのプランがあります。V6を使用する場合は月額300円で無線LAN付きホームゲートウェイをレンタルする必要があります。

定額プラン
戸建:4820円でマンション:3780円

DMM2段階定額
戸建 月間利用量3GBまで3720円 月間利用量3GBから10GBまで3720円から5420円、月間利用量10GB以上で、5420円(v6プラスを利用する場合)各300円、マンションの場合は、DMM光2段階定額なし

IPv6高速ハイブリッドIPv6IPoE+IPv4光コラボ、ソフトバンク光新規契約で利用する場合のキャンペーンのキャッシュバックが高額になります。

・Softbank光新生活応援キャッシュバック割引キャンペーン、回線工事費用最大24000円無料
・他社回線の違約金・工事費の還元、違約金と工事費残金を全額負担してくれる
(最大10万まで)
・ソフトバンク携帯の料金から割引、Softbank光+おうち割光セット同時申し込みで
 Softbank携帯から10260円割引
・ソフトバンク光の料金から割引、西日本で新規申し込みの方限定です。

代理店独自のキャンペーン
キャッシュバック金額 28000円
転用の場合ソフトバンクの公式からのキャッシュバックとかはありません。

代理店独自のキャンペーン
キャッシュバック 13000円

条件
ソフトバンク光を12か月間継続して利用することキャッシュバックの受取期間は最短で2か月になります。

フレッツ光から乗換えをしたくない人
v6対応のwifiルーター込みで月額991円のGMOとくとくBBがおすすめです。工事や初期費用に関しても不要で、wifiルーターが届き次第すぐに使用できます。

・v6プラスは、フレッツ光ネクスト回線を利用してインターネットの通信回線を
 下り最大1Gbpsでご利用できるサービスになっています。

通常のフレッツ光ネクストの通信速度は、下り最大200Mbpsや100Mbpsに制限されるためv6プラスに変更することで高速化が可能になります。

v6プラスの特長
1.全国各地で利用可能です。
フレッツ光ネクスト回線なら戸建・マンション関係なく利用可能になります。
2.工事不要
回線速度をはやくするための回線工事などは必要ありません。ルーターが届き次第利用が可能になります。
3.料金
工事や事務手数料などがないため普通に月額料金のみで利用できます。

4.設定が簡単にできます。
インターネット利用に必要な接続IDとパスワードの設定が必要ですがv6プラスを利用する場合は設定が不要になります。パソコンが苦手の人でも簡単に利用できます。

まとめ
今回の場合はどれがお得になるの?
割引を利用する場合は、auならビックローブ光がお得になります。
もしSoftbankスマホやドコモスマホでお得に使えるのは?
ソフトバンク光とドコモ光がお得に使えます。

v6対応の光回線やプロバイダはまだまだ少ないと思いますがv6に変えることで様々なことが解決します。

・現在の回線速度の改善
・時間帯によって回線速度の制限とかでストレスが本来なら貯まりますがv6では、快適に利用できます。

様々なメリットがあります。自分も使用したいと思います。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!