アイエフネットひかり速トクの評判を分析、解約金や手続きを解説!

アイエフネットひかり速トクの評判を分析、解約金や手続きを解説!
今やインターネットは必須アイテムです。インターネットがない生活は耐えられない!といった人が多いのではないでしょうか?情報を閲覧したり、友人との連絡のやりとりや動画閲覧などさまざまな場面で使用する機会があることでしょう。

スマホはもちろん自宅でのインターネットも欠かせないといったユーザーが多数おり、実際にスマホと並行して自宅にインターネットを引いている人も少なくありません。

インターネット接続ですがフレッツ光をはじめ、光コラボレーションなど現在はさまざまな会社が存在します。あまりにも多くの会社がありすぎて逆にどこを利用していいかわからないといった人も少なくありません。キャッシュバックや特典なども豊富でそちらの比較についても頭を抱える人もいます。

現在インターネットをお得に接続するにはインターネット接続会社のサービス内容を把握し、キャッシュバックなどを比較した上で自分で申し込みを検討する必要があります。自分で知識を持った上で加入を検討するといった方法になるわけです。

さまざまなインターネット接続会社が存在するわけですが、今回は今話題沸騰中の株式会社アイエフネットが提供を手掛ける「ひかり速トク」について紹介していきたいと思います!

アイエフネットって名前は聞いたことがあるわ。確か「ひかり速トク」を提供している会社よね?
そう。「ひかり速トク」を提供していることで話題になっているのがアイエフネットなんだ。今日はひかり速トクの評判や内容について紹介します。

株式会社アイエフネットについて

株式会社アイエフネットについて
株式会社アイエフネットという企業名を初めて耳にするといった人もいることでしょう。株式会社アイエフネットとは一体どういう企業なのか?その点も気になるところです。

株式会社アイエフネットですが設立されたのは2003年10月1日のことです。約14年前に設立されたことがわかります。資本金ですが1億円で設立されています。
代表者は代表取締役社長に就任している島田 理廣氏です。会社の所在地ですが東京都中央区日本橋にあります。どういった業務をしているのか?というとインターネット接続仲介業をはじめ広告宣伝業務やソフトウェアの開発と販売、ネットワーク通信サービス、情報処理など情報系の仕事がメインとなっています。

これらの一環として行われているのが「ひかり速トク」でもあります。
2016年4月現在従業員数は40名ほどで届出電気通信事業者 やプライバシーマーク を取得しています。
今後も活躍が期待できる企業です。

アイエフネットは約14年前に設立された会社なのね。昔は通信系インフラの提供はNTT系か電力系といったイメージだったけど、今はホント色んな会社が提供しているわよね。
光コラボレーションのようにNTTが回線を貸し出すようになってから新たに参画した企業も多く、そうした企業の活躍が目立っているね。アイエフネットもそうした企業の1つなんだ。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

ひかり速トクとは

ひかり速トクとは
フレッツ光から他社インターネットへの乗り換えを検討している方もいることでしょう。他社インターネットの中でも今話題沸騰中なのが光コラボレーション関連の商品です。光コラボレーションはNTT東日本とNTT西日本の回線を借りた通信会社が提供しているインターネット接続です。光回線についてはフレッツ光などでおなじみの回線を利用しているので従来の光回線+プロバイダの形式をさほど変わりはありません。

光インターネットを利用したい人はそれこそNTTが提供するフレッツ光でもいいですし、光コラボレーションを契約してもいいわけです。光コラボレーションですがフレッツ光と異なり料金形態が1本化されています。フレッツ光はフレッツ光とプロバイダの契約が必要となるわけですが、光コラボレーションは光回線とプロバイダがセットになっているので管理についてもスマートに行うことができます。

また料金もフレッツ光よりも安く提供している企業が多く、コストダウンにも役立つかと思います。企業によってそれぞれ特色があるのでその点を確認する必要があります。自分にあったプランでかつ料金がお得になるのであれば、これは文句なしと言えるのではないでしょうか?

ひかり速トクですがNTT東日本とNTT西日本が提供している光回線を利用しインターネット接続を提供しているサービスです。すでにNTTのフレッツ光を利用している方は回線の状態はそのままでお得にサービスを利用することが可能です。

フレッツ光の一例で戸建てのNTT東日本のエリアでは月額6860円ほどかかるのに対し、ひかり早トクは6280円ほどとなっています。月額580円ほどお得です。この料金の中にはセキュリティソフトやプロバイダ料金も含まれています。

NTT西日本のエリアでは月額6600円のところひかり速トクにすると5490円になります。こちらももちろんプロバイダとセキュリティソフトが込みです。
速トク光電話についても利用できます。速トク光電話ですが全国どこへ通話しても3分で8円です。

ひかり速トクは光電話も利用できるのね。これだと県外へ通話することが多い人も安心して電話利用ができるわね。さらに月額料金もフレッツ光より安いのもうれしいポイントだわ。
光フレッツから乗り換える人が増えている要因はコストにもあるからね。通信コストはバカにならないから少しでも安いと助かるといった人が多いんだ。

光コラボレーションの提供会社について

光コラボレーションの提供会社について
光コラボレーションについてはみなさんも耳にしたことがあることでしょう。インターネットを利用している人は料金がお得であるとか、さまざまな評判から乗り換えを検討している人もいるかと思います。通信コストが安くなるのは何よりありがたい話です。この機会に乗り換えを思っている人は料金などをはじめ見てみるといいでしょう。

光コラボレーションですが光インターネットでありフレッツ光から転用することも可能です。転用したら当然ながら他社との契約となり、フレッツ光は解約の形となります。
光コラボレーションの形で提供している企業ですが、一体どのくらいの企業があると思いますか?けっこうあるなあと感じている人も多いかと思いますが、NTT東日本エリアは約440社、NTT西日本エリアは約290社ほどです。かなりの数であることがわかるかと思います。その中の1つがひかり速トクです。

ひかり速トクの評判について

ひかり速トクの評判について
ひかり速トクの評判ですが、インターネットで調べるとネガティブな情報が多いようです。フレッツ光よりも安くお得にも関わらずちょっと残念な気も・・・。ところでなぜネガティブな情報が多いのかその点から説明したいと思います。

今は情報源としてかかすことができないSNSですがSNSの情報を見てみるとひかり速トクについてもいくつか掲載されていました。
まずは「勧誘の電話が多い」といったものです。インターネット回線の勧誘電話は今や当たり前となりましたが、これを迷惑だと感じている人も少なくありません。自宅にいる主婦もセールス電話に悩まされているといったケースが多く報告されています。電話勧誘ですがNTTからの電話だと思ってしまうパターンも多いようです。

ひかり速トクについてもNTTの回線を利用しているのでNTTだとばかり思って契約したものの、違っていたなんて声もあります。内容をよくわからずにセールストークだけで契約するのは危険です。この点はユーザー側も十分気を付ける必要があります。

電話勧誘ですがインターネットの契約や転用は「電話勧誘を利用しないこと」を鉄則とした方が良いでしょう。自宅で簡単に手続きを行えるのは魅力ではありますが、トラブルが後を絶たずついには総務省までもが勧告する事態となっています。こうした例からも実にトラブルが多いかわかるのではないでしょうか。

セールスマンが正しいことを言っていて、ユーザー側も内容を把握していれば問題ありませんが、ここで掛け違いがあることからトラブルに発展しています。こうした状況から電話勧誘は要注意です。

またよくあるパターンですが「NTTだと思って契約したのに違っていた」というものです。NTTの代理店、NTTの回線などNTTを巧みに織り交ぜてくるのもセールストークの手です。NTTは日本の誰もが知っている代名詞といっても過言ではなく老舗の通信会社となっています。「NTTなら安心」と思ってしまうのは当然のことですが、ひかり速トクについてもNTTではないので注意が必要です。

「違約金が高くてびっくりした」

違約金が高くてびっくりした
違約金についてはアイエフネット以外にも多くのインターネット会社で設定している制度です。違約金の対象になるのは契約更新月以外に解約した場合が基本です。解約金といった言われ方もされているわけですが契約期間は多くの場合、2年か3年の設定となっていす。これが最低利用期間に該当します。
解約方法ですが利用開始から2年や3年などの更新月だと違約金がかかりません。このタイミングを狙って解約しましょう。

解約したい理由は回線速度が遅かったり、他社のキャンペーンにひかれたり、光コラボへの乗り換えをしたいなどさまざまな理由からです。これらの理由で乗り換える際は違約金についてしっかり調べてから実行しましょう。

ちなみにアイエフネットでは戸建て・マンションともに3年契約の場合、途中解約した際は29800円の違約金が発生します。これは確かに高いですね。その他も19800円や9800円と決して安くはありません。この価格帯は高いですがそもそも途中で解約しなければ発生しない金額です。途中解約を避ける方法を検討するのも1つの手段です。

「料金が高い」

料金が高い
ひかり速トクは料金が高いと言われています。フレッツ光よりも安いはずなのに、なぜ高いと言われるのか?というと光コラボレーションの他社と比較した際、そうした言われ方がされるようです。

月額料金は重要なポイントですがその他引込み工事や工事費、工事費用分割金、工事費費用なども見る必要があります。通信契約についてはこのように全般の料金を見て比較する必要があるのですが月額料金だけでどうしても比較してしまいがちです。

割引開始月についてもしっかり覚えて利用しましょう。電話番号についても変わらないか確認しましょう。工事費用や注意点、長期契約、自動更新型割引など状況は各社で異なります。月についても利用開始月なのかその日なのか確認が必要です。多くの会社で自動更新型契約が基本となっています。賃貸住宅は現状復旧などが必要な場合もありますし、途中解約は解約違約金が発生します。
このようにポイントはいくつか抑えておく必要があります。利用開始日は少なくともわかるようにしておきましょう。

評判のトータルの声

評判のトータルの声
ひかり速トクはトータル的に料金が高い、違約金が高い、契約期間が長いなどの声が多く聞かれます。その反面メリットについても耳を傾けるといいでしょう。メリットですがまず設定訪問のサービスがあります。設定訪問ですが3回まで依頼することが可能です。

初期設定なども必要がかかる場合があるのでこうしたサービスは大変ありがたいサービスです。
メールアドレスについても3つほど所有できます。アドレスについても活用したいところです。

またパソコンが複数台あるといった家庭も多いことでしょう。パソコンが複数台の家庭にピッタリなサービスとしてセキュリティサービスが3台までOKといったサービスがあります。つまりウイルス対策等を3台分無料で行えるわけです。これも利用料金に含まれているので、この点もメリットとなります。

料金などでデメリットが挙げられますが、トータルとしてみた場合これらも含まれての料金なのでけっして割高ではないことが挙げられるのではないでしょうか。

どこのインターネット接続会社も同じだと思うけれど、メリットもあればデメリットもあるわよね。月額料金ばかりに目が行きがちだけどこれはNGね。
月額料金は毎月の固定額だから当然大事なポイントではあるのだけど、工事費など初期費用や解約時にかかる費用も各社でまちまちだからチェックしておいた方がいいのは間違いないと思う。そうしたトータル額と内容で良しあしを判断するのがベストだ。
初期契約解除制度を有効活用しよう

初期契約解除制度を有効活用しよう
電話勧誘でつい加入してしまったもののやっぱり取り消したいといった人もいるかと思います。そうした人にぜひ活用してほしいのが初期契約解除制度というものです。この制度ですがクーリングオフのような制度だと思えばいいでしょう。

あらゆる商品に該当しますが商品購入後事情があり返品したい場合、クーリングオフの期間であれば返品できる権利があります。インターネット接続についてもそうした制度が設けられており、それが初期契約解除制度にあたるものです。こちらの利用メリットですが当然ながら違約金なしで利用できるといったメリットがあります。

このように契約を白紙に戻せる制度もあるのです。ただし期限が決まっているので早めに行動しなくてはなりません。
もし「契約についてもう少し考えたい」「契約をして本当に良かったのだろうか?」と迷いがあるようならその時点で初期契約解除制度を活用し、利用してしまうのも1つの手です。この時点なら違約金なしで解約することが可能ですし、痛みも少なくて済みます。

そして後日やっぱり加入してみようかな?と思うのであれば再度加入申し込みをすればいいわけです。
くれぐれも気を付けてほしいのが電話による加入です。近年インターネット接続会社関連の勧誘電話が非常に増えています。一見便利に見えるかもしれませんが、正しい説明をしていなかったり、NTTのようなイメージでセールスをする人もいます。

こちらについては加入してしまったら後の祭りです。クーリングオフの期間であればもちろん契約を白紙にできます。これに気が付けばいいのですが、後々請求書が来てから「話と違う」と気が付く人も多く、トラブルが後を絶ちません。加入してしまった人はかわいそうですが、契約した以上それなりの対処をする必要があります。
それらを回避できる方法がそれこそクーリングオフです。これは上手に活用したい制度です。

解約金について

解約金について
解約金については結構重要なので契約前に調べておくことをおすすめします。契約金だけではなく、賃貸の場合は現状復元の必要もある可能性が高いのでこちらについても調べておきましょう。

ひかり速トクの契約ですが基本的に3年契約が多くみられます。2年契約もある中、3年だと長いと感じるユーザーも多いようです。それが評判にもつながっており、「契約期間が長い」といった苦情の原因になっています。各社でルールは異なるのでユーザーはそれに従うしかありません。

戸建てについては3年契約が基本となります。1年以内に解約した場合は29800円、1年以上2年以内に解約した場合は19800円、2年以上3年以内で解約した場合は9800円の費用がかかります。ちなみに契約については自動更新です。自動更新のため自分で更新月を確認して解約を申し出ないと自動的に契約続行となります。

マンションについては2年と3年契約があります。2年契約の場合1年以内に解約した場合は19800円、1年以上2年以内に解約した場合は9800円こちらも自動更新です。更新月には注意が必要です。

3年契約の場合1年以内に解約した場合は29800円、1年以上2年以内に解約した場合は19800円、2年以上3年以内で解約した場合は9800円の費用がかかります。契約は自動更新です。

違約金についてはけっして安くありません。大体2万円から1万円が相場ですが、上記のように2万円以上の違約金がかかるケースもあります。

更新月に解約するのがいいとはわかっているけど、期間をつい忘れちゃうわ。忘れないよう自分で対策を取らないとね
その通りで自分で管理が必要なんだ。2年や3年となるとあまりにも先過ぎて忘れてしまうからスケジュール管理をどうするか?は課題の1つなんだ。契約については光を利用する人が多いと思うけどインターネットのキャッシュバックなどもあわせて更新月周辺は要チェックだ。集合住宅の場合、工事費用が異なることもあるので注意が必要だ。
まとめ

ひかり速トクは1年未満の解約の場合、違約金が29800円とかなり割高となるのでせめて1年以上は利用したいところです。契約については基本的に3年契約となり他社に比べて拘束期間が長いのも特徴です。対処方法としては更新月にあわせて解約することです。また光ファイバーについてもこのタイミングで新規契約を結ぶといいでしょう。

他社ではモバイルセットなどお得なものも多数あります。詳しくは問い合わせ窓口に聞いてみるといいいでしょう。
全国エリアで費用と速度、プロバイダ、サービス比較し良い代理店を探したいところです。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!