cmセキュリティの評判、設定方法や危険回避度を業界人が紹介!

今回はセキュリティ対策ソフト「cmセキュリティ」について解説していきます。

Androidスマートフォンへのセキュリティ対策ソフト導入の必要性が日々高まりつつある中、「Google Play Store」では様々な無料のセキュリティ対策アプリが流通しています。

しかし無料アプリでは善し悪しの落差が激しく、酷いものでは動作が重くなってしまったりバッテリー消費が激しくなってしまう粗悪アプリも多くあります。

そういったリスクが付きまといがちな無料アプリですが、その中でも比較的高評価の無料アプリが存在します。

それが「cmセキュリティ」です。

「cmセキュリティ」はインストールすると本当にAndroidスマートフォンは安全になるのでしょうか?
徹底分析していきたいと思います。

1.「cmセキュリティ」の概要

cmセキュリティについて解説
今回紹介する「cmセキュリティ」はニューヨーク証券取引所に上場している企業「Cheeetah Mobile社」が提供している無料のセキュリティアプリです。

皆さんは「キングソフト」という会社は聞いたことがあるでしょうか?
日本でも有名なセキュリティ対策ソフトをリリースしているメーカーですよね。

「Cheetah Mobile社」はこの「キングソフト」と同じグループ会社であり、本社は中国の北京に構えています。

尚、「Clean Master」というアプリもありますが性能は「cmセキュリティ」とほぼ同じなのでこの記事では省きます。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.どういった機能がある?

機能をご紹介
メインとなる機能を紹介していきます。

・「ウイルス対策」
名前の通りウイルス対策や危険アプリ対策をしてくれる機能です。
スキャンするついでに不要なタスクも終了する機能が搭載されていますが、必ず毎回機能するわけではありません。

ウイルスの検知レベルは無料ソフトの中でも最高レベルの性能を誇っています。

また別途操作で端末に挿入しているSDカード内のデータをスキャンすることも可能です。
国産のAndroidスマートフォンはSDカードを挿入して使用している方が多いので、これは嬉しい機能ですね。

・「アプリのロック」
勝手にアプリを使われてしまわないようにパターンロックを設定することができる機能です。
アプリ別に任意で設定が可能なので、自分の中で見られると困るアプリを選択してロックを掛けることができます。
例えばアカウント情報が見られたくないGoogle Play Store等にロックを掛ける等が多い例ですね。

・「着信・SMS受信拒否」
迷惑電話や迷惑SMSを指定して拒否することが可能になります。
これはAndroidスマートフォンには搭載されていない機能です。

しかし電話はキャリアサービスにある「ナンバーブロックサービス」の有料オプションのほうが使い勝手が良いですし、SMSの拒否設定はキャリアのオンラインサイトで無料で設定ができるのであまりメリットは感じることはないでしょう。

・「プライベートブラウジング」
履歴を残すことなくウェブサイトを閲覧できる機能ですが、Google Chromeの「シークレットタブ」機能を利用すれば事足りるので、必要性はあまり感じません。

・「Wi-Fiの安全性評価」
利用するWi-Fiの安全性と通信速度を見てくれる機能です。
一見、公衆無線LANを利用するときに便利なのではと思いますがセキュリティの弱いWi-Fiに繋いでみると安全と診断された事例があるので機能としてカウントしないほうが良さそうです。

・「盗難・紛失対策」
Androidスマートフォンを無くしてしまったときに、専用サイトからログインすることでGPSで端末がある場所を特定できる機能です。
しかし上手く動作しなかったという事例が多々あります。

普通にAndroidデバイスマネージャーを使うほうが良いでしょう。

3.メリットとデメリット

メリットとデメリット
使用するうえではどういった利点と欠点があるのでしょうか?
実際の事例を交えながら解説します。

3-1.メリット
・セキュリティ性能が全体的に高い
これは無料ソフトにしては非常に嬉しいポイントです。
欧米の調査期間のテストでも何年にも渡りウイルス検出率が高いという結果を出している実績があります。
無料アプリの中ではトップクラスと言っていいでしょう。

・初期設定が楽チン
アプリをインストールしたあとにアプリを立ち上げて簡単な設定をするだけで完了です。
5分~10分程で終わるので、気楽に導入することができますね。

しかしメリットはこれぐらいで、デメリットは多く抱えています。

3-2.実は意外と多いデメリット
・処理速度に影響が出る
他の無料アプリに比べると軽いという評価もありますが、完璧にスムーズな動作を提供してくれるわけではありません。

導入当初に動作が若干もたつきます。
早い段階でこの症状が出るということはOSに負荷が掛かっているということです。
長期的に使うと、このもたつきがエスカレートするという可能性が含んでいます。

・機能が多い割に使えるものがない
先ほどの機能紹介を読んで薄々気づかれた方もいるかもしれません。
様々な機能が搭載されており、最初は嬉しく思えますが実際に使用してみると使い物にならないものばかり。

こんなことであれば無駄な機能を省いて本体への負荷を軽減するようにしてほしいものです。

・広告が鬱陶しい
まさに「無料アプリあるある」です。
「cmセキュリティ」は無料であるが故に広告収入で運営されているアプリサービス。
よって自ずと広告表示は多くなります。

広告が多すぎて見るのが嫌になるという声も多数あるのですが、これは致し方ないのかもしれません。

・悪質広告によりダウンロード誘導させる広告がWebに…
Androidスマートフォンをご利用中の方は突然「このスマートフォンはウイルスに感染しました」という表示が出たことはありませんか?

実はこれ「cmセキュリティ」関係の誘導広告なのです。

ダウンロード数を伸ばすために、このような危機感を煽ってインストールをさせる手法をとっています。

実際、この手法を用いているのは「cmセキュリティ」を取り扱う代理店ですが、「cmセキュリティ」に関する評価が下がる原因になっているのです。

4.2017年4月現在の評判口コミは?

口コミを見ていきましょう!
現行のバージョンでの評価はどうでしょうか?
口コミを見ていきましょう。

「今まで問題なかったのに、突然モバイルデータをとてつもなく使われるようになった。このパケット泥棒!」

「一夜にしてモバイルデーターが急激に減ったので使用状況を確認すると、このアプリがほんの数時間で8GBも消費している。なんで?」

おそらくアプリ内の何かしらのデータを頻繁に自動アップデートしていると思われます。
しかし8GBも勝手に利用されていたら一気に低速モードになってしまうでしょうから、困ったものですね…。

「広告にCM動画も再生されるようになった。通信容量が…」

広告収入の回収に拍車が掛かったのでしょうか…。

口コミにはありませんでしたが、インストール後に負荷が更に掛かるようになるとバッテリー消費にも影響が出ることが懸念されます。
Androidは負荷が長時間掛かると本体が熱くなってしまうので、本体には良くないアプリケーションと認識する人もいるかもしれません。

5.総括

「cmセキュリティ」の総評は「ウイルス検知率は信頼できるが、広告や謎のモバイルデータ使用の災難に遭う危険性がはらむので微妙」といったところです。

やはり無料アプリか…
口コミ等を見ると「やはり無料アプリか…」と思わざるをえません。

Google Play Storeでの総合評価は5点満点中4.7円なので、ついついダウンロードしてしまいがちです。
しかし現在のアプリマーケットの口コミ評価は高評価を投稿するサクラも存在します。

あくまで推測ですがGogle Play Storeの点数を底上げしているのはサクラによる影響かもしれません。

本当に快適に使用できるセキュリティ対策ソフトが欲しい場合は有料ソフトを選択することが最善策です。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!