ハイビットの電話は要注意?光ギガの解約金は?業界人が注意喚起!

営業電話などからの契約ではなく、人気がある良い回線を選びたい方へ。
お住まいの地域で選ばれている回線をチェックしてみませんか?

ハイビットの電話は要注意?
光ギガの解約金は?
業界人が注意喚起!
今、これを読まれている人だけでなく世間一般で「めんどくさい」と思うサービスっていろいろありますよね?
今回はサービスされて「めんどくさい」と思うものに挙がる一つ、「どこかの会社から電話営業がきたとき」についてのお話です。

自宅にいる機会が多い人は電話勧誘が非常に多く鬱陶しいといった人もいることでしょう。電話勧誘は社会問題になっており総務省が注意を促す事態となっています。電話勧誘は営業戦略の1つであり、昔からあるPR方法の1つです。しかしながら近年は特にインターネット申し込みに関する勧誘が増えており、悪質な手口も報告されています。

ところで皆さん、インターネットの申込みってどういった方法があるかご存知ですか?

「店頭での申込みだけじゃないの?」

いえ、実はそれだけじゃないんですね。

インターネットはスマートフォンでも申込みが可能です。
スマートフォンでネット上で申込みができますし、各インターネット会社のサービスセンターに電話で申し込みをすることもできるのです。

そしてもう一つ、会社にとって善し悪しがある申込み方法があります。
それは「サービス会社からかかってきた営業電話での申し込み」です。これが例の電話勧誘です。

一見、電話営業は嫌がられそうなイメージが先行しがちです。
私がいた営業の世界でも消費者の方に最も煙たがられて苦労した記憶があるのが、同様に「電話営業」です。
しかし営業力のある人間は電話でも言葉巧みに契約をしています。

電話営業でもいい商品を納得した上で購入するのであれば問題はありません。また不要だと判断すればその場で断ればいいわけです。問題なのは嘘や詐欺の類の営業スタイルです。つまり消費者をだます形で契約にこぎつけるというわけです。
正しいサービス内容をアナウンスしていない状態で契約してしまい、結果的に契約者が「電話勧誘時と違った内容の契約になっている!」といった被害が多発しています。

このように会社によっては悪質と言ってもいい手口で契約を獲得するサービス会社もあります。

ここでは総務省から行政指導が入った前例のある「ハイビット」をピックアップし、トラブル防止法を紹介します。

「ハイビットの電話は要注意?光ギガの解約金は?業界人が注意喚起!」

1. ハイビットとはどんな会社?

ハイビットとはどんな会社?
ハイビットはフレッツ光のプロバイダの一つです。
「toppa」というプロバイダー名でサービス提供を行っています。
OCNやBIGLOBE等とは違い、業界人の間ではマニアックな部類に入っています。
実際に利用されている方もそこまで聞いたことはありません。

またハイビットが提供している光コラボサービスは「光ギガ」という名前となっています。
この「光ギガ」はフレッツ光を利用している方は立会工事が必要なく、フレッツ光の回線をそのまま利用するサービスです。
ハイビットはこれを上手く使い、勧誘を行っています。

ハイビットとはどんな会社?
フレッツ光の回線の速さはみなさんご存じのことでしょう。あとはToppaはどういった特徴を持っているのか?というのがキーポイントになるかと思います。
Toppa!の特徴ですがバックアップシステムが注目されています。このバックアップシステムはパソコンのデーターをバックアップすることが可能であり、写真や音楽などのデータークラウドで保存できます。バックアップを希望している人にピッタリな機能です。最大10GBの利用が可能となっており容量の麺でもメリットがあります。
またメールの送受信時にウイルスチェックをする機能もついています。こちらも無料で利用が可能です。メールアドレスについても利用が可能であり、アドレスが1つ振り当てられます。
ウイルス感染はメールで観戦することも多く、それを監視してくれるのは非常に助かる仕組みです。有害と判断されたメールはあらかじめはじかれて届くので安心してメールを閲覧することが可能です。
このようにデーター保管およびバックアップ、そしてメールのウイルスチェックを希望されている方におすすめのプロバイダ、そしてサービスとなっています。

・評判はどうなのか?
一言で表すと「最悪」です。
というのも速度が酷すぎます。
夜間になると戸建てタイプでも速度が落ちるのが当たり前。
「toppa」、「光ギガ」ともに速度の評判は同じで、口コミもポジティブなものは見当たりません。

・利用料金は?
「光ギガ」になってから高いという口コミばかりです。
特にフレッツ光からの転用では何故か発生するはずもない謎の切替費用があったり、基本料金が二重請求になっていたりとトラブルも後が絶えません。

実際の料金は?というとまず初期費用で3000円ほどかかります。
またすでにフレッツ光を利用されている方は光ギガファミリーだと、光回線のみで月額利用料4,400円となります。光ギガファミリー5300(光回線+プロバイダー) の場合は月額利用料5,300円です。
長期の利用で割引になるプランも用意されており、光ギガファミリー長とく(光回線+プロバイダー)は利用月数によって料金が異なります。1〜12ヵ月は4,980円、13〜24ヵ月目は5,300円、25〜36ヵ月目は5,250円、37〜48ヵ月目は5,200円、49〜60ヵ月目は5,150円、61ヵ月目以降は4,500円となります。その他にもプランがあるのでプランについてもよく見てみる必要があります。
上記は転用した場合の料金です。その他切替費用や転用の費用、違約金、契約解除料など聞いていなかった費用が発生しないか?など十分確認をしてから検討するといいでしょう。

・アフターサービスは?
カスタマーセンターの電話はなかなか繋がらないわ、オペレータの対応は悪いわ…もう「何も言えね」です。

この時点で「契約しないほうがいい」ということが明白です。

アフターサービスまでリサーチしてから申し込む人は少ないかと思います。光コラボレーション事業者の数は増えており、ギガ光や光電話に関する商品提供は増えていますが、電話が繋がらないといった苦情や設定がうまくできない、業者が設定にこない、わからない操作点を設定してもらえないといった悩みを抱える人も少なくありません。
アフターについても自分の希望に沿って対応してもらえるかどうか?確認してから乗り換及び申し込みを検討するのが無難です。

本文は下へ続きます


ハイビットのような電話営業からのネット契約はしたくない、一番お得で速いネットに加入したい!そんなあたなたは、お手持ちのスマホが安くなる上にネットもサクサクになる光コラボがオススメ!







ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2. 言葉巧みを通り越して悪質トークを使っていたハイビット

言葉巧みを通り越して悪質トークを使っていたハイビット
ここが一番把握しておくべき項目です。

・契約先が「光ギガ」に変更すると認識しないトーク
ハイビットは主にフレッツ光の利用ユーザーに電話営業を敢行します。

「光サポート株式会社」等のNTTのサービスセンターの類の名を名乗り、
「料金が安くなる光ギガにプランを変えませんか?」
と言った言葉で勧誘してきます。

この「プランを変えませんか?」という言葉自体、語弊がありまくりです。

ちょっとややこしいですが、ここでNTTが提供している回線とNTTが他社に提供している光アクセス回線サービスについて把握する必要があります。NTTは自社の光アクセスサービスを利用し、フレッツ光の契約などを提供しています。
その他もう1つ事業として行っているのが他社への回線貸出です。これによってtoppaなどもそうですがソフトバンク光など他社でも光回線の提供が実現されているのです。
確かにNTTがらみではありますが、契約した他社はNTTの回線を借りて自社の商品として提供しています。そうした流れから「光ギガ」にするということは契約先がNTTからハイビットに切り替わるからです。
これはプラン変更でも何でもなく、これは立派なインターネット会社の乗り換え契約です。

しかし「光ギガ」はフレッツ光回線をそのまま利用するサービスです。
それが故に「工事もなくそのままの環境で安くなりますよ」という言葉で消費者に安心感を与えているのです。

確かにフレッツ光回線をそのまま利用するわけですし、解約金も発生しません。そのため「今まで通りNTTのサービスで安くなるんだ!」と勘違いする人が出てしまうわけです。勘違いの要素として業者の説明不足はあきらかです。

・サービス内容の説明が足りてなさ過ぎ!
そもそもNTTから光ギガに契約事業社が変わる時点で説明が足りていない以前の問題ですが、初期費用等の説明が殆どないという口コミ量が富士の山の如しです。

「NTTとのコラボ商品」等、やたら「NTT」という言葉を連呼し電話口のむこうの相手に安心感を植え付け続けるのです。

ではどうしたらそうしたトラブルを防げるのか?というと消費者として知識を持つのが1番です。便利な商品が増えておりまたさまざまなキャンペーンが繰り広げられる中、それの選別をするのは自分自身に他ならないのです。

3. 知識があれば怖くない!トラブル防止法!

知識があれば怖くない!トラブル防止法!
では電話勧誘がきたときはどうすればいいのか?

・「NTTのサポートから勧誘電話はかかってこない!」
まずNTTサポートセンターから「プランを変えませんか?」と言った勧誘電話がくることはあり得ません。
なので「NTTのサービスセンター」等を名乗ってくる勧誘電話は怪しいと思いましょう。

勧誘電話ですが自宅に固定電話引いている人に対してかかってくるケースがほとんどです。日中はほぼ勧誘電話ばかりといった家庭も少なくなく、ストレスを感じている人も増えています。
対策としては・・・

・「怪しいと思ったら電話してきた相手のサービス会社を聞く!」
電話で話していてどうしても怪しいと思ったら
「おたくの会社って何ていう会社?」
と聞きましょう。
そして名乗ってきた会社名はメモを取っておくことが大切です。

・「即決はしない!」
電話営業は基本的にその場での即決をさせるために電話をします。
私も電話営業をしていたことがありますが、電話営業を行っている人間は「検討するという言葉は断り文句」という意識で仕事をしています。

強く営業をしてくるとは思いますが、ここは強く「家族と検討したい」等の言葉を使って電話を切りましょう。

・「電話を切ったあとは相手が名乗った会社を調べる」
電話を切ったあとはスマホで相手が名乗った会社を調べましょう。
そこで最終判断が自ずと出ます。

電話勧誘をしてくる会社ではNTTではなくNTTの販売代理店です。NTTの商品を扱っていることに変わりはありませんが、まったく「別会社」であることを認識しておく必要があります。

4. もし既に契約してしまった場合は?対処法を指南

もし既に契約してしまった場合は?対処法を指南
これを読んでいる人の中には、今「しまった!契約した覚えがある!どうしよう?!」と思った方もいると思います。

しかし総務省から行政指導が入ったこともあってか、解決の余地はないこともありません。

ニュースでも光回線に関する勧誘が問題視されており、ついには総務省が注意を促す行政指導になったことをご存じの方も多いことでしょう。ここでは契約後の対処についてご紹介したいと思います。

・解約方法は?
解約申請は基本的に電話になりますが非常に繋がりにくいため、かなりの時間待たされます。
そのうえナビダイアルになるので問答無用で通話料も発生してしまいます。
「光ギガ」ホームページに解約申請送信フォームがあるので、そこから申請をするほうが得策と言えるでしょう。
折り返し電話をしてくれますし、メールでの対応を希望すればそれも応じてくれます。

・納得できない契約解除料はどうしたらいいの?
「光ギガと契約した覚えはない!解約するにも解除料金がかかる?納得できないよ」

その通りです。
前述にあった通り、総務省から行政指導が入ったこともあり解除料を0円にしてもらえないか、「光ギガ」側と交渉できる余地はあります。

しかし「光ギガ」との直接交渉が上手くいかなかった場合はどうすればいいのでしょうか?

・最終手段はNTTと消費者センターに通報する
「光ギガ」と交渉が決裂した場合はすぐにNTTと消費者センターに相談しましょう。
NTTと回線契約のままの認識だったのに、何の説明もなく契約先が変わっていたという旨をしっかり伝えましょう。
こうすることにより、解除料が0円になった事例があります。

不適説な勧誘については総務省のホームページで事例が紹介されています。内容としては

① 転用するとnttではなくHi-Bit社になる説明が行われていない。またこの内容について虚偽が含まれる説明となっている。
② いかにもntt東日本あるいは西日本からの連絡であるかような紛らわしい形での紹介である。あるいは虚偽が含まれる説明となっている。
③ Nttの回線を使っていることは確かだが、いかにもnttとの契約であるかのような(残っているかのような)誤解を受ける説明している。
④ 勧誘の際、nttのウェブサイトで契約に関する情報を操作させ、転用承諾番号を取得させたり、注意事項について虚偽の説明を行うなどの行為。さらにきちんと注意事項を読んでいない状態で「同意する」にチェックを入れさせるなど、利用者が正しく納得していない状態で契約をこぎつける。
⑤ 転用については現在の料金を確認せずに「今より安くなる」といって勧誘する例
(実際は基本料金および利用料金が高くなっているなどの被害)
⑥ 契約のプランの切替費用などでよくわらない費用を36回分割払いさせるなどの行為。
⑦ 3年後契約期間(拘束)が自動更新されるといった説明がなされていない。

5. 行政指導(警告)の内容

行政指導(警告)の内容
・交渉するのが面倒だと感じたら?
しかしこのNTTと消費者センターをも巻き込むとなると、やり取りは大変です。
この動きをするのが面倒だと感じるのであれば、「他社解除料負担キャンペーン」を行っている別の優良な光コラボ事業社に乗り換えることが一番の近道となります。

・「光ギガ」になってしまうと、その後どの光事業社にしても導入工事が発生してしまう
「フレッツ光回線のままなのに、フレッツ光に戻すことは出来ないの?」という声が多く出てきますが、結論から言いますと残念ながら「出来ません」

利用中のフレッツ光回線を他の光コラボに一度変えてしまうと、そのフレッツの光回線は「光コラボが提供している光回線」という扱いになってしまうからです。

ここで注意したいのが1度他社に乗り換えると再度nttのインターネット(フレッツなど)に戻すことはできないのです。戻したい場合、再度工事が必要となり、料金が発生します。

それが故に、フレッツ光に戻すよりは開通工事費が安く済むキャンペーンを実施中の光コラボ事業者にすることが得策になります。

・一番の落とし穴「電話番号」
これも光回線工事と同じで、簡単に電話番号を引き継ぎすることができません。
「電話番号」も同じく「NTTではなく光ギガの提供している番号」に化けてしまっているからです。

もともとNTT加入権を持っている場合であれば、一度NTTに申告し「光ギガのものとなっていた番号」を「NTTの番号」に戻す手続きをしなければいけません。
ここでかかる費用の相場は3,000円~10,000円です。

これらについても説明がなされていないケースが後を絶ちません。

対策としてはこの費用もキャッシュバック負担してくれる光コラボ事業者を探したほうがいいでしょう。

5. 総括

電気通信事業法の改定により、今回のようなトラブル事例は減りつつあります。
しかしそれでも未だに生息している事業社は存在しているので、電話勧誘には「細心の注意を払う」か「電話勧誘自体を断る!」かのどちらかを徹底するべきでしょう。

フレッツ光などもコラボでさらに活用が多様化し便利になっています。その反面、利用者側がしっかりした知識を持って応戦しないと手に負えないトラブルに巻き込まれてしまいます。これらを知らないと損するのは結局消費者です。自分を守る手段として面倒であっても知識を身につけることは大事です。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!