一人暮らしのネット環境、安い回線の選び方を業界人が紹介!

一人暮らしのネット環境、安い回線の選び方を業界人が紹介!
自由きままに気の向くままに、ついに「憧れの一人暮らし」を実現した人も多いことでしょう。もちろんすでに何年も一人暮らしという人もいると思います。一人暮らしと聞くとその響きはいいのですが、キホン生活費のすべてが自己負担、光熱費や食費を切り詰めてでも、日々の楽しみは削りたくありません。
そんな楽しみのひとつが、今やライフスタイルの必須アイテム「インターネット」ですよね。ひと口にインターネット環境といっても毎月の出費だけに、できるだけ安い回線を選びたいもの。
今回は一人暮らしを応援する安い回線の選び方をそのしくみとともにわかりやすく紹介します。

回線といっても本来の意味あい的には幅が広いので、一応ここでいう回線とは「自宅のインターネット固定回線」のこととしますね。

1. スマホがあるのになんで回線が必要なの?

スマホがあるのになんで回線が必要なの?
1-1 一人暮らしは自分で回線を選ぶ
ひと口に「インターネット環境」といってもさまざまですが、今回は「一人暮らし」という大前提があるので、多少絞り込みはできそうです。
というのも、家族全員でネットをするなら家に回線を引いてWi-Fiで飛ばしみんなで共有、利用料金はお父さん持ちだったり、多少なりともそれぞれでカンパし合ったりと、どうにでもなります。
とくにPCなどはリビングに置いて使い回しというパターンも、結構多いものです。

ところが一人暮らしとなれば、どこかのボンボンや温室育ちのお嬢様をさておいて、家賃や光熱費・食費などはすべて自分持ち。インターネット回線も自分で選んで用意しなければなりません。

1-2 スマホだけじゃダメ?
スマホがどこに居ても使えるのは、auやドコモ、ソフトバンクといったキャリアの提供するモバイル電波を使える=俗にいう携帯エリアに入っているからですよね。もちろん自宅に帰ってもモバイル電波が届けば、そのままスマホは使えます。

「なら固定回線はいらないじゃん」となりそうですが、たしかに無尽蔵にデータ制限量を増やして使いたいだけ使えるVIPヘビーユーザーはそうでしょう。
しかしひとり暮らしはそうはいきません。出来るだけ生活費を節約したいわけですから、データ量の大人買いは避けなければなりません。

1-3 固定回線があれば、スマホはタダで使える♪
それでもせめて自宅に居る時くらい、ゆったりたっぷりネットを楽しみたいものです。
そこでおおススメなのが、自宅に回線を引いてWi-Fiを飛ばし、これにスマホやタブレット、PCをつないでネットを楽しむ方法です。

こうすればネットは自宅の回線経由となり、キャリアの提供するモバイル電波を使わなくていいということになります。
もうお気付きですよね、キャリアを通さないということはデータ制限がかからないということなんです。
要するにスマホやタブレットが使い放題、タダで使えるわけなんですね。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.インターネットを利用するための、回線とプロバイダについて

インターネットを利用するための、回線とプロバイダについて
2-1.回線とプロバイダの関係
インターネットを利用するには、回線とプロバイダが必要です。
身近で例えれば、目的地に行くための鉄道と乗車券のようなものと想像すればいいでしょう。
鉄道は全国に繋がっていますが、乗車券がなければ利用できません。

これと同じように回線を使ってインターネットを閲覧するには、鉄道でいう乗車券つまりプロバイダ契約が必要なんです。
ここでは「回線とプロバイダが必要」というポイントを覚えておきましょう。

2-2.どんな回線がある?回線の種類
2017年現在、自宅でインターネットにつなぐための固定回線としては、ISDN、ADSL、光ファイバー、特殊なパターンとしてCATVや地域限定のコミュニティ回線網があります。

■ISDNは、安いが遅い
ISDNは電話回線を利用して、信号を自宅に設置するTAという端末で変換しインターネットにアクセスする方式で、月額3,000円足らず(プロバイダ込み)から利用できる最安値の方法です。
もう使われてないのでは?との誤解もあるようですが、そんなことはありません。

日本全国ではまだ300万世帯近くで使われていますし、東西NTTでは新規の受け付けも行なっています。
月額料金が安いこと、工事が早いことがメリットですが、回線速度が64Kbpsと今のケータイからみれば相当遅いことと、2台以上の端末が同時使用できないことがネックですね。

■ADSLは、安いが不安定(当たりハズレがある)&2020年東京オリンピックまでの期間限定
ADSLも電話回線を利用した接続方式です。月額料金もプロバイダ込みで約3000円前後と安く、回線速度も障害がなければ下り50Mが提供されていますが、実際現場ではそんなに早い回線を見たことがありません。

ADSLはNTTで使われなくなった古い電話回線を再利用している為、その経路によっては当たりハズレが多く、しかも交換局からの距離で信号が減衰するため、常時安定した回線品質をもとめる人にはハズレを引いてしまうと残念な結果になったりします。
日々のニュースを見たりちょっとしたネットサーフィン程度での利用が目安で、動画閲覧やダウンロードの多い人、オンライントレードでリアルな取り引きをしたい人、オンラインの対戦型やRPGゲームではほぼ使い物になりません。
もちろん希望すれば、ある程度の回線品質までには改善努力は行なってもらえますが、物理的な限界を告げられることもあります。

しかし世の中にはラッキーな人もいるもので、「当たり」となれば10~30Mbps程度の速度が安定して得られることもあり、こうなれば光回線と変わらないような利用の仕方が期待できます。

ただこのADSL、2025年には廃止が予定されていて、実質2020年には使えなくなるため、長く使いたい人には現実的ではないですね。すでにNTTでは、光回線エリアでは新規の受付を廃止しています。短期でいいからどうしても使いたい向きには「Yahoo!BBの加入権不要タイプ」あたりが回線&プロバイダ込みでオススメです。

■光ファイバーは現在の主役
やはり現在の固定回線の主流は、光ファイバーを使った光回線です。月額料金は安いとは言えないので今回のテーマからは少々外れますが、回線速度の速さやそれに伴うネット利用の快適性など広い視野で見れば、結果的に「安い買い物」的感覚で受けとめることもできます。

光回線は、NTTのフレッツ光、auや電力会社系の独自回線、フレッツ光回線を利用した光コラボ、さらに今ではCATVや地域のコミュニティ回線も光回線を利用することが増えているんです。それだけ光回線のメリットを見出しているんでしょうね。

一般的な光回線は月額料金が3,000円から5,000円程度、これにプロバイダ料金が約1,000円程度で、
やはり5,000円~6,000円は必要でしょう。
今回は安い回線選びがテーマなので、光回線の選び方やプロバイダの詳細については、あらためて詳しく紹介しますね。

3. Wi-Fiをうまく利用して節約しよう

Wi-Fiをうまく利用して節約しよう
3-1. スマホやタブレットをつなぐにはWi-Fiが必要
よく「Wi-Fiでつなぐ」とか「Wi-Fiスポット」、などと言われていますが、家電屋さんの店頭では「無線ルーター」として売られていたり、契約ごとでは「無線LAN契約」などと呼ばれていますよね。
ここで「Wi-Fiと無線LANって何が違うの?」ということになりますが、じつはこれ同じことなんです。 

正確には「無線LAN」なんですが、この無線LANの規格を統一した団体の名称が「Wi-Fi」ということで、今では統一された無線LANが主流となり、Wi-Fiといえば無線LANのこととなったわけです。

自宅にネット回線を引いても、スマホやタブレットにつなぐにはWi-Fiが必要ですよね。
ではWi-Fiはどうやって飛ばせばいいのでしょう?

3-2. Wi-Fi(無線LAN)は契約してはいけない
ネット回線やプロバイダを契約する場合、オプションに「無線」とか「Wi-Fi」が用意されています。
ようするに「インターネット信号が送られた回線をどうやって端末につなぐのか」ということで、スマホやタブレットはもちろん、場合によってはPCやTV、ゲームなどを無線でつなぐためには、オプションを用意していますということなんですね。

このオプションを追加すると、Wi-Fiで接続するための無線ルーターや無線LANカードが提供されてくるわけですが、この無線LANオプションの月額料金が、多くの場合約1,000円程度です。
もっともオススメな光回線だけでも、その月額料金が少々痛いのに、さらに追加となるとこれはもう少々の痛みどめでは効きません。年間約12,000円もの負担が増えてしまうわけですから。

そこでまたまたおすすめなのが、無線ルーターを自分で用意するという方法です。

3-3. 毎月払い続けるのと自分で用意するのとどっちがオトク?
無線ルーターを自分で用意するということは「自分で買ってきてとり付ける」ということです。そうなると今度は接続設定に不安が残りますが、意外や意外、無線ルーターへの接続は特殊な場合を除いて、街中のWi-Fiスポットにスマホをつなぐのと同じことなんです。そう思えば多少気がラクでしょう?

無線ルーターを自分で用意すれば購入するという初期投資は必要ですが、無線契約で年間約12,000円を思えば、それ以上使うなら元がとれ、その後はずっとオトクが続くということになるんです。
無線LANオプションとどっちがオトクでしょう? 答えは見えていますよね。

3-4. 無線ルーターの選び方
Wi-Fiは買った方がオトクとなると、次にどんな無線ルーターを選べばいいのかということになりますよね。
市販されている無線ルーターですが、その性能も値段もピンキリ、一人暮らし用としては、利用環境にあった最小限+α程度の性能でできるだけ安いものを選びことになります。
ひとり暮らしの場合、多くの方がワンルームではないでしょうか? ワンルームならよほどのことがない限りWi-Fiの電波が届かないなんてことは考えられないので、5,000円から10,000円程度の安いものでいいと思います。部屋が2つ以上ある場合は、少し奮発して1万円から2万円程度のモノを選びましょう。

性能よりも値段から先に来たのは、説明する上でわかりやすいことがひとつと、無線ルーターは値段=性能という定説がいまだ強く商品に反映されているからなんです。特売を除いて間違っても「安くていいモノ」なんてありません。値段相応といいますが、こと無線ルーターにおいてはぴったりハマります。

メーカーはどこでもいいのですが、できればバッファロー、NEC、IOデータなどが無難です。いざという時はメーカーの窓口もつながりやすく、親切につなぎ方を教えてももらえます。
性能面でいえば、最近の無線ルーターは「最速○○Mbps」などと早さをウリにしているようですが、廉価版の300Mbpsで充分です。というのも速いといわれる光回線でさえ、関東圏でしか利用できないNURO光を除いて、実行速度が100Mbpsを超える回線自体が現実にはほとんど存在しないからです。

この記事のまとめ

一人暮らしに最適な安い回線の選び方を紹介しましたが、いかがでした?
「安い回線」というのは、たんに値段が安いというだけでなく、トータル的に見て「コスパの良い」回線ということになりそうです。生活環境にあった自分だけの「安い回線」で快適インターネット&快適一人暮らしの参考にしてみて下さいね。

また機会があれば、光回線やプロバイダの選び方やオトクな利用法などについても順次紹介していきますのでお楽しみに!









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!