自宅に光コンセントあります?調べ方とあったときの特典を説明!

光コンセントがあれば、よりお得なネット回線に加入できます。お住まいの人気光回線をチェックしてみませんか?

自宅に光コンセントあります?調べ方とあったときの特典を説明!

インターネット導入工事を見ているとテンションが上がってしまう。それは何故だろう?俺だ。マックだ。
今回は賃貸住宅にお住まいの方向けにフレッツ光の導入工事のお話をしていきたいと思います。
光コンセントと呼ばれるものが有るか無いか、これはネット加入に大きな意味を持ちます。

皆さんは戸建てかマンション(アパート)どちらにお住まいでしょうか?
賃貸お住まいの方のほとんどは今「基本は集合住宅じゃないの?」と思われたと思いますが、今回はどの形か関係なく賃貸にお住まいの人全てに知ってほしい内容です。

光回線のインターネット接続をするにあたり、戸建てとマンションタイプがあります。このいずれかで契約するのが通例です。このどちらかを選択するわけですがどういうものか知ってから利用するというのは大事なこともでもあります。

何故なら今回は特に「集合住宅でも戸建てタイプのインターネット利用している」という人や、今後そのような状況に行き着く可能性がある人にも読んで貰いたいからです。
もちろん戸建て賃貸もあるので、知っていて損はないでしょう。

インターネットの導入工事は費用がかかることはご存知だと思いますが、戸建てとマンション関わらず工事費が変動するということは知ってましたか?

戸建てタイプとマンションタイプでは月額料金も異なります。なぜ同じように一般家庭で光回線を利用するという趣旨なのに、月額料金や工事費が異なるのか?その点も気になることでしょう。それにはきちんとした理由があります。見た目ではわからないかもしれませんが、内容を聞くと「なるほど」と思うことでしょう。

光回線については自宅でも利用したいといった人が多いかと思います。外出先はスマートフォンで、自宅ではインターネット回線でインターネット接続する人は多くみられます。自宅でのインターネット接続は光回線が高速ですし、大変便利です。テレビ動画などの視聴も可能です。

いざ光回線を引くとなるとマンションの場合、まずは確認が必要となります。マンションタイプの申し込みで問題ないかと思いきや、そうではないケースもあるからです。もちろん問題なく利用できる場合もあります。これはマンションの状況や全入居者の利用状況、大家のその後の対応などにもよるので物件によりまちまちです。

トラブル事例としてはインターネット回線の申し込み先に確認し、「工事は不要です」と言われたのにも関わらず後日工事が必要なことが発覚し、工事担当を派遣するケースです。この場合、工事担当の派遣に費用がかかります。線やプラグの設定が必要な場合、こちらも経費がかかります。
もしマンション入居時に工事は不要ですと言われた場合も、派遣工事などの費用も調べておきましょう。また業者には念を押して確認することが大事です。

業者の回答だと安心感があるといった人が多いことでしょう。確かに安心なケースも多いですが、100%の回答ではないのです。実際にそうしたトラブルがあり、実費負担になったというケースもあります。

今回はその鍵を握る光コンセントをベースに解説していきたいと思います。

1. インターネット導入工事の仕組み

インターネット導入工事の仕組み
今回は戸建てタイプの導入工事をベースに説明します。
それは何故かと言いますと冒頭でも述べたように「集合住宅でも戸建てタイプのインターネット」という状況に当たることも予測してのお話だからです。

まず戸建ては通常の一軒家にあたる物件です。インターネットについては配線を利用するのでマンションと戸建てと別に考えるのが普通です。

戸建てのインターネット導入工事は電柱から光ファイバーと呼ばれる線(以下、光ファイバー)を自宅にまで引き込む必要があります。
しかしこの光ファイバーを引き込んだだけではまだインターネットを利用するのに必要な状態にはなっていません。

ここでは光ファイバー線を直接引き込むので自宅に引き込むための入り口が必要となります。通常は電線の配管を利用します。この方法だと自宅に穴をあける必要がありません。それが使えないときはエアコンダクトを用いります。それもできない場合は、壁に1㎝ほど穴をあける工事が必要です。

ここから自宅の壁に光ファイバーと機器を接続するための差込口となる「光コンセント」を設置します。

光コンセントについて初めて耳にするといった人もいることでしょう。イメージとしては電源コンセントと同じようなもので、その部分が電源用ではなく光回線用になっているものです。電話のアナログ線の差し込みのようなイメージです。最近は電源とアナログ線と光回線が一緒になっているコンセントも発売されています。

わかりやすく言うと電話回線の光回線版です。電話回線はすでにマンションや戸建てに引き込み済みになっているケースがほとんどです。しかし光回線は違います。なぜなら電話回線のように必須だと考えられていなく、また割と近年にスタートしたサービスだからです。

光回線もすでに自宅で必須アイテムになっていることが多く、そのうち電話回線のように当たり前に建設時に引き込みされるケースも増えてくることが予想されます。現段階ではまだそこまではいってなく、自分で工事を依頼して引き込みをし光回線を利用するといった形式となっています。

電柱から引き込んだ光ファイバーは終端装置(スプリッタとも呼びます)を経由して光コンセントまで繋げます。

やっとここでホームゲートウェイ(業界人の間ではONUとも呼びます)を光コンセントに接続することによりインターネットの利用が可能になるわけですね。
※光コンセント、終端装置、ホームゲートウェイはインターネットで検索すればどのような形をした装置なのか写真が出てきます。

自宅で電源を使って電気が使えたり、電話が使えるのは建築段階であらかじめこれらの線を自宅に引き込み、専用のコンセントが設置されているためです。将来的にはもしかしたら電話線と同様に光回線も最初から引き込みされた状態になっている可能性もあるかもしれません。線の需要についても時代によって異なる様子がうかがえます。

ここまでの工事で固定電話も入れると工事費はおおよそ25,000円~30,000円の振れ幅で発生します。
工事時間は40分から2時間の間となり、立会いも必要です。立ちあいも平日17時までの間のケースが多いことから仕事をしている人は有給を取得するなりして対応する必要もあるかと思います。

マンションの場合、マンションタイプの利用が基本となります。この場合、基本的にマンションタイプへの接続が可能な状態になっていることが前提です。
そのため集合住宅でも建物の中に光ファイバーが通っていないと、この戸建てと同様の手法が用いれることがあります。つまりまず工事が必要というわけです。
これを業界用語で「マンファミタイプ(マンションファミリータイプの略称)」と呼びます。
※「マンファミタイプ」に該当すると月額基本料金も戸建てタイプと同額になりますが、通常のマンションタイプに比べて夜間に通信速度が低下する可能性が一気に低くなります。
戸建ては1軒で回線を占有しているのに対し、マンションタイプはマンション全体で共有する形になるからです。光回線は回線速度が速い状態で保たれているのでそこまで心配はないとはいうものの、やはり夜はアクセスも集中するのでマンションタイプは特に速度が落ちがちです。

基本的にインターネットを自宅に導入すると上記の流れとなり費用も発生しますが、賃貸物件の状況によっては工事費が安くなることもあります。

このように工事についてもケースバイケースです。料金についても一概に言えないのが事実です。マンションタイプの場合、部屋の状況で利用者にとってお得なケースもあります。これは大いに活用したいところです。戸建ても場合によっては光回線工事が完了している場合もあります。まずは実地調査が必要です。業者に確認してみましょう。業者から状況について回答がくるはずです。

速度についても気になることでしょう。こちらは測定が必要です。速度測定についても確認してみるとおおよその数値がわかるかもしれません。

では、それはどういった状況なのでしょうか?

本文は下へ続きます


光コンセントがあるという事は色んなネット回線が選べるということ!その中でも、
お手持ちのスマホが安くなる上にネットもサクサクになる光コラボがオススメ!







ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2. 「光コンセント」がある場合、「光ファイバー」の撤去がされていない場合

「光コンセント」がある場合、「光ファイバー」の撤去がされていない場合
光コンセントのあるなしによって状況はかわります。コンセントが自宅(マンション)に設定されている場合、工事が不要なケースもあります。その場合はいわゆる工事費の部分の工事が不要で、nttの局内工事のみで光回線が利用できるケースもあります。

配線についてはよくわからないといった人も多いことでしょう。基本的に光回線は電話回線のように戸建てやマンションにアース(回線)が引き込みされていないケースがほとんどです。電話線については各家庭で使うことを前提に線が電柱から自宅あるいはマンションに引き込みされているのが通例です。それに対して光回線はあくまで希望者の利用のみといったことが前提であり、最初から引き込み済みの工事はあまり見当たりません。

今の時代、高齢者の見守り対策などでもインターネット回線は必須の時代です。将来的には光回線も自宅まで完備といった設計が主力になる可能性もあります。ひとまず現段階では回線事業者による工事が必須であり、工事費用もかかります。

・基準は2つ
賃貸物件に入居してまず宅内に「光コンセント」があるかどうかが1つの基準になります。
「光コンセント」は「一体型タイプ」と「分離型タイプ」の2種類。
光回線が配管を通っている場合は「一体型タイプ」、
光回線が露出配線となっている場合は分離型タイプが用いられるのが特徴です。

「一体型タイプ」は電気のコンセントも一緒にあるもの、「分離型タイプ」は単独となっています。
尚、どちらも「光」もしくは「光コンセントSC」文字が印字されているのが目印です。

そして「光コンセント」がある状態で、更に外から光ファイバーが引き込まれている状態であるか否かです。

ただ「光コンセント」がそのまま残っているのであれば、光ファイバーもそのままの状態であることが殆どなので「光コンセントがあれば光ファイバーもそのままの状態」と思ってもいいでしょう。

運良くこの状況を引き当てることができれば、心配な工事費が少なくとも半分になる可能性が出てきます。

もし残っているとしたら前入居者が光回線を利用し、大家がそのまま残しておいてくれたケースです。一応賃貸の場合は、元の状態に戻すことが前提であり、光回線も含めて元の状態に戻す必要があります。そのためもし残っていたらラッキーくらいに考えるといいでしょう。

しかし例外もあります。
それは導入工事の際にNTTの人間が光ファイバーの入れ替えが必要と判断した場合です。
光ファイバーが引き込まれてから年月が経っている場合、劣化等の理由で入れ替えが必要と判断される可能性があるので、心の準備だけはしておくのが無難でしょう。
(このパターンは非常に稀ですが、断言しにくい事例なので念のため…)

立会いが必要じゃなかったという声もありますが、これも物件状態によってケースバイケースなので当てにしないように!

上記のケースはまれなケースです。マンションなどは出入りも多く、また若い世代の人はインターネットを自宅に引いている確率も高いので、そうした物件ではこうしたケースも増えています。これは最大限に活用したいところです。

回線速度について気になる人は測定サイトを利用してあらかじめリサーチしたいといった人もいることでしょう。そうした人はまずは契約してから様子を見る必要があります。自宅でインターネットの契約を完了してから、速度測定サイトを利用し測定してみましょう。

工事内容についてもケースバイケースであることがわかるかと思います。ケーブルの引き込みの状況により、局内工事のみで工事が完了するケースもあります。この辺りは専門家に聞いて意味ないと確認が取れません。もし引き込みがされているように見えても、実は使い物にならないこともあるわけです。

光回線は光ファイバーケーブルというのが用いられています。電話線についてはメタルケーブルです。メタルケーブルは銅線であり、光ファイバーケーブルは光ファイバー芯線が用いられています。メタルケーブルはある程度の周期で交換が必要です。理由は銅線なので年月の経過とともに劣化するためです。

一方光ファイバーケーブルは半永久的に持つと言われており、ケーブルの交換もかなりのスパーンで不要なのが通例です。災害などで劣化することももちろんありえますが、基本的に交換を頻繁にするものではありません。そのため、劣化による交換というのはどのレベルで行うのか?ちょっと疑問もあります。しかしそこは業者の判断です。本当に使えない、あるいは速度の支障が出る状態もありますし、ケーブルの品質によっては良くないものもあります。特に海外産のものは日本のケーブルメーカーが手掛けたものより、質が良くありません。

3. 退去時に「光コンセント」は外す必要がある?

退去時に「光コンセント」は外す必要がある?
・全ては大家さんの手の中に…
これもインターネット上では様々な事例が飛び交っていますし、皆さんにとっても退去時に「光コンセント」と「光ファイバー」を撤去する必要がなければ撤去費用がかからないと嬉しいですよね?

「次に入居してくる人も工事費が安くなるから、Win-Winじゃん!」という声が聞こえてきそうですが…

業界人の私が結論を申し上げます。

「ケースバイケース」です。

基本的に賃貸物件の退去は原則「原状復帰」が決まりごとなので、もちろん「光コンセント」と「光ファイバー」の撤去も必須項目になります。

ただ大家さんが「次に入居する人が喜ぶだろうし」等の理由でそのまま残してもいいと言ってくれる事例もあるのは確かです。
「大家さんに要確認」ということですね。

自分の持ち物である建物周辺で、次の入居者の人によってまた大掛かりな導入工事が入るのを嫌がる大家さんであればそのまま残しておいてほしいと言ってくれるでしょうし。
「原状復帰」にとことんこだわる大家さんであれば「全部外してくれ!」と言うでしょうし。

インターネット好きな私からすると入居したところが既に「光コンセント」も「光ファイバー」も付いていれば飛び跳ねるように喜びますけどね。
大家さんと交渉してみるのも良いかもしれませんね。

例えばまだ入居者がいる状況で、近々入れ替えといったケースもあることでしょう。その場合はチャンスです。「入居後に光回線を利用したいので回線の状況をそのままにしてほしい」と伝えれば対応してくれると思います。ただし光回線について内容をわかっていない場合は、誤認のもとになります。そのままにしてくれということは「回線の契約をそのままにしてくれ」という意味なのか、「回線契約は解約しても引き込み済みの光回線(配線)はそのままにしてくれ」という意味なのか、詳しい人でないとわからないと思います。
行き違いがないよう、伝えるときはあらかじめ業者に確認し、メモを渡すといいでしょう。これが1番確実な方法です。

光回線をはじめ便利なものがどんどん普及していますが、その一方で内容の理解が非常に難しくなっています。それこそ1つ間違って伝えるととんでもないミスになってしまうこともあるのでしっかり確認しましょう。また念のため費用についても発生するかどうか?しっかり確認しておくことをおすすめします。

・もし、どうしても撤去が必要と言われたらどうすればいい?
退去時期が運良く春の引越しシーズンであれば、引越し先で使うインターネット会社を選ぶ際に他社解除料金と撤去費をキャッシュバック負担してくれるキャンペーンを行っている光事業社を選びましょう。
見合った条件の光事業社が見つかれば面倒な手続きも少なくなります。

春の引越しシーズン以外でも同等のキャンペーンがある可能性はあるので、諦めずに探してみましょう。

・賃貸物件の旅にそんなの面倒くさい
そんなあなたは黙って置き型Wi-Fiルーターの「SoftBank Air」を選びましょう。
引越し先が使用エリア外だったとしても解除料0円で解約出来ます。
転勤族と呼ばれる方は最近「SoftBank Air」を選ばれる方が多くなってきていますね。

SoftBank Airはadslよりも回線速度が速く、便利だと評判です。まだ使ったことがない人は試しに使ってみるのも良いでしょう。光回線ほどの速度でなくても問題ないといった人はこちらもおすすめです。

光回線の契約は2年など縛りがあり、また更新についても解約月でないと解約金が発生します。このように突然引っ越しということがありえる人にはちょっと不便な面があるのも事実です。身動きが取れやすいSoftBank Airについても調べてみるといいでしょう。

総括
引越し先で基本的に「光コンセント」があればラッキーと思っていいですが、どのような事態が起きても大丈夫なように心の準備の振れ幅は大きめにしておく必要があります。

退去時の撤去有無は大家さん次第であり、交渉次第とも言えます。

あとは引越しの頻度がどれだけあるか予想を立て「固定インターネットサービス」を契約するか、あるいは「モバイルWi-Fiルーター」か「置き型Wi-Fiルーター」等の導入をするか慎重に選択するべきでしょう。
尚、Wi-Fiルーターは置き型のほうが通信速度は速いです。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!