gponにおけるonuやontの仕様とは?nuro光の速さの理由に迫る。

現在gpon周辺の話題に事欠きません。東海、関西対応になった事で日本中がgponになる日も遠くありません。詳しくは下記記事から。

NURO光エリア拡大!(大阪|京都|兵庫|奈良|三重|滋賀|岐阜|愛知|静岡)申込み方法も解説!

gponにおけるonuやontの仕様とは?nuro光の速さの理由に迫る。
光回線ですが速度の速さを重視する人は多いことと思います。速度は大事なポイントであり、ぜひチェックしたいところです。インターネットの利用ですが普通にインターネット閲覧の場合、それこそモバイルwifiやadsl以下の速度であっても利用は可能となっています。動画閲覧やオンラインゲームとなるとさらに高速回線を求める声が上がるのではないでしょうか。

最近光回線でも光コラボレーションの商品も多数で回っています。光コラボレーションはntt東日本と西日本の回線を借りた形で運営しており、実質nttの回線を利用していることとなります。

しかしフレッツ光時代に比べて速度が遅かったり、特に夜間は速度が遅すぎて乗り換えを検討するユーザーも見られます。詳しい情報は口コミを見るとわかることでしょう。なぜこうしたことが起きるのでしょうか。

まずはプロバイダーの問題です。プロバイダーについても実に多くのプロバイダーが存在しており、インターネットに接続している会社となります。インターネット接続をしているのは確かですが会社によって力量はかなり異なり、特に設備がいまいちなところだと速度が遅かったり、障害が多いことも少なくありません。このようにトラブルが多い原因にもつながります。実際にプロバイダを変更して接続速度が速くなったというケースも多数あります。

また設備的な問題もあります。速度が遅いのはプロバイダのせいだと思っている人は要注意です。設備の方に原因があることも少なくなく、特にルーターや自分のパソコンは要注意です。パソコンやルーターは一見普通に稼働しているように見えますが、そうではないことも少なくありません。長年使っていると必ず劣化します。そうなるとインターネット閲覧についても支障が出ることがあり、インターネット閲覧の速度が落ちてしまうケースもあるのです。

今回はインターネット速度を左右するgponなどを紹介したいと思います。

インターネット速度を左右するのはプロバイダも大事だけど、その他のついても調べないとわからないということね。どうしたら速度がアップするのかしら?
機器の仕様についても目を向けているといいでしょう。機器によって速度は異なりますし、評価が高いものは評判もいいですね。

1.Gponとは

Gponとは
光回線の速度アップに重要なものの1つとしてGPONというものがあります。GPONの名前を初めて聞くといった人もいることでしょう。GPONですがジーポンという呼び方となります。
GPONはフレッツ光をはじめauひかりでも利用されています。もともとはponという技術となります。その中でも日本で多く利用されているのがGPONにあたるわけです。Ponという技術のgponと覚えておくといいでしょう。
光ファイバーケーブルについては今や当たり前に利用されています。家庭内lanについても光ファイバーが入り込んでいます。

この方式ですが国際電気通信連合電気通信標準化部門でも標準化されています。表示ですがITU-Tといった方式となります。この方法は光ファイバーを分岐した後、複数世帯の加入者宅に引き込むといった方法です。

方式によっても利用形態は異なるのね。回線速度をチェックする際は、各社でどういった方式をとっているか?もチェックした方がよさそうね。
そうですね。それもおすすめです。専門用語でわかりづらいかもしれませんが解読していけば理解できることでしょう。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.従来の回線速度の限界が1G。それを2Gに変えたのがgpon

従来の回線速度の限界が1G。それを2Gに変えたのがgpon
光回線と言えば1G が定番となっています。フレッツ光などでも高速速度は1Gで紹介しています。また光コラボレーションについてはNTT東日本と西日本の回線を利用しているのでこちらについても最大速度が1Gとなっています。

ところが最近2Gのサービスで提供している企業が出ています。それがNURO光です。NURO光は皆さんの中にも名前を聞いたことがあるといった人がいることでしょう。今話題の業者で光回線取り扱いの中でも速度が速いことで有名です。

NURO光についてもNTTの光回線を利用しています。それなのになぜここの回線は早く利用できるのしょうか?ここの回線が他社よりも早く2Gで利用できる理由ですが、独自の設備を投入しておりそれによって速度が速くなっているためです。

光ファイバーはみなさんも聞いたことがあるかと思います。さらにダークファイバーというものがあります。ダークファイバーこそがNURO光の秘密兵器です。

ダークファイバーとは未使用の光ファイバーです。光ファイバーは普及がスタートしてからすでに利用しているものとまだ未使用のものがあります。光ファイバーケーブルの中でも未使用のものがダークファイバーと呼ばれるケーブルなのです。

NURO光はダークファイバーを利用することで2gの高速回線を実現しています。つまり未使用の光ファイバーケーブルがないと2Gという高速速度は実現できないわけです。

光ファイバーケーブルはすでに利用しているケーブルが多いためダークファイバーでの接続を実現するためには設備投資も必須です。NURO光はソニーグループであり設備投資にも大変力を入れています。設備投資代だけでもかなりでは?と推測する声も多いのだとか。

NURO光ですが関東、関西、東海などエリアについても規制があります。評判のよさからエリア開通を待ち望んでいる人が多いかと思いますが、設備投資の問題もあり他社のように積極的なエリア拡大にはつながっていないようです。エリア開通を随時チェックしてみるといいでしょう。

次に速度などツイッターの声を取り上げてみたいと思います。

「スターキャット光の営業エリアになったので切り替えを検討しているが、GPONとやらのお陰で2Gbps契約出来るようなんだが、家庭内LANも流石にGbE止まりで10GbEは導入していないので2G意味ないなって気づいたらなんか冷めちゃった」
https://twitter.com/maazaatoo/status/856887452375457792

GPONの利用でも思うように速度が出ないケースもあるようです。速度が出ない場合、まずは自宅の機器について確認してみましょう。ルーターが原因の場合もあればパソコンが原因の場合もあります。

自宅の機器については普通に稼働しているとなかなか不具合に気が付かないものです。また例えばルーターが古いものだと最新の技術に対応していない場合もありますし、その他相性もあります。機械同士の相性についてもあらかじめリサーチしてみるといいでしょう。

「GPONが2Gになっただけか? ソーネットが世界最速の光通信 のりようのりよう」
https://twitter.com/butasan67/status/324292484907794433

2gの速度は世界最速の最速の光通信でもあります。世界最速の通信を体感したい人はぜひNURO光を試してみるといいでしょう。口コミでも評判がいいですし、体感としても早くなったことを実感できるのではないでしょうか?

インターネットの閲覧については1Gでも十分な速度となっています。そのため2Gに変更になったとしてもあまり実感は感じないかもしれません。夜間については特に速度が遅いと感じることも多いことでしょう。その点の見極めも必要です。

ソーネットが提供を手掛けるNURO光は下りの速度が最大2Gbpsとなっており世界最速の速度で光ファイバーを提供しています。上りは最大1Gbpsです。このような技術を実現しているのがGPONとなります。

また気になるのは提供速度ではなく帯域です。帯域をフル活用できるのか?その点も気になります。

光ファイバーはADSL時代の20倍近い速度が出るといったことが言われていますが、速度については提供当初下りの最大速度が200Mbps、上りが1Gbpsといった状況でした。これをNURO光が現在の2Gbpsという最速速度を打ち出したわけです。

インターネットですが家庭でも大人だけではなく、子供が利用することも多く速度についてもブロードバンドは必須となっています。パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットなど機種も複数台になっており回線速度については高い品質を求める声が上がっています。

速度が速くいい品質のものを利用したいといった声が多い中、「通信料金をこれ以上かけたくない」といった声が多いもの事実です。スマートフォンや自宅のネット回線など通信料金についてはけっこうバカになりません。これが複数回線だとさらに費用はかさみます。

また光コラボレーション商品などを見ればわかるかと思いますが光回線の契約自体、価格が下がりつつあります。価格が下がっているのが当たり前になっているわけです。そうなると高速回線であっても割高なものは不人気になる可能性が高いといえます。

価格を抑えて、あるいは安くそして高品質なものを消費者が求めている時代です。特に夜間規制などはユーザーから苦情が多い内容の1つです。仕事が終わって一息つく夜間の時間帯は回線が混雑するのは当たり前のことですが、これはできれば避けたいといった人も少なくなく、そうした面から高速回線を選ぶユーザーが少なくありません。

NURO光は低価格提供でかつ業界最速の速度となっており、今後さらに注目を集めることが予想されます。NURO光はAUひかりやフレッツ光に比べてどうしてもネームバリューは劣ってしまうわけですが、注目を集めているのは確かな実績があることに変わりはありません。

知らない人も多いかもしれませんがソーネットは過去にも確かISPとして確かな実績を気づきあげてきた企業でもあります。ここで2Gbpsのサービスを打ち出したことでさらなる実績が加わったことになります。

2Gbpsの実現の背景にはGPONの存在が欠かせません。GPONの技術で今まで1Gbpsだった速度を最大2Gbpsまで提供することになりました。ではどうしたらこういった速度での提供が実現できたのでしょうか。

日本国内では現在もGE-PONが多く利用されています。GE-PONですが1.25Gbpsが最速速度となっています。ソーネットが利用しているGPONの場合、2.488Gbpsとなっており2倍近い速度が測定されています。このような結果から今までの速度から倍の速度提供が実現できたというわけです。

NURO光の速度が速いのは聞いたことがあったけれどGPONの採用が要因だったことは知らなかったわ。GPONは今後普及しそうね。
回線についてもさらにクオリティを求める声が高まっています。今後GPONについて対応する会社も増える可能性は十分あります。

3.何故nuro光以外の他社はgponに切り替えないのか

何故nuro光以外の他社はgponに切り替えないのか
上記の説明でGPONは現在の光回線の速度をアップするのに非常に有効なアイテムであることがわかったかと思います。それであればGPONを積極的に導入してほしいといった声もあることでしょう。

光回線のクオリティが高まるならそれこそGPONで速度アップを図りたいというのはもっともな話です。しかしながらソーネットの動向でも同じですが、設備強化は莫大な費用がかかり予算を設置したり、回収についても検討しなければなりません。

国の補助などが付けば話は別ですが、各社が予算を組んで費用負担するとなるとシビアな対応も予想されるわけです。経営についてはかなりシビアです。しかも光回線は近年競争激化しておりまだまだ油断は大敵です。

現在国内で主要となっているのがGE-PONです。これに対してNURO光はGPONを利用しています。GPONとGE-PONの違いですがフレーム方式に違いがあります。フレーム方式が異なると伝送にも違いが出ます。

GE-PONの利用でも速度はかなり早く多くの光回線はそうした形態となっています。そのため特段不便は感じないかもしれませんが、NURO光はさらに早い速度提供となっているので体感してみると違いは感じることでしょう。

GE-PONですがそもそも「Gigabit Ethernet-Passive Optical Network」の略となっています。光ファイバーの伝送路ですがイーサネットフレームを利用します。構造としてはGE-PONの方がシンプル構造です。

GPONは構造がちょっと複雑化となっていますが伝送速度は速く定評があります。これは必見です。どのくらい速いのか?というと2.488Gbpsという速さとなっています。

「光回線は仕組みとして問題あるので、フレッツ光が遅いというのは仕方ないし、ダークファイバ/GPONつかってるNuro光などを検討する方がいいです。 これは日本の今後の課題に」
https://twitter.com/guitarrapc_tech/status/766909611874017280

確かに今後の日本の次なる課題でもあります。実質問題GPONの切り替えは費用がかかります。費用負担をどうするか?、また回収はできるのか?などいくつか検討項目があります。これらの項目をクリアすれば普及の道は早々と開かれますが、現状だとまだ時間がかかることが予想されます。

しかしながら日本は世界でもトップクラスのスピードで最新の光回線が提供されています。特に地方までインフラが整っているのは非常に珍しい例です。今後についても期待度は高いと言えるでしょう。

「2Gbpsの光ファイバーSo-net「NURO光」:GE-PONとGPONの違いは興味深い。ONU一体型無線ルータで1000BASE-Tの壁を抜けた」というが、回線はNTT東の足回りなのでフレッツ光でも同様のサービス始める可能性は…」
https://twitter.com/cinefuk/status/414616254947676160

興味深いと思っているユーザーは多いようです。実際にNURO光は速度が速いことで有名です。それに伴い他社の導入はどうなっているのか?といった点を気にしているユーザーも増えている様子です。

他社についてはまだ導入やNURO光のような設備投資の話をあまり耳にしません。その他として注目を集めているのが電力系回線などNTTの光回線以外の回線となっています。

他社についても回線改良を注目したいところです。またNURO光についても新たなエリア情報に注目するなどエリア拡大についても目を向けたいところです。回線についてもどんどん改良されていく可能性は十分あるので今後が楽しみなところです。

2Gbpsの光ファイバーに興味深いユーザーが多いようね。今後の各社の動向も気になるわ。
設備投資の問題で普及には時間がかかるかもしれませんがいずれ乗り換えする業者は増えそうですね。今後が楽しみです。
4.1Gが2Gに変わるとどのぐらい体感値は変わるのか?

1Gが2Gに変わるとどのぐらい体感値は変わるのか?
インターネットですが体感についても気になるところです。光回線はADSLより20倍以上の速度が出るため動画などはかなり違いを感じる人も多いようです。動画やオンラインゲームをしている人はADSLから光回線への乗り換えで画像が非常にスムーズになったといった人や途中で途切れないなど回線が改善されたと感じている人は多いようです。

では光回線で1G と2Gではどういった違いを感じているのか?その点も知りたいところです。

「今度引っ越しするなら大家さんに確認するのと、nuro光に変更を検討してもいいかもね。下り2G、上り1Gだから。都内7階立て以下のマンションならいけるはず。」
https://twitter.com/ikomotom/status/921991450530693121

これは変更を検討しているユーザーの声です。NURO光の回線の速さはもちろん、評判のよさから利用を検討しているユーザーもいます。このようにユーザーの興味があるのは確かです。

体感については口コミ情報などを見てみるとNURO光になってから速度が速くなったという声や夜間もストレスをあまり感じることなく利用できるといったユーザーが多いようです。これはうれしい声ですね。インターネット利用にストレスを感じているようでしたらNURO光への乗り換えもおすすめです。この機会に検討してみるといいでしょう。

どういったものを利用しているか?も調べていくと奥が深そうね。私はあまり詳しくないけど、わかりやすい解説もけっこうあるなと思ったわ。
回線についてはどういったものを利用しているか?を知っておくとさらにわかりやすいかと思います。理解度はもちろんですが、快適な速度でインターネットが利用できるのは何よりありがたい話ですね。
5.ONTについて

ONTについて
光回線の速度を知る上でONUやONTについて知識をもっておくとさらにわかりやすいかと思います。ここではONTについて紹介したいと思います。ONTですがONUに比べてあまりなじみがない言葉かと思います。

ONTの正式名所はOptical Network Terminalとなります。この装置やONUと同じく光ファイバーの終端装置となっています。光回線のサービスでONUと呼ばれているのでどちらも同じものなのです。

ONUですが光端末装置ではなくルーターといった呼び方をする場合もあります。ルーターのような役割をしているように見えますが、デジタルの信号を切り替えるといった機能でありルーターとは異なるものです。

機器のチェックですがルーターやONUについても仕様を確認してみましょう。仕様を確認してみると速度が出ない原因がわかるかもしれません。

機器の利用についてはレンタルと購入があるかと思います。レンタルの場合、回線に合わせた機器を提供しているので機器側はあまり問題ないかもしれません。購入の場合、若干古いタイプですと機器の性能から速度が出にくかったり、適応してしない可能性もあるわけです。このように思わぬ落とし穴になっている可能性も否定はできないので確認してみるといいでしょう。

機器については最新版であればいいというわけではありませんが、やはりなるべく新しいものがベストです。また機械には相性があります。相性がいいかどうか?も考えなくてはなりません。

ONUについても仕様を確認した方がよさそうね。速度は少しでも快適に利用したいところよね。
そうですね。機器にあまり詳しくない人もどういったものが使われているか?がわかれば速度についてもわかってくるかと思います。今の時代、あらゆる知識はあった方がいいのでぜひ参考にしてほしいところです。
6.NURO光などの技術について

NURO光などの技術について
光回線の技術については他社と比較してみるとわかりやすいかと思います。どういった技術を用いているか確認してみるといいでしょう。そうすることで内容も分かりやすくなります。

速度ですが利用機器でも違いますし、どういった方式を利用しているかでも異なってきます。インテルなどについても調べてみるといいでしょう。FPGAなどの仕組みもきになりますね。光ファイバーといってもいろんな構成やパターンがあります。光回線の仕組みや構造を知る上でもいい機会になるかと思います。

なるべくなら自宅でも最大速度で光回線を利用したいといった人が多いことでしょう。今では国内のあらゆる拠点で光回線を利用できます。日本ではG回線がよく利用されているのでそちらの利用も検討してみるといいでしょう。

技術者にとっても新たな技術やサービス開始は興味深い内容かと思います。バッシブダブルスター方式などの導入もおすすめです。各家庭で早い速度のものを利用することはメリットにもつながることでしょう。

速度が速いと評判の企業はきちんとした理由がある場合が多いです。設備の補強や光回線サービスなど伝送技術についても目を向けるといいでしょう。これらの技術がわあると速度アップにもつながります。

速度差については伝送効率やシングルスター方式なども関わりがあります。国際標準規格に基づいて設定されていることが多いのも特徴です。ユーザーの数によってももちろん速度は変わります。複数の利用の場合は高速回線でも速度は落ちがちです。

複数ユーザーの場合どうしても速度敷居は高くなりますが、コストについては安くなります。ある程度の速度で十分といった場合、速度重視で利用を検討してみるといいでしょう。

システムについては局内での利用やネットワークなどさまざまな費用も見なければなりません。イーサネットなども調べてみるといいでしょう。

GPONテクノロジーやGPONソリューション、GPONアプリケーション対応製品など技術規格なども注目したいところです。光スプリッターでも速度は変わってきます。有線接続の場合、無線接続より高速回線が期待できます。

NURO光なども話題の商品です。設備の強みがウリとなっておりますます注目度が上がっています。

どういったものを利用しているか?も調べていくと奥が深そうね。私はあまり詳しくないけど、わかりやすい解説もけっこうあるなと思ったわ。
回線についてはどういったものを利用しているか?を知っておくとさらにわかりやすいかと思います。理解度はもちろんですが、快適な速度でインターネットが利用できるのは何よりありがたい話ですね。
7.GPONなど光回線について考える

GPONなど光回線について考える
光回線と一言で言っても回線は色々あります。NTT東日本やNTT西日本の回線は非常にオーソドックスなもので多くの人が利用しています。その他電力系の光回線やケーブルテレビなどもあります。各社でサービス内容はまちまちでオプションについても料金が異なります。

さらに近年はNTT東日本とNTT西日本が回線を貸し出す形で光コラボレーション商品の販売も実施されています。光コラボレーション商品も含めてると提供者数はさらに増え、500社は余裕で超える勢いとなっています。

これほど多くの光回線があるとユーザーとしてはどれがいいのか迷うところではないでしょうか。実際にどういったものがいいかわからないといった声が多く聞かれます。

情報収集としては口コミを探すのが1番です。なぜなら体感など体験などは利用できないためです。契約するかどうか?しか選択肢はないのです。お試しで使ってみるのが1番ですがそれができないのが残念なところです。

光回線といっても利用している回線も違う場合がありますし、プロバイダによっても速度は異なってきます。老舗だから速度が安定しているのか?というとそういうわけでもなく、老舗のプロバイダでも速度が出ないといったところも耳にします。

NTT系の回線を利用している光コラボレーション商品については特にありがちなのですが、どうしても夜間は混雑してしまい速度が低下します。仕事終わりのゴールデンタイムにインターネットを利用するユーザーが多いのでこれはしょうがないことではありますが、せっかくアフターでインターネットが混雑しているのはストレスのもとです。

光回線の中でも最近話題になっているのがNURO光です。通常の光回線は1GのところNURO光は2G提供となっており注目を集めています。2Gでの提供は2017年11月現在NURO光のみであり、国内でも最速速度を誇っています。

通常の光回線の倍の速さでユーザー数も順調に増えています。NURO光はGPONという技術を利用しており、他社と比べて速い速度の提供を実施しています。この提供はもちろんコストもかかるためエリア拡大や他社での活用はまだまだ進んでいない状況です。口コミの評判もよく他のエリアでも開通を心待ちにしているユーザーが多いかと思いますが設備投資の関係でなかなか2Gでの提供はすすんでいないのが現状です。

現在は待ちの状態ですがいずれ改善されることが予想されます。2Gで利用できる日が楽しみですね!

近い将来光回線も2Gで利用なんて日も近いわね、きっと。ストレスなく速い速度でサクサクインターネットができる日が楽しみだわ~。
そうですね。きっとそうした日は来ることでしょう。光回線についてもどんどん良くなっていますし、将来的にはどうなるのかも楽しみなところです。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!