光コラボレーションの主要事業者を一覧で一挙紹介!業界人による評価付き!

今回は「主要光コラボレーション事業者の紹介と評価」というテーマでお話をしていきたいと思います。

「光コラボレーションってよく聞くけど、どんなサービスなのかよくわからない」
「光コラボレーションにしたいけど、どこを選ぶのが一番良いの?」
「通信速度は問題なく使えるのかな?」

光コラボレーションサービスは様々なサービス事業者提供しているので、種類が非常に多いです。

しかし現状は「できる限り大手を選ぶほうが良い」結果が出ています。
あまり名前が知られていないプロバイダが提供する光コラボレーションは通信速度が遅くなってしまったりするので、業界人としてはあまりお勧めできません。

この記事では間違いがない主要光コラボレーションサービスを一挙紹介します!
これさえ読めば光コラボレーションへの乗り換えも怖くない?!

1.携帯電話事業者の光コラボレーション

携帯電話事業者の光コラボレーション
もっともお得になりやすいのは携帯電話会社の3大キャリアが提供する光コラボレーションです。
携帯電話の月額料金に割引が適用されるため、お得になりやすいです。
通信速度クオリティも比較的高めで好評判です。

・「ドコモ光」
携帯電話会社の光コラボレーションの中ではプロバイダの選択肢が幅広いことが特徴。
どのプロバイダを選択しても月額料金は変わりません。
戸建てタイプで5,200円、マンションタイプで4,000円。

DoCoMoスマートフォンとのセット割引は一台あたり最大で1,100円、平均値は800円。
家族内でDoCoMoスマートフォンを使用している人であれば全員が割り引き対象になります(パケット定額契約が条件)。

選択するプロバイダによって通信速度クオリティが異なるので、事前に下調べしておいたほうがいいでしょう。

安定選択肢はプロバイダもDoCoMoに揃えることです。

・「SoftBank光」
プロバイダはYahoo BB!の一社のみ。
Yahoo BB!は比較的ISP規制が極めて少ない部類なので通信速度の心配はほぼ無いと思っていいでしょう。

月額料金は戸建てタイプが5,200円、マンションタイプで3,800円。

SoftBankスマートフォンを使用していると「おうち割 光セット」が適用されます。
割引額は一台あたり最大で2,000円、平均値は1,410円。
この割引適用期間は2年間ですが、3年目以降は1台あたりに934円の割引が永年適用になります。

こちらも家族内でSoftBankスマートフォンを使用している人全てが割引対象になります。

・「auひかり」
光コラボレーションはフレッツ光回線を使用することが一般的ですが、「auひかり」は独自の光回線を使用することが特徴となっています。
通信速度のクオリティは高いですが、提供エリアがまだまだ発展途上。
今後の展開が注目されています。

どこの光回線を使用していても導入に必ず立会い工事が必要になる点と、地上デジタル放送テレビサービスが非対応な点が欠点です。

月額料金は戸建てタイプで5,200円、マンションタイプで3,800円。

auスマートフォンを使用している人であれば「auスマートバリュー」の割引が適用されます。
割引形式は「SoftBank光」の「おうち割 光セット」と全く同じ形式をとっています。

プロバイダも選択肢はありますが、こちらもauに揃えておいたほうが通信速度のトラブルが発生する確率がぐんと下がります。

「auセット割」が用意されているプロバイダ発の光コラボレーションもありますが、割引額は断然「auひかり」のほうがお得です。

「auセット割」は1台のみで割引額も1,000円なので、まずauスマートフォンで揃えているファミリー層の方にはお勧めできません。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.インターネットプロバイダの光コラボレーション

インターネットプロバイダの光コラボレーション
つづいて古くからあるインターネットサービスプロバイダ発の光コラボレーションです。
ここでは主要プロバイダに絞って紹介していきます。

・「OCN光」
プロバイダ発の光コラボレーションの中では最も無難な選択肢が「OCN光」。
月額料金は戸建てタイプが5,100円、マンションタイプが3,600円。
通信速度は地域によって落差がありますね、概ね安定しています。

しかしこれといった割引特典がないところが欠点です。

・「BIGLOBE光」
こちらもOCNと並んでインターネット業界では老舗プロバイダの立ち位置にいます。
月額料金は戸建てタイプが4,980円、マンションタイプが3,980円。

「auセット割」に対応しており、またMVNOサービスの「BIGLOBE SIM」とセット割引「光☆SIMセット割」も用意されています。
しかし「光☆SIMセット割」は割引額が300円のため、ネット料金のお得感はそこまで感じません。
MVNOで料金が格安になる反動でしょう。

通信速度クオリティの地域別格差はOCNよりは激しい傾向にあります。

正直、プロバイダ発の光コラボでまともに紹介できるのはこの2社ぐらいです。
もともとフレッツ光のプロバイダ自体が通信速度クオリティに問題が無いところが少ない傾向にあるため、どうしても携帯電話会社の光コラボレーションサービスに軍配が上がってしまいます。

3.「ここは選んじゃダメ!」な光コラボレーション

「ここは選んじゃダメ!」な光コラボレーション
「信頼できそうだと思ったけど、通信速度が泣くほど遅い…」と嘆きの声が多い光コラボレーションサービスを紹介します。

・「ぷらら光」
NTT自らがサービス提供しているプロバイダ「ぷらら」の光コラボレーション。
「NTTがやっているから信頼できそう」と思ってしまいがちですが…契約しないほうが無難です。

月額料金は戸建てタイプで4,800円、マンションタイプで3,600円と他社に比べると安めな設定と思いますよね?

しかしフレッツ光サービスプロバイダとしても「ぷらら」の通信速度評判は散々なものだったのです。

光コラボレーションの「ぷらら光」にしても提供サーバーは同様なので通信速度問題は解消されないのです。

・「エキサイト光」
業界で一番安いと謳うプロバイダ「BB.excite」の光コラボレーションサービスですが、こちらはまさに「安かろう悪かろう」の言葉がぴったりはまってしまいます…。

戸建てタイプが4,360円、マンションタイプが3,360円と月額料金は確かに安いです。

しかし夜間はおろか、朝や昼間も2桁を切ってしまう奇跡的な下り速度を見せてくれます。

・「So-net光」
こちらも古くからあるプロバイダ。
昔からあるプロバイダと言われると「サービス提供歴が長いから快適に使えるんじゃないの?」と思いがちですが、こちらもフレッツ光サービスプロバイダの段階で評判はよくありません。

4. 総括

以上のことから通信速度クオリティに関して言えば携帯電話会社3大キャリアが提供する光コラボレーションの圧勝と見ていいでしょう。
月額料金も3大キャリアのユーザーの方であれば、こちらの光コラボレーションを選択することがベスト選択になります。

現状、携帯電話事業者以外の光コラボレーションは通信速度クオリティ面に著しい問題を抱えているところが殆どなので業界人視点では自信を持ってお勧めできるものとは言えません。

「BIGLOBE SIM」のように自社の格安SIMサービスとのセット割引が用意されている事業者もありますが、その殆どの格安SIMサービスもクオリティに不安が残るものばかりです。

現状、格安SIMで電波が安定しているのは「UQ mobile」と「Y!mobile」になるので価格帯だけで判断するのは危険と思ってください。

しかしライトユーザーであれば問題が無い格安SIMサービスもあるので、そういったものがあれば選択肢として取り入れるのも良いかもしれません。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!