各地方のCATVのインターネット回線の実力!光回線との速度の違いは?やっぱり光回線が良い?

「各地方のCATVのインターネット回線の実力!光回線との速度の違いは?やっぱり光回線が良い?」
今回は自宅のインターネット環境を見直したいという方から、地方にお住まいの方で新しくインターネット導入を検討されている方には特に参考になるテーマとなっています。

今、日本ではインターネットが光回線が主流となっていることは皆さんご存知かと思います。
今の時代、光のインターネット回線を選ぶときはNTTの光ファイバーのフレッツ光、または各地方による電力会社の光回線インターネットサービスのどちらかを選ぶことになるのが一般的です。

しかし各地方にある地域密着型のケーブルテレビ事業社(以下、CATV事業社)もインターネットサービスを提供しています。
ケーブルテレビ事業社になると、回線の構造が違ってくるのでクオリティ面やプラン内容も大きくかわってきます。

私がインターネット営業をしていた頃は関西エリアを担当しており、滋賀県の「東近江スマイルネット」や京都府と奈良県の「KCN」のユーザーの方にお会いすることも多々ありました。

今回は関西のCATV事業社の例を中心に光回線との比較を検証していきます。

・CATVのインターネットの様々な仕組みとメリット
・料金プランの仕組み
・利用するうえでのデメリット
・CATVでインターネットを利用している人向け、料金の見直し方法
・CATV事業社によっての通信料金節約の裏技

1.CATVのインターネットの様々な仕組み

CATVのインターネットの様々な仕組み
・CATV事業社がインターネット提供を始めた経緯
地方のCATV事業社によるインターネットサービスがはじまったのには背景があります。

光回線のインターネット展開がはじまった当時、全国すべての地域に提供が行き届いていたわけではありませんでした。
各地方毎の電力会社はNTTよりも早く光回線のシェアを獲得するべく、展開区域を広げます。

しかし市場がそのような流れになるも未だにNTTの回線も、電力会社の回線も届いていない地域が全国には複数あったのです。

そこで地域密着型のCATV事業社が光回線ではなく自社CATVのケーブルを用いて高速通信のインターネットサービス提供を本格的に開始したのです。

・CATVはのインターネット提供の構造
CATV事業社のインターネットサービスは前述にもあった通り、光回線ではなくCATVのケーブルでインターネット回線を提供していることが最大の特徴でした。
当時の光回線は「下り速度最大1Kbps」を謳う現在と違い、「下り速度最大100Mbps」を謳っいた時代でした。
当時の光回線とほぼ同等のクオリティを実現していたのです。

・利用するうえでのメリット
インターネット、プロバイダー、固定電話、地デジTV、CATVの料金の請求が全て1つにまとまる利便性があります。
今でこそ光コラボ事業社が「1つにまとまる」と利便性を謳い文句にしていますが、これはある意味地方CATV事業社の模倣と言えるかもしれません。

次にTVやネットの通信に何か不具合があったときに、カスタマーセンターに電話をすると業者がすぐに自宅まで見に来てくれます。
これは大手には無く、地域密着型の事業社ならではの安心できる要素です。
特に高齢者の方が多い地域では、これがあるが故に安心して利用ができるという声が非常に多いです。

2.料金プランの仕組み

料金プランの仕組み
「インターネット(プロバイダー料込み)、電話、TV」の3つの組み合わせで料金は成り立っています。
最もプラン別で基本料金の違いが出る項目はTVとインターネットです。

CATV事業社によって金額は様々になりますが、まずTVは視聴が出来るチャンネル数にがプラン別で違います。
チャンネル数が多ければ高額、少なければ定額になります。

インターネットになるとプランを慎重に選ぶ必要があります。
それは料金プラン別で謳っている下り速度の最大値が異なるからです。
サービスが始まったばかりの頃は基本的に最大でも下り100Mbpsでしたが、現在は事業社によっては100Mbpsから1Kbpsまでの振れ幅で選択可能なのです。
(事業社によっては300Mbpsまでが振れ幅のところもあります)

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

3.利用するうえでのデメリット

利用するうえでのデメリット
昔と比べて様々な光回線が全国に行き届いた現在、CATV事業社はフレッツ光の回線を利用しているところや独自で光ファイバーを展開して通信速度向上を図るところと多種多様となってきました。

しかし多くの事業社は「ベストエフォート型」という形式を取っているところが多いのです。
これが盲点になりやすい落とし穴です。

この形式を用いている事業社のホームページには小さな字で注意書きがされていますが、「ベストエフォート型」とは日本語に訳すと「最大限の努力をする」という意味で、通信環境や回線の状況等による速度の保証はしないというサービスなのです。
そう考えるとインターネットのプランは否応にも最大値の1Gbpsプランを選択したくなってしまいますよね。

しかし1Gbpsプランを選択しても安定しない可能性もあるので、総合面を考慮すると通信速度は生え抜きの光回線事業社に軍配が上がります。

4. CATVでインターネットを利用している人向け、料金の見直し方法

CATVでインターネットを利用している人向け、料金の見直し方法
どの地方でもCATV事業社サービスを利用している人の月額料金は、生え抜きの光回線業者と比べ概ね安い人が多いです。

ただそれでも「毎月高くないかな?」という方の為に、料金を見直す方法を紹介します。

・自身の使用用途に合ったインターネットプランであるか?
「インターネットであまり動画を視聴しない」
「そもそもインターネット自体そこまで使用していない」
このような方はまずインターネットプランを見直しましょう。
契約しているプランが1Gbpsであれば低い速度のプランに変えるのもいいでしょう。
プランがわからない場合は契約事業社のサポートセンターに電話すれば教えてくれます。

しかしお子様が自宅のWi-Fiを使ってスマートフォンで動画をよく見るというご家庭だと、プラン変更後に不満の声が雨霰の如く出てくるかもしれないので慎重にいきましょう。

・CATVをどこまで視聴しているか?
TVのチャンネルプランは数十チャンネル単位で何通りかあります。
自身が普段見ているチャンネル数はどれぐらいなのかを見直してみて、TVプランを変える余地があるかもしれません。

また他の光事業社では視聴チャンネルが5つで、視聴可能なチャンネルを自分で選べるというプランも展開しているところも出てきています。
これを気に別の事業社にすると月額が幾らになるか見積もりをしてもらうのもいいかもしれませんね。

5. CATV事業社によっての通信料金節約の裏技

CATV事業社によっての通信料金節約の裏技
auとSoftBankのスマートフォンにセット割引を組むことができるCATV事業社も数多く存在します。

au、SoftBank共にスマートフォン一台あたり毎月最大2,000円の割引が入るのです。
現状、この割引は2年間有効となっており3年目からは1台あたり1,008円の割引が永年で入ります。

ただ条件がありCATV事業社で使用している固定電話を、割引が対象となる種目に変更する必要があります。
(事業社によって違うので、カスタマーセンターに確認は必須です)
au、SoftBankそれぞれでセット割引が対象となる固定電話の種目が違うため、適用する際の変更工事も入ります。
工事費も契約者の状態によって様々で、平均では数千円から10,000円の振れ幅です。
電話番号が変わってしまう可能性もあるので確認はしっかり行いましょう。

ちなみに奈良県のKCNでは割引適用となる電話種目はauとは「ケーブルプラス電話」、SoftBankとは「ケーブルライン光電話」となっています。

尚、Docomoのスマートフォンも割引が適用されるCATV事業社は今のところありません。

6.総括

通信速度の安定さで選ぶと、やはり生え抜きの光回線事業社が一番良いです。
昔と違い地域密着型のCATV事業社しか選べないことは少なくなってきたので、選択肢は広がっています。
auやSoftBankのスマートフォンを契約中でCATVを自宅に格安で導入したい等の目的がある人には有効かもしれません。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!