e-wmta2.3とe-wmta2.2はusbなどの仕様が違う?性能比較と使い方解説!

e-wmta2.3とe-wmta2.2はusbなどの仕様が違う?性能比較と使い方解説!
猫も杓子もインターネットなんて言い方もしますが本当にそうした時代ですね。インターネットがないなんて考えられない時代です。

さて携帯電話はもちろん自宅でもインターネットを引いているユーザーは多いことでしょう。光回線を引く人が大半ではないでしょうか?動画やひかり電話でも役立ちますし、何よりストレスなく利用できるのは最大のメリットです。

ソフトバンク光についても人気となっています。かなり前の話ですがソフトバンクがIphoneを導入してからIphoneを使いたいという理由でソフトバンクに乗り換えしたユーザーもいることと思います。ソフトバンクの携帯電話とあわせてソフトバンク光にするとさらに割引の対象となり大変お得です。この機会に利用を検討してみてはどうでしょうか?

最近は携帯電話と自宅のインターネット回線の両方を申し込みするのが定番です。まだそうした申し込みをされていない方はこの機会に見直ししてみるといいでしょう。

ソフトバンク光は私の周りでも利用している人がいるわ。速度については話題になるけどスペックについてはよくわからないし、話題にならないかも。
その通りですよね。速度は利用していればわかりますがスペックについては詳しい人でないとなかなかわからない部分です。ソフトバンク光に関わらずルーターのスペックは確認するのが本当は1番なんですが、なかなかそこまで確認している人はいないみたいです。

1.インターネットのあれこれ

インターネットのあれこれ
今回はe-wmta2.3とe-wmta2.2の違いをメインに紹介していく予定ですがその前にインターネットにまつわるお話をさせていただきたいと思います。

インターネット利用で断然気になるのが通信速度です。通信速度ですが申し込み時にはわからず、頼りになるのは基本的に口コミです。口コミ情報をもとに判断するしかない状況です。

自宅にインターネットを引く場合パソコンはみなさん所有しているかと思います。ルーターなどはレンタルもあるので利用を検討してみるといいでしょう。もちろん代理店を利用した場合もルーターなどはレンタルが可能です。

公式サイトで書かれている速度は最高速度だと思って間違いありません。多くの場合、それを下回ります。プランの変更などももちろん可能です。インターネット接続が遅い場合何か原因があるかもしれません。光BBユニットや無線ルーターなどの不具合でも速度に影響は出てしまいます。

SoftBank光(ソフトバンク光)は人気の光回線でもあります。光ユニットやルーター、光BBユニットなどもたびたび話題になっています。スペックについてもあらかじめ見ておくといでしょう。

また光回線はコミュファ光やNURO光、eo光などでも提供しています。もちろん無線ルーターも使えるのでそちらも活用するといいでしょう。速度については口コミで前評判を確認しましょう。

無線LANルーターやBBユニットはスペックによってもGHz帯などに影響がでることがあります。社外製ルーターも悪くはありませんができればおすすめ品の方が良いかもしれません。無線の対応ルーターももちろんあると思いますが、確実な接続を希望するなら有線接続がイチ押しです。工事費ですが半額や無料キャンペーンを実施していることもあります。

ソフトバンク光利用は回線速度も悪く内容です。フレッツ光からSoftBank光を乗り換えるのも良いでしょう。ユニットなど無線中心です。わからない点はソフトバンク光カスタマーセンターでサポートしてくれます。G対応光ルーターについても接続対応しているものがあります。

BBユニット無線接続や無線LANなどさまざまなものがあるので対応回線についてもリサーチしてみましょう。ソフトバンク光ルータースペックまとめなどは記事にもなっているのでその点も確認することをおすすめします。

BBユニット有線接続など回線についてもある程度把握しておきましょう。ルータースペックも大事です。無線接続の場合無線対応規格やGHz帯対応か?なども目を通しておきましょう。インターネットのプランではうち割などお得なものもあります。

最適なものに出会う対策法ですが新規契約で社外製のルーターか?あるいは無線規格か?などを確認するのもおすすめです。またルーターレンタルの場合有料かどうか?ももちろんネックですがインターネット接続との相性も大事なポイントです。

結論や解説などまとめについても目を通してみるといいでしょう。各自の環境でソフトバンク光用のものが最適なケースもあります。Gbps対応やLANポートについても要チェックです。ルーター正直めちゃくちゃ最新でもいまいちな機能のものもあります。

費用は工事費分割などもあります。代理店経由でももちろんあります。代理店特典は欠かせないポイントです。一部訂正などもあるので特典や利用はよく把握してから活用しましょう。セキュリティについても調べないで契約すると大変なことになりかねないので注意しましょう。

NTTの西日本などのエリアでは使えないインターネット接続業者もあります。また型番や機器についてもネット上で評判を確認しましょう。インターネットをなるべく最高速度で楽しむうえでも公式サイトからの情報は有益です。

関西地域にお住まいならNTT西日本公式ホームページから通信速度を見るのもおすすめです。NTTを利用した場合の最大速度についてもわかることでしょう。東海地方はや関東地方についても掲載されています。

またネット上で特典一覧などが掲載されているサイトもあります。利用環境などを確認した上で検討するといいでしょう。東日本地域や沖縄地域でもおすすめのインターネット接続業者が見つかることでしょう。

インターネットという括りだとエリアや特典などいろんなものがありすぎて、いまいちよくわからないわ。
自分に該当する部分にアンテナをはって検討するのが1番です。それで良しあしをはかるのが1番ではないでしょうか。エリアによっても業者が違いますし、提供内容も違うのでおすすめのものを探してみるといいでしょう。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.光BBのルータースペックについて

光BBのルータースペックについて
ソフトバンク光を利用しているユーザーの中には光BBのルータースペックを知りたいといった人もいることでしょう。スペックは気になるポイントです。自分がどういうレベルのスペックのものを使っているか、興味深いところですね。

光BBのルーターですがおうち割を利用するとレンタルが必須条件となっており、必ず利用するルーターでもあります。ルーターをすでに持っているユーザーは自前のルーターを使うべきか?あるいは光BBのルーターを使うべきか?迷うといった人もいることでしょう。

ルーターの使用は基本的にユーザーの好みで問題ありません。しかしどうせ使うならスペックが良い方を活用した方が何かとお得です。まずはラベルの測面を見てみましょう。ここを確認すると「E-WMTA2.2」あるいは「E-WMTA2.3」と記載してあるかと思います。このいずれかの記載であれば1Gbpsに対応しています。

なかには「E-WMTA2.1」という表示が記載されているものもあるかと思います。その場合は残念ながら100Mbpsしかでません。速度が遅い人はルーターの記載内容を確認するのも大事なポイントです。

1Gbpsに対応しているルーターというのは有線での接続の話なのね。最近有線を利用しないユーザーも多いから注意が必要ね。
どうしても有線よりも無線の方が使い勝手はいいので有線をつかないというのもよくわかるんですが、速度や環境を考えると有線が1番かと思います。有線も上手に利用することをおすすめします。

3.USB機能を持つE-WMTA2.3

USB機能を持つE-WMTA2.3
E-WMTA2.3についてはUSB機能を有しています。ただしマニュアルには載っていないのでその点を知らない人も多いかもしれません。E-WMTA2.3ですが内蔵無線LAN機能があります。接続はWi-FiAlliance規格であれば対応しているのでWi-FiAlliance規格であるかどうか?を確認すればOKです。パソコンはもちろんスマートフォンや3ds、タブレットなどで利用できます。

Wi-FiAlliance規格対応であればすべて繋ぐことが出来ます。スマートフォンやタブレットや3DSをヤフーの回線に接続すれば無料WIFIとして利用できます。自宅でも家族世帯の場合はWIFIができる状態にしておくと通信経費も減少するかと思います。

有線についてももちろん利用できます。有線は無線に比べて速度も速いですし、使い勝手も良いのが特徴です。自宅で仕事をしている人はぜひとも有線で利用するといいでしょう。

こちらの対応は1000BASE-Tとなっており光ギガビットとしても十分な確保ができる状況です。それなら心強いですね。

USBポートを利用する場合、マニュアルに掲載がされていないことまた説明もないためこの点は注意が必要です。

E-WMTA2.3でUSBが使えることはわかったけどマニュアルにも記載ないものね。あまり使う用途はないという意味なのかしら。
そのあたりは何とも言えませんが実際にあまり使うユーザーがいないのかもしれませんね。利用したいユーザーとしてはぜひマニュアルにも説明を書いてほしいところですね。
4.「E-WMTA2.2」と「E-WMTA2.3」の性能の違い

「E-WMTA2.2」と「E-WMTA2.3」の性能の違い
「E-WMTA2.2」と「E-WMTA2.3」の性能の違いを知りたい人もいることでしょう。まずE-WMTA2.2と2.3ですが両方とも1Gbps対応となっています。この場合有線での対応です。無線は異なるので注意が必要です。

E-WMTA2.2よりもE-WMTA2.3の方が性能が良いのは事実ですが実際はそこまで変わらないことからほとんど違いがないといった声が多いです。

ちなみにソフトバンクはE-WMTA2.2からE-WMTA2.3への変更について特段提示してしないので応じてくれるかどうかはわかりません。不具合があれば応じてくれる可能性もあるかと思います。

E-WMTA2.2とE-WMTA2.3では結果的にあまり違いはないというのが結論のようね。どちらもいいから正常に使えれば問題なしと考えればいいのかしら。
そうですね。スペックからいってもそこまで大きな差はないと考えて問題ないでしょう。スペックよりも不具合云々を気にしないとダメかもしれません。その点は注意が必要ですね。
5.まとめ

今回はE-WMTA2.2とE-WMTA2.3の性能の違いについて紹介してきました。E-WMTA2.2とE-WMTA2.3ですが結論としてそこまで性能の違いはなく、同じレベルで利用できると思って間違いなさそうです。

自宅にE-WMTA2.2あるいはE-WMTA2.3があるのであれば無線ではなく有線で利用するとさらに速度を快適に利用することが可能です。線は邪魔といった声も耳にしますが、やはり無線よりも有線の方が速度も出ますし、利用もしやすいかと思います。

特にオンラインゲームや動画などインターネット速度が速い方が有利なものは有線を積極的に利用するのが1番です。

また無線は基本的にコンクリートの場合、木造建築の住宅に比べて電波が通りにくい設計になっています。コンクリート住宅の方はその点も考慮するといいでしょう。部屋に電波の仕切りになるものが知らないうちに設置されているかもしれません。

今回の説明で無線と有線では同じ回線でも速度が異なること、またルーターの表示の見方がわかったかと思います。自宅のルーターのスペックについても確認してみるといいでしょう。スペックが原因で速度が思うように出ないケースもあります。

スペックについては大事だけどそれ以上に有線か無線かで違いがあることがよく理解できたわ。有線が速いというのは何となく知っていたけど、そこまでさがあるとは知らなかったわ。
最近は無線が主流といっても過言ではないので無理もありませんよ。無線は線もないですし、すっきりした形で利用できますからね。さらに高速回線の普及で無線でもそこまで速度を気にする必要がなくなっているのもそうした要素の1つだと思います。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!