hg8045qの仕様や設定、速度、ポート開放の詳細を解説!nuro光の速度が上がる?

hg8045qの仕様や設定、速度、ポート開放の詳細を解説!nuro光の速度が上がる?
最近ルーターやONUに興味津々な元OLシステム部のひかりんです。ちまたでインターネット速度がたびたび話題になっていますがルーターやONUのスペック次第でどう変わるのか?、色々調べているうちにますます興味が出てきました。

速度とも関わりが深いルーターやONUですが新しい機種も続々出ていて、今後の展開を楽しみにしているところです。

インターネット接続会社についても光コラボレーションが登場してからますます会社数が増えていますよね。ルーターやOUNの提供も会社でまちまちです。

さて今日はNURO光で提供されているONUのhg8045qにスポットをあてて紹介したいと思います!

NERO光もたびたび話題になっているインターネット接続業者よね。でもOUNとか機器の詳細までは私もわからないわ。ルーターとどう違うのか?もあまりピンと来てないかも。
OUNなど機器についてもリサーチをおすすめします。最初はわからないかもしれませんがそこまで内容は難しくありませんよ。仕様と最大速度を抑えておけばどういった商品かわかりやすいのではないでしょうか。

1.NURO光で提供されているOUN

NURO光で提供されているOUN
NURO光ではOUNが提供されています。OUNはルーターなどとも呼ばれていますが正式にはルーターとONUは異なる装置です。OUNは「光回線終端装置」となります。

これはどういったものか?というと光回線を光信号と電気信号に変換する装置です。光回線の引き込みだけではそのままインターネットに利用できないことからこうした機器が取り付けられます。

一部でモデムといった呼び方もされていますが、モデムの場合信号変換は不可能であり実質の使用用途は異なります。ルーターやモデム、光モデムなど呼び方もさまざまです。

光回線の準備が出来たら有線でインターネットを利用したり、WIFIでインターネットを利用するのが一般的です。これらに必要な機器の1つだと思いましょう。

光回線を自宅のネットワークやWi-Fiに繋ぐための機器が必要です。OUNについても回線への接続で必要な機器の1つです。WIFIについてはルーターで設定を行います。業者が最初に設定してくれる場合は、WIFIの設定についても相談してみましょう。もちろん自分で設定も可能です。

設定については紹介のサービスになっているケースと有料のケースがあります。無料であれば確実に接続してもらえる業者に依頼するのがベストです。有料であれば自力でチャレンジするのも良いでしょう。最近は簡単に接続できるCDRなどもあるので意外と手軽に利用できるかもしれません。

NURO光で契約予定の人は光回線の開通後すぐにWIFIが利用できるようになっています。

家庭でもWIFIは必須よね。最近は子供たちもタブレットやスマホを持つのが当たり前だから自宅WIFIを家族で利用しているって話はよくきくわ。
自宅でWIFIの設定をしておくと容量を気にせず利用できてとても便利なのでおすすめです。家族が多い世帯はさらにお得なんじゃないでしょうか。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.画期的な「IEEE802.11ac」

画期的な「IEEE802.11ac」
みなさんはIEEE802.11acをご存知でしょうか?なんとなく通信に関するものだという感覚を持っている人もいることでしょう。IEEE802.11acは第5世代の規格IEEE802.11nの後継機となります。IEEEhaは無線の規格としておなじみでありIEEE802.11acが提供されたのは2015年ころからです。最速の通信規格として注目された品でもあります。

速度についても気になるところです。最大速度はどのくらい出るのでしょうか。4世代で利用されたいた主な機種はHG8045DやHG8045j、ZXHN F660Tです。このとき無線LANを利用した最大速度は450Mbpsほどとなっています。

では5世代のEchoLife HG8045QやZXHN F660Aはどうなのでしょうか?これらは1300Mbpsとなっています。一気に倍以上の速度が出るようになったのです!まさしく画期的な商品といえます。
アンテナ数や送受信数についても増えています。送信と受信は3となり、3×3の体制が確立されました。チャンネル帯についても帯域が増えており80Mhzとなっています。これは前の機種と比較して2倍以上でもあります。

今ではIEEE802.11acが主流ですがIEEE802.11acの仕様になっているルーターのすべてが最大速度に対応しているとは限らないのでその点は注意が必要です。価格が安いものはやはり性能が良くありません。最大速度についても867Mbpsや中には433Mbps程度のものもあります。

NERO光については1300Mbpsに対応した無線ルーターを無料で提供しています。通常購入であれば1万円するようなルーターを無料で利用でき、かつ速度が確立されているわけです。これはぜひ利用したいアイテムです。

無線についても世代が異なるとここまで速度が違うものなのね~!具体的なことを知らなかったら、けっこう画期的な話だわ。
それは良かったです。新しい方が機能が良いというのはみなさんもご存知かと思いますが、世代が違うことで速度も違ってくるんですよ。ただスペックは1つだけではなくいくつかチェックが必要なので一概には言えない部分があります。中には安くても良い製品があるかもしれないですしね。

3.速度について

速度について
光回線と言えばフレッツ光のイメージが強いかと思いますが、今ではドコモ光やNURO光、auひかりocn光などさまざまな提供回線が存在します。これらの回線はNTT系光回線を利用しているものも多数あります。

NTT東日本とNTT西日本では回線提供を実施しており、光コラボレーションはNTT系の回線を利用している業者となっています。

プロバイダについてはフレッツ光なら光回線と別途契約が必要でしたが、光コラボレーションは光回線とプロバイダがセットになっているのでそうした1本化された形となっています。ユーザーとしても1本化で管理できるので大変楽になったのではないでしょうか。契約数についても光コラボレーションは契約数が順調に増えています。

状況ですがNTTはバックボーンも大きく多くの人が利用しても問題ないようになっています。内部の分岐や局外スプリッタなども問題なく利用できます。速度遅延などはネットでも度々話題となっています。網終端装置や設備、無線LANなどに問題がなければ特段普通に利用できることでしょう。

フレッツ光を利用している人は現状のプロバイダーを変えたくないといった人もいることでしょう。プロバイダがセットではありますが業者を選べる可能性もあるのでその点もチェックしてみましょう。各社では順調に目標のユーザー数を突破しているといった声も聞かれます。ドコモを利用している人はドコモ光の利用もおすすめです。分岐数などはNTT局内での確認となり、相互接続点などもしっかり管理されています。

最大速度の1ギガは「可能性」であり確率された速度ではないので注意が必要です。

最大速度についてはあくまで最大の可能性であり、実際はそれよりも速度が落ちるのでその点も頭に入れておきましょう。NGN網などプロバイダ側の都合もあります。

一般ユーザーとしては規模プロバイダも興味深いところです。規模が大きいと設備も期待できるのでは?と思うのはもっともな話です。またセット販売なども注目を集めています。DMM光など良い評判の会社もあります。

速度の状態は実測するしかありません。速度実測は無料で簡単にできます。速度が遅くなる形については機器やさまざまな要素が考えられ、原因は一つのときもありますが複数のときもあります。近所でも回線状況を聞いてみましょう。追記の部分についてもしっかり確認してインターネットを利用しましょう。

フレッツ光回線と光コラボレーションの回線速度は基本的に一緒となります。ドコモ光ユーザーでも速度は一緒です。光回線上流などいった言葉もありますが1ギガでの契約となります。

ダウンロード速度など速度低下の原因になるのは夜間の混雑時などネットへのアクセスが集中している時間帯です。あまりにも速度が遅い場合障害の可能性もあります。

モバイルやスマホは格安SIMについても活用を検討してみるといいでしょう。動画についてもオプションサービスを活用するといいでしょう。動画閲覧にはケーブル(有線)でインターネット接続をすると通信速度が保たれるのでおすすめです。速度制限などサービスはプロバイダによっても異なります。そちらもチェックしましょう

インターネット上の記事などでもLANケーブルの利用についてはたびたび紹介されています。インターネット接続し放題などを希望している人は有線がイチ押しです。

夜間の利用は環境を確認してみましょう。プロバイダによってルールも異なります。また加入者数が多い地域は通信量も多いためどうしても混雑しがちです。

月額料金も大事ですが速度が高速かも大事です。利用者の評判はサイトでも紹介されているので見てみるといいでしょう。スマホとセットだと料金もリーズナブルですし、光コラボレーションでさらに料金が下がることもあります。セット割引などは1つのポイントと言えます。

インターネット接続の会社は非常に多いので回線サービス内容や速度低下、回線速度など速度面にも注目して契約するといいでしょう。

速度については夜間の時間帯も大事だし、プロバイダによっても規制が異なるから事前に調べておいた方が安心感があるわね。私もさっそく調べてみようっと。
速度は口コミなどを調べるのが1番です。またプロバイダによってルーターでいいものを使用していたり、独自の通信方法を確立しているケースもあります。こちらも注目したいところです。
4.電波の周波数にも注目

電波の周波数にも注目
HG8045Qを含むIEEE802.11acでは5Ghz帯となっています。2.4Ghz帯は混雑する可能性が高く、特に夜は混雑に巻き込まれる危険性が高いといえます。インターネットだけではなく電話の子機や電子レンジなど電波利用の機器にも利用されていることから余計にそうした傾向が見られます。

また自分の電波は自分の家だけの問題ではありません。近隣との兼ね合いもあります。隣で電波利用が多い場合、当然ながら混雑に巻き込まれやすい状況となります。

インターネット接続会社で今だに無線よりも有線を推進している理由は無線はどうしても電波が不安定になりやすく、切断要素が高いことも要因です。IEEE802.11acではこうした不安要素も解消している部分が多く安心して利用できます。

無線については電波の譲り合いも大事です。電波は私たちの目に見えないのでどうなっているかわからない部分も多いです。電波が混雑している状態だと互いに譲りあい接続を保っています。そうなると当然ながら電波が途切れたり、速度が落ちたりするわけです。

このことを「電波干渉」と言います。無線LANを利用していて電波の状況が思わしくないのにはこうした理由が隠されているのです。

しかしながら2.4Ghz帯の時代は1チャネルから13チャネルまでの仕様であるのに対し、5Ghz帯は36チャネルから140チャネルまでと幅広い利用が可能となっています。

数値を見ただけでチャネル数が豊富であることがわかることでしょう。この結果、接続にもプラス影響が働き接続についても安定性を保って接続することが可能となります。

このようなことからもHG8045Qを利用しているNURO光は速度が上がりやすく、無線LANの環境でも安定した電波状態で利用できるというわけです。インターネットの接続状態や速度は機器によっても大きく左右されます。OUNやルーターについてもこの機会に仕様を調べてみるといいでしょう。

チャネル数でもこんなに違いがあるとは知らなかったわ。今の機器でも利用はできるけれど、スペックの面では新しい機器はとても魅力的ね。機器も交換すればスペックがアップする可能性があるわね。
そうなんです。スペックはけっこう重要なんですが最初から付属になっていたり、各社でルールが異なるのでまちまちになってしまうんですよね。人気のインターネット接続業者は機器も最新のものを入れている可能性があるのでそちらも注目してみるといいでしょう。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!