フレッツ光テレビの契約はアリ?初期費用と月額費用をアンテナを立てたときと比較!

フレッツ光テレビの契約はアリ?初期費用と月額費用をアンテナを立てたときと比較!

インターネットの利用はホームページ閲覧だけではなくさまざまな利用方法があります。例えばテレビ視聴です。フレッツ光なら光テレビを提供しています。AUひかりでもテレビ提供を実施しています。

また高齢者の世帯では見守りシステムの導入でもインターネットが活用されています。子供などをはじめ自宅へのWEBカメラ設置やその他の見守りなどでもインターネットは大活躍です。

このように活用の幅を広げるインターネットですがインターネットを利用した光テレビなどの配信はどういったものか気になる人もいることでしょう。

例えば現在ケーブルテレビをひいているけれどコスト削減にフレッツ光に切り替えて光テレビをみたい(もちろんインターネットも利用する)といった声も聞かれます。ケーブルテレビとフレッツ光では果たしてどちらがお得なのか?悩ましいところですね。

ちょっと前までは地上波以外のテレビ閲覧についてはケーブルテレビやBSなどが主流でした。最近はインターネット提供をしている各社でテレビサービスも実施しており、そちらに乗り換えるユーザーも増えています。

チャンネル数についても申し分ないですしインターネットを利用するユーザーであればプラスで追加料金を支払えばテレビもあわせて視聴できるわけです。契約内容によりますがチャンネル数も大変豊富です。

このようにメリットが多いインターネット回線とテレビ契約ですが今回はフレッツ光テレビを主に初期費用や月額料金などを紹介したいと思います。

インターネット回線の他にオプションも気になるのだけど、テレビのオプションってお得なの?
インターネット各社で特に光回線の商品ではテレビのオプションも提供しています。チャンネス数も多くて魅力的ですよ。
私の実家は昔からケーブルテレビを契約しているのだけど乗り換えした方がお得なのかしら?デメリットも気になるわ。
そういう声は非常に多いです。今回は解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

1.フレッツ光テレビの初期費用と基本的にかかる費用の総額

フレッツ光テレビの初期費用と基本的にかかる費用の総額
フレッツ光テレビに興味を持っている人もいることでしょう。ケーブルテレビなどに比べて費用が安いことから乗り換えるユーザーも見られます。またインターネット回線を引いている家庭では試しに使ってみようといった動機で取り付けをするケースもあります。

ところでフレッツ光テレビですが費用がどのくらいのか?は気になるところです。ここでは初期費用などを紹介したいと思います。

まず初期費用ですがフレッツ光を利用しているユーザーなら7500円ほどとなります。フレッツ光の新規ユーザーは工事費が18000円、フレッツ光契約が800円、フレッツ・テレビ伝送サービス工事費3,000円です。

また屋内同軸配線工事が必要です。自分でもできる作業です。業者にお願いした場合テレビ1台だと6500円、4台までで19800円となります。自分で作業できる人は自分で取り付けを行うといいでしょう。その他スカパーJSAT施設利用登録料2,800円がかかります。

工事費なども自分の利用プランと共に確認が必要ね。
そうですね。確認した上で検討になるかと思います。
自分でできる作業はなるべく自分でやると費用負担も少なくなるのね。
そうです。自分でやれる作業は自分でやって、どうしてもできない部分は業者にお願いするといいでしょう。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.アンテナを立てたときの初期費用と基本的にかかる費用の総額

アンテナを立てたときの初期費用と基本的にかかる費用の総額
地上波のテレビを見るために通常はアンテナを用いります。自宅やアパートなどでも設置されているのが普通ですが中にはアンテナがない状態のところもあります。アンテナがないとどういった影響があるのでしょうか。

まずアンテナがないとテレビでNHKや地上波を見ることができません。中には電波の関係でnhkや地上波が見づらい地域もあります。そうした地域はケーブルテレビなどで代用しているケースもあります。

アンテナがないのでひとまずアンテナを設置したいといった人もいることでしょう。アンテナを付けるとなると相当な負担額がかかるのでは?と思う人もいるかもしれません。

アンテナの費用は商品により異なりますが大体1万円前後です。多くの人の場合、工事業者に設置してもらうかと思うのでさらに工事費がかかります。

アンテナは山との位置関係やその他の電波障害になる位置関係の場所だと大きいアンテナ設置が必要であったり、他の器具が必要なケースもあります。そうなると当然負担金はアップします。

自分の自宅にアンテナを設置する場合、どういったタイプが必要か?検討することが大事です。近所でどういうアンテナを設置しているのか?そちらを確認してみるのも良いでしょう。

アンテナの工事費ですが大体3万円から10万円くらいが相場となっています。このあたりの額で必要経費がかかると頭に入れておくといいでしょう。

一般的なテレビは地デジと呼ばれています。さらにbsやcsのアンテナを設置したいといった人もいることでしょう。そうなると当然費用もかさみます。

アンテナ設置の際は、複数社の業者から見積書を取り寄せて検討することをおすすめします。業者によって料金は異なります。アンテナについてもセット購入した方がお得か?などいくつか確認してみることをおすすめします。

アンテナ設置は3万円から10万円となるとかなり差があるわね。
そうなんです。環境によっても異なるので見積もりを取り寄せるといいでしょう。
テレビがない生活は考えられないわよね。インターネットがあってもテレビは必須だわ。
そうですね。

3.テレビとアンテナ、それぞれのメリット・デメリット

テレビとアンテナ、それぞれのメリット・デメリット
テレビは生活の中でも欠かせないアイテムの1つではないでしょうか。最近はインターネット回線を利用して閲覧できる光テレビも人気となっています。チャンネル数が豊富で手ごろな価格で見ることができるサービスです。

テレビを閲覧するには光テレビも可能ですし、従来通りアンテナを設置して地デジを見るといった方法もあります。

新築などの場合テレビを閲覧するために自分でアンテナ設置をしなくてはなりません。今はインターネットでテレビ視聴ができるのでアンテナがなくてもいいのでは?と考える人も増えています。

確かにインターネット回線で光テレビを申し込めば地デジも見られますしアンテナの必要性はないように思われます。では実際のところはどうなのでしょうか。

光テレビについても初期費用がかかります。アンテナ設置と比べて低コストで大体7500円から3万円の間くらいの費用となります。一方アンテナ設置は3万円から10万円とかなり高額です。

初期費用に関しては上記通りですがその他に月額コストを計算する必要があります。光テレビはプランによって料金が異なります。アンテナ設置した場合、NHKの受信料がかかりますがその他の経費はかかりません。コスト試算でいうと短期利用出ない限り地デジが断然お得になります。

地デジのみデメリットですがチャンネル数が限られている点です。光テレビはチャンネル数が豊富です。この点が大きな違いです。

コストについても当然異なります。多くのチャンネルを閲覧できる光テレビは月額料金もかかるため月の負担額も大きくなります。一方地デジはNHKの受信料のみです。

どちらもメリットデメリットがあります。自分の生活スタイルとコストを考え選択するといいでしょう。

1つ参考にしてほしいのが仮に月額1500円の負担があるとします。年間で17000円の負担です。月額コストは少額でも固定費として毎月かかる計算となります。最小限のコストに抑えることができるよう心がけましょう。

NHKの受信料は年払いだと若干安くなります。年払いなども上手に利用しましょう。

光テレビも魅力的だわ~!色々見たいチャンネルがあるのよね。
そうですね。チャンネル数の豊富さが何よりも魅力です。
料金も安いといいのだけど。その点がネックね。
お財布と相談して検討しましょう。
4.最近のテレビ事情

最近のテレビ事情
最近のテレビ事情はどうなっているのでしょうか?テレビは生活シーンでも欠かせないものであり娯楽の1つでもあります。自宅にいるときはテレビをつけているといった人も多いことでしょう。

テレビはNHKなどをはじめ地上波は標準装備のような形で視聴できます。東京はチャンネス数も比較的多いのも特徴です。

その他有料でBSデジタル放送やBS専門チャンネルを契約している人もいます。自宅にいる時間が長い人やテレビチャンネルはこだわりたいといった人は有料放送を付けている家庭も少なくありません。

有料放送と言えば最近はインターネットの接続とともにインターネット利用をしたオプションのテレビサービスの提供も多くみられます。光テレビといった呼ばれ方もされており多くのチャンネルを視聴できます。

有料放送と言えばスカパー(スカパーJSAT)なども人気の定番です。スカパー基本月額料金はチャンネル数によっても異なります。スカパーセレクト5というプランは5個好きなチャンネルを閲覧できて1980円です。基本パックは3672円となっています。どこのチャンネルを選ぶか?で料金は変わってきます。

有料テレビの視聴はチューナーの取り付けなども必要です。テレビサービスの配信の仕方で機器も変わってきます。衛星放送なのか、あるいは光配信なのかそのあたりも確認しましょう。

光回線を利用したテレビと言えばひかりTVです。ひかりTV基本月額料金は1000円からとなります。2年契約なら2年割などもあるのでそちらも見てみましょう。

ファミリータイプなどフレッツ光でもいくつか種類があります。そのオプションとしてフレッツ光テレビが提供されています。機器についてもレンタルサービスもあります。

映像サービスについては光回線の方が衛星放送に比べて基本月額料金がお得になっています。基本放送プランなど基本料金についてもチェックしてみましょう。契約ですが年割などと併用するとさらに安くなります。

光テレビはインターネットの月額基本料金の他にオプションの形で申し込みになります。月額利用料なども含めて確認しましょう。フレッツ光の月額料金で基本プランは1000円となります。チャンネル数は10チャンネルです。

光回線を引く場合、工事が必要となります。キャンペーンなどで工事費無料のときもあります。特に代理店についてはお得なキャンペーンを実施しているのでぜひチェックしてみましょう。

テレビの視聴ですがレンタルDVDを利用する人なら視聴料の方が安い場合も多いです。初期費用などもかかりますが自宅に光回線をひいている人はこの機会に光テレビを検討するのも良いでしょう。

接続ですが業者が接続工事をしてくれます。専門チャンネルは選べるものやパックになっているものなどさまざまです。専門チャンネル視聴月額料金などがある場合もあるのでその点も確認しましょう。

光テレビは地デジも見ることができます。チャンネル数も豊富で満足度の高いサービスです。電話なども光電話が利用できます。光電話は通話料金が安いのが特徴です。

放送内容は契約先で異なるのでチャンネル状況を確認しましょう。放送サービスも当然異なります。光回線の光テレビはみんな一緒だと思っている人もいるかと思うのでその点は注意が必要です。

利用については利用開始月から料金が発生するケースがほとんどです。1日からスタートするようタイミングを計るといいでしょう。

インターネットも見たいしテレビも見たいし、時間が足りないわ。
全くその通りですね。両方を同時に見ることができればいいのですがそれもできないですしね。
いつか専業主婦になったらテレビ三昧をしたいわ。
なんともうらやましい限りです。
5.総括

フレッツ光テレビですがチャンネル数も多くテレビ好きはぜひ検討したいところです。地デジと比較するとコストは高くなるのでコストを考えつつ検討するといいでしょう。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!