IP電話とは?050のデメリットや料金、各社の料金を比較

IP電話とは?050のデメリットや料金、各社の料金を比較

050から始まる番号からかかってくる電話はIP電話といわれていますが、詳しく知って使っている人はあまりいないでしょう。

普通の固定電話と比べてみても、あまり大差がないように思えますが、じつは大きな特徴を持っているんです。

その特徴のおかげでメリットもたくさんあり、ずっと愛用している人も少なくありません。しかし契約をした後にトラブルが発生!後悔した…なんて声だってあるんですよ!

パッと見た感じは固定電話なのに、なんでここまで差が出てしまうんだろう?
IP電話の特徴を覚えておくと、とりあえず損をすることはありません。ですから今回はIP電話について詳しく紹介しますね。

1.IP電話とはどんなもの?

IP電話とはどんなもの?
固定電話に似ているとIP電話は、IT技術が盛んになってきた今だからこそ、知名度が高まっているものです。

もしかしたら固定回線がなくなって、IP電話になる時代が来るかもしれません。それくらい高性能な電話なのですが、どのような作りになっているのでしょうか?

この特徴を知っていると、IP電話を使う前に相性がいいのか、なんとなくわかっちゃいますよ。

気になるけどIP電話に手を出せないのは、仕組みがわからないからなのよね…。
そんなに深く考えなくても、逆に気軽に使えるようにしてあるものがIP電話です。むしろ見方によったら固定電話よりも作りは単純ですよ!

1-1.IP電話はインターネットをうまく使った電話
じつはIP電話で通話ができるのは、インターネットの作りを借りて、そのまま電話にしたから。つまり光ファイバーを使っている電話ということです。

光ファーバーとは、よく耳にする光回線のこと。インターネット上で通話をする、Skypeなどのサービスと似ていると思っていいでしょう。

そもそもIP電話は電話番号があります。そこは固定電話と同様ですが、IP電話の大きな特徴のひとつは最初の番号。050から始まるんです。

さらに通話サービスを提供する電気通信事業者にも大きな違いが。本来ならNTTなどの通信キャリアと呼ばれる企業のみなのですが、IP電話はインターネット接続に関係があるプロバイダが、サービスを提供していることがあります。

固定電話では、電話関連の企業がメインとなっていますが、IP電話は光回線を使っているので、インターネット関連の企業が携わっているんですね。

さらにIP電話にはそれ専用の機器が必要になり、この機器を使うことで通話できるようになります。中にはアプリを通すだけで、通話ができてしまうサービスも…。

ということは固定電話がなく、インターネット回線が繋がっていると通話ができるので、わざわざ面倒で時間のかかる工事をしなくてもいいんです。これはうれしいことですよね。

ちなみに機器を手に入れるには、契約をするプロバイダに問い合わせをすると、レンタルしてくれますよ。もちろんアプリならその必要はありません!

しかし登録が必要になるので、そこは忘れずにしておきましょうね。

1-2.いろいろな使い方ができる電話
IP電話の特徴のひとつは、なんといってもインターネットの回線を使っているところ。これをうまく使えば、固定電話にはない独特の使い方ができます。

そもそも仕事上だとインターネットを利用するものとして、スマートフォン以外にはパソコンが使うことが多くなるでしょう。

そのパソコンの画面上に、電話をしている電話番号の相手の情報を予め入力していると、それを見ながら通話することができます。

もちろんパソコンを使っているということは、プログラムしておけば、なんでもできるようになるので、使い方の幅が広げられるのが簡単です。

電話がかかってきたら、その通話内容を自動で録音することだって、できてしまうでしょう。固定電話と比べ、登場して間もないIP電話は、これからたくさんの機能が開発されるかもしれませんよ!

インターネット回線を使っての電話って、どこか夢を感じるわね。
スマートフォンの普及でインターネットサービスがドンドン普及するでしょうが、その中の電話サービスがIP電話だと思っていいでしょう。これからが楽しみですね。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.IP電話のメリットと特徴を紹介

IP電話のメリットと特徴を紹介
インターネット回線を使うことで、通話ができるようになるIP電話。先ほども紹介しましたが、その特徴はなんといっても使い方の幅が広いことですよね。

ということは使う人によったら、メリットがたくさんあるのも間違いありません。IP電話を使おうと迷っているあなたは、このメリットから決めてみてもいいでしょうね。

2-1.ネット回線を使うからどこへかけても一律料金!
インターネットとは、全世界の人が共通で使えるものですよね?つまりその回線を使っているわけですから、IP電話だってどこの人とでも通話ができます。

さらにその料金も固定電話と違い、距離によっての料金の違いがなくなりました。これは固定電話の回線の仕組みの影響で、どうしても長距離の通話は高くなってしまいます。

それは固定電話が、地域によって交換局というところを設置しており、そこを通過するたびに料金が発生してしまうから。IP電話はその交換機を通過せず、直接通話ができるので一律でもいいわけです。

もちろん基本的には音声の質も変わらないうえに、料金設定が安いことから、固定電話からIP電話の移行が始まってもおかしくありません。

むしろNTTは平成36年からIP電話に切り替えることを発表しています。電話代が気になる人は、IP電話に切り替えてもいいかもしれませんね。

※NTT東日本の場合 光IP電話 アナログ固定電話
通話料 一律8.64円 60キロ越え:45秒40円

2-2.基本料金がそもそも安い!
先ほど紹介したように通話料が安くなるということは、基本料金も安くおさえられるでしょう。それは交換局など働く必要な人数を、かなり少なくできるから。

人件費はもちろんのこと、メンテナンスなどの費用も必要ないですよね?そもそもインターネットの業者が、メインにそちらを管理しているので、安くおさえられているわけです。

ちなみにどれくらい料金の差があるのか、一般的な固定電話料金と比べてみましょう。

※NTT東日本の場合 光IP電話 アナログ固定電話
電話基本料金 540円 1,836円

2-3.ほとんど固定電話と同じ!
IP電話は名前が違うことで、新しい電話機が必要と思っているかもしれませんが、じつは固定電話からIP電話に変えたとしても、電話機自体は同じでも問題なく使えます。

そもそもIP電話と固定電話の違いは、使う回線を変えているからで、他はなにも変えなくても通話が可能です。

ですから、ほとんど固定電話と同じと思っていいでしょう。もちろん電話交換もしなくていいので、今使っている電話に慣れて他の電話機を使いたくないと思っても一安心です。

この内容を見ていたら、ほとんど同じ環境で料金だけが安くなった感じ?
そうですね!しかしインターネットの回線を使っているからこそ、デメリットもあります。固定電話にはないデメリットなので、注意してくださいね。

3.IP電話にはデメリットもあるので要注意

IP電話にはデメリットもあるので要注意
いいことばかりのように見えるIP電話。しかし特徴がはっきりしているからこそ、デメリットもあります。

これを知らずに契約してしまうと、面倒なので先に紹介しておきますね。固定電話の延長線上に、IP電話があるわけでありません。そういう認識で使いましょう。

3-1.フリーダイヤルや110番などの特定の番号は使えない
よくフリーダイヤルが0120-○○-○○からかけてください!という、テレビ通販を見かけますが、IP電話はこのフリーダイヤルにかけることができません!

このフリーダイヤルサービスは、固定電話サービス向けに作られたもの。050から始まるIP電話には対応していないんです。

さらに特定の用意されている電話番号がありますよね?それは緊急電話番号。つまり110番や119番です。

これらの番号も非対応なので、電話をかけようとしても繋がりません。ですから年配の方が電話料金を安くしようと、IP電話に変えないようにしてくださいね。

なにかあったときは大変です!もしIP電話を使っていて、これらのサービスを使う場合は、公衆電話からかけるようにしましょう。

3-2.通話中に途切れることがある
IP電話はインターネット回線を使って通話をすることから、インターネットの回線が不安定な状態なら、通話がうまくいかない場合があるんです。

よくインターネットを使って動画を見ている人がいるでしょうが、その動画が途切れて見にくいと感じているなら要注意!

通話できないわけでないでしょうが、声が途切れて最悪の場合は、電話が切れてしまうときもあります。

IP電話に契約する前に、今使っている回線の通信速度を確認しておくのがおすすめ。パソコンやスマートフォンで、簡単に確認できるので計測してみましょう。

3-3.停電になると使えない
固定電話の中でも、電話線しか使っていないものがありますよね?

今は懐かしい黒電話などがそれに当てはまりますが、それ以外のIP電話を含む電気を使っている電話機は、すべて停電になると通話ができなくなってしまいます。

昔に比べて停電になる頻度は少なくなりましたが、停電になって電話が繋がらないのは、どこか不安…。スマートフォンなどの携帯電話を持っていないのなら少し不便です。

メリットよりもデメリットのほうが、多いかもしれないな…。
IP電話にするメリットは、なんといっても料金!でもそれ以上に不便になることがあるので、それを把握したうえで契約をしましょうね。
4.IP電話を使う場合の料金はどれくらい?各社を比較!

IP電話を使う場合の料金はどれくらい?各社を比較!
IP電話の大きな特徴は、料金が安いことということが、わかったかもしれませんが、これも各社によって違いがあります。

せっかく固定電話には使えるサービスをやめてまでIP電話にしたのに、そこまで料金が安くならなかったら、損をした気分になるでしょう。

そこでIP電話の中でも、おすすめされているサービスを紹介するので、紹介しますね。

IP電話の中でも、そんなに料金に違いがあるの?
もちろんスマートフォンや光回線と同様に、IP電話にも各社によって違いがあります。損をしないように確認してくださいね。

4-1.「050 plus」のIP電話料金

基本月額料金 一般加入電話へかけた場合 携帯電話へかけた場合
050 plusの料金 324円 3分8,64円 1分17,27円

050 plusはプロバイダ大手である、「OCN」が運営するIP電話サービスとなります。このサービスはアプリを入れて使うこともできるIP電話。

しかし現在のスマートフォンの通話料は、いくら通話をしても定額というプランがあります。

ということはそこまで高くならないし、わざわざアプリを入れてまで使う人はいないのでは?と思うでしょう。

ここでIP電話という特徴をうまく使っているのが、この050 plusの特徴。通話できない機器でもアプリさえ入れておけば、独自の050から始める番号が手に入るので、通話ができるようになるんです!

つまりSIMなども必要ないので、逆にアプリさえあればどの端末でも通話ができてしまいます。これが050 plusを使うメリット。

こんな特徴があるからか、以下の2つのサービスよりは高く見えますが、050 plusのサービスをお互いが使えば通話料が無料!

つまり月額324円を準備しておけば、使い方次第ではお得になるでしょう。

4-2.ララコールのIP電話料金

基本月額料金 一般加入電話へかけた場合 携帯電話へかけた場合
ララコールの料金 108円 3分8,64円 1分17,27円

ララコールとは、関西電力系の企業である「ケイ・オプティコム」が運営している、IP電話サービス。料金だけを見ると050 plusよりもかなり安く使えそうに見えます。

こちらのIP電話もアプリを使うことで、独自の番号が持てるサービスがあるのですが、050から始まる5つの番号の中から、自分の好きな番号を選べられるんです!

そしてララコール同士で通話をすると通話が無料と、050 plusと同じようにお得にサービスを受けられます。

しかしここで大きな違いが出てきます。それはララコールの知名度が低いこと!つまりララコール同士で無料になるという特典を、受けられる可能性が低くなってしまいます。

つまり通話料は他のIP電話サービスよりも安い通話料ですが、無料になることがないので、通話時間を気にしないといけないというわけです。

それさえ守れば通話料金が安いララコールを、うまく使いこなせるでしょう。

4-3.G-Call050のIP電話料金

基本月額料金 一般加入電話へかけた場合 携帯電話へかけた場合
G-Call050の料金 302円 3分で8,64円 1分19,44円

G-Call050は「ジーエーピー」という会社が運営している、IP電話サービスとなります。主に海外用の携帯電話をレンタルしている会社です。

携帯電話大手のソフトバンクと、大口契約している会社なので、不審に思うことはないでしょう。ちなみにこちらもアプリを使って、通話が可能になる機能を持っています。

しかし聞いたことがない企業なだけに、こちらもお互いG-Call050同士で通話無料の恩義が受けにくいのがデメリット。

さらに先ほどの050 plusと料金がさほど変わらないので、メリットを活かさないと得をしません。

そのメリットとはアプリを起動していなくても、着信が可能になること。つまり設定など余計な作業をしなくない人には、ピッタリのIP電話サービスかもしれませんね。

5.IP電話のデメリットや料金などまとめ

インターネット技術の発達でさまざまなサービスが増えていますが、IP電話もそのひとつ。インターネットの回線を使って、電話番号が持てるサービスです。

しかしインターネットの通信速度などしっかりした環境でないと、音声の質が悪くなる場合もあり、固定電話に比べて不安定になりやすいのがデメリット。

Wi-Fiが飛んでいる環境で使う場面が多くなりそうです。

そしてIP電話サービスを提供する会社も増えていますが、プロバイダ大手OCNの050 plusは料金やサービス内容など、総合的にみて優秀でしょうね。

迷っているなら050 plusを使いましょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!