電話が来た!光コラボ“クラウドライン光”ってどう?サービス内容を業界人が紹介!

今回は光コラボサービスの「クラウドライン光」を電話営業で勧めてくる「ホワイトサポート」についてお話をしたいと思います。

光コラボが展開される以前からも様々なプロバイダが電話勧誘で自社プロバイダの勧誘合戦が展開されていますが、光コラボが主流になってから勧誘合戦が更に加熱しています。

まだ光コラボへ転用していないフレッツ光ユーザーへは各プロバイダが現在も電話勧誘を続けていますし、「ソフトバンク光」もフレッツ光とソフトバンクユーザーへアプローチを継続的に行っている動きも見えます。

電話勧誘という営業手法、これって皆さんは最も警戒してしまうものではないでしょうか?

正直、電話勧誘によるサービスは電話を行っているサービス会社や代理店によって様々です。
良心的なものもあれば、詐欺まがいの悪質なものまでが存在します。
「ソフトバンク光」を電話勧誘も代理店によって善し悪しが大きく変化することがあるほどです。

今回は電話勧誘の良質な事例から、悪質な事例に遭った人の口コミ事例まで徹底解剖!
そのうえで「ホワイトサポート」が電話勧誘を行っている「クラウドライン光」の実態を探っていきます!

1.良質な電話勧誘

しっかり説明をする?
本来の電話勧誘は??

インターネットサービスの「電話勧誘」はどういったものが良質なのでしょうか?
それは以下の項目をしっかり押さえているものと言えるでしょう。

・会社概要や契約内容で嘘をつかない
・初期費用、月額料金、解約時の契約解除料金までしっかり説明をする
・メリットとデメリットをしっかり伝える


これさえしっかり押さえているサービス会社であればトラブルは余程の場合でなければ発生しません。

でも、消費者の人からすればこれを押さえるって当然のことですよね?
しかしこの「当然のこと」を度外視して勧誘を行っている業者が存在するのです。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.悪質な電話勧誘はどう悪質なのか?

料金が安くなります!は
悪い電話勧誘??

では悪質な業者はどういった点が悪質なのでしょうか?
項目別で解説していきます。

悪質業者は良質業者と逆の行為をするから悪質なのです。
よって良質業者が押さえている項目と逆のことを行うのが特徴です。

・会社概要や契約内容で嘘をつく
「NTTのサポートセンター」と身分を偽ってくる手口はよくあります。
「○月よりNTTの料金プランが安くなるので、再契約手続きが必要です」という言葉の嘘をついて興味を引くことから始まります。
「NTTの料金プランが安くなる」ではなく「私たちのサービスに契約してくれたら料金が安くなります」が正しい言い方
です。

・初期費用、月額料金、解約時の契約解除料金の説明が適当
悪質業者の電話勧誘に引っかかった人のトラブル事例で最も多いのが「月額料金が説明されていたのと違う」という事例です。
これでトラブルになり、いざ解約しようとすると莫大な契約解除料金が必要になると聞かされ「そんなの聞いてないよ!」と更にトラブルに発展するという負の連鎖に陥ります。

これは完全に説明がされていない以外に原因が見当たりません。

・メリットは伝えて、デメリットは伝えない
「料金が安くなります」と良いところだけを伝え、光コラボへ切り替えた際のデメリットは一つも伝えません。
「NTTの料金プランが安くなります」と言っているぐらいですから、言うわけありませんよね。

フレッツ光から「光コラボ」へ転用する際のデメリットは2つあります。
2つとも将来「光コラボ」から他社サービスへ乗り換える際の大きなデメリットになります。

1つは「固定電話番号が簡単に移行できない」という点。
「光コラボ」へ転用するときは簡単な手続きで移行が可能になりますが、「光コラボ」へ移行後は光コラボ事業社の管理下に置かれている固定電話番号になっているためNTTへ一度電話する手間が発生します。

もう1つは「フレッツ光回線を使用している状態ではあるが、光コラボからフレッツ光に戻す際は再度導入工事が必要」という点です。

「同じフレッツ光回線なのに、なんでなの?」と思われた人が殆どだと思います。

これも固定電話番号と似た理屈となっており、「光コラボ」へ転用すると自宅に引き込んでいるNTTの光ファイバーは「光コラボ事業社の管理下に置かれている」という立場になってしまいます。
簡単に納得はできませんが…。

これだけ手間が発生する恐れがあるのも関わらず悪質業者はこの説明をしてくれません。
まさに「契約を獲得すればそこまで」という言葉がはまります。

3.「ホワイトサポート」の電話勧誘はどうなのか?

ここからが本題です!!
ホワイトサポーターの口コミは?

ここでようやく本題の「ホワイトサポート」についてのお話です。

「ホワイトサポート」の電話勧誘の質は、結論から言いますと「悪」です。
どう「悪」なのか?
口コミ事例から解説していきます。

・「NTT光回線カスタマーサービスの○○と名乗ってきて、プロバイダ料金が安くなるって電話がありました。
フレッツ光回線の卸売りが始まったからなんとかかんとか。
手続き方法がわからないと言ったらスマホやパソコンで可能ということで、「NTTコンシューマーサポート」の方が電話で説明してくれると言われた。
後日「ホワイトサポートの○○」と名乗って電話が来て、言われるがままにパソコン操作で手続きをしていると「クラウドライン」というページに…。
他にも「クラウドライン光」という記載もあったので「契約先がフレッツ光から変わるんですか?」と聞いたら「今回は料金がお安くなるというだけで…」と云々かんぬん。
一旦保留しますと言って電話切ってからネットで調べると、予想通りに契約先がフレッツ光からクラウドライン光に切り替わるという形でした。
説明が不十分すぎ!危ないあぶない」


これはまさに「正しい説明をしていない」という典型的なパターンです。

2016年に電気通信事業法が改正され「説明の義務」の取り締まりが強化されたことによって上記のようなパターンは減少傾向にありますが、完全に無くなったわけではありません。

もちろん、勧誘してくる人間によっては正しく説明している者もいますが警戒は必要でしょう。

他には「フレッツ光が無くなる」という語弊がありまくりの言葉で勧誘するパターンもあるようです…。
確かにフレッツ光は品目によってサービス終了予定のものもありますが…。

4.「クラウドライン光」ってどうなの?

フレッツ光のプロバイダを提供?
クラウドラインとは???

フレッツ光のプロバイダサービスを提供している「ホワイトサポート株式会社」による光コラボサービスです。

電話勧誘では基本的に「長得」と呼ばれる長期利用割引プランを勧めていますが、5年目以降にならない限りは月額料金は光電話込みで6,000円弱。
回線速度口コミもあまりよろしくないので、業界人の視点でもあまりお勧めできるサービスとは言えません。


他社光コラボと比べてスマートフォンとのセット割引も用意されていないため、そこまで安くなるわけではありません。

請求がネット、プロバイダ、電話が全てプロバイダによる一括になる利便性があるぐらいでしょう。

電話勧誘にはもっとも注意が必要なプロバイダの一つにあがります。

総括
一言でいうと「ホワイトサポート」と名乗る電話勧誘は断ったほうが無難です。
月額料金の案内があったとしても即決することなく、自身に合った光コラボ事業者を探し出すべきです。
「ホワイトサポート」以上にお得になる光コラボ事業者は必ず存在します。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!