フレッツ光が安くなるという電話勧誘はほぼ詐欺!本当に安くなる方法を業界人が解説!

フレッツ光が安くなるという電話はほとんど詐欺!本当に安くなる方法を業界人が解説!
スマホやインターネット、固定電話など通信料金がけっこうバカにならないと言った声は多く聞かれます。通信料金は毎月かかるものでありできればなるべく下げたいと思っている人も多いことでしょう。

しかしスマホやインターネットがある生活が当たり前の環境になってしまうとなかなか「辞める」という決断はできなく今の時代では必要経費の1つとなっています。家族で共有している場合、家族割などもあるでしょうがそれでも毎月1万円や3万円など結構な額になっていることも少なくありません。そうした人にとって通信料金が安くなるといった情報は非常に興味深いと思います。

インターネットの情報を見てわかるとおり最近ではさまざまな割引情報が掲載されています。インターネット接続についても申し込みにあたりPS4など豪華な特典や高額キャッシュバックが当たり前のようにされている時代です。

これらのPRは代理店と呼ばれるところで行われています。代理店では電話勧誘も盛んに行っており、日中自宅に勧誘電話がかかってくるといった経験をお持ちの方も多いことでしょう。固定電話を引いている家庭ではこうしたケースも多々あります。

電話勧誘は自宅にいながらお得な情報を聞くことができ一見便利なように見えるかもしれませんが、トラブル事例が後をたたず十分な注意が必要となっています。なぜトラブルが後を絶たないのか?も気になるポイントです。

インターネット接続はさまざまな会社が提供しています。NTTやソフトバンク、AU、ドコモ、ソニーなどここでは紹介しきれないほど多くの会社が手掛けておりサービス内容もさまざまです。

そんな中で王道と言えばNTTです。NTTのフレッツ光を以前から契約しているといった家庭も多いかと思います。代理店からの勧誘についても「フレッツ光が安くなりますよ」といったものが多くみられます。現在フレッツ光を使っているユーザーはこの情報はちょっと気になるところですね。

ところで本当にフレッツ光が安くなるのでしょうか?電話勧誘は詐欺も多いと聞くし・・・と不安に思っているユーザーもいることでしょう。

ここではフレッツ光が安くなるといった電話は本当に正しいのか?など電話勧誘について紹介していきたいと思います。

安いとかお得って聞くとつい耳がダンボになっちゃうわ。できればお得な方がいいし、料金も安いと助かるわよね。でも本当に安くなるなのかしら?
インターネット接続については勧誘が非常に多い時代です。実際に乗り換えをしたりプランを工夫することで安くなることもあります。しかしトータルコストで計算してみると本当に安くなっているのか?なんて思うものも多いですよね。

1.フレッツ光を利用している方は電話勧誘に要注意!

フレッツ光を利用している方は電話勧誘に要注意!
現在フレッツ光を利用している方もいることでしょう。光回線の利用ですがフレッツ光のユーザーは今も多数います。最近は光コラボレーション商品なども出回っておりインターネット接続についても多様化している状態です。

多様化するインターネット接続業者ですが代理店経由だとさらにキャッシュバックや特典が盛りだくさんでお得になっています。

ところで最近フレッツ光を利用している人を対象に「安くなりますよ」といった内容の電話勧誘が増えているといった報告があります。フレッツ光を利用しているユーザーにとっては興味深い話ですがこれは本当なのでしょうか?電話勧誘は詐欺も多いと聞くし、不安を持っている人もいるかと思います。

「フレッツ光が安くなる」の電話勧誘ですが早口にとにかくお得!といったことをPRしているところが多いようです。お得という言葉ばかり聞くとついそちらに目がいきがちですが、実際にはお得でなかったり詐欺であったり、トラブル事例も多いので十分な注意が必要です。

トラブルに巻き込まれる人は巻き込まれる側に原因があると思いがちですが、ごく普通の人がそれこそ巻き込まれているのが現状です。理由はセールス側が正しい説明をしていなかったり、まったく違う契約をしているケースが後を絶たないからです。つまり正しい販売がなされていないのでだまされる方が悪いと言われればそれまでですが、だます方は悪意を持って行っていることも少なくありません。

フレッツ光が安くなるとの件ですが手口としてはフレッツ光から他社へ転用させるケースが多くみられます。転用されることで転用先からバックマージンをいただくのが相手の目的なわけですがこの転用が正しく行われていなかったり、聞いていないオプションがついている可能性があります。

そうなると当然月額費用もあがりますし、余計な費用を支払う必要性が出てくるわけです。契約したつもりがないのにそうした費用負担をしなければならないのはなんとも理不尽な話ですが実際にそうしたトラブルが後を絶たない状況です。

あまりにもひどい状況なので総務省が注意を促しています。これも異常事態です。消費者が騙され痛い目を見るのはなんとも理不尽な話ですが実際に問題そうしたことが横行しているのです。

だまされる理由の1つにNTTの代理店からの電話をNTTだと思い込んでいる人が多いことが要因でもあります。これは業者側がさもNTTであるかのような装いをして電話をかけているケースが多数あります。

NTTの代理店ですが多数の店舗があり、それぞれに名称があります。名称は代理店任せで自分の名前でもいいわけですしスナック花子なんて名前でもいいわけです。インターネット接続業者とわかりやすいよう、〇〇ネットワークなんて名前にしているケースもあります。

フレッツ光が安くなるという詐欺では転用詐欺とも呼ばれています。フレッツ光もいい商品ですし、転用先の商品もいい商品である可能性もあるのに悪質な手口にひっかかり詐欺と名づけられてしまうのがなんとも残念なところです。

くれぐれも誤解してほしくないのが転用自体は悪いことではないですし、転用先のネット接続もいい業者である可能性が高いのです。それにも関わらずトラブルが後を絶たないのは正しいセールスを行っていないことや消費者に不利益が被るような無茶な契約がなされているからです。

電話勧誘は要注意と言われているけど商品が問題なんじゃなくて業者のセールストークや契約内容が無茶苦茶なのが問題なわけね。
そうなんです。商品は悪くないですしいいものが多いですが、契約のトラブルが多くて商品も悪いと思ってしまうユーザーが後を絶たない状況なんです。なんとも残念な話ですがそれが真実なんです。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.フレッツ光からの転用にかかる費用について

フレッツ光からの転用にかかる費用について
フレッツ光の転用ですが工事費や契約手数料もかかります。これらの費用についてもフレッツ光からの転用の誘いの際、正しく告げていないケースが多くみられます。契約手数料や工事費も「お金がかからず安くなる」なんて話をするセールスマンもいるほどです。実際にそうした手口にひっかかってしまう人もいます。

電話勧誘のセールスマンをすべて疑うのは良い話ではないかもしれませんが、実際にそうした行為をしているセールスマンが多いので「電話勧誘のセールス内容はすべて怪しい」と思うくらい警戒していた方が良いでしょう。

セールストークではお得になる部分を強調して費用負担についてはきちんと説明しないパターンも少なくなりません。これは理不尽ではありますが実際にそうしたことが行われています。

転用をすると契約手数料が当然にかかります。手数料は3000円です。このことを知らないで契約してしまっても実際には3000円は支払わなくてはならないわけです。このように泣きを見るのは消費者です。消費者はその点を覚えておく必要があります。

またこんな事例も報告されています。マンションの契約の場合、フレッツ光が各部屋まで行き届いていない可能性もあります。その場合、引き込み工事が必要となります。こちらも別途費用がかかります。「そんな話聞いていない・・・」では収まらないわけでこちらも費用負担をしなければなりません。

インターネット接続は費用内訳も複雑になっています。そのことを知らないユーザーも多いことでしょう。それこそ隅々まで「どういった費用がかかるのか?」といったことを知るためにはリサーチは欠かせないものとなっています。

電話勧誘でも通常の転用でも同じことが言えますが転用する際は「工事費から解約費用まですべて含めた金額」を把握した上で検討することが大事です。

転用についてはいろんな費用がかかるのね。特にマンションだと部屋までの引き込みに十分注意が必要というわけね。
そうなんです。転用については要注意なんです。工事費はもちろん契約についても費用を知る必要がありますし、解約の場合にかかる金額についても知っておくのが1番です。

3.フレッツ光から光コラボの移行について

フレッツ光から光コラボの移行について
現在フレッツ光の回線を利用している方もいることでしょう。フレッツ光は光回線の利用者にとって王道ともいえる回線で現在は違う回線を利用している方も以前はフレッツ光を利用していたというユーザーも多いことでしょう。

光回線ですが現在はさまざまな会社で提供しておりソフトバンク光なども人気です。ソフトバンクの携帯とあわせて利用している人も多いのではないでしょうか。

インターネット接続は盛んにキャッシュバックも行われています。回線の契約の際はぜひとも代理店を利用してお得な特典を受けたいところです。

ところで代理店による「勧誘電話」については社会問題となっています。ドコモ光や今の時代ぷらら光をはじめ光コラボレーションも多数あります。auひかりやnet光、TSUTAYA光、marubeni光、エキサイト光、OCN光など多くの会社があり迷う方もいることでしょう。

電話についてもソフトバンクを利用しているユーザーならソフトバンク光を利用するとさらにお得になるといったサービスもあります。

NTTと勘違いしている人も多いのですが電話勧誘をしているのはNTT代理店であってNTTではないのでこの点は注意が必要です。サービスに関する営業を行っておりお得な料金も魅力の1つです。

光コラボレーションモデルについては工事をはじめ光サービスとして今後さらに普及することでしょう。インターネット回線とてもNTT東日本とNTT西日本の回線を利用しておりその点も大きな魅力です。評判については会社によってまちまちです。試しに使ってみるのも良いでしょう。

ドコモを使っている人であればドコモ光を利用すると料金が安くなります。電話営業なども行われています。優良代理店であれば説明もしっかりしていることが多いのですが中には悪徳代理店も存在します。特にインターネットの電話勧誘を行っているところがそうしたところが多いようです。

スマホと合わせて利用すると確かに料金は安くなります。エディオン光やNEXT光、ho光、IIJmio光、BIGLOBE光などお好みで契約して携帯との利用でさらに安くなるか?も調べておくといいでしょう。

会社の状況はインターネットの口コミ記事を参考するといいでしょう。工事費などについても安くなっているケースもあります。相手への勧誘ですが電話勧誘についても盛んに行われています。

インターネットの回線では自分でプロバイダを選ぶことが多いのですが、光コラボレーションについてはすでにセットになっており指定されたプロバイダを利用することになります。

転用については営業マンから説明があることでしょう。営業では転用方法なども説明してくれるでしょうがユーザー側も十分注意しなくてはなりません。名前なども正しいものか知っておく必要もありますしインターネットの契約内容については少なくとも知っておくことが大事です。

料金については最大で安くなるような方法がベストです。しかしうまい話には裏があったり、代理店のセールストークが問題にもなっています。聞いていないオプションがついていたり、まったく違う契約がされていることもあるのです。

ユーザーとしては「なんでこんなことになったのか?」と疑問を持つことでしょう。代理店側の説明ミスや詐欺であるケースも多々あります。そうした点についても十分気を付けたいところです。

電話勧誘は良くないといった声も多いけどよくわからないと確かに契約してしまいそうね。相手を信頼したいけれど信頼できるかどうか?もわからないし、不安だわ。
電話勧誘はトラブル事例があまりにも多いのでおすすめできません。しかし代理店の利用はおすすめなのでインターネットから申し込みが可能な代理店を利用するといいでしょう。そうすることでトラブルも減少できると思います。
4.電話営業ではほとんどのケースでキャッシュバックがもらえない

電話営業ではほとんどのケースでキャッシュバックがもらえない
フレッツ光でのキャッシュバックがもらえません。昔は、PS3やPS4など任天堂のゲーム機やテレビなどの豪華のプレゼントをして40000円を超えるキャッシュバック提供をしてくれていました。けど、現在では、フレッツ光に申し込みをしても多くても5000円程度のキャッシュバックをもらえることしかありません。

フレッツ光のキャッシュバックが激減したのは、KDDIのau光の登場になります。KDDIが展開しているauひかりとauスマホとのセット割に原因があります。フレッツ光を提供しているNTT東西とNTTdocomoは同じNTTグループですが、セット割を提供できない理由があります。

NTTはもともと国営会社で1985年に民営化されている会社になります。そしてNTTにはNTT方があります。NTTが何もできない間に、KDDIはau光とauスマホのセット割でどんどんシェアを伸ばしてNTTの顧客を奪い取っていました。そこで総務省が新たに許可を出した方法が、光コラボになります。

これにより、docomoが自社ブランドとしてドコモ光を提供できるようになり、2015年の初頭からいろいろ光サービスが登場したわけになります。最近で有名になったのは、ソフトバンク光になります。ソフトバンク光の提供を始めたため、同時にソフトバンクスマホとのセット割も開始しています。

プロバイダのキャンペーンも期待できません。フレッツ光の対応しているプロバイダ数は300以上あり、それぞれの独自のキャンペーンなどを実施しています。かろうじで残っていた西日本でも終了しました。

新規顧客の獲得を力入れなくなっている中、NTT西日本ではある程度高額なキャッシュバックを提供しています。NTT西日本に住んでいる人たちはフレッツ光でもある程度お得に申し込むことができましたが、現在高額なキャッシュバック提供を終了してしまっています。

高額なキャッシュバックは法人のみになっています。フレッツ光に申し込みでも唯一高額なキャッシュバックをもらえる人たちもいます。法人や個人事業主などを行っている人になります。NTTは個人向けの新規獲得に力を入れなくなったものの事業者向けに対してはかなり前向きにサービスを宣伝しています。

法人または個人事業主であれば、30000円~40000円の高額なキャッシュバックがもらえます。大手家電量販店のフレッツ光への申し込みはかなり控えめになっています。前は、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電の購入と同時にフレッツ光に申し込みをすれば40000円から80000円近くの割引が適用されていました。

またパソコンが1円や10円でインターネット回線と同時にお申し込みでタダ同然にもらえていました。家電量販店でもフレッツ光に関するキャンペーンはほとんど終わってしまっていますが、現在光コラボやau光などの回線に力を入れています。

昔はたくさん割引をしていたのに現在は開通後にキャッシュバックとかを行っているのはなぜ?
それは、過去に詐欺まがいの事をする人が増えて顧客が増えないからです。
5.NTT代理店

NTT代理店
代理店とは販売元はNTT,au、ソフトバンク、docomo等の代理店契約を行い、販売元の代わりに販売を行って成果に対して報酬をもらう会社になります。断っても勧誘電話が何度もかかってきます。代理店では、リストがあります。

代理店でよく言う安くなるということは本当?
現在の金額から1円でも安くなれば嘘をついたことにはなりません。

法人の勧誘方法と注意点
2017年に多いのはギガ楽wifi,オフィス商材になります。

営業(電話勧誘・訪問販売)の止め方
販売元の会社へ電話して電話や訪問販売はしないで欲しいと伝えるだけで、登録が行われて勧誘が来なくなります。2016年5月21日に電気通信事業法が改正されたことにより代理店の強引な勧誘は法的に規制されました。

各社連絡先
ドコモ光
個別対応
0120-800-800
9~20時で年中無休です。

ソフトバンク光回線
電話勧誘の禁止
080-0111-2009
10~19時で不明です。

Au光
電話勧誘・訪問販売禁止
0120-925-000
9~21時で年末年始・土日・祝日・1/1~1/2

NTT東日本・西日本
電話勧誘・訪問販売禁止
0120-849-994
9~17時で土日・祝日・年末年始

NTT西日本
電話勧誘・訪問販売禁止
0120-019-390
9~17時で土日・祝日・年末年始

JCOM
電話勧誘・訪問販売禁止
0120-999-000
9~18時で年中無休

代理店がおすすめする回線は本当にいいの?
販売元は、NTT,ソフトバンク、auなどの会社が運営しており品質・アフターサービスの面では問題ありません。

被害・トラブルにあった場合
安くなるといっても高くなったといって解約をやろうとしても解約金が10万円を超える場合もあります。けどNTT本体に報告しても解約金を払わなくてもよいということもなくきっちり請求されます。トラブルを起こさないためにも安くなるというメリットだけではなく契約内容やデメリットをしっかり理解してから申し込みを行うことが重要になります。

インターネット回線の種類とプラン
固定(有線)タイプと無線(モバイル)の2種類のインターネットに分かれています。有線タイプの場合は、光回線とADSLをあげることになります。無線の場合は、いくつか種類はありますが、現在はwimaxが主流になっています。

有線
宅内(光回線)
・光回線のケーブルを引く工事が必要になります。
・一般的に最も通信速度の速いのが光回線
・契約件数の最も多いインターネット回線
宅内(ADSL)
・既存の電話回線の線を使用するため新たにケーブルを引く必要がない。
・月額料金が光回線より安く設定されています。
・契約件数は減少傾向になっています。

無線
宅内(SoftbankAirなど)
・専用機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込んで使用することができます。
・工事不要ですぐに使用できます。
・宅内のみのインターネットが可能になります。
宅内と外出先(モバイル回線)(wimax)
・専用のWiMAXルーターを購入します。
・家ではもちろん、ルーターを持って行けばどこでもネット接続が可能になります。

光回線
NTT東と西はフレッツ光
・いわずと知れた大手の光回線事業者になります。
・別途プロバイダ契約が必要になります。

KDDIは、auひかり
・携帯3大キャリアの一つとしてもおなじみです。

ソネットは、NURO光
・提供エリアが関東エリア限定のサービスになります。

ケイ・オプティコムは、eo光
・提供エリアが関西限定のサービスになります。

ADSL回線
ソフトバンクは、Yahoo!BBADSL
・ADSLは電話回線を使ったインターネット・サービスになります。

モバイル回線
UQコミュニケーションズは、WiMAX
・KDDIグループが提供しています。
・WiMAXというのは無線の規格名になります。

回線事業者とプロバイダの関係
インターネット接続に関しては回線事業者とプロバイダが必要になります。2015年以降は、プロバイダ契約すれば回線事業者と直接契約しなくてもよくなりました。現在光回線を契約する場合は、光コラボを選ぶのが一般的だと思います。

光コラボを提供している事業者
OCN光
・NTT系列の大手プロバイダです。
・業界シェアが一番で安心感があります。

So-net光
・ソニー系列の大手プロバイダにあります。

Softbank光
・携帯3大キャリアの一つです。

ADSL
光回線に押されてすっかりマイナーになった感じもあるADSL回線になります。NTTのフレッツADSLは申し込み停止されています。現在では、ソフトバンクではお申し込み可能になっています。ADSLの契約はYahoo!BBをはじめ、ソネット、ニフティなどいわゆるプロバイダといわれる会社がサービスから現在も契約可能になります。

無線回線基礎知識
WiMAX
光回線のように工事が不要なため無線回線インターネットの最大の特徴になります。中でも外でもインターネットが可能なモバイル回線のWiMAXが無線回線の中でも人気になります。WiMAXが登場してから光回線と変わらない金額でADSLより高速なインターネット環境が実現されました。WiMAXという無線通信の一つの規格です。UQコミュニケーションズになります。

工事不要なSoftbankAir
SoftbankAirは、工事不要・無線で接続できるインターネット回線になります。ターミナルと呼ばれる専用機器を置いてコンセントを差すだけですぐにインターネットが開始できます。高速のインターネット回線上、データ容量を気にせず使い放題になります。wifi設定も工事も不要になります。

パソコンやスマホやゲーム機などタブレット、wifiに対応している機器であればなんでもソフトバンクAirのwifiで無制限にインターネットへの接続が可能になります。※WiMAXのように外出先で使用するのは出来ません。ソフトバンクAirは宅内専用になっています。

NTTからの乗り換えとほかからNTTへの乗り換え
フレッツ光からauひかりに乗り換え
フレッツ光からau光への乗り換えの際に必要なことは、まずプロバイダを選択する必要があります。au光で選べるプロバイダは7つになります。au光のプロバイダへの直接申し込みのほかに代理店経由で申し込むこともできます。プロバイダのキャンペーンも間違えてしまうと損をしてしまう場合もあります。

au光回線引き込み工事
au光では、地域や状況によってNTTの光ファイバーを利用する場合もあります。

光電話の番号を移行する場合
フレッツ光で光電話を利用していた場合、auの光電話に電話番号を移行することも可能になります。フレッツ光から電話番号を移行する場合、au光の回線工事(インターネット開通)と同時にau光の電話を利用することは出来ません。au光の電話が利用できるまでには工事完了後、数日から2週間ほどかかります。

NTT東日本エリア
・2年割の解約金
二年間継続して使用する代わりに月額料金の割引を行うサービスです。2年後との自動更新になり更新月以外に解約をすると戸建タイプは、9500円、マンションタイプ1500円の解約料金がかかります。Au光の代理店によっては、乗換えキャンペーンとして解約金を負担してくれる場合もあります。

・工事費の未払い
2012年6月1日以降の申し込みからNTT東日本のフレッツ光の工事費の値上げがありました。それまで2000円だったが24000円になりました。そして分割と一括の選択ができるようになりました。

分割の場合2014年6月30日以前に申し込みした人は800円×30か月分割、2014年7月1日以降に申し込みは初回に3000円払い、残りは700円×30か月の分割になります。

2015年4月1日以降の申し込みの人は、工事費は引き下がられて18000円になりました。初回に3000円払い、残りの500円×30か月の分割になります。そして分割を選択した場合、未払いが残っている場合、残りの残金が請求されます。

NTT西日本エリア
・光もっと2割またドーンと割適用の場合
年数に応じて解約金が違います。5000~30000円の解約金になります。Au光の代理店によって解約金を負担してくれる場合もあります。

・工事費分割分
2015年4月以前に申し込みした場合、工事費が大幅に割引されていたため、4000~5000円の工事費を最初に一括払いするだけで開通工事が出来ていました。けどそのキャンペーンは終了しており、2015年5月以降にフレッツ光に申し込んだ場合18000円の工事費がかかります。初回に3000円払い、500円×30か月の分割で払う必要があります。

フレッツ光からau光へ転用できる?
2015年にNTT光コラボ事業を始めてソフトバンクやドコモなど、多くの事業者が新しいサービスを開始しました。光コラボの特徴は、現在フレッツ光を使っている人であれば、工事費なしで簡単に転用できる点です。

ソフトバンク光やドコモ光の場合は、フレッツ光の回線を丸ごと利用した光コラボ事業者なので、現在フレッツ光を利用していれば、工事費なしで乗り換えることができます。au光の場合は、光コラボ事業者ではないためフレッツ光とは完全に違う回線が使用されています。ですのでフレッツ光からau光に乗り換える際には再度工事が必要になります。なので、フレッツ光からauひかりへの転用は出来ません。

おすすめの代理店
1.NNコミュニケーションズ
キャンペーンは
ネットのみで43000円のキャッシュバック
ネット+電話で50000円のキャッシュバック
キャンペーン期間は2018年4月1日~

戸建タイプの月額料金4900~5200円
マンションタイプ月額料金 3800円

一般的なau光の代理店の場合、7~8万円で場合によっては12万円以上のキャッシュバックをもらえる場所もありますが、これだけを見てしまうと安く見えます。けど代理店で申し込みをすると高くなる場合もあります。おして紹介者を用意しないとキャッシュバックをもらうことができないとかの厳しい条件がつく場合もあります。

条件にあてはまらないと5000~10000円のキャッシュバックしか受け取れない場合もあります。NNコミュニケーションズのキャンペーンキャッシュバックは安い気がしますが、au光を申し込むだけで無条件貰えるお金なのでデメリットなしでもらえます。

2.アウンカンパニー
キャンペーン
ネットのみは、38000円のキャッシュバック
ネット+電話は、45000円のキャッシュバック+wifiルーターになります。

戸建タイプの月額料金4900~5200円
マンションタイプ月額料金 3800円

乗り換えサポートとして他社インターネットサービスの解約金を最大30000円まで負担してくれるので還元率は最大75000円になります。高速通信に対応したBUFFALO製のwifiルーターがプレゼントされます。

定価は8300円でac規格に対応しており、au光のギガ高速にも対応しています。Auから貸し出しのwifiはn規格になりますので速度に関してはどうしても劣ってしまいます。

3.So-net公式
キャンペーン
月額大幅割引

戸建タイプの月額料金3950円
マンションタイプ月額料金 2950円

キャッシュバックが欲しくないから月額料金を安くしてほしいという人のために月額料金を大幅に減らすようになっております。

キャッシュバックをもらうか月額を下げるかで迷ってしまいます。どっちがお得ですか?
使用する年数でやっぱり異なるので一概に言えません









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!