料金は安いけど落とし穴あり?!フレッツ光ライトの実態を業界人が斬る!

NTTフレッツ光には2段階従量制のライトプランというインターネットの利用頻度の少ない方向けのお手軽プランがあります。
でもライトプランにしてほとんどインターネット利用していないのに高くなっているのは何故?と感じている方はいませんか?
そんな疑問をお持ちの方にNTTフレッツ光ライトの落とし穴を徹底解説します。

1.インターネットの2段階従量制とは?

定額制と2段階従量制
現在NTTフレッツ光東西でのインターネットのサービスでは定額制と2段階従量制と二つに分かれています。
定額制とは毎月固定で4,000円~5,000円位で月何百時間利用しても、この金額より請求しませんというプランです。

インターネットのヘビーユーザーや自宅でWIFIを利用するのであれば、この定額制プランを選んだ方がベストです。
この定額制に対しての2段階従量制とは月の使用重量と基本料金が決められていて、その基本重量を超えた部分は追加課金対象になるという契約です。
お得に利用出来る反面、利用内容によってはかえって定額制より高くなる方もいるのです。

以下にサービスプラン名をご紹介します、ご自身の契約内容をご確認ください。
現在NTTフレッツ光東西では
「NTTフレッツ光ライトファミリータイプ」
「NTTフレッツ光ライトプラスファミリータイプ」
「NTTフレッツ光ライトマンションタイプ」(光配線方式のみ提供)
となっています。
*NTT西日本ではライトプラスは未提供*
となります。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


2.NTTフレッツ光ライトプランとは?

まず、基本重量と料金からご案内します。
*NTTフレッツ光ライトファミリータイプ
1カ月のインターネット利用重量を200Mまでが2,800円に設定されておりその200Mを超えた部分は課金対象として2,800円に上乗せして請求されるサービスです。
上乗せして請求されるサービス

しかし、課金上限金額も設定されており最大5,800円となっています。
ライトプランでインターネットを多く利用したとしても、5,800円以上は請求されませんというサービスです。

ここまで記事をご覧いただいたユーザーの中には「具体的に200Mってどの程度のこと?」と思われる方がほとんどだと思います。
まず、基本料金内で納めたいのであればインターネットはほとんど利用出来ないと考えた方が良いでしょう。

動画でなどは5~10分くらいで200Mは軽く突破します。
ヤフーの検索画面なども最近は動画がトップページに表示されますので多少でもインターネットに接続するのであればこのライトプランを選択されるのはオススメしません。

また、現在NTTぷららのひかりテレビを利用している方はライトプランに変更すると視聴出来なくなりますのでご注意ください。

3.NTTフレッツ光ライトプラスプランとは?

先にご案内したNTTフレッツ光ライトプランより重量が上がったプランです。
基本料金が月3,000Mまでが3,800円で請求上限金額が5,500円というプランです。
インターネットの検索や動画などはみないけれど、毎日メールのチェックは欠かさないというタイプの方であれば利用価値はあるでしょう。
毎日メールのチェックは欠かさない
しかし、後発のプランのせいかあまり知られていない状況で利用者も少ないようです。

なぜなら、速度が下り100Mとかなり遅くまた定額制の下り200Mのファミリーハイスピードタイプが長期割り引きを利用すれば4,500円となり金額の差としては700円しか違いがありません。

またNTTフレッツ光メンバーズクラブのポイントを利用して支払いに充当すればその差は200円です。
その程度の差であれば、ほとんどの方は定額制を選ばれる方が多いでしょう。

4.ライトプランを選ぶメリット

サービスのメリットは?
インターネットサービスなのに、インターネットの利用上限があるサービスはどんなメリットがあるのでしょうか?
じつは、このNTTフレッツ光ライトプランは小規模な事務用回線として利用されるパターンが多いのです。
アナログ固定電話の事務用電話回線の利用料金は1回線2,500円です。
(地域とプランにより200円前後の差があります)

事務用電話回線を利用される法人は電話1番号にFAXも1番号ある方や電話番号が2回線利用の方が多いです。
その場合、電話の基本料金がアナログ固定電話2回線分として5,000円となります。

ところがNTTフレッツ光ライトプランでインターネットを開通させてひかり電話を利用する場合電話基本料金は500円です。
インターネットライトプラン 2,800円
ひかり電話 基本プラン    500円
小計            3,300円  

2番号利用の場合
追加番号基本料金       100円
2回線同時料料金       200円

総合計           3,600円
となり、また通話料金も相手が固定電話なら全国一律3分8.4円の市内料金
となり固定電話を多く利用する事務用の方には大きなメリットがあります。

また、個人向けの方でもインターネットは利用しないがこのインターネットライトプランを利用してテレビを視聴する方も多いです。

全国にはケーブルも届かず、アンテナを立てても難視聴地域がありその場合は自治体などの誘致で率先的にこのNTTフレッツ光提供エリアでテレビを視聴するという例も多数あります。

このような利用の他に今まではインターネットを利用していたがパソコンが壊れてしばらく利用しない、でも解約すると解約金が出る方。

インターネットを利用していた方が長期出張でしばらく戻ってこない方や家の建て替えで数ヶ月は利用しないが解約金が発生するような方など利用方法は多く有ります。

ちなみに定額制からライトプランに変更する場合の工事料金も合わせてご案内します。
今まで定額制からライトプランへの変更した事が無い方であれば、無料。
変更履歴がある方であれば2000円となります。
ただ、設備によりこの金額で収まらない場合もあるために一度検討したいというかたであればNTTフレッツ光総合受付にてご自分の契約内容を確認しましょう。

5.ライトプランのデメリットとは?

ライトプランに変更したけど、全然料金が安くならないという方いませんか?
インターネット利用していないのに何故?と思われる方多いでしょうね。

しかし、ライトプランにしたのに料金が変わらない方やむしろ高くなった方はやはりインターネットを利用しているのです。

パソコンばかりがインターネットの利用方法ではありません。
スマートフォンやタブレット、またはゲーム機もWIFI無線でインターネットを利用されているならライトプランへ変更すると料金が高くなります。

今まで定額制でにねん割りという長期割引きをつけて4,500円から5,000円だったのが5,800円になったというのであればやはりなんらかの方法でインターネットを利用されているのでしょう。

ほとんどインターネットを利用しないがたまにメールのチェックくらいする方もインターネットに接続すると同時にウィンドウズのアップデートが始まってしまうとそのアップデートファイルももちろん重量として加算されます。

そしてインターネットは現在では様々利用方法があり、自宅のインターネット回線でセキュリティサービスを利用している方や電気やガス料金の利用をインターネット経由して計算されている方。

スカイプの利用やスマートフォンでソフトバンク利用の方でお住まいの地域がアンテナが少なく繋がりにくい方でこのNTTフレッツ光のルーターを利用して「フェルトセム」という機器をつけている方も要注意です。

すべて、インターネット利用となり使った分だけ従量課金対象となります。
思い当たる部分はありませんか?

ライトプランにしたのに料金が安くならないというのであれば、NTTフレッツ光の116総合受付に連絡をしましょう。
契約内容を確認して1日ごとの重量を調べて教えて貰えます。
料金が安くならない時は?

まとめ
NTTフレッツ光ライトプランはインターネットを利用しないが、インターネット回線を利用して電話を安く利用する方。
インターネット回線を利用してフレッツテレビを視聴できるという便利な部分があります。
フレッツテレビが視聴できる

しかし、定額制で利用しているユーザーがライトプランにする場合は現在の使い勝手を確認する必要があります、この記事が皆様のご参考となれば幸いです。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
そんな人の為にサイトスタッフと直接相談できるコーナーを作りました。
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!