フレッツ光プレミアム、ネクスト、Bフレッツの違いを業界人が解説!

フレッツ光プレミアム、ネクスト、Bフレッツの違いを業界人が解説!
光回線への加入を検討している人は多いことと思います。光回線は光テレビやその他の機能などがあり大変便利です。高速通信を希望されている方にピッタリな回線となっています。
光回線の走りとなったのがまさしくnttのフレッツ光です。フレッツ光はみなさんご存じのことでしょう。スマップをはじめイチローやその他豪華タレントが演出をしたcmでもあります。

最近は光回線といっても多数の商品がありどれがいいかわからないといった声も聞かれます。それもそのはず、光コラボレーションまで登場し、ますます光回線を提供する会社が増えたため混乱するのも無理はありません。
光回線でもフレッツ光プレミアムやネクスト、Bフレッツなどさまざまなものがあります。まずはこれらについて紹介したいと思います。

フレッツ光プレミアムとフレッツ光ネクスト、Bフレッツの違いについて

フレッツ光プレミアムとフレッツ光ネクスト、Bフレッツの違いについて
フレッツ光やBフレッツと聞くと「光回線」が思い浮かぶことでしょう。これらは確かに光回線ですが名前が違います。となると当然ながらサービス内容も違うのでは?と思う人もいることでしょう。
その通りでこれらについては光回線ではありますが、サービス内容が異なります。では一体どういった風に異なるのでしょうか?まずはBフレッツから紹介したいと思います。

Bフレッツ
Bフレッツは光回線の老舗のサービスです。Nttが提供しているサービスで初期タイプの光回線にあたります。光回線導入時期はBフレッツを引いたといった人も多いことでしょう。仕組みは今と一緒でマンションタイプと戸建てタイプがあります。速度ですが100mでの提供となっています。今だとこの速度はあまり早く感じないかもしれませんが当時は画期的な回線でした。
現在は一部回線が終了しています。時代とともに新しい商品が出ているのでBフレッツは終息に向かっているのです。そのため乗り換えを検討している人もいることでしょう。次世代の商品についてもチェックしておくといいでしょう。

フレッツ光プレミアム
フレッツ光プレミアムについてはntt東日本での提供はない商品です。提供しているのはNTT西日本のみとなっています。NTT西日本のエリアの人が対象の商品です。速度ですが100Mとなっています。

フレッツ光ネクスト
フレッツ光ネクストとはNTT東日本とNTT西日本が手掛ける回線です。両方のエリアで利用できる回線となっています。光回線でもbフレッツは初期回線なのに対し、フレッツ光ネクストは次世代の回線となっています。こちらも光回線で光ブロードバンドといった呼び方もいます。
フレッツ 光ネクストについては上記の通り光回線です。このサービスでは利便性や信頼性、安定性などもアップした商品となっています。フレッツ光の新しいインターネット接続として登場した商品です。

フレッツ 光ネクストについては品質面が非常に優れており、映像提供で定評があります。今や動画視聴や光テレビの視聴は当たり前の時代です。これらをクオリティ高く視聴したいといった人は多いのではないでしょうか?通信についても安定度が高く確かなものとなっています。
現在の光回線から乗り換えも可能です。乗り換えについても問い合わせてみるといいでしょう。

このようにフレッツ光プレミアムとフレッツ光ネクスト、Bフレッツの違いについては光回線ではありますがこのようにエリアや世代に違いがあります。パソコンやosについても同じですが時代とともに新商品が提供され商品が終了してしまうことがあります。その点についても踏まえて利用を検討するといいでしょう。

光回線といってもたくさんありすぎてよくわからないわ。提供エリアも違うし、次世代のものが加わると余計わからなくなるわ。
その気持ちはよくわかります。よくそうした声も届きますしね。光回線についても種類を把握してから申し込みが必要です。わからない点はどんどん確認するのがベストです。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

旧式「Bフレッツ」についてご紹介!

旧式「Bフレッツ」についてご紹介!
bフレッツですが現在はフレッツ光ネクストが主流となっています。フレッツ光ネクストはbフレッツの次世代版のインターネットです。今や過疎地でも光ファイバーケーブルが普通しているのが当たり前です。日本では当たり前ですが、海外諸国でこれほどまでにインフラが整っているのは異例のことです。
フレッツ光ネクストは2008年ころから提供が開始されています。光電話や光テレビの提供でもご存じの方も多いことでしょう。以前インターネットと言えば、ホームページの閲覧や画像送信がほとんどでしたが光回線の導入により動画閲覧や光電話普及が本格加速しました。
bフレッツが主流だったのは2008年以前のことです。そこからフレッツ光ネクストに切り替わっています。

bフレッツは現在どうなっているのか?というと回線が撤去されつつあります。しかしながら消滅したわけではないのでまだ利用できる地域もあるのです。移行について推進されていますがまだ移行しないで利用しているユーザーもいます。インターネットとして機能は十分ですし特段不便をしなくて済むことでしょう。

bフレッツはベーシックタイプを利用しています。現在主流となっている光ネクストとどういう違いがあるのか?気になるところですね。

bフレッツの終了は017年11月30日
旧式といわれつつもファンも多いbフレッツですが残念ながら2017年11月30日ですべての回線提供が終了となります。これはntt東日本と西日本の両エリアに関係します。ではbフレッツで契約しているユーザーはどうなるのか?というとこちらは使用できなくなります。新規に回線を引くか、何かを検討する必要があります。

ここでオーソドックスなのがフレッツ光ネクストの移行です。多くの人はフレッツ光ネクストへの移行となります。ひかり電話オフィスAやBフレッツベーシックタイプ「ひかり電話ビジネスタイプ」、Bフレッツビジネスタイプ「ひかり電話」についても利用が終了となるので注意が必要です。

光回線と言えばbフレッツだと思っていたから利用終了はけっこうショックだわ。これも時代の流れね。
そうですね。bフレッツも過去のものとなるのですね。光になったのもつい最近な気がしますが、もうそんなに時間も経過したいたのですね。

bフレッツとフレッツ光ネクストの違いについて

bフレッツとフレッツ光ネクストの違いについて
まもなく終了を迎えるbフレッツですがフレッツ光ネクストとの違いを知りたいといった人もいることでしょう。フレッツ光ネクストはbフレッツの後期型にあたります。次世代インターネットとして商品提供がなされています。

フレッツ光ネクストについてはBフレッツ時代にはなかったNGN網が利用されています。この回線は新しいタイプの回線です。ひかり電話やひかりtvなども一緒に使用することができます。

フレッツ光ネクストとbフレッツの違いですが、ひかり電話やひかりtvの両方を利用した場合、セキュリティ面でも強化されます。また安定性についても保たれ安心して利用できます。

Bフレッツ時代はひかり電話の利用ができないシステムとなっています。光テレビの方は利用可能です。Bフレッツから乗り換えるとオプションについても追加できるものが増えます。
通信状態についてもフレッツ光ネクストの方が回線が安定しています。この点も安心できるかと思います。フレッツ光ネクストについては200MBほどとなっています。この速度で安定しているのでユーザー側も安心して利用できるわけです。

また自宅でも家族でインターネットを共有している場合、最大接続端末数も気になることでしょう。最大接続端末数はbフレッツ時代は5台まででした。それに対しフレッツ光ネクストは無制限となっています。スマートフォンなどでもWIFIを利用しインターネットを閲覧することが可能です。
ひかりテレビについては特定の放送だけではなく地上波向けの放映も楽しむことができます。テレビっ子にはたまらないシステムでしょう。

最近はスマホやパソコン、タブレットなど1人複数台でインターネットを利用するのが当たり前です。Bフレッツ時代のように5台限定となると不便さを感じるユーザーもいたかと思います。

光回線といってもBフレッツとフレッツ光ネクストでは端末接続台数も違うし、オプションも違うのね。違いについてはなかなかわかりにくいわ。
フレッツ光ネクストは次世代のインターネット接続だから端末数についても5台から無制限になっているし、オプションも充実していておすすめとなっています。あと問題は料金ですね。次は料金について紹介したいと思います!
気になる!フレッツ光ネクストの料金について

気になる!フレッツ光ネクストの料金について
フレッツ光ネクストの料金について気になるといった人も多いことでしょう。料金について気にならないといった人はあまりいないかと思います。例えばよく比較される例として多いのがBフレッツとの料金です。もともとBフレッツを利用していたものの、2017年11月の終了に伴いフレッツ光ネクストに移行する予定といった人もいるかと思います。フレッツ光ネクストに移行予定の人は料金がアップするのでは?と思っている人もいるのではないでしょうか?

そうした人に朗報です。bフレッツからフレッツ光ネクストへの移行ですが利用料金についても同じ料金で利用することが可能です。これなら安心して移行することができますね。

料金が一緒でさらに端末数やオプションが充実しているフレッツ光ネクストですが、Bフレッツに据え置く理由はまったくありません。回線についてもさらに安定性が保たれているのでスピード面でも安心して利用できます。このようにメリットが多いことから利用についても前向きに検討するといいでしょう。

移行を躊躇している人は「新しいものを利用するのは何かと面倒だ」「また手続きをしないといけないのが憂鬱」など理由があるかと思います。手間がゼロとは言いませんが、そこまで苦戦する内容ではなさそうです。この機会に思い切って乗り換えてみましょう。

bフレッツからネクストへの乗り換えは料金も一緒だというし、まったく問題なさそうですね。料金が一緒なら早めに乗り換えてしまった方がいい気がしてきたわ。Bフレッツのサービス終了についても安心して利用できるみたいね。
フレッツ光ネクストへの乗り換えに不安を持っていた人もこの内容なら安心して利用できると思います。さらに快適にインターネットが利用できることでしょう。
NTT西日本限定提供「フレッツ光プレミアム」

NTT西日本限定提供「フレッツ光プレミアム」
フレッツ光プレミアムはNTT西日本限定提供となっています。NTT東日本のエリアでは残念ながら利用はできません。FTTH型の光回線となっています。Bフレッツと比較した場合、Bフレッツが100MBPSであるのに対し、フレッツ光プレミアムは最大1Gbpsとなっています。回線についてもより高速化されているのがわかることでしょう。またIPv6対応でもあります。

フレッツ光プレミアムを双方で利用していればテレビ電話を高品質で利用できます。遠距離でもリアルな会話を楽しめます。NTT東日本では残念ながら提供はありませんが、代わりにBフレッツ・ハイパーファミリータイプが似たようなクオリティの商品となっています。

光回線といっても時代とともにどんどん変化しています。新しい商品はパワーアップした内容となっているので昔のまま利用している人はこの機会に商品見直しをしてみるのも良いでしょう。きっと良い商品が見つかるかと思います。

光回線ですがキャンペーンもたびたび実施しています。キャンペーンの際は工事負担料金が無料になったり、機器が無料サービスになったりと特典があることがあります。こうしたタイミングを狙って申し込みをしたいところですね。

今回はフレッツ光プレミアム、ネクスト、Bフレッツの違いについてよく理解できたわ。こういった機会がないとなかなか違いってわからないわ。
光回線といっても色んな種類があるからどういう内容か?そしてメリットとデメリットや進化から検討してみるのもおすすめです。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!